スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.2
★ 上ローターブレード形状調整

<追記>
再調整するときにブレードを外すのが面倒でドライヤーであぶってやったがそれでもOK。
外さなくていいので楽。
ただ外したときのように、板に挟んで均等に曲げるとかそういうことは難しい。


以前ポリ塩化ビニールの円盤のゆがみを修整するときに、電気毛布+板で修正というのがあり、何となく板イメージでアイロンを使うことに。 (^◇^;

まずブレードを外す。(3本ビス留め)
そのまま曲げてもブレードは結構堅いものなので、クセが付いてくれない。
そのため、アイロンと当て布を用意する。 (^^;
直接アイロンを当ててはブレードが溶けてしまうので、適度の暖まるようにアイロンを当て布の上から当ててやる。(ドライヤーでもたぶんおk)
アイロンを使ったのはそのまま当てるだけで水平方向になってくれないかを期待したのだがそこまで熱したわけではないのでそうはならなかった。
ある程度加熱して手で補正(固定)という感じで調整した。

自分の思い通り出力が変わるかも、どれくらい変わるかも分からないので、とりあえず気持ち、ブレードの内側半分程度の箇所の丸みを少しのばす程度の調整としてみた。

右が調整後、左が調整前

ローター形状変更


わかりにくいな。 ( ̄∇ ̄;)


★ 上ローターブレード形状調整結果

直った!!! (≧∇≦)ノ

ちょうど12時くらいに戻ったので、あれ以上やっていたら逆に左トリムになっていたところだ。 (^^ヾ
なんと絶妙な。 (^^;;;

機体の特性も以前の前進仕様が復活している。またトリムに無理がない?からか左右旋回も自然にできる。 (^^)

と、ここで下ローターブレードの丸みを大きくする方向でもいいのではないかと気がついた。 (^◇^;
水平に近くする=出力を弱めるので飛行時間に影響しそう と今さらながら気がついたわけだが、まぁいいか。 ( ̄∇ ̄;)


これでまたしばらくは楽しめそうだ♪ (≧∇≦)ノ


と思ったら、3フライト目くらいでブレードのクセが戻ってきたのかトリムが増えつつあるので再度調整を試みる。
毎回外すのは面倒なので、ドライヤーであぶって調整してみる。
これなら簡単に調整できそうだ。

何回か飛ばしたけど、もっと強く曲げないと時間とともに戻ってくるのかなぁ。
手で触った感じそれほど戻ってるような感じはしないんだけど。 (ーー;

あとトリム量が以前は時間とともに少しづつ右+って感じだったんだけど、今は行ったり来たり安定しない。
やはり下ローター出力が不安定になってるのか...

とはいえ、トリム3時よりは遙かに制御しやすい。
ここ20フライトくらいトリム量増大により非常にコントロールしにくい状況で何とか飛ばしていたせいか、かなり安定して飛ばせるようになってる。 (^^;


なんか調整が増えてきたな。
たぶんつづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/12 12:07 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ナイトクルーザー スタビライザー調整 おもり+ちょっと追記 | ホーム | ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.1>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/82-f0960d4e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。