スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
E-SKY LAMAのプロポ EK2-0404 を調整する
★ LAMAのプロポをバラしてみる

LAMAが崩壊する前に試したことをメモしておく。 (^^ヾ

LAMAのプロポは、操作が固い。 ( ̄∇ ̄;)
Walkeraプロポのようにとはいわないが、もっと柔らかくなってくれないと指がつる... までは行かないが、重い。 (^^;

たぶんWalkeraと構造は一緒だろうと思うので、早速バラす。 (^^ヾ
背面ネジはWalkeraと違い しっかりと山があり 開けやすい。 (^^;
スティックが硬いから大丈夫だろうが、Walkeraのように開けた瞬間パーツがパラパラ落ちてきたら いやだな~と思い慎重に作業したが、そんなこともなく無事 開けられた。

オープン


ネジ4本で簡単に開けられる。
またWalkeraのように箱を開けてもプラカスは出てこない。 (^◇^;

構造的にはWalkeraプロポをバラしたときと同じだ。
スティック上下 左右 方向それぞれにバネが付いていて、その上に調整用と思われるビスがある。
右スティック内部
※注 モード2


右スティック


Walkeraでこの部分が崩壊したときには非常に面倒だったので、少しづつ慎重にビスを回す。
が、何回転かさせたくらいではそれほどプロポが柔らかくなった気がしない。

スティック操作が あまりゆるくならないので どんどん回すと、気がついたらビスの頭が上に突き出ている...
まずい...早く締めなくては。 (^^;;;

どうやらLAMAのプロポはWalkeraと比較して 強いバネが入っていて、ゆるゆるにはならない感じだ。 (^^ヾ
しょうがないので、ビスの頭が出っぱらないそこそこの締め具合に調整しておく。


あとスロットルの方は、金属板とプラのギザギザがこすれることで スロットルの1段の感覚を作り出しているようなので、コレも固いので同じところをゆるめてみる。
左スティック

左スティック


スロットル側もよくなったようだ★ (^^)

あれ? ふた締める段階で気がついた。 TRN(何に使うのか知らん)が取れてる。 (^^;;;
表側で留めるはずのナットが見あたらない(あとで見つけた)ので、別のもので締めておく。

TRN.jpg


本来のナットが見つかってから写真を撮ったが、まぁこのままでいいか。 (^^ヾ


もっと柔らかくなることを想像していたが、バネが強いので とりあえずはこんなところだろうという感じで作業終了。

完成


プロポの右スティックは 4#3でも使っているXtremeのもの、左はWalkeraのスティックの下の方を切ったもの。 (^^ヾ
下の方を切らないとLAMAのプロポには装着できなかったので...

で、LAMAの標準の金属スティックはどこに行ったかというと、4#3と5G6の左スティックに装着。 (^^;
【2008/04/29 20:30 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Walkera 5G6 ベアリング交換 & モーター交換 | ホーム | リチウムポリマー電池の取り扱い方法について調べてみた (^^ヾ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/231-06436ec2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。