スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ドリフトパッケージライト AE86 ~ステアリングの戻り part-2(ロック)
★ ステアリングを切ると たまに切れた状態でロックするようになってきた。 ( ̄∇ ̄;)

少し前までの戻りの悪さは、くぼみに棒が少し引っかかるような弱い感じのものだったが、急に”ガッチリ ホールド”というくらい強くロックするようになり、ロックしたときは 手で戻そうとしても簡単には戻らないくらい堅い。 (^^;;;
無理矢理手で戻すと、バキッッ!!! と心配な音がするくらいロックしている。 (^◇^;

少し前とは また違う原因でステアリングの戻りが悪くなっているようだったので、週末は家に持ち帰って見てみた。 (^^ヾ
。。。3連休だと、いろいろやり過ぎて 全然メモが追いつかない。。。 (^^;;;


ロックした状態が これだけ堅いと、何かにしっかり引っかかっている感じなのかな~と思って、

① ステアリング回りの引っかかりそうな パーツの角部分を削ってみる
 → NG

② それでも見えない所で引っかかっているのかと思い、以前大きくしたステアリングの切れ角を制限

削ったり角度制限したり

 → NG

どうも削ったり 可動制限してみたが、ダメっぽい。 (^^;
タイロッドを指で動かしている分には、1回も引っかからないんだけどな~。。。


と考えていると、最後の引っかかる個所はひとつ、もしかしてステアリングギアのかみ合わせ? Σ(゜◇゜)


そこそこ走らせているので ギアの摩耗により バックラッシュが浅くなっているのと、ステアリングモーターが壊れたので 強力なドライブ用モーターをステアリングに使用しているが、このパワーによりピニオンギアがタイロッドのギアに乗り上げやすくなってしまい、ロックした状態になっているのかも!


バックラッシュ調整機構はないので、どうしようか?
モーターは固定されているので、アタリ部分を削ってモーターを持ち上げる? ギアを作る(山を大きくする)? (^^;;;

とか考えていたら、”名無しさん”の書き込みで モータの下にスペーサーを挟めばバックラッシュ調整ができる というようなものがあった♪
モーターは固く固定されているような感じだったが、スペーサーを挟むだけで パーツを削らなくてもバックラッシュ調整できるなら 楽でイイ♪ (^^)


挟むものは... 職場でも家庭でも活躍中のポストイットでいいか。 (^^ヾ

ポストイット

とりあえず ポストイット1枚フルサイズを適当にたたんで、

フル折りたたみ

モーターの下に入れて、ふたを閉め...

かなり厚いものを挟んでしまったようで、ふたがふくらんでいるが、無理矢理閉め。 (^◇^;
無理矢理でもちゃんと閉まるようだ♪ (^^;

これだけ厚いものを挟むと、バックラッシュはガチガチになっている。
これはイイ感じかも。 (≧∇≦)ノ


この路線で行けそうなので、スペーサーを半分に切って厚さを半分にしてみる。

ハーフ折りたたみ

今度は ふたもそれほどふくらまず、収納。 (^^;

スペーサー挿入


おおっ! ロックすることがなくなった!!(かも) (≧∇≦)ノ


と週末ここまでやって、今日いつもの場所でテスト走行☆

 ちゃんと戻ってる♪♪♪ (^^)

でも調整中にステアリング切れ角の制限をしたので、何かまったり走行だけど。 (^^;

<追記 >
切れ角制限の棒(つまようじ)を1/3~半分に削ったら切れもよくなって走りやすくなった☆ ちゃんと戻るし☆
別に全部取ってしまってもよかったんだが、以前ボディ部分を削りすぎたような気がするので。。。 (^^;
【2008/10/14 12:34 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ハニービー レッド 85フライト目 ~ちょっとピッチを付けるとフライト時間+ (^^) | ホーム | Walkera 4#3-2 45バッテリー目 ~ふと、以前作ったショートメインブレードを付けてみた☆ (^^)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/539-d4b04652
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。