スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ビートルズ MONO盤とSTEREO盤の違いについて
★ ビートルズのモノ音源とステレオ音源は、ミックス違いがたくさんあります♪ (^^)

最近たまに検索ワードに入っている、ビートルズのモノ盤とステレオ盤の違いについて、ちょっとだけメモ。 (^^ヾ

<追記 >
最近の音楽再生機器はステレオ(2ch)かマルチチャンネル(DVDの5.1chとか)なので”モノラルって何?”という方もいると思いますが、モノ=モノラル音源というのは1チャンネル音源です。
つまりスピーカーが2つあっても左右同じ音が出ます。

昔は2ch(ステレオ)以上再生できる機器が高価だったり 開発途上で、民生用としてはモノラル機器が主流だったみたいです。

当時のステレオ再生機器は、現在でいうと7.1chとか9.1chとかそれ以上のマルチチャンネルシステムのような コアな方しか持っていないようなものだったのではないでしょうか? (^^;



ビートルズのモノ盤は、単にステレオ音源をモノラルにミックスダウンしただけではなく、演奏そのものが違ったり(テイク違い)、ステレオ音源に入ってない音が入ってたり / 入ってる音が入ってなかったり(ミックス違い)、というような 別音源であることが多いです。

全曲 そうだというわけではないので、間違い探しですね~ (^^;;


レコードの場合、さらに モノのミックス違い、ステレオをモノにミックスダウンしただけのもの、また ステレオ音源同士でもミックス違いがあり、製造国が同じでも 年代やプレス工場によって どのミックスが収録されているか? というのもビートルズのレコードの魅力です☆ (≧∇≦)ノ

そんな買い方している人は、私を含めてごくわずかだと思いますが。。。 ( ̄∇ ̄;)


UKオリジナル盤は、1stプレスの一部で”間違って違うリミックスが入ってしまった”とかはありますが、基本的に同一音源です。

USオリジナル盤は、お国柄なのか かなり適当です。 (^^;;
同じタイトルのアルバムで どうして違うミックスの曲が入るのか分かりませんが バラバラなので、そんなところも私を惹きつけます。 (^^;;;

レーベルの種類も US盤は多様ですし。
音と同じくらいレーベル違いもスキなんです♪ (^^ヾ


CDの場合、音源は全世界共通の同一マスターが使われているので、そういう楽しみはありませんね~
プレス職人さんのウデの違いで多少音質は異なりますが、ミックス違いとは全く違う方面なので、私はあまり興味ないです。 (^^;

ジャケ違いも CDはどうでもイイ感じ。
 ※ パーロフォンロゴがEMI/Odeonロゴになっている日本盤を除く (^^;;


そんな中、新しくオリジナルモノミックスのCD”THE BEATLES IN MONO”が発売されたので、UKオリジナルのモノ音源が手軽に聴けるようになってイイ感じです♪ (^^)

UKオリジナルのレコードは、安いものでLP1枚でヘリ1機分とか。。。 高いものだと数十機分とか。。。 ( ̄∇ ̄;)
状態によっては数百ヘリ以上なんてことも。。。

 ※ 1ヘリ=4#3 1機 (^^;



★ テイク/ミックス違いの探し方 (^^;

で、MONOとSTEREOの間違い探しの仕方ですが、一番簡単なところだと

 WITH THE BEATLESラストの ”MONEY”



これのステレオ音源は、誰でも アタマから全然違うミックスというのがわかると思います。 (^^ヾ

今までCDでリリースされていたモノ音源は ピアノから演奏が始まりトラディショナルな雰囲気ですが、ステレオ盤は攻撃的なギターで始まります♪


あと LOVE ME DOは、リンゴドラムバージョン(PAST MASTERS/MONO MASTERS収録の方)と 通常のMONO/STEREOバージョンとは全くのテイク違いなのがわかるかと。 (^^ヾ

HELP!やPLEASE PLEASE MEもテイク違いなのですが、わかりにくいかも? (^^;



他、間違い探しのポイントとしては、

・SE(サウンドエフェクト)・リズム系楽器の有無 / 入るタイミング
・ヴォーカルトラックの(一部)入れ替え
・ジョンの歌詞間違い (^^;
・レコーディング中の声が入っている
・小節の長短
・フェードアウトの長短
・リヴァーブ(エコー)効果

・その他いろいろ (^^;;;



たぶん このビートルズ音源の間違い探しの世界に私がはまるきっかけになったのが、PLEASE PLEASE MEのステレオバージョンで ジョンが歌詞を間違えて(コーラスのポールは間違っていない)、次のフレーズで吹き出しそうになるテイクがそのまま収録されているところとか。

まだステレオリマスターのCDを聴いていないのですが、たぶんこのバージョンが収録されているのではないかと期待してます。 (^^)


NORWEGIAN WOODのモノラルバージョンで、途中で誰かが豪快にくしゃみをしている声が聞こえるとか。 (^◇^;

レコーディング中にくしゃみするなよ。 (^^;
そして それをそのままリリースするなよ。 (^^;;;
という感じで。



日本で有名なビートルズの曲と言ったら、”YESTERDAY”とか”LET IT BE”とか”HEY JUDE”とか”YELLOW SUBMARINE”とかかな? (゜◇゜)

それぞれの曲にもミックス違いがありますので(微妙なものもありますが。。。)、探してみるのもおもしろいかと。 (^^ヾ
この中で一番ミックス違いがわかりやすいのは、YELLOW SUBMARINE と LET IT BEかな~


なぜこのようなリリースになったのか分かりませんが、おもしろいです~ (*^^*)



まずい、ちょっとだけ 間違い探し(ミックス違い探し)のポイントを書くつもりが、いつまででも書いて行きそうな感じになってきたので、今日はこれで。 (^^ヾ
【2009/10/02 11:55 】
| ☆ THE BEATLES ☆ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<Walkera CB100 11バッテリー目 ~やっぱり燃えたESCはダメか? (^^; | ホーム | Walkera 4#3(b) ~572バッテリー目 ~モーター交換とか 壊しものとか>>
コメント
はじめまして。
楽しく拝見させていただきました。
ビートルズのミックスは曲によっては英と米で違いますよ(Tomorrow Never Knowsなど)。I Am The Walrusは英と米のモノ・ステレオ・シングル・LP(英ではEP)及びドイツ版でミックスが違います。
理由は話せばながくなりますので、「レコードコレクター増刊 ビートルズ コンプリート ワークス」等をご参考に
【2009/10/11 02:05】
| URL | とり #-[ 編集] |
とりさん、初めまして! ∠( ̄∇ ̄)
お返事遅くなりましてすいません。 m(_ _)m

> 楽しく拝見させていただきました。

おせわになります。 (^^ヾ


> ビートルズのミックスは曲によっては英と米で違いますよ(Tomorrow Never Knowsなど)。I Am The Walrusは英と米のモノ・ステレオ・シングル・LP(英ではEP)及びドイツ版でミックスが違います。

Tomorrow Never KnowsもUK/USで違いましたか!
USのrevolverは、UK盤の曲が少ない版kなので、あまり聴いていなかったかも。 (^^ヾ
I'm only~とかは注目して聴いていたのですが。
久しぶりにレコードを引っ張り出さなくては。 (^^;

Walrusは好きな曲なので、注目してました♪ (^^ヾ


> 理由は話せばながくなりますので、「レコードコレクター増刊 ビートルズ コンプリート ワークス」等をご参考に

本の紹介ありがとうございます♪
早速ポチッとな☆ (^^)
これでまたレコード廃人の道を。。。 ( ̄∇ ̄;)

レコードコレクター本誌の10月11月もリマスター特集が組まれているようですね~
【2009/10/12 07:14】
| URL | TAK #zQHIT1rU[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taklog.blog14.fc2.com/tb.php/1103-c21729af
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。