スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.1
★ ナイトクルーザー トリム量を12時近くまで戻したい調整

少し前からの調整で前進や機体の安定性はかなり改良されてよくなったのだが、この調整前から少しずつトリム量が3時すぎくらいまで進み、左右旋回コントロールも今ひとつになってきている。 ( ̄∇ ̄;)
くるくる回転しちゃうし。

おそらく下ローターのモーターか機械系だと思うが、下ローターは軽やかな音で回っているため機械的に負荷がかかっているとかダメージを受けているようには見えない。
モーターだとしたら今後もトリム量が変化し続けるかもしれないが、それ以外かもしれないので、とりあえず上下ローターの出力バランスを取り、トリム量を購入時の12時付近に戻したいと思い調整を検討する。 (^^ヾ

あと、最近トリム量が3時方向に増えるにつれ、以前よりホバリング仕様に近くなり、自動的な前進があまりなくなった。
当初機体破損の接着剤の影響かと思ったのだが、前に重りを付けてもあまり変化しないためトリム量が関係しているのかもしれない。
そして前進は使えるのだがトリム量が偏って来たため、左右旋回のマージンが低くなっていてうまく前進が使えていない気がする。


★ 上下ローター出力バランス調整

カラ割りしてどうこうというのは私にはまだ難しそうなので、とりあえず見えている部分で調整を検討する。

ローターを回してみると、上ローター出力を絞ると右回転(時計回り)、上ローター出力を上げると左回転(反時計回り)となる仕組みのようだ。
今回トリム量が3時くらいに増えているので、定常的に反時計回り方向の力が強い=上ローター出力が下ローター出力よりも強いということになる。(と思う)

そこで、上ローター出力を弱めて下とのバランスを取るため、ハニビ機首安定化でもやったローターブレードの形状変更をやってみる。
素人考えだが、ブレードの丸みにより揚力を得ていると思われるので、この丸みを少し水平方向へならしてみる調整を実施した。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/12 11:58 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.2 | ホーム | ナイトクルーザー スタビライザー調整 <作動角度広角化調整>>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/81-1f78d42c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。