スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ハニービー レッド 18フライト目 ~プロポのバネ抜きを試す
★ ハニビ プロポのバネ抜き (^^ヾ

いまさら...という感じもするが、プロポ(スロットル)のバネ抜きを試してみる。 (^^ヾ

以前はバネ有りで全然気にならなかったのだが、最近4ch機をよく飛ばすせいか バネ有りだとスティックが重いし 違和感があるので、よくハニビ調整で耳にする”バネ抜き”というものを試してみる。 (^^ヾ


早速 バネ抜き方法の情報なしでバラしてみる。
情報なしでバラすのはドキドキして楽しい♪ (≧∇≦)ノ
電気的なことは調べないと 心配でさわれないが、まぁこれくらいなら何とかなるだろうという感じで。 (^^ヾ

プロポ裏の4本のネジを外せばプロポが開けられる状態になる。

プロポ裏


何箇所かツメで引っかかっているので マイナスドライバー等でこじ開けると、前後のカバーにバラせる。
後ろカバー側から前カバー側に 赤外線送信部への配線と 充電用ケーブルが伸びているので そこそこ慎重に開ける。 (^^ヾ

箱開け


E-SKYやWalkeraのプロポのように、前側のカバーにスティックや基盤が固定されているものを想像したが、ハニビは後ろの方に ほとんどが実装されている。

スロットルスティックの部分を見てみると、以前バラしたプロポとは比較にならないくらい簡単な感じだ。 (^^;

スロットル部分


どうやらスロットルスティックの殻の中にバネが入っているようなので、とりあえず スロットルスティックを固定している2本のネジを外してみる。

スロットルバネ


このスティックの殻の中にバネが入っていて 手を離すとスロットルオフになる構造になっている。

やっつけ仕事でバネ抜きと同じ効果が得られるように バネの足部分を切ってしまおうと思ったのだが、ハニビは現在長期(?)出張中で 出張先にある工具がしょぼいニッパーしかなく うまく切断できなかったため、スロットルのカラ部分を開けてみることにする。 (^^ヾ

スロットルはきしめんケーブルで本体と繋がっていて、意外とこのケーブルは長いので作業性はよい。 (^^)
この真ん中のネジを外せば、開けられるかな?

スロットル裏


開けられた。 (^^)

スロットル開け


すでにスティックを外したあとで 写真を撮るのを忘れたが、スティックには基盤と接点が付いていて 接点は力がかかると折れてしまう感じがするので 優しく取り出し。

このバネを抜き、元に戻して完了★


一応バネ抜いたので、スロットルスティックを真ん中辺にして写真を撮ってみる。

完了★



さて、バネ抜き後フライトは...

 これはイイ!!! (≧∇≦)ノ

以前はかなりスロットル操作をして飛ばしていた感じだったのだが、それほどスロットル操作しなくても 高度を安定させたり・旋回させたり・特に機首を安定させながら降下させるのが楽っ♪ (^^)
デフォルトのバネが硬いので、以前は微妙なスロットル操作ができていなかった感じだが、これなら1段ずつ制御できてよい~★ (^^)

スロットルから手を離して ハニビを旋回させるのは 何か新鮮な感じでまたちょっと楽しい♪

ハニビレッドの設定は しばらく飛ばしていなかったら結構変わったようで、現在 右トリム14~16ってところ。
他、前進調整・ブレード調整(角度のみ)・スタビリンク調整 でフライト中。 (^^)
【2008/05/23 12:15 】
| ラジ★ヘリ~ハニービー | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<E-SKY LAMA V3#2 72バッテリー目 ~サーボリンク・白Bブレード投入 | ホーム | E-SKY LAMA V3#2 69バッテリー目 ~小メモいろいろ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/262-fc0554fb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。