スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
crucial製 RealSSD C300 ~AMD SB850なマザーで、6Gbps接続でベンチ (^^ヾ
最近SSDベンチマークがシリーズ化しているが。。。 (^^;


購入したRealSSD C300は 今まで古いマザー(SATA 3Gbps接続)でのベンチマークを取ってきたが、その実力を発揮する6Gbps接続環境でもベンチマークを取ってみる。 (^^ヾ


マシン構成は、

 ・ASUS CROSSHAIR IV FORMULA(890FX+SB850)
 ・AMD PhenomII x6 1090T BE
 ・DDR3 1600 4GB
 ・Windows7 Professional x64

こんな感じで。 (^^)



では、SB850投入で 6Gbps接続でどれくらい速度が伸びるか楽しみだが、いつものIDEモード時の結果から。 (^^ヾ

Crucial製 RealSSD C300 128GB - CrystalDiskMark3.0での結果(IDEモード , SATA3(6Gbps))

cdm3-realssdc300-1000use.jpg


当然と言えば当然だが、SATA3接続で 300MBpsオーバーですね。 (^^)

あと、IDEモードなのでNCQが働いていないはずだが、4k QD32の結果に明らかな違いが出ている。
よくわからん。 (^^;


う~ん。。。でも C300は350オーバーと聞いていたので、ちょっと物足りない気がするが、IDEモードだからかな? (゜◇゜)

で、AHCIに変更してベンチマークを取ってみる。


つづく~
【2011/03/14 11:45 】
| ★PCとか家電とか☆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<03/14のツイートまとめ | ホーム | 03/13のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/1656-0c3e86dd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。