スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
Walkera 4G6 84バッテリー目 ~スキッド折り
4G6を会社に持ってきた当初、うちの4G6ではおなじみのパワーダウン状態に陥って 左ピルまくってバンバン墜落させ、キャノピーには開口部があき、

魚のような口


コイ(魚系)の口のようになったキャノピー。 (^^;;;

でもこの開口部のおかげで空気の流れができたのか、以前ほどESCが熱くならない。 (^^;



その後 安定して70バッテリー近く問題なく飛ばしてきたが、このダメージを受けたブレード1セット目が ”折れてはいないけど柔らかく”なって交換。 (^^ヾ

先週投入したブレード


この時 初めてメインブレードのトラッキング調整を実施。

ブレード端で5mmくらいはずれていた感じだったが、トラッキングを合わせてもパワーとか 安定感とかそんなに変わらないかも。 (^^;;
ちょっと安定したかな?くらいで。

ま、そんなに気にしない。



ブレード交換すると音がパリッっとして気持ちいい感じになるが、しばらくすると。。。

フライト中に急にスロットルが敏感になったり(急上昇/急下降した直後から)、勝手に上昇下降を繰り返すローラーコースター状態になったり ちょっとあやしげな状態になってきた。 ( ̄∇ ̄;)

ローラーコースター状態は4G3でも発生したことがあるので、Walkeraの特性(バグ)なのかもしれない。



そんな機体状態で飛ばしていると、今回は離陸直後からローラーコースター状態。

低高度ホバリングから上昇~ と思ったら急降下して、

超やっつけスキッド補修


スキッド折れた。。。 ( ̄∇ ̄;)

ので、超やっつけセロテープ巻き。 (^◇^;


簡単に抜けてくるけど、離陸時にスキッド形状になっていればいい。 (^^;;;



このあとで セロテープ筒に瞬着入れて固めたので、今は抜けなくなっている。
【2010/07/13 11:53 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 4Gx,V120etc可変 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<07/13のツイートまとめ | ホーム | IODATA製 SSDN-ST64H×2 ~OS(xp) RAID0でベンチ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/1427-b8444e0b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。