スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
E-SKY LAMA V3#2 84バッテリー目 ~3DPRO × Xtreme
★ 3DPRO × Xtreme の組み合わせを試す

プロポスティックを離陸前に 大きく5回~10回上下左右させることで サーボの振動が結構抑えられるようなので、この対処法で飛ばしている。
来週にはもっと快適なフライトが... (^^ヾ

あと、少しモーターのパワーが無くなってきている気がするが、LAMAのモーター交換を したことがないので、交換時期は まだよくわからない。 (^^;
いきなり壊れるのか、だんだんパワーダウンしていくのか。 とりあえずはまだ使い続けてみる。 (^^ヾ


純正×Xtremeの組み合わせは、多少頼りなさは残るものの 室内フライトでは十分な特性だったのだが、ブレード接触ですぐに純正側が折れてしまうので もう少し硬めのブレードを試してみる。 (^^ヾ

多少上下ブレード間隔を広げる Xtremeのインナーシャフトが使えればブレード接触は少なくなるのだろうが、どうも私には うまく扱えないので ブレード側で対応するしかない。 ( ̄∇ ̄;)
LAMA使いの方は ターボシャフトという上下ブレード間隔を広げるシャフトを使用しているようなので 試してみたいが、純正以外のインナーシャフトは 0勝2敗 なので 私に扱えるかどうか... (^^;;


さて、届いたばかりの3DPROというメーカー?のHard DuraBlade。
前面が純正より60%厚く、しかし重量は ほぼ純正と同じで、壊れにくいブレードだとうたっている。

3DPROのブレードは、触った感じは Xtremeより硬めで(Xtremeのような おもちのような柔らかさはない)、軽いのが印象的だ。 (^^)

重さを量ってみると...

重さ3DPro


3.18g。
純正が2.92g、Xtremeが4.77gということを考えると、かなり軽い。 (^^)

純正と大きさ比較をしてみると、

3DProと純正の大きさ比較1


根本の方が少し短く、

3DProと純正の大きさ比較2


羽先が少し長い。


ブレード組み合わせでは、”下をしっかりブレード” の方針から考えると下に入れた方が良さそうだが、上Xtremeで失敗した経験から 上Xtremeには抵抗があり、とりあえず上に3DPROブレードを投入。 (^^ヾ

当初Xtremeのブレードホルダーに付けようと思ったのだが、3DPROのブレードは グリップのところが 1.6mm と 純正の1.2mm・Xtremeの1.3mmより かなり厚いので、Xtremeブレードホルダーには入らない。(拡げれば入るが...)
ノーマルのホルダーは樹脂製で最初から結構開いているので、ノーマルブレードホルダーを使用して装着★ (^^ヾ

装着


白くなってしまった... ( ̄∇ ̄;)
B/W構成 スキだったのだが。 (^^;


3DPRO × Xtremeで飛ばした感覚は、純正 × Xtremeと それほど変わらないが、少しだけカチッとした印象。 (^^)

あと、機体を傾けたときに純正ブレードではバタバタとした感じの低めの音が出ていたが、3DPROブレードでは 軽い感じの音になっているので 限界までまだまだありそうな感じがする。 (^^)

そういえば、Xtremeブレードホルダー+純正ブレードの時に発生した不安定感は、今回の純正ブレードホルダー+3DPROでは発生していない。


★ 3DPRO × Xtremeテープ補強 を試してみる (^^ヾ

リンク先のMACさんが、上下ブレードをXtremeでそろえ、下だけアルミテープ補強をすることにより 私がやっていたブレード組み合わせと同様の効果を 単一銘柄のブレードで得られたことを記事にされていた。
なるほど、今までブレード自体の改良は考えておらず、ブレード組み合わせでいい物を選択しようとしていたが、こういう方法もあるんですね★ (^^)


とりあえず現在の3DPRO×Xtremeのカップリングで、Xtremeだけテープ貼りをしてみる。 (^^ヾ

アルミテープが手元になかったので、梱包用の透明ビニールテープを何枚か一気にはぎ取り 少し厚めのビニールテープにしてブレードの裏面に貼ってみる。

Xtremeブレードのテープ貼り後の重さは、

XtremeB裏テープ貼り


5.49g。 ∑(゜◇゜)
Xtreme単体では4.77gだから さらに0.72gも増えている。
それほど厚くビニールテープを切り出した感じではなかったが、ちょっと厚すぎたか。 (^^ヾ
貼る素材としては、薄くても効果が期待できるアルミテープの方が良さそうだ。 (^^;


さて、飛ばしてみると 前後方向が敏感になっている。 (^^)
以前サーボホーンでムリに前進後進させていた分が 少し楽に前進後進がかかり 敏感になった感じで、エレベーターのサーボホーン位置を 外2→外3 に変更してみる。
エルロンは、先日の機体特性急変で外1→外3に変更済み。 (^^ヾ

エレベーター外3では、少しもたつく感じもするが、外2の時よりも狭い室内では扱いやすいのでしばらくコレで使ってみる。


サーボホーンとリンク長・トリムを合わせて、フライト~

さらによい~ (≧∇≦)ノ

フライト特性自体は、機敏にはなっているものの サーボホーンリンク位置調整でおとなしくさせているため 純正 × Xtremeと大きく変わるわけではないが、機体を傾けて旋回させた時やドリフト時の 空気を切り裂く感じ?の乾いた音がカッコイイ♪♪♪ (≧∇≦)ノ
そういえば”Xtremeブレードにすると浮きが軽く...”という記事をよく見るが、ブレードが硬い分 動かしたときにしっかり機体を支える感じはあるが 浮きが軽い感じは室内フライトOnlyの私にはよくわからない。 (^^ヾ

それにしてもラジヘリ飛ばしていて その音で気分が高揚したのは、今まで5G6のターボのような高回転(?)モーターの音だけだったが、このブレード組み合わせでLAMAの機体を傾けて旋回・ドリフトさせたときの空気を切り裂く音もイイ★★★
【2008/05/29 13:03 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<コンバットフォース 18フライト目 ~こっちもプロポバネ抜き (^^ヾ | ホーム | E-SKY LAMA V3#2 83バッテリー目 ~ノーマルブレードの強さ...>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/275-1b56d506
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。