スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
Walkera 5G6 サーボ調整を考えてみる (^^ヾ
★ サーボの調整をやってみる

サーボは(たぶん)ステッピングモーターが中に入っていて、プロポの操作量に応じて角度を変えるような仕組みで、その与えられた角度はサーボホーンからリンクを介してスワッシュプレートに垂直方向の動作量が伝達され、さらにそのスワッシュプレートの動きがローターに伝えられて角度を変え 前後左右にヘリが動く仕組みだと思われる。 (^^;

サーボもサーボホーンも円運動をするため、サーボを一定角度動作させたときの垂直方向の動作量は、サーボホーンが水平方向の時は大きく、垂直方向を向くにつれて小さくなる。
そのため、ヘリのトリムが調整された状態で サーボホーンを水平状態に調整してやれば、たとえばエルロンのサーボの場合 左右のスティックを同じだけ左右に操作したときに、機体が同じだけ左右に傾く(動く)ようになる。
サーボホーンの水平が狂っていると、極端に言えば同じプロポの操作量でも左は大きく動くが右はあまり動かないというようなことになる と思う。 (^^ヾ
まぁ 理想的な話というか考え方というか妄想であって、実際はステッピングモーター?の精度とかリンク/接合部のゆるみとかブレードの精度とか他の要素もあるし、サーボホーンの角度が垂直方向を向くまで大きく動くことはないので、それほど問題にはならないのかもしれん。 (^^ヾ

まぁ、気は心ということで、サーボホーンを外してみる。
サーボにビス留めされているだけなので簡単に外れる。

サーボ


サーボに付いているギアの数が20くらい(しっかり数えていないのでだいたい...)しかないので、サーボホーンを1つずらすと17~19度程度角度が変わることになる。
...微調整は難しそうだ。 (^◇^;

そしてサーボホーン側。

サーボホーンとリンク


かなり成型精度が悪く見える。 (^^;;;

外してみたもののうまい具合に水平方向になるようなギアにはなっておらず、少し上か少し下しか選択の余地がなかった。 (^◇^;
サーボ本体をばらせば水平が取れるかもしれんが、初心者がそのサーボホーン角度の違いわかるほどの操縦技術を持っているわけではないだろうし 他の要素もあると思うので、わかるようになってから/問題が顕在化してから考えよう。 (^^ヾ

あと、サーボホーンを付けるときは、ホーンを持ってしっかりとビス留めしないとそれが動作の遊びになってしまうかもしれないので注意が必要と思われる。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)

3部構成どころじゃなくなってきた。 (^◇^;
【2008/03/25 21:08 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Walkera 5G6 再組後の調整 ★ | ホーム | Walkera 5G6 アップグレードパーツで再組★ (^^)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/169-26d04008
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。