スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
インターネット/通常作業用PC 再構成★ ~仕様検討 (^^ヾ
★ インターネット/通常作業用PCが壊れたので 再構成する! (^^)

先々週? 壊れてしまったインターネット/通常作業用PCだが、司令部をエンコードPCに移転したとはいえ、エンコード作業と通常作業が同じマシンだと、どうも作業しにくい。 (^^;

やはりインターネット/通常作業用PCを 再構成するか? と思い、手元にあるパーツを確認。
今までインターネット/通常作業用PCで使っていたAthlon64 X2 3800+は socket939だし、メモリーはDDR1だし、これを活用するのは中古マザーをあさってこないと難しそう。 (^^;;;

そういえば socket939な構成なのは、うちではRAIDマシン(データ保存用)か。
今回出てきたAth64X2 3800+は、RAIDマシンで使っているAth64 3800+(シングルコア)と入れ替えるかな。 (^^)


さてと、インターネット/通常作業用PCに使えそうなパーツは。。。 ASUSのP5B Deluxeが余っていたんだった。 (^^ヾ
BIOSアップすれば 最近のCPUも載るっぽいし、これにするか。

2年くらい使っていなかったマザーなので、BIOSアップするには旧タイプCPUが必要と思われるが、余ってないし 古いCPUを調達しなくては。 ( ̄∇ ̄;)
エンコードマシンのQ6700は P5BのBIOSアップ用に使えるのか? と思うが、Q6700は 現在P5Wのマザー裏からバックプレートで巨大ヒートシンクを固定しているため、バラすのは面倒。 (^^;

CPUの調達は何とかするとして、P5B Deluxeを使うのは既定事項として進めよう。 (^^ヾ


CPUは安いもので検索。。。
E7200とか安くてパフォーマンスもよさそう♪ (^^)
キャッシュが少ないが、キャッシュをすべて使うようなアプリは少ないだろうと判断。(根拠なし)
キャッシュも3MあればE6000シリーズから1M少ないだけだし(現在のE8000シリーズは6Mなので半分の容量だが)、たぶん問題なし。 

メモリーは。。。考えるのが面倒なので 前回も購入したFireStixにするか。
今回はDDR1066(PC8500)の方で。
PC8500 2GBで8k円とは... なんとすばらしいお値段。 (^^)
以前PC8500の1GBを買ったときは、35kか40kくらい した気がするが... ( ̄∇ ̄;)

とりあえず、この2点だけ買っておけば、ヒートシンクは Athlon64 X2で使用していた サイズ製 SI-128があるし、あとは何とかなるかな。 (^^ヾ


ケースやドライブ類は、今までのマシンそのままで。

AthX2仕様

これを流用。
ケースはお気に入りの WiNDy MT-PRO1000 GBだが、電源の固定ビス位置が なぜか上下逆になっているため、最近の内部ファン付き電源はファンが上面に来てしまって ファンの意味が無くなってしまうので、ちょっとムリして付けている。 (^^;
あと前面USBコネクタが付いていないとかが不便。

でも、内側までブルー色で お気に入りのケース☆ (^^)

そういえば、動画再生用PCもブルー色だったし、エンコードマシンのフロントサイド部分も青か。 意識してブルーを買っているわけではないが、PC作業はクールな気持ちでやりたいという想いなのか、気分だけでもPC温度が低く見える色にしたい想いか? (^^;
スポンサーサイト
【2008/09/30 17:49 】
| ★PCとか家電とか☆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
4#3b 110バッテリー目 ~4#3B用シャフト&ブレードホルダーに交換
★ 1ヶ月で3フライトくらいしかしなかった4#3bの まとめメモ (^^ヾ

4#3 2号機も到着して 4#3へのモチベーションも 再度上がってきたところで、過去1ヶ月 モチベーションダウンで メモする気も起きなかった 4#3bメモのまとめを一応しておく。 (^^;;;


8月中旬だったと思うが、4#3 1号機はテールが弱くて飛ばす気が起きず、4#3bもプロポが私の手に合わなくてうまく操作できないが、4#3と違い テールの抑えは効いていたので、少しBパーツ(メタルパーツ)の戻しを試していた。 (^^ヾ

4#3b仕様にしてから、サーボと4in1以外はすべて4#3パーツだったし、せっかくのメタルパーツがもったいないので(って、LAMAでも考えて いつも失敗しているパターンだが。。。)、ブレード系を4#3Bのものに換装☆

。。。過去の写真を探したが、計量時のものしか残っていなかった。 (^^ヾ

計量

ということは、メタルパーツへの期待値の割に 全然飛ばなかったので、どうでもよくなって写真撮ってないんだな。 (^◇^;
実際のフライト重量は、これにバッテリー分の10~11gがプラスされる。


ま、”全然飛ばなかった”と書いてしまったが、4#3Bのフライト自体は安定なんだけど 変に回り込むような 操作以外の不要な動作をする感じが 4#3Bのメタルパーツ戻しとともに戻ってきて、4#3パーツに戻すのも面倒になってそのままというところ。 (^^ヾ
購入当初からあった動作なので これがフライト特性なのか、もしかしたらブレードホルダーがハズレ品なのかも。。。 と思うが、Aブレードホルダーに交換したときはさらにひどくなったし。。。

この時点で、4#3B以外のパーツは、
 ・フレーム
 ・メインブレード
 ・メインギア
 ・バッテリーホルダー
となっていて、かなり4#3Bに近づいている。 (^^;
フレームが違うのは、パーツの数ではなく 決定的な差だとは思うが。

そういえば、4#3Bキャノピーは さらに削った仕様にしている。 (^^;

あと、メインシャフトは オリジナルの"○"が取れてしまったので、秘蔵の(?)予備品まで投入したが、フライト特性は変わらず 難しかった。。。 orz

この後2~3フライトくらいはしたと思うが、やっぱり扱えず 保管庫行き。 ( ̄∇ ̄;)


というのが過去1ヶ月の4#3bの流れだが、4#3 2号機の投入で素直な4#3は やっぱり楽しい♪♪♪ と再確認したので、4#3bも何とか再構成して フライト可能状態にまで持っていこうかな。 (^^)
【2008/09/30 15:35 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(2) | トラックバック(0) |
リポ補修メモ ~リポ5#1
いつもの注意喚起。 (^^ヾ

◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆
もし私のメモを読んでリポ電池の補修をしようと考えている方は、
 爆発・炎上を覚悟の上で
実施して下さい。 (^^;;;

”リポ電池は危険なもの” という認識の上で作業しないと、身の危険や 火災の原因になりますので ご注意下さい。 (^^ヾ
◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆


★ コネクタの接触?が悪くなったのでリポ5#1を補修

リポ5#1は、だましだまし使っていたが そろそろ限界みたいで、電源がたまに切れる。 (^^;;;
フライト中に電源が切れたことはないが フライト中に突然墜落もまずいし、接点がショートして爆発炎上はもっとまずい。 (^^;

リポ5#1は、現在97バッテリー使用。
過去の実績からも コネクタ補修なしで 結構持った方だと思う。 (^^;

電池自体は まだまだ使えるので、配線交換♪

5#1

開けた形跡がアリアリなので、配線は交換していたかな? (^^;

作り置きのコネクタ付コードがあったので、それをポン付け。 (^^ヾ

補修完了

完了。 (^^)
コネクタは再利用できるので取っておく。
【2008/09/29 12:52 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 317バッテリー目 ~大きくトリムズレ
★ 調整メモ:大きくトリムズレしたので修正

先週は 半Xtremeコンバージョン化した1号機を飛ばしていて、いつも飛ばしている2号機とは結構フライト特性が違っていたので(前後左右の感覚が全然違う) それに手が慣れて2号機は飛ばしにくくなってしまったかな?と思ったが、やっぱりこっちの方が飛ばしやすい☆ (^^)
2号機は、それなりにメンテしているので、調整が私仕様になっているのかも。


新品シャフトにしてから家具等への接触もほとんど無くなり、各パーツのセレクトもほぼ固まっていたので 調整もなしで30フライトくらいしてきたが、316バッテリー目 旋回ばかりさせていたので気がつくのが遅れたが フライト途中から前進仕様に? ∑(゜◇゜)
最初の離陸の時は全然問題なく、墜落させたわけではないが 飛ばしているうちに前進モード?になっていたようだ。 (^^;

気がついたのが316バッテリー目終了付近だったので、317バッテリー目は 調整せずに そのまま離陸。 (^^;;;
離陸直後はエアコン風かと思ったが、やっぱり前進が止まらないので着陸させてみてみると明らかにスワッシュプレートが前傾している。 (^^;;;
 ↑ 早く気づけ。。。 (^◇^;

一応デジタルサーボに交換済みだが センターズレなのか?


しょうがないので、リンク長調整でセンター合わせ。
その後、問題ないようなので一安心。 (^^ヾ


そういえば、4#3 1号機のバッテリー数(308)を 最近のLAMA集中フライトで越えていたみたい。 (^^ヾ

週末から また4#3を飛ばすようになったけど、LAMAは手がかからない(メンテが少ない)のがいいところかも、と思う。
4#3は微妙な調整が結構いるので(墜落させるからだが。。。)。。。 なによりモーター交換多すぎる。 (^^;;;
【2008/09/29 12:38 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 4#3 2号機 ~前回の外フライトまでの まとめメモ
★ とりあえず、到着~ (^^;;;

なんか4#3メモ、久しぶり。 (^^;

2号機は、現在11バッテリーのフライト後で、外フライトしたときのメモを先に書いてしまったが、そこに至るまでのメモ。 (^^ヾ

早速、機体★

機体

いつもどおり。 (^^;;;
やっぱり新品はパリッとした 触感がいいですね~

見た目は一緒だが、4in1は”新型”♪ (^^)

4in1.jpg

何か変わっているのかはわからない。 (^^ヾ
4月ころにでた”新型”かな?

あと、今回の2号機は MIRACLE-MARTで購入しているが、

tested?

箱に Tested の付箋が? Σ(゜◇゜)
ホバリング調整ってわけではないと思うが、一応 動作確認はしているのかな? (^^)
海外サイトでこんなのが貼ってあったのは 初めて。(本当にtestしているのかは わからんが)


最近は LAMAばかりだったし、4#3は1ヶ月前に 4in1もヘタレだったが 自分のフライトの腕もどんどん悪くなっていた気がしたし 墜落ばかりになって ほとんど飛ばさなくなっていたが。。。 (^^;

さて、何も考えず(トリム調整もせず) フライト~ (^^;

 ん? ちゃんと飛んでる Σ(゜◇゜)

プロポのエルロントリムをセンター付近から2個くらいずらしただけで、調整終了という感じ。
Testedの付箋効果か? (^^;

フライバーが長いとか、サーボホーン位置がノーマルとかあるので まったりフライトだが、いきなり飛ばせるのにはビックリ。 (^^;;;
LAMAを飛ばしてきて少しは上達したのかな。


★ 2バッテリー目:早速いつもの仕様に変更 (^^ヾ

とりあえず持ってきた、4#3 1号機と。

4#3-1&2

すでに パーツ取り機 状態。 (^^;

ここから、メインシャフト系一式・ブレード・モーターヒートシンクを2号機に移植。
あとテールブレード保護の棒を引き抜き、サーボホーンリンク位置は 最外に移動

仕様変更完了

いつもの仕様に変更完了★ (^^ヾ

テールブレード保護の棒は、無い機体が見慣れてしまったし、引っかかるのでいらない。 (^^;


フライトさせてみると。。。 100バッテリーぶりくらいに 安定した4#3を飛ばした気がする。 ( ̄∇ ̄;)
この機体状態なら 4#3も楽しいかな♪ (^^)

久しぶりに 4#3のフライト意欲がわいてきた。 (^^;


★ 5バッテリー目:トリムがどんどんずれる。。。

サーボのセンターズレというやつか、トリムがどんどんずれる。。。 ( ̄∇ ̄;)
あとサーボの振動も、プロポ操作によっては 結構起こっている。(振動は あまり気にしないが)

とりあえず1号機のサーボに交換してみたが、こっちの方が振動がすごくて ヘタレまくりだった。 (^◇^;
1号機のエルロン側は まだマシだったようで、こっちに交換。


★ 10バッテリー目:4in1ショートしたか? ( ̄∇ ̄;)

その後もサーボの調子が 今ひとつだったので、電源つないだままサーボコネクタをいじってしまった。

 ヤバっ! 基板をショートした香りが!! Σ(゜◇゜;)

あわててバッテリー抜き。

あ~。。。 やってしまったか。。。 orz
と思ったが、とりあえず電源は入るようなので、しばらくさまして? 再フライト! (^^;

とりあえず問題なく? 飛ぶようだが。。。


という流れで、調整ができていない中で 数日前にメモした11バッテリー目 外フライト強行メモにつづいている。 (^^ヾ

機体の移送は完了したので、また4#3も飛ばし始めるかな。 (^^ヾ
なんか今度はLAMAをフライトしても 上達を感じるところが無くなってきたし。。。
【2008/09/28 12:12 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Colco APACHE AH-64 ~調子の悪いXtremeモーター補修
★ アパッチのフライト時間が短いのは、Xtremeモーター不良?

買ってから今まで、調整だけの”1ケタフライト”しかしていないアパッチ。 (^◇^;
さすがに純正電池で1分半のフライト時間では、あまり飛ばす気にならなかった。 (^^;;;

その後、LAMAに投入したXtremeモーターが 15バッテリーでパワーダウンしたときに Xtremeモーターの信頼性は それほど高くないことが分かり、そう考えると アパッチに投入したXtremeモーターも 下用のモーターが弱くて 今のような調子の悪さになっている気がする。 (^^ヾ

LAMAも少し安定期に入ってきたみたいなので、アパッチも少し手を入れてみる。


バラしてモーターを無負荷状態にして、それぞれのモーター音を1つずつ聞くと、

モーター

ん~ 絶対音感がないので はっきりしないが、半音までいかない クオーターくらい違うかな? (^^;

モーター1個ずつの単音で聞いてそれくらいで、その後A・B両方同時に回してみると スロットル途中まではA・Bモーター音がユニゾンしているのだが、後半 最後のところで少しずれている感じ。


こっちも下ブレード用のXtremeモーターがハズレだったか。 orz
LAMAに投入したXtremeのSEモーターは 大ハズレで、1音くらい違っていたかもしれない。 (^^;

とはいえ、Xtremeモーターの騒音に慣れれば、パワーと電池の使用効率がいいのでSEモーターなら投入したいところ。
 ※ アパッチは ”熱い” 旧型モーターだが


さて、とりあえず ハンダゴテを当ててみて、接触がよくなるかな? → 変わらず。
やっぱりSEモーターの時と同様、ブラシ交換のようだ。

Xtremeモーターのブラシ交換は2回目なので、サクッと取り外し。

旧ブラシ

う~ん... "今回も"見た目には問題なさそうなんだが。。。 ( ̄∇ ̄;)

新品のカーボンブラシ。

新ブラシ

コミュテーター形状に削れていないことを除けば、取り外したブラシと変わらないように見える。。。

さて、交換完了☆

交換完了

早速 無負荷で回してみると、A・Bモーター音がユニゾンしてる♪♪♪ (^^)
見た目からは よくわからなかったが、これもブラシが原因っぽい。

これでフライト時間も延びるかな☆
【2008/09/27 20:59 】
| ラジ★ヘリ~Colco&FB APACHE | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~アルカリ電池 1セット目 終了
★ 小メモ:アルカリ・オキシライド混合電池使用時の終了電圧

いつもは ドリパケライト本体にエネループを使用していて、今回初めて使用したアルカリ2本+オキシライド1本のパワーがかなりよく感じたが、走行できる時間は大きくかわらないのかな? (^^ヾ
電圧から考えて3倍くらいはいけるかと思ったが(0.1vあたり20~30分として)。 (^^;
しろうと考えが過ぎたか。 (^◇^;

エネループ×3だと、20~25分の走行で1.27~1.29vとなっていて、ステアリングの切れもパワーもなくなってくる。
後半はだましだましなので、1.3vくらいが境界なのだろうか。


今回 普通のアルカリ電池で走行させて、初期電圧がかなり高いので パワーもそうだが 長持ちもするのかな?と期待したが、最終日 パワーもレビン(エネループ)並だし、ステアリングの切れも悪い感じ。 ( ̄∇ ̄;)
走行させていた時間は 動画撮影前後と親戚の子と遊んだ時間だけで それほど長く走らせた印象がなかったので、もうモーターなのか?と思ったが、とりあえず電池の電圧確認。

 アルカリ2本 1.285v
 オキシライド 1.332v

混ぜると1本あたり1.3vくらいだから、エネループと同じように考えると そろそろ限界の電圧なのかも。 (^^ヾ

エネループは、充電直後は1.45vくらいあるが、使わなくても 数日経つと1.35~1.37vくらいまで(感覚的だが)落ちているので、1.3vを境界に考えると マージン結構少ないな。 (^^;


ついでにコントローラー側のアルカリ電池も計ってみたら、1.48v。
う~ん。。。 予想以上に低い。

レビンだと モーター交換するまで何回も電池交換して走らせても(記録メモによると 16日目:約8時間使用後くらいで)コントローラーのアルカリ電池は1.42vだったので、本体電池1セットの使用で コントローラー電池の電圧が0.1vも落ちてくるのは、かなり早い感じ。
うちのFDの電波到達範囲が広いのは/レビンのコントローラー電池の持ちがいいのは、そういうこともあったりして? (^^;
【2008/09/26 12:53 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 56バッテリー目 ~屋外フライト挑戦 3回目!!!
★ 屋外フライト挑戦3回目 ~最終日 (^^;

今日(昨日)は もうだめかと思っていたが、暗くなる少し前から 風が少しだけ弱くなっている。
あとからアメダスで確認すると、3~6m/sの風で、今までで一番ゆるい風のようだ。 (^^)

でも 急に風が吹くときがあり、そのときのフライトは 厳しそうだが、ラストフライト開始☆ (≧∇≦)ノ


風の通り道で 一気に突風がくると カウンターを当て続けても流されるが、風がそよ風程度に収まるときが2~3度あり、ホバリングだけではなく 初めて旋回させるチャンスもあった♪

でも急に風がくるので、高度は 上げても目の高さくらい。 (^^ヾ

あと、やはり上昇気流というかあおられると、部屋の中のホバリングスロットルでは 急上昇になってしまって、かなりスロットルを絞ったところが、ホバリングポジション?のようだ。
とはいっても、風がやむと、屋内と同じホバリングスロットルのポジションに戻るので、慣れが必要みたい。

奥が深い。 (^^;

屋外でのスロットルカーブは、決まったホバリングポジションがなさそうなので リニアにした方がいいかも。

そんな風の中、強い風が来たら着陸させつつ、2バッテリーフライト☆ (≧∇≦)ノ
3回目にして、はじめて バッテリーを使い切ることができた。 (^^;
少し風にもなれてきたかな?


そこそこ飛ばしたあとで、こんな強い風が吹くときに4#3ならどうなるのだろう? と、考えた。 (^^ヾ

かなり強い風なので、機体の軽い4#3なら全然ダメと予想したが、とりあえず4#3 2号機!!! 初登場♪ (≧∇≦)ノ

もちろんお気に入りの旧版(72MHz)。 (^^;
MIRACLE-MARTで$69の時に買っておいて、実家置きにしていたので いままで保管してあったもの。 (^^ヾ
LAMAと並行して セットアップしていたのだが、やっぱり4#3(72M版)扱いやすい~♪ (^^)


何も抵抗しなければ5mくらい一気に吹っ飛んでいきそうな風の中、早速フライト! (^^;
と、機体を地面に置いた段階で 倒れることもあるくらいたまに突風が来るので、やっぱりダメか? (^^;;;

飛ばしてみなければ わからないので、強行離陸! (^◇^;
んんっ? 機体が軽いせいか LAMA以上に一気に流されそうになるが、Ele/Ailとも全開にしなくても立て直せるくらいの余裕があり、部屋の中ではヤバいかな?というくらいの機体角度でも風に対抗してホバリングしてくれるパワー? コントロール性? があるみたい。 (^^)

1分くらいフライトしたときに、ゆるゆるだったので固定しようか迷っていたテールブレード系一式が外れて、終了。

。。。あれ? 実家PCに撮った写真忘れてきた。 orz


ブレードは見つかったが、ギアと軸がどこかに行ってしまった。
補修パーツは持っていなかったので、閉店。 (^^;

でも 4#3は LAMAより強い風でも飛ばせそうな感じで、結構イイかも☆


部屋の中のエアコン(強)の風では、LAMAはほとんど流されないが 4#3の方がかなり影響を受けて 家具等への接触が多発し 難しかったが、屋外の広い空間では4#3を立て直すスペースが広いため。予想に反して 機体が軽い4#3の方が風に対抗できるみたい。 (^^)
【2008/09/25 18:15 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 54バッテリー目 ~屋外フライト挑戦 2回目!!!
★ ブレード裏貼りで 屋外フライト挑戦 2回目!

ここ数日、北海道付近は前線の通過や低気圧の関係で かなり等圧線が狭く、強い風の吹きやすい状態らしいが、時間もあまりないし ブレードを強化して多少はよくなったかも?と思ったので再挑戦!!!

屋外 といっても庭で飛ばしているだけだが、外で飛ばすと 家の中ではちょっと大きすぎるんだよな~と思っていたLAMAが 小さく感じる。 (^^;


どのくらいの風の強さでフライトOKか まだ感覚的にわからないので、初☆屋外フライト時のアメダスの風速を 参考までに見てみた。 (^^ヾ

アメダスの観測地点で近そうなところ4つくらいを見てみると、4~9m/sくらい。
。。。4m/sでも 秒速 車1台弱くらいの大気の流れか。 ( ̄∇ ̄;)
9m/sだと 数字を見ただけでアウトな気がする。 (^^;;;

常に空が(風で)鳴っているような感じだったし、ちょっとムリだったか。 (^^ヾ


今回 2回目挑戦の時も 初フライト時よりは弱いものの 少し空が鳴っているときもあり、厳しいかな?という感じ。
でもブレード強化 もあるし、飛ばしてみよ~ (≧∇≦)ノ


う~ん。。。風速計が手元にないので 感覚的になるが、ブレード強化で風に強くなっている気がする。 (^^ヾ

でも、やっぱり風が強すぎて、びゅ~っと風が来たときには、プロポ操作全開でも流されたので、今回も途中棄権。 (^^;


2回目挑戦時のアメダス風速値は、4~7m/sくらい。 ( ̄∇ ̄;)
常にその風が吹いているわけではないし 少し初回よりも弱いけれど、ま フライト条件は変わらないか。 (^^ヾ


で、今日が屋外フライト挑戦最終日(遅い夏休みも終了)なのだが、アメダス値で6~10m/sの風速。 ( ̄∇ ̄;)

見た目にも枝だけではなく 木が揺れているときがあるし、あっという間に飛ばされてしまいそう。 (^^;
天気はいいんだけどな~

次の屋外フライトのチャンスは 年末年始になってしまうが、積雪した中では バッテリーも厳しそうだし 次は来年の春かな? (^^;;;
【2008/09/24 12:09 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 53バッテリー目 ~製本テープ(契印用)でブレード裏貼り (^^ヾ
★ 裏貼りできるテープを探したら 製本テープが出てきた (^^;

初・屋外フライト時に 風に弱かったのは、いつもやっているブレードの裏貼りをしていなかったのもあるかもしれないということで、貼れそうなテープを探して 家宅捜索。 (^^;

最初に布テープはどうだろう?と思ったが、フィラメントテープと違い ノビノビなので 貼っても効果が全くなし。 (^◇^;

いろいろ探して出てきたのが、”製本テープ”。
背表紙の補強とか製本したときの背の部分に使うテープだが、2種類出てきた

1つは ポリプロピレン(?)の透明テープで、これはちょっと伸びてしまいそうな感じ。

もう1つは、素材とかが書いていなくてわからないのだが、

製本テープ

ニチバンのBK-25(契印用)というテープ。
25mm幅なので LAMAのブレードにはちょっと狭いが、端まで貼れなくても全然問題ないので合格。 (^^ヾ

少し粘着面のテープをめくってみると、

製本テープ素材?

銀色になっている = 金属が蒸着されている? 感じで、引っ張りにも強そうなので、採用決定★
<追記 >
銀色に光っているが、テープのベース材質は紙。

そのため、耐久性は よくわからない。 (^^ヾ
少し使ってみた感じは、コーニングは抑えられるし、ぶつけてもテープがはがれてこないし イイ感じだが。 紙だから濡れるとアウトだろうな~ (^^;


このテープは35mmタイプとか幅の広いものがあるみたいだし、裏側は紙なのだが 各色あるようなので、パステルブレードやお気に入り色のブレードを作るにはいい素材かも♪ (^^)
※ 今回は白色


とりあえず、ブレードの先の方がやわやわなXtreme(Bブレード)から貼ってみる。

製本テープで裏貼り

ん! これだけでも パリッとしてきた。 (^^)

今回はプラスで、以前 前面セロテープ貼りをするとさらに強度アップになったので、前面にも貼ってみる。 (^^ヾ
Xtremeブレードは、ブレードホルダー側はかなり厚く 問題なさそうなので、柔らかい先の方にだけ前面テープ貼り(折り返し)。

Xtreme先半分補強

さらにパリッとなってイイ感じだ。 (^^)


3DPRO(Aブレード)の方は、もともと結構固いブレードだが、同様に裏貼り+前面補強(3DPROは全体的に)してみる。

3DPRO前面補強

さて、装着★

装着★


とりあえず、室内で調整フライト~

ハーフXtremeコンバージョン化した1号機では、下ブレード系をメタルパーツにしても、何か2号機とは違う変な動きが残っていたのだが、裏貼りしたことでソリッドな操作性になり、ヘンな動きも無くなったので 扱いやすくなったかな。 (^^ヾ

さて、これで多少は 屋外の風に強くなったかな~? (^^ヾ
【2008/09/24 11:42 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 52バッテリー目 ~初の 屋外フライト!!! ( ̄∇ ̄;)
★ そこそこパーツがそろったので 初の屋外フライト♪

木の枝が揺れたり つむじ風が吹いているような クルクル風が回っている感じの大気状態(フライト条件)だが、こんな時にも飛ぶのかな? (^^;
とりあえず 屋外初フライト!!! (≧∇≦)ノ

いつもの家では 屋外フライトできる場所がないので、4#3とかハニビも含めて 初めての屋外フライト♪ (^^)


時々 びゅ~っと 体が押されるくらいの風が吹くので その時はちょっとヤバそうだが、一度も外で飛ばした経験がないので、とりあえず飛ばしてみなくては どれくらいの風でも飛ぶのか よくわからない。 (^^ヾ
びゅ~っと風が吹いたときは、置いてある機体も あおられて倒れそうになるので、さすがにコレはムリっぽい。 (^^;

フライト場所は、家のベランダ(シングルベッドくらいの広さ)から離陸、庭の木とか花を避けて、高度が腰より上であれば 2m×4mくらいの平面空間は確保できる場所。
家のすぐそばなので、よけいに風も舞っている気がするが。 (^^;


離陸。。。
 ん!!! 風に流される!!!  ∑(゜◇゜)

エアコン強の風でも 2号機は ホバリングはもちろん旋回も問題なくできていたので、このくらいの風なら体感的にOKだろうと思っていたのだが、思いっきり流されるし、つむじ風に前後左右上下からあおられて、フラフラで、ホバリングするのがやっと。 (^◇^;

風が常に吹いている感じだったが 一瞬やむと いつもの安定LAMAだが、つむじ風に吹かれると ミソスリではないが 風にあおられた方向に小刻みに機体が揺れていて、こんなに揺れるLAMAを見るのは初めて。 (^^;;
コントロールもエアコン強の風の中で飛ばしている4#3のように微妙な感じで、私にとってはとてもシビアなフライト条件みたい。 (^^;


しばらくホバリングさせていたが、フッと強めの風が来て流されたときに かなり上昇気流があったのか、いつもは墜落するくらいのスロットル(25%くらい)にしても一気に上昇を始めて、このまま行くとNTTの引き込み線に接触する and 敷地外まで流されるか? と思われたので、とっさの判断でスロットルオフ。 ∑(゜◇゜;)

 お庭の石に強行着陸(墜落) ( ̄∇ ̄;)

庭の花の上に落ちちゃうかな?と思ったが、花を避けて 石に向かって墜落。 (^^;

スキッドを下に 普通の機体姿勢で落ちたので、墜落時に腹を打ったときの衝撃か、バッテリーホルダーのツメが折れ、

バッテリーホルダーつめ

そういえば、屋外フライトするにあたり、本体のアンテナは キャノピー内 収容から、スキッド巻き付けに変更している。 (^^ヾ
庭フライトなので、それほど遠くまで飛ばさないのでコレでOKでしょう。(たぶん)

あと、あの 2度 分裂補修をしているローターハブが、再分裂。 (^◇^;

ローターハブ分裂

う~ん。。。 一度分裂すると はめ込みだけで戻すのはムズかしかったか。

ということで、初屋外フライトは1バッテリー持たずに終了。 ( ̄∇ ̄;)


どのくらいの風までならOKの範囲か まだ全然わからないので、ほとんど風がないと思えるときに一度飛ばしてみたいな♪


あと 風に弱かったのは、そういえば 面倒&資材がなかったので ブレードの裏貼りをせずに飛ばしていたのもあるかも。 (^^ヾ

ココに 裏貼りに使えそうなテープってあったかな。。。
【2008/09/23 13:57 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(10) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 51バッテリー目 ~Xtreme SEモーター投入
★ 1号機にもXtreme SEモーター投入

1号機は 純正モーターだったが、やはり純正モーターでは 何かバッテリーの持ちが悪くなるというか、電流を食う割に浮かないとかの不満があるので、Xtreme SEモーターに交換。 (^^ヾ
あと4in1のプロポーショナルが限界なので、モーターなのかな?とも思い、交換してみる。

Xtremeモーター

Xtremeモーターにすると うるさくなるが、パワーもあるし 電気の使用効率もいい気がする♪ (^^)

ただ、私の中のXtremeモーターの信頼性は 4個中2個がハズレという経験上 イマイチなので、とりあえず4in1に接続して1個ずつ回してみる。 (^^ヾ

今回のは、両方とも高音域で回っているので、超大ハズレではないようだ。 (^^;


続いて A/Bモーターが同じくらいの回転数で回っているのか確認するため、両方のモーターを4in1に接続して回してみる。

ん。 ちゃんと2個のモーター音がスロットル操作にあわせて ユニゾンしてる♪ (^^)
4in1の赤点灯域までユニゾンしているので、今回のモーターは問題なさそう。
でも15バッテリーでヘタレたモーターもあったので、油断大敵だが。 (^^;


モーターは 一応 回るっぽいので、交換開始♪
1号機は しっぽをXtremeにしているので、キャノピーを外すだけで モーター交換はできるので、すぐに交換完了。 (^^ヾ

交換完了

回し始めは、カーボンブラシの形が ある程度整うまで(?)の間、少し不安定だったが、すぐに普通にフライトできるようになった。

Xtremeモーターに交換後のフライトでは、2号機と同様に 時間を気にしていないと、ホバリングだけでは 電池を使いすぎてしまうくらい 効率よく回っている。 (^^;
 ※ 調整フライトで6.6vまで使ってしまった。

パワーは2号機並みになった感じだが、あとは操作性か。 (^^ヾ


で、4in1のプロポーショナルだが、変わらない。。。 ( ̄∇ ̄;)
 そういえば1号機のヘタレ4in1を使っているんだった (^◇^;
4in1は、一度は新品にしたのだが、新品はアパッチに流用して、実家置きの こっちにはヘタレたのを使っていたのを思い出した。 (^^ヾ

今のところは調整できているからいいが、そう気がついたら 何か不安になってきた。 (^◇^;
【2008/09/23 11:14 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 50バッテリー目 ~プロポーショナル左いっぱい
★ 4in1のプロポーショナルが また左いっぱい ( ̄∇ ̄;)

一応 左いっぱい + プロポのラダートリム 75/120 で調整はとれているのだが、マージンが少ない。。。 ( ̄∇ ̄;)

上ブレード系のモーターなのかな~
【2008/09/23 11:07 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 1号機 43バッテリー目 ~現状確認と仕様変更 (^^ヾ
★ 久しぶりに LAMA 1号機を調整してみる : 現状確認

7月にハーフXtremeコンバージョン化した LAMA1号機だが、そのときは”手元にある資材で何とか飛ばせるようにした”という感じだったので、今回 2号機の方で気に入っている 下ブレード系のメタルパーツ等を投入して、1号機でもフライト特性の確認をしてみる。

というか、2号機のような仕様にするのはすでに頭の中で決めているので、ちゃっちゃと作業開始☆ (^^;


とりあえず、現状の機体構成確認。

現在の仕様

上下ともブレード系/制御系は基本的に純正の樹脂パーツで、上ブレードグリップだけメタルのようだ。
ブレード構成は Xtreme × 3DPROで、ステンレステープ裏貼りで 手がキリキズだらけになったのを思い出した。 ><

上にメタルブレードグリップを使っているのは パーツがコレしかなかったのと、Xtremeのブレードグリップに装着できる下ブレードが手元に無かったため。 と思われる。 (^^ヾ


2号機では コントロール系の下ブレードにメタルブレードグリップを入れたときに よい感じで飛んでくれたので、コレの上下ブレードグリップを入れ替え、持ってきたXtreme下ブレード(ブルー色)投入、3DPROのメタルスワッシュも投入してみる。
あと、ついでに 持ってきたメタルヘッド付きインナーシャフトも再挑戦!!

下メタルGPメタルヘッド投入

ブルー色のXtremeブレードは、初投入☆ (^^;
ブレード構成は、3DPRO × Xtreme(ブルー)。

メタルスワッシュは、そのまま付けると 渋い? ∑(゜◇゜)
とりあえず樹脂製の下ローターハブのままで メタルスワッシュを装着してみたが、このローターハブが長くて スワッシュを押し下げて 渋くなっているようなので(メタルスワッシュのボール位置が 純正スワッシュより高い?)、削って短くした。

ローターハブ

削った面をきれいにする前に写真を撮ったので、ボソボソしているが... (^◇^;
写真で見ると結構短くしたのかな。


さて、Xtremeのメタルインナーシャフト、今回は? (^^;

 う~ん。。。 おしいところだが、純正パーツの方が安定性がいい。 (^^;;;

今までと同じ調整なので 何がよかったのかはわからないが、今までで一番安定していた。 (^^ヾ
円運動も細かくコントロールしておけば、抑えられる程度だし。

でも、やっぱり純正パーツに戻すか。 (^^;;;


★ 45バッテリー目 : メタルローターハブ(ちょっとぁゃιぃが)投入

2~3バッテリー調整フライト後、2号機で分裂した 下メタルローターハブを投入してみる。 (^^ヾ
また分裂するのではないかと不安要素ではあるが...

付ける段階になって、2号機にXtremeのローターハブを投入した際、Xtremeの固定ビスが長すぎて インナーシャフトに干渉していたため、今回投入予定の純正アップグレードのメタルローターハブの固定ビスを使ってしまっていたのを思い出した。 (^◇^;

しょうがないので、同じく純正メタルアップグレードの ローターヘッドのスタビ固定用ビス2本を流用。 (^^ヾ

メタルハブ純正インナー

一応 再組完了☆


フライトさせてみると、この下ブレード系を支える元になっているローターハブも、メタルパーツにすることで 旋回時には しっかりとしたフライト特性になるようだ♪ (^^)
今のところ、下ブレード系は すべてメタルパーツにした方がよさそうな感じ。


それにしても、やっぱりハーフXtremeコンバージョン化した1号機は、低空での安定性がいいな♪ (^^)
機体の風を受ける面積が少なくなっているからだと思うが。

あと、旋回が2号機のように 自分の頭の中のコース通り飛ばないというか、ちょっと操作感が違う感じ。
ブレードの裏貼りとか、細かい調整とかなのかな~
一応 2号機は手をかけてるだけ調整できているのか、ただ慣れているだけなのか。 (^^ヾ
【2008/09/22 20:46 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~フリー走行@フローリング 動画
★ ドリパケライト RX-7 フローリングで”フリー走行”動画 (^^;

フローリングでの走行が初めてなので、動画を撮ってみた。

コースを走らせる腕がないので、”フリー走行”ということにしておく。 (^^ヾ
AE86に続き、また ただ走らせているだけの動画。 (^◇^;
でも フローリングくらいのμ路面なら、何かコースを作って走れそうな気がしてきた。



ヘリも 車も、正確な動き(技)ができないので、だいたいこんな感じ。 (^^ヾ

フローリング走行のマイナスポイントは、部屋にタイヤの音が反響して うるさいところ。 (^^;;;


あと 気になっているのが、公式動画の



これなんだが、いっっっつも フローリングのキズが気になる。。。 ( ̄∇ ̄;)
フローリングで走らせていると、こうなるのかな~ (^^;;;
と、暗示しているように見えてしまって。 (^◇^;

気をつけなくては。
【2008/09/21 21:57 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(2) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~初めてのフローリング走行
★ 早速 初めてのフローリング走行♪ (^^)

連休中 実家に帰ってきたので、フローリングの”床が見える”♪ (^^;;;
いつもの部屋の床は 機材山積みで。。。 40~50cm×2.5mくらいの床しか見えてないし(しかも じゅうたん)。 (^◇^;
いつものレビンは 会社のお昼休みに走らせていて 路面はピータイルなので、フローリングは初めて♪

早速、走行~☆

 フローリングって、メチャメチャ滑る~ (^^;;;

ピータイルでしか走らせたことがないので こんな低μ路面は初めてだが、かなり滑る。 (^^;
滑る割には いつもの86よりもコントローラブルなのは、モーターパワーがちょうどいいのか?
でも、純正モーターでも かなりパワーを感じる。 ∑(゜◇゜)

ん? もしかして、いつもはエネループ使用だから 電圧が高くても1.4v×3=4.2vだが、今回は アルカリ1.6v×2+オキシライド1.7v×1=4.9v だからか? (^^;


あと、電波の飛びが非常によく、10畳くらい?の室内でも全然電波が切れることがない。 ∑(゜◇゜)
レビンの時は 2mくらい離れるとあやしかったのに。。。 (^◇^;
やっぱり私の引いたレビンはハズレだったか。

でもスチール机とか棚がたくさん置いてある会社と、電波を遮蔽しそうなものが何もない家庭では、電波の飛びも違うと思うので何とも言えんが、部屋の端まで全然電波がとぎれないのは新鮮だった☆ (^^)


回転に関しては、RX-7も 右回転は得意だが 左回転はAE86よりも不得手で、カウンターを当てる間もなく 一気にテールが180度 流れてしまうので、とりあえず セッティングをリア内履き→外履きに変更。

う~ん。。。 あまり変わらないかな。 (^^ヾ


フローリングでは もともと滑りやすいせいか、もっとタイヤが滑らないセッティングの方がいいようなので、レビン@ピータイルではやらなかった リアタイヤのセロテープ巻きを試す。(レビンは ニチバンの よく滑る白色テープ巻き)

リアセロテープ巻き

※ いつもの やっつけ巻き (^◇^;

 おおっ☆ コントロールしやすくなった♪ (^^)

セロテープは、プラタイヤに比べると 結構グリップ力があるので、フローリングでは、ちょうどよくなった感じ♪ (^^)
【2008/09/21 21:14 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) 到着★ (^^ヾ
★ 連休なので(?) ドリパケライト2台目:FD3S (^^ヾ

10月発売の新車種の写真も出てきているが あまり好きではないので、レビンを買うときにも迷ったRX-7を2台目に買ってみた。 (^^ヾ
 ※ レビンを買ったときは 値段で決めた (^^;

パッケージ♪

FD3Sパッケージ

ま ハチロクと一緒なのだが、電波の飛びとか 走り(パワー/操作性)とか 路面がフローリングだと どんな走りをするのかが興味深いですね~ (^^ヾ

何回も再組を繰り返しているので、サクッとシャーシ部分を組み立て。

シャーシ組み立て

セッティングは、とりあえずピータイル上のいつものセッティングで、
リア:内履き

リヤ内履き

フロント:外履き but ...

フロント外履き

外履きだが、AE86よりもキャンバー角が付いているのか、はっきりと内側接地。 (^^;;;

ボディー裏だが、リアアンダーカウルが付いている。

マフラーアンダーカウル

そのため、ボディーの取り外しが ちょっと外しにくく感じたが、リアサイド部分を抑えながら引っ張ると外しやすい。

あと、マフラーは砲弾形状だが、AE86のものが メッキ仕上げでナナメ出しだったので、グレー色まっすぐ出しなのが フツーすぎる感じ。 ( ̄∇ ̄;)
しかも、アンダーカウルの成形に色が塗ってあるだけ。

参考:AE86

マフラー86

ハチロクは、別パーツになっていたのだが。

使用電池は余っていた3種混合。 (^^;

使用電池

上からMaxellのが1.57vくらいで プロポに使用。
パナのアルカリ(1.6vくらい)2本・オキシライド(1.71vくらい)1本は、本体側に使用。


さて!! シール貼って 完成★ (≧∇≦)ノ

完成★


ナナメ前から

斜め前から

後ろから

後ろから

グラマラスなボディー♪ (^^)

ナナメ後ろから

斜め後ろから

横から

横から

前から見たときには、ロングノーズ/ショートキャビンかな?と思ったが、横から見るとそうでもない。 (^^;
86だと

横からAE86

こんな感じなので、バランス的には 同じくらいか?

ボンネット色が黒なので、フロントガラスの黒と合わさって ロングノーズのイメージになるのかもしれない。 (^^ヾ

前から

前から


さて、早速 走らせてみるか。 (^^)
【2008/09/21 17:54 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(21) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 300バッテリー記念? ~久しぶりに練習動画 (^^ヾ
★ 300バッテリー目 動画メモ♪

300バッテリー目だが、2号機が届いてから 4#3期間を除き、LAMAに夢中になっている期間で考えると、2ヶ月+くらいで達成したことになる。 (^^;;;
5バッテリー/dayくらいか。。。 その割に フライト技術は。。。 (^◇^;
私的には、楽しいから問題なし♪♪♪


さて、ホローシャフトに新品のものを使うようになってから 墜落が減ってきたので、久しぶりに動画メモ。 (^^ヾ

ぐるぐる左旋回させたり、8の字らしき練習したり、延々練習が続く 睡眠導入(?)動画。 (^◇^;

空域の奥側が1.2m位の幅しかなく(高度1.6m以上は 80cmくらい空域幅が広くなる)、カメラ側は奥側よりも膝上高度全域にわたって50cmくらい広いため、どうしても手前で降下 奥で上昇のような飛ばし方になり、8の字の水平にはナカナカできない。
というか、8の字 ムズかしい。。。 ( ̄∇ ̄;)
広い場所でゆったり旋回なら 8の字がイメージできるのだが、1.2m×2mの空域では 私の腕ではまだムリっぽい。 (^^ヾ

飛ばしているときは、結構スピードが出ているような感覚で飛ばしているが、動画で見るとまったりフライトという感じ。 (^^;;;
ちらっとスピードに乗ったところも映っていたが、足しか映ってなかったし。 (^◇^;

あと、離着陸も最近は気にしながら飛ばしていて、ゆっくり離陸・対面ゆっくり着陸を心がけるようにしているが、これまた ナカナカ ムズかしい。 (^^ヾ


という感じで、300バッテリー目 動画メモ。(成長の記録?)




以前と比べると 結構慣れてきたのだが、いまだに機体の動作限界と いろいろ調整やパーツ交換してみたときのフライト特性の確認をしている段階? カナ。 (^^ヾ


さてと、出かけるとするか。
【2008/09/20 10:59 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 296バッテリー目 ~メタルブレードホルダー(下)投入♪
★ メタルブレードホルダーを B系だけ入れてみる

現在下ブレードは Xtremeのブレードを使用していて、ブレードホルダーへの固定部の厚さが薄いため Xtremeのブレードホルダーが使えることに気がついた♪
Xtremeのブレードホルダーは高かったが、今ひとつ効果がわからなくて & 使えるブレードが少し限定されるため 保管庫行きになっていたパーツ。 (^^ヾ
上ブレードは3DPROなので、グリップ部が厚く そのままではXtremeブレードホルダーは使えない。

そういえば1個余っていたな~ と思いだし、もったいないので使ってみる。 (^^ヾ

ブレードホルダー下

下ブレード付近はメタルパーツで固まってきた。 (^^)
上ブレード系は 未だにメタルパーツを安定して使えたことがないが、下ブレード系のメタルパーツは どれもキッチリ飛ぶような感じに仕上がってくれているので、イイ感じ☆
という流れで、メタルブレードホルダーにも少し期待している。 (^^ヾ

全体的には、

現在の構成

こんな感じで、上ブレード/ローターヘッド付近は 純正の樹脂パーツ。


さて、フライト~

 これは!! さらにカッチリした イイ感じ♪♪♪ (≧∇≦)ノ

メタルスワッシュを投入した時とイメージは似ていて、機体を傾けて旋回したときに 純正の樹脂ブレードホルダーでは 遊びがあるというか 柔らかい感じなのだが、Xtremeのメタルグリップでは カッチリとこなしてくれる感じ? (^^;
表現が難しいが、機体をしっかりと ぶれずに下ブレード系が支えている感じがする☆

純正ブレードホルダーでは、同じく純正のプラスワッシュの時のように 限界動作からの戻し時に 揺り戻しのような動作があったが、メタルブレードホルダーに変えたことで そういう余計な動きはなくなり、逆にマイルドになったようにも感じる。
 ※ 変な動きがないので 飛ばしやすく感じた


計画中の3号機でも Xtremeブレードホルダーは、採用決定かな♪ (^^)
【2008/09/20 10:38 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 293バッテリー目 ~初のスキッド折れ
★ 浮きすぎて(?) スキッド折れた ( ̄∇ ̄;)

Robinsシャフトにしてから、V3よりもかなり浮いてしまうので 慣れるまでスロットル操作には気をつけないと...と思っていたのだが、天井付近の照明に接触。 ∑(゜◇゜;)

照明の下は ちょうど何も置いていないスペースだったので そのまま床まで墜落して、今までで一番高いところからの墜落。
2.5mくらいだろうか。

スキッドも初めて折れた。 ><

スキッド折れ

スキッドは、アロンアルファと ホットボンドで補修。
当初、テールトラスのようにホットボンドだけでいいかな?と思ったのだが、スキッドは機体の重量を支える部分なので ホットボンドだけでは弱く、瞬間を追加。 (^^;

慣れるまでの間、気をつけなくては。 (^^ヾ
【2008/09/19 13:07 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(2) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 290バッテリー目 ~新品Robinsシャフトに交換
★ ギアボーズではないが 新品が届いたのでRobinsシャフトに交換 (^^)

最近ドリパケLのメモばかりしていたので、LAMAのメモが少したまってしまった。 (^^ヾ

Robinsホローシャフトは 2回(新品の時と ギア欠けで使用時と)試してみたが、私との相性がいいというか 操作と機体動作のマッチングが取れている感じがするので、Robinsシャフトをまとめ買い。 (^^;;;
最近、ブレード干渉も起こっていないし(ブレードの裏貼り効果もあるのかも?)、ブレード間隔は狭くなるが 室内フライトオンリーなら たぶん大丈夫。 (^^ヾ


279バッテリー目に投入した V3純正のホローシャフトが 壊れたわけではないが、Robinsシャフトと もう一度 新品同士で比較してみるため、早速交換☆

Robinsに交換

ブレード間隔は狭くなっている。

ブレード間隔


さて、フライト~

 う~ん... やっぱり浮きが軽い♪ (^^)

でも スロットルカーブ後半の軽さは以前のRobinsシャフトの時と変わらないが、ホバリングあたりは 少しだけスロットルカーブを変えた感じ。

3DPRO × Xtreme(V3シャフト)
 D/R:Ail-110,Ele-95,Rad-125 EPA:Ail-140 Ele-110
 Thr:0-45-58-80-80


3DPRO × Xtreme(Robinsシャフト)
 D/R:Ail-110,Ele-100,Rad-125 EPA:Ail-140 Ele-110
 Thr:0-45-55-70-80


あと、今回もエレベーターが少しまったり風になったので、100に戻し。
【2008/09/19 13:02 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 25日目 ~パワーライン(の一部)を強化 (^^;
★ パワーラインの配線を いつものPCケーブルに交換

ステアリング切れ関連の続編でもあるが、ドライブモーター(トルクチューンモーター)の性能を さらに引き出したいというメモ。 (^^ヾ

先日のアンテナ収納実験の時にメモした "かっちゃん @Wiki"というページ に、電池のつなぎの線が細く インダクタも挿入されているという話が載っていたので、私も交換してみる。 (^^ヾ

Lって交流の時に抵抗になると思ったのだが、直流でも定電流じゃないと抵抗になって 電流が流れにくくなるのかな? 消費電流が一定じゃないし。
電気製品はスキだが 電気回路のことはよくわからないので、とりあえず何かが挿入されているということは電流が流れにくくなりそうだというイメージだけで作業開始☆ (^^;;;


まず基板を外してみる。

基板を外してみる

ハンダが苦手なので、とりあえず電極ごと外す。 (^^;

さすがにこの状態では、パワーラインの交換は難しいので、しょうがないので 電極と基板を留めている2カ所のハンダのうち、1カ所だけ外してみる。 (^^ヾ

電極と基板

ピンぼけだが、ここの電極が 基板に通しでハンダ付けされているのと、アンテナ付近にも1カ所ある。
とりあえず こっち側の電極を外すと、

電極1個外し

電池間のジャンパ線が見える状態に。 (^^)
上の黒い線には、情報どおり 真ん中にふくらみが。 (^^;

とりあえず、ジャンパ線を撤去し、PC用の電源線の中でも少し細めの物を切り出して使ってみる。
上:外した線 下:PCの電源線

ジャンパ線1

それでもPC電源線の方が太く、電流が通りそうだ。 (^^)
トランジスタ交換はしないので、オーバースペックのような気がするが...

作業を開始して 仮組みしたりしてみると、やっぱり基板と電極を分離しないと作業性が悪いので、分離。 (^^ヾ

結局分離

電極程度のハンダであれば何とか... (^^;

あと、今回は 電極間のジャンパ線だけで、モーター基板の配線は 面倒そうなのでやらない。 (^^ヾ


いろいろ戻して、再組み中。

再組み中

左右で電池の種類が違うが気にしない。 (^^;;;
 ※ エネループの充電が間に合わなかった

黒いジャンパ線のふくらみを切り取ると

ジャンパ線2の中にはL

Lが出てきた。(効果はよくわからない)
過電流防止? いや突入電流防止か? 取り除いたことによって、マイナスの影響が出なければよいが。。。 (^^;


さて、実走☆

 ん! パワー出てる!! (≧∇≦)ノ

トルクチューンやアトミックチューンモーターを使い始めたときは(ステアリングモーターは純正)、こんなパワーだったよな~ という感じのパワー感があってイイ! (^^)
何となく それ以上に出ている気もする♪
 ※ 作業の満足感も入っているので 不明 (^◇^;

ステアリングもちゃんと切れているし。


でもステアリングを切ると、ドライブモーターが少しパワーダウンするのは、変わらないんだな。 (^^;
ただ、その状態でも パワーライン交換前のアクセルオンリーの時よりもパワーがある感じがするので、まぁいいか。 (^^ヾ
これ以上は、トランジスタ交換かな...

できるならステアリングモーターを もっと低電流の物に交換した方がよさそう。
売ってるのかな~ (^^;


今回のパワーライン(の一部)の強化でも 思っていた以上に効果があって、最近いろいろヘタレて まったり風味だったが、イイ感じが戻ってきた♪

ステアリングを切ったときにパワーダウンする件は、基板に負荷がかかりすぎているようで心配だが。 (^^;;;
【2008/09/18 12:10 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 25日目 ~ステアリング切れ関連-3 ステアリングモーター交換
★ やはりステアリングモーター交換するか (^^ヾ

なんか4#3につづき(?) ドリパケライトも補修シーズンに入ってきたな... ( ̄∇ ̄;)


現在 手元にある 一番消費電流が小さそうなモーターが、ドリパケライト純正のドライブモーターなので ちょっと基板が心配なのだが、ステアリングモーター交換テストをしてみる。 (^^ヾ

早速実装。

03ステアリングモーター交換

 ステアリングモーター:ドリパケライト純正 ドライブモーター
 ドライブモーター  :トルクチューンモーター


さて、走行開始~♪

おおっ! 右も切れるようになった!!! (≧∇≦)ノ
ボディを付けた状態でも ステアリングが切れているのは、何か久しぶりな気がする。 (^^;

でも、通常走行時はいいのだが、ステアリングを切りつつアクセルONにすると、ドライブモーターの出力が弱い感じ。 ( ̄∇ ̄;)
やはり基板からの電流が足りてないか?


う~ん... しばらく走らせていると、通常走行時(ステアリングをちょいちょい切りながら)も ちょっと弱い気がしてきた...

しばらく使っていたアトミックチューンモーターがヘタレて トルクチューンモーターに交換したばかりだし、トルクチューンモーターの特性というのもあるのかもしれないが、ステアリングを切ったときは明らかに弱いので、電流が足りてないんだろうな~

トランジスタ交換は、私のハンダ技術ではハードルが高いし(以前PCで似たようなことをやって壊した実績アリ)、先日メモしたブログで 電源ラインの強化も効果があるという記事があったので、電池間の配線くらいなら うちでも試してみるかな。 (^^ヾ
【2008/09/17 13:12 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 24日目 ~ステアリング切れ関連-2 シャーシ削り
<追記 10/10>
その後さらに削ったりしていたが、削りすぎるとステアリングモーターのピニオンと タイロッドのギア部分のかみ合わせが限界に達するらしく、ステアリングを切ったときに引っかかって戻らなくなる現象が発生。 ( ̄∇ ̄;)
左右どちらかのステアリングの切れが悪くなってきたときには、このあとでメモしたステアリングモーターの交換を第一優先に考えて対応した方がいいかも。
現在、拡げたステアリング切れ角を狭める方向で調整中。 (^^ヾ

と思ったが、それでも引っかかるということは、結合部分なのかなぁ。
引っかかり方がハンパじゃない(引っかかるとかなり力を入れないと戻らない)ので、別の原因の気もするが よくわからん。 ( ̄∇ ̄;)


★ フロントのシャーシの当たり部分をヤスリがけ

フロントタイヤを一番切った(ロックした)状態で、シャーシに当たるため ここを少し削ってみる。

とりあえず、左右とも削ってみるが。。。

02シャーシ削り

削ったらシャーシに当たらなくなるのではなく、削ったら削っただけ ステアリングの切れ角が深くなる。 (^^;;;

現状で シャーシに当たるとか以前に 右ステアリングが切れてないので、改善には関係なし。

しかし、左は さらに切れるようになって コントロールが難しくなるかも。
確かに切れ角が深くなると回りやすくなるが、0/1のドリパケライトでは ほどほど(ノーマル状態)にしておいた方がいいかもしれない。 (^^ヾ


ステアリングモーターは、消費電流が小さいものが使われているようだが 手元にローパワーなモーターがないので、あまりやりたくはなかったが ドライブモーターを流用してみるか。 (^^;
【2008/09/16 12:47 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 24日目 ~ステアリング切れ関連-1 Fタイヤもテープ巻き
★ フロントタイヤもテープ巻き(ハーフ)

ステアリングの切れが どんどん悪くなってきたので、荒れてきたタイヤを滑りやすくするため、フロントタイヤにもテープを巻いてみる。 (^^ヾ

以前、フロントタイヤにテープを巻いたときは、滑りすぎで ステアリングも切れすぎの感じになってやめたが、今は 左回転がちょうどいいくらいの切れで 右回転は全然切れてくれないので、滑りやすくして少しでも切れやすくしてみる。


前回試したときに、タイヤの外側の方で浮いたテープがフェンダーに干渉していたので、今回は ハーフ巻き。 (^^;

01ハーフ

結果、ちょっとよくなったのかな~ う~ん...

もともとのステアリングの切れが悪いので、効果は”少し”かな。
前回試したときは ステアリングがもっと切れていたときなので よかったが、やはりステアリングモーターを換えないとダメかな? (^^ヾ

左右の切れ方が変わってきたというのも、ドライブモーターの前後進がバラついてきて交換した状況と似ているし。
【2008/09/16 12:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 ~285バッテリー目 ~小メモ:機体状態の不安定化?
★ 不安定化:そろそろ 本当にモーターとかなのかな?

円運動とかの不安定化ではなく、トリムがずれたりする不安定化。

280バッテリー目、また時計回りにプロポーショナルが、時間とともにかなり移動。
281バッテリー目も少し時計回りに進んだあと 落ち着く。→ その後 安定

時計回りに進み出したってことは、下ブレード系が弱くなっているってことだよな~

あとスロットルカーブ変更。
 0-45-58-80-80
プロポーショナルは移動したが、パワーは上がったみたいで 少し下げ目に設定変更。 (^^;
ホバリングから上のパワー感のなさは変わらず。


あと281バッテリー目に久しぶりに空中分解。
これはスタビが外れたっぽいので、U字部分を少し締めておく。
以前に空中分解を繰り返した原因も、ここなのかな? その後OK。


285バッテリー目
ラダートリムズレ、エレベータートリムズレ、スロットルパワー不安定?というわけではないが、ホバリングあたりのカーブを何回も上下に手直し。


今回の不安定化は、円運動じゃないのでフライト可能だが、コロコロ調子が変わったり トリムがずれたりするので 今ひとつ機体に慣れないな。 ( ̄∇ ̄;)

そういえば新品ギアにしてから、墜落させたのは空中分解の1回だけで 接触も無し。
やはり”ギア欠けした中古シャフト”と思って飛ばしているのと”新品シャフト”と思って飛ばしているのでは、自然と安全方向に思考が傾くらしい。 (^^;;;
【2008/09/15 11:54 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
インターネット/通常作業用PC 壊れた。。。 ( ̄∇ ̄;)
★ インターネット/通常作業用PC 起動せず

2日前に 久しぶりにヒートシンクのほこりを取ったり PCケース内の掃除をして キレイにしたばかりなのだが、それが悪かったのか? 起動しない。 ( ̄∇ ̄;)

症状は、BIOSは通過、xpの旗が一瞬表示され ブルー画面も一瞬表示されて再起動。

インターネット/通常作業用PCの構成は
 マザー :DFI LANPARTY UT NF4 ULTRA-D
 CPU :Athlon64 X2 3800+ (@2500MHz)
 メモリー:DDR1 1024MB (@DDR500)
 HDD :HDTシリーズ 250GB(だと思う)


とりあえず、メモリーを疑って memtest86+ で回してみるが、ちゃんと1周している。

システム的には問題ないのかな~と思って、とりあえずBIOS設定を確認しておこうと思ったが、BIOSに入れない。 (^^;;;
BIOSに入ろうとすると リブートがかかる。

BIOS途中であやしくなる時は、マザーの電池だったことが過去2~3回あるため、とりあえず電圧を計ると 2.88vくらい。 ちょっと低いかな。 (^^ヾ
先日 動画PC用にケースを流用したときに取り外した MX4GERの電池の電圧を測ると3.02vくらい。
これもちょっと低いが、まだマシか。 (^^ヾ
交換してみるが、BIOSに入れない現象変わらず。

 う~ん。。。 マザーが壊れたか? ( ̄∇ ̄;)

でも memtestは通っているし、xpの旗も一瞬でも表示されているので、マザー以外にもおかしいところがありそうだなぁ。


OS再インストールも視野に入れて、ちょっと長引きそうなので、とりあえず司令部をエンコードPCに移転。 (^^ヾ

エンコードPC仕様は、
 マザー :ASUS P5W DH Deluxe
 CPU :C2 Q6700 (@3000MHz)
 メモリー:DDR2 1024MB (@DDR900)
 HDD :HDTシリーズ 500GB

これも休止状態の調子が悪いというか、休止したあと すぐに電源が入って起動しちゃうんだよな~ (^^;
電源の問題か、マザーの問題か。
ACリカバリーはオフになっているのだが。


とりあえずハードディスク内のデータはどうなっているか確認するため、インターネットマシンからHDDを抜き出して、エンコードマシンに接続すると...

 パーティションが吹っ飛んでる。 ( ̄∇ ̄;)
  ※ ブートパーティションだけ

データパーティション分けておいてよかった~
今までに これで2回くらいは救われているし。 (^^ヾ


ハードディスクもあやしくなってきたので、すぐにデータのバックアップ開始。
でもブートパーティションとはいえ、辞書データとかツール関係(フリーソフト等)も消えてしまったのはイタイな。。。 ( ̄∇ ̄;)
セットアップし直しか。

Athlonではオーバークロックに失敗すると、ハードディスクの全パーティションが吹っ飛んで、データ復旧ソフトでも全然戻せないくらい一瞬にしてバラバラに破壊してくれることがあるので、マザーの調子が悪いということは それの小さい版(?)が起こったのかもしれない。
一瞬でデータを破壊してくれるのは、Athlon64になってからだと思うのだが、それ以前のAMD系やIntel系のマザーでは、壊れたとしてもOSが飛ぶ程度で、そこまで壊れることはなかったのだが。
最近のAthlonマザーは買っていないのでわからないが、Athlon64が出たころ(全盛時代?)のマザーは、2種類買って2種類とも ハードディスク内のデータを全て吹き飛ばしてくれた つらい過去が... ( ̄∇ ̄;)


という感じで、ようやく司令部移転完了★ (^^)
昨日の夕方に インターネットマシンが壊れて、ようやく ある程度エンコードPCも一般用途に使えるようになってきたかな。 (^^ヾ


それはそうと、エンコードPCで雑務は あまりやりたくないし、フルスピード(スピードステップはパフォーマンスが落ちるので切ってある)で動かしているクアッドコアなので 電気も食いそうだし、インターネットPCの復旧を考えなくては。 (^^ヾ
【2008/09/15 11:20 】
| ★PCとか家電とか☆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 279バッテリー目 ~ホローシャフト比較
★ 標準のV3シャフトと Robinsシャフトの比較

間違えて買ってしまったRobins(V4)用シャフトだったが、予想に反して 私はV3用シャフトよりRobins用シャフトの方が飛ばしやすかったので、ギアボーズ4(Robinsシャフト)に伴い 再度比較してみる。 (^^ヾ


とりあえず、プロポ設定はRobins用シャフトに合わせていたそのままで、V3シャフトに交換後 最初の離陸。。。 やっぱりV3用シャフトでは 浮きが悪い。 ( ̄∇ ̄;)
上昇時も かなりモタモタしていて、フルスロットルでもまったりな上昇。

う~ん。。。 上昇パワーのためには ブレード間隔が狭い方がいいのだろうか?

イメージ的には、下ブレードが上ブレードが発生する風の壁になって、ブレード間隔で 大きく浮力は変わらないような気がするし、逆に ブレード間隔が離れていた方が 上ブレードから見て斜め下に逃げる風が多くなって 浮力が上がるのかも? という気がするのだが。。。 (^^ヾ

意外と 上ブレードがターボのような過給装置の役割で、下ブレードに どれだけ空気を送り込めるかで、下ブレードが発生する揚力が かなり左右されるのかもしれない。
それなら、上下ブレードが接近していた方が有利な気がする。


現状でも V3シャフトでは かなりスロットルをあおらないと浮かないので、すぐに赤LEDが点灯するようになっている。
そのため、Robinsシャフトで また利用できるようになったと思われた純正バッテリーでは、本当にホバリングだけという感じで、動かすとすぐに赤LED点灯状態で 動かなくなり、どこかに接触しそうになる。 (^^;


プロポ設定の変更箇所は、

3DPRO × Xtreme(Robinsシャフト)
 D/R:Ail-110,Ele-100,Rad-125 EPA:Ail-140 Ele-110
 Thr:0-42-55-70-80

3DPRO × Xtreme(V3シャフト)
 D/R:Ail-110,Ele-95,Rad-125 EPA:Ail-140 Ele-110
 Thr:0-48-60-80-80

こんな感じで、スロットルカーブを重点にアップ目に変更。
それでも浮きはかなり悪い。 スロットル80の設定は赤LED領域(実質MAX以上)なので 感度を上げた感じにしているが、それでもまったり。

あと、以前のV3シャフトでは エレベーターD/Rを90にしていたが、今回は95くらいがちょうどよく感じる。
以前とは、上ブレードも変えているからかもしれないが、同じメーカーのヘタレたブレード(前回)の方が動きがイイというのもよく分からないが。 (^^;


どうも まったりフライトなので、しばらくV3シャフトで飛ばして、納得がいかなかったらRobinsシャフト(発注済み)に交換ということで。 (^^ヾ


あと、新品シャフトを入れたからか、墜落させないよ~に 墜落させないよ~に 気を遣って飛ばしている気がする。 (^^;;;
【2008/09/14 18:28 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
E-SKY LAMA V3 278バッテリー目 ~ギアボーズ4 ( ̄∇ ̄;)
★ 補修メモ:ギアボーズ 4回目 (^^ヾ

ギア欠けシャフトだと、バッテリーとかも含めての動作限界付近での挙動が 硬くなるのかな?
いやいや、ギア欠けしてるし 少しくらい荒く飛ばしてもいいだろうと思っているから、やってしまうのだと思うが。 (^^;

今回のギア欠けは、前の3回と比較してそれほどでもなく(?)

ギアボーズ4

この状態で、一応 そのままフライト可能。 (^^;;

でも、手でブレードを回すと、空白の(ギアがかみ合わない)山 数個分があり、気分的によろしくないので、久しぶりに新品のシャフトを入れてみる♪ (^^)

まぁ、V3シャフトとRobinsシャフトの特性を ブレード交換後で再確認しておきたかったので、ちょうどよかった。 (^^ヾ
このシャフトは、まだ 使えなくはないので、非常用予備品にしておくかな。


ということで、最後の在庫の 新品のV3用シャフトを投入。

スワッシュ位置

V3用シャフトなので、スワッシュ位置は下の方に移動する(LAMA V3のノーマル位置)。
【2008/09/14 18:16 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
にゅ~動画再生用PC ~CPU温度表示:SHURIKENの冷却? E8400の温度表示?
★ もう少しCPU温度が下がらないかと、箱開け状態で確認 (^^ヾ

HDD静音BOX交換のついでに、先日交換したCPUファンの効果を確認するため、PCケースを開けっ放しで回してみる。 (^^ヾ

ケース開 ファン全開:41℃
ケース開 ファン静音:41℃
ケース閉め ファン静音:41℃

 全く変わらん。 (^◇^;

本当に温度計ってるのかな~
一応、負荷をかけると温度は上がるし、負荷を止めると下がるので、温度を計っているようだが 下限値があるのか? (^^;

現在SHURIKENに付けているファンはノーマル厚のもので、回転数は 最大1550rpmくらいで、私の静音モードで1250~1300rpmくらい。


あと、箱を開けたついでに、ファンコンからマザーに接続していた 回転数計測用ケーブルを、以前取り付けたAINEXのファンコンに接続替え。

回転調整はマニュアルファンコンで、回転数表示はオートファンコンで。 (^^;

ASUS Probe?を使うと回転数表示されるが、イマイチ不安定なのが以前から気になっていて 気軽に使えないし、HWMonitorで回転数が表示されないので FM-01で確認することにした。 (^^ヾ
【2008/09/14 12:41 】
| ★PCとか家電とか☆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。