スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ドリフトパッケージライト AE86 24日目 ~ステアリング切れ関連-2 シャーシ削り
<追記 10/10>
その後さらに削ったりしていたが、削りすぎるとステアリングモーターのピニオンと タイロッドのギア部分のかみ合わせが限界に達するらしく、ステアリングを切ったときに引っかかって戻らなくなる現象が発生。 ( ̄∇ ̄;)
左右どちらかのステアリングの切れが悪くなってきたときには、このあとでメモしたステアリングモーターの交換を第一優先に考えて対応した方がいいかも。
現在、拡げたステアリング切れ角を狭める方向で調整中。 (^^ヾ

と思ったが、それでも引っかかるということは、結合部分なのかなぁ。
引っかかり方がハンパじゃない(引っかかるとかなり力を入れないと戻らない)ので、別の原因の気もするが よくわからん。 ( ̄∇ ̄;)


★ フロントのシャーシの当たり部分をヤスリがけ

フロントタイヤを一番切った(ロックした)状態で、シャーシに当たるため ここを少し削ってみる。

とりあえず、左右とも削ってみるが。。。

02シャーシ削り

削ったらシャーシに当たらなくなるのではなく、削ったら削っただけ ステアリングの切れ角が深くなる。 (^^;;;

現状で シャーシに当たるとか以前に 右ステアリングが切れてないので、改善には関係なし。

しかし、左は さらに切れるようになって コントロールが難しくなるかも。
確かに切れ角が深くなると回りやすくなるが、0/1のドリパケライトでは ほどほど(ノーマル状態)にしておいた方がいいかもしれない。 (^^ヾ


ステアリングモーターは、消費電流が小さいものが使われているようだが 手元にローパワーなモーターがないので、あまりやりたくはなかったが ドライブモーターを流用してみるか。 (^^;
【2008/09/16 12:47 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ドリフトパッケージライト AE86 25日目 ~ステアリング切れ関連-3 ステアリングモーター交換 | ホーム | ドリフトパッケージライト AE86 24日目 ~ステアリング切れ関連-1 Fタイヤもテープ巻き>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/488-c6b57753
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。