スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
Walkera 5G6 19バッテリー目 ~モーター故障前 動画
★ モーター故障前 14フライト目 動画

調整を除くと実質 14フライト目くらいで まだまだ4chヘリに慣れていないが、成長の記録ということで 動画メモ。 (^^ヾ
上モーターが壊れる直前のフライト映像。
5G6は機体が小さく、物にぶつかったときの双方のダメージも小さいので、結構落ち着いて飛ばせてる。 (^^ヾ
といいつつ、しっぽのトラス部分は何回かアロンアルファ補修済み。 (^^;;;

動画の最初はトリム調整しながら手放ししたりして飛ばしているのでフラフラしているが、まだすぐにトリム調整のスライドに指が行かないあたりまだまだだなと。 (^^ヾ
トリムの時間的ドリフトがこのフライト時には以前より大きかったので、上用モーターが終了間近だったからかもしれない。 (^◇^;
このフライトのあと2分で上用モーターがお亡くなりになっている。



それにしても後ろ向きに進むというのは、新鮮だ。 (^^)
LAMAでもやりたかったのだが、初めてやるには狭すぎて & 怖すぎて1回くらいしかやっていない。 (^^ヾ

今のところ、移動させると 移動させることばかり集中して高度を忘れてしまうので、高度を維持しつつ移動できるように練習しよう。
このフライトのあとすでに何フライトかしているが、だいぶ高度を安定させつつ旋回や移動ができるようになってきた。 (^^ヾ

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
スポンサーサイト
【2008/03/31 12:58 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 19バッテリー目 ~また上モーター故障 ( ̄∇ ̄;)
★ 2個目は19バッテリー目(モーター交換後)途中で故障

モーター交換後 最初にモーター慣らしと、ノッキング調整と、途中でリンク調整やったりして実際のフライトは14フライト目くらいだが、電池で考えると19バッテリー目 途中で上用モーター故障。 かなり早い感じがする... ( ̄∇ ̄;)

上が2回連続壊れたが、上の方が負荷が高いのだろうか?
正確に計ったわけではないが、スタビもついている分 上の方が重量的にも重くなるのかな。
下の方はシャフトが太いのでその分重さはあるが、軸付近に重量物が集中しているので モーターにかかるトルクは 軸から遠いところにスタビおもりがついている上ローターの方が大きくそれが負荷になっているのかもしれない。
ナイトクルーザーの時は下が先に壊れたが。 (^^;

ナイトクルーザーは100フライト以上できたのだが、4chヘリでは高出力モーターなのか?寿命が短いようだ。
上昇パワーに関しては、ナイトクルーザーの方がかなりハイパワーなので、出力との関連はよくわからない。 (^^;


モーター予備は5個買ってあったが、機体についてきたモーターは1バッテリーで壊れたし、慣らしをやってみた2個目も19バッテリーもたずにお亡くなりに。
もっと買っておけばよかったか? (^^ヾ

操縦技術はイマイチなのだが5G6は安定して飛ばせるので、最近は旋回時に少しロールさせてみたりして 高度がうまく調整できず緊急着陸(墜落までは行かないが...)したり、狭い部屋の中で結構 動かして調子に乗っていると 接触して墜落させたりしていたので、そのダメージが来ているのかもしれない。 (^^;
いくら機体が小さいといっても、もう少し広い部屋で飛ばした方が練習にもなるし おもしろそうだと思うが、ここは狭いのでしょうがない。 (^^ヾ


墜落もそうだが、やはり熱も原因のひとつのような気がするので、よく売っているヒートシンクって効果あるんだろうか?
ヒートシンクを付けることによって機体が重くなるので、同じ動作させようとするとモーター負荷が高くなるとか、飛行時間が短くなるとかマイナス要因もありそうな気がするが。

あと最近PC関連で、塗るだけで放熱効果アップ♪ のようなあやしげな液体売ってるけど、本当に効果あるのかな? (^^;;;
入手する機会があれば試してみたい。 (^^ヾ
その場合PCで試した方がCPU温度で効果がわかるから、そっちで試してからかな。

ヒートシンクに関しては、期待していたD3Hobbyになかなか入荷しないので ここ待ちにしているのだが、さて いつ入荷になるだろう。 (^^ヾ


★ モーター故障前の前兆現象

1個目のモーター故障は突然来たが、2個目は寿命まであと2分 ってくらいになってから、急にラダートリムの増大が見られ、何かあやしいなと思って飛ばさずにヘリポートで回していたら、どんどんラダートリムが狂っていって2分くらい後に上モーターが壊れてヘリポート上でスピン。 (^^;;;
動画も撮っていたのだが、カメラが上向き(フライト映像撮影用)になっていたので、音だけしか撮れず...

何回か前から少しフライト時間が短くなったかな?という感じはしていたので、突然ってわけではなかったが、もう少しもってほしかった。 ( ̄∇ ̄;)


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/31 12:48 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
そのままになっていたY43のメインシャフト交換をしてみる【2回目】
★ Y43をバラす (^^ヾ

1回目にメモしておけばよかったのだが、バラすのは2回目なので 交換だけならすでにルーティンワーク状態になっているので 簡単にメモしておく。 (^^ヾ

結論(現在状態)からいうと、交換は完了したのだが、Y43は現在フライトできる状態ではない。 ( ̄∇ ̄;)

調整中に結構いいところまで詰めたのだが、もう1回転リンクを短くした方がいいんじゃね?と思い さわったときに、スタビのバランスもわずかにずれてしまったようで少しおもり(フライバーパドル)をずらすことに。
フライバーパドルは かなりきつく締めても取れることがあったが、今まで外れてもその辺ですぐ見つかったので 調整中だから限界まで締め上げなくてもいいか とある程度のきつさ(それでもビスのサイズから考えるとかなりきついが)で適当に締めた。
それが間違いで、資材庫の方に飛んでいき、行方不明に... orz

今朝2時間がかりの大捜索(掃除)にもかかわらず フライバーパドルは発見されず。 ( ̄∇ ̄;)

狭い部屋だが やはり資材庫の方に飛んでいくと、引っ越しのタイミングでしか見つけることは困難だな。
これからはサンドペーパーか何かでフライバーの先端にキズ付けて、多少なりともヌケ防止を考えた方がいいようだ。 (^^ヾ


★ Y43 バラし行程

ようやく本題だが、Y43のパーツは Y43をリリースしている遊ハウスというショップにしかないのだが、どう見てもY43は 4#3と同じ機体に見えるので、安い4#3のパーツを買ってみた。 (^^ヾ

前回は、Y43という専用機だと思っていた(純真だったんだな...)ので純正パーツを購入したが、その時のメインシャフトと比較してみると...
左:Y43用 右:4#3用

メインシャフトY43-43


型式まで同じ。 (^◇^;
 HM-4#3-Z-09
ますますY43と4#3の違いが分からなくなってきた。 ( ̄∇ ̄;)
いや、前回も何で4#3という文字が型番に入っていて、Y43という文字が入っていないか疑問には思っていたのだが。

まぁ、4#3のパーツが問題なく使えそうなので、これで組み上げてみる。


簡単に上から外していくと、
・メインローターとスタビのリンクを外す
・メインローターを外す(ブレードホルダーごと)
  適度な力でベアリングの回転方向に倒しながら引っ張ると
  抜けやすい。 ひねりすぎるとたぶんメインシャフト上部が
  折れるので注意 (^^;
・バッテリーホルダーを外す

と、ここまでは問題ないと思う。 (^^ヾ

私にとって最大の難関は、メインシャフトとメインギアを留めているピン抜き。

メインシャフト留め


押せば出てくるのだが、前回 1回目にバラしたときは、メインギア壊してバラそうかと思ったくらい 外しにくい。 押しても出てこない。
しかしメインギアは、あんなプラのギア1個で1000円もするぼったくり価格が付けられている。 (^^;;;
思い直して何とか外す方向でいろいろやったが、キズだらけになっても抜ける気配がないので、メインギア真ん中の ◎ の部分のピンのあたりをこんな感じで削り
 _
( ・ )
  ̄
ピンの頭が出るようにしてラジペンで押し出し→引き出しでようやく引き抜いた。
もしかしたら、専用工具があるのかもしれないが、今回はこの処理済みなのですぐに抜ける。 (^^)


そういえば前回、スワッシュプレート上下をライターのバネでサンドするとスワッシュプレートのガタつきが減り 安定するという記事を見たので、それもやっていた。 (^^ヾ

スワッシュ付近


ちょうどいいサイズにバネを切って上下に挿入する。
前回使用したバネは径が少し小さかったので、逆にひねって径を大きくして挿入した。
今回は再度 何回か組み直し、ちょうどいい長さになるように微調整した。

新シャフト


逆手順で組み戻し、完了。

完了


バラすのが2回目だから新鮮さが少ないのと、現在飛べない状態になっているから いまひとつメモも適当になってしまうがこんなところ。 (^^ヾ


どうもY43とは最初の”ホバ調済み”から始まり、バラして調整して飛ばせそうなところまで来ると何か起きて、相性が悪いようだ。
4#3を買ってみようか。 (^^;;;
【2008/03/30 14:13 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(7) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 25フライト目 ~ブレード締め具合 & おもり & 動画
つづき。 さっきのメモから1フライト増えた。 (^^ヾ

★ ブレードの締め付け具合を変えてみる

前項と同時進行していて かぶるが、ブレード締め付け具合調整をやってみる。
コメントでブレードの締め付け具合を変えると少し安定したとの情報を頂いたので、うちの機体でももっといい特性にならないかな~と期待しつつ、調整してみた。 (^^ヾ

<追記 3/30>
コメント欄で、ブレードの端を持って左右ブレードのしなり具合が同じになるようなビスの締め付け具合にすると、左右バランスが取れる との情報を頂きました♪
以下のメモは私の手の感覚だけで左右ブレードの締め付けバランス調整していますが、しなり具合で調整すると 簡単に (たぶん)ある程度正確にブレードの左右締め付け調整ができるようです。 (^^)
この方法でやると多少ずれていたようなので 実際に試してみましたが、フライト時の安定性が増して 急な動作をさせたときの不安定さがかなり減少しました★ (≧∇≦)ノ


上ブレードは適度に留まっているが、下ブレードはかなり緩く、ガタがある感じに留まっているのだが、留めているビスはかなり固い。 (^^;
ここは安定化のためと思い、ギュッ...とこのサイズのビスでは普段かけないような力で締め上げてみる。 (^^;;;

とりあえずこれ以上はもうヤバ過ぎというところまで締めたが、下ブレードは多少ぐらつく感じは残っている。(上ブレードくらいの緩さ)
まぁ試しにこれで飛ばしてみようと思い、フライト開始して最初のうちはよかったのだが、前進を使うとその前後の揺れが残るようで ず~~~~~~っと ノッキング状態(ブランコ状態)。
ヘリ用語はよくわからんが ミソスリ というのか? 味噌をすったことがないのでわからん。 (^^ヾ

で、少しゆるめると、少しノッキング改善。
うちの機体では締め上げるとノッキングを起こすようなので、一度 下ブレード固定ビスをゆるめ ビスサイズにあった程度のトルク(手の感覚)で締めてやると元に戻った。 (^^;
機体の個性もあると思うが、うちの機体では少しゆるめの方がいいらしい。


で、元に戻ったと思っていたのだが、おもりを外したときの円運動を始めようとする力が弱まっているので ブレード調整は効果があるのかもしれない。

試しにかなりゆるゆるにしてみる。
 → 違いが分からん。 (^◇^;

締め上げなければゆるゆるでも問題ないのかな。 (^^ヾ
円運動に対する効果については結局よく分からない。 ( ̄∇ ̄;)
でもおもりを外した状態で以前より安定しているということは、それ以外に調整した箇所がないので ブレードの締め具合によるものと考えられる。


★ 前後バランス調整 再び

1つ前のメモでブレード調整と同時進行でおもり調整をやって、ブレードをいじっているうちに...かどうかは結局分からなかったが 円運動がいつの間にか少し弱くなっているので、スタートラインに戻って現状のブレード締め具合でおもり調整してみる。

今回は簡単におもり調整を試す。

1個目 ベアボーンのケースネジ → まったり変わらず 静止になるわけではない
2個目 インチネジ → 少し動くが円運動改善 左ラダー当ててるうちに後退する?
3個目 ミリネジ(小) → 少し動くが円運動改善 ★ 妥当なところみたい
無し  ブレード調整により改善しているが、やはり動きがある

ということで、効果が微妙なところだが 気は心で3個目のミリネジ(小)に決定。 (^^ヾ
もしかしたらしばらく飛ばしているうちに印象が変わるかもしれない。


★ 再度ホバリング練習してみる

ブレード調整(で安定したような"気がする"が、よく分からん)+ 機体おもり(も効果がある"と思われる")で多少ホバリング動作が改善したので、再度ホバリング練習動画をメモってみる。
なんだかスッキリしないが、調整前よりも操作している側としては急な操作をそれほど必要とせずにある程度の範囲でホバリングしてくれるし、前進も使えるような感じになっている。

また練習だけのつまらん動画メモだが... ( ̄∇ ̄;)
今日はたまにトラック無線と思われる妨害電波の影響で エアポケットに入ったように急降下するが、なんとかホバリング練習してみる。 (^^ヾ



結構安定した...ように見える。(私的には)
最後にホバリング寄りすぎる調整になっていないか 前進も試しているが、ちゃんと前進できる機動性も確保されているようだ。 (^^)


5G6のフライトの合間にナイトクルーザー調整してみたが、ナイトクルーザー 2号機も 少しはよくなった気がする。 (^^ヾ
【2008/03/29 16:23 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(8) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 24フライト目 ~円運動が抑えられないか調整してみる
長くなったので2部構成でメモ (^^ヾ
何か曖昧な結果になってしまったが... ( ̄∇ ̄;)

★ ナイトクルーザーの円運動をもう少し抑えたい (^^)

うちの2号機は、常にカウンターをあてていないと すぐに1m弱の時計回転円運動を始めようとするし、あてていても抑えきれなくなってくるので なんか落ち着きがない。
普通に飛行させようとしても意外とこの円運動の力が大きく、円を描かせながら目的の場所に移動させるような感じになってしまっている。 ( ̄∇ ̄;)

購入当初、前後左右に スッ...とスライドしていた不安定な機体だったが スタビの軽快動作化で後左右へのスライドはなくなったが、その分 というか後左右分の力も含めて 前方向に集まり、1m弱の円運動になっているような気がする。

時計回転(右)の円運動になっているのは少し右にトリムがあるせいで、少し右にトリムをしている理由は 左カウンターを使わないとフラフラ移動して歩き ホバリングができないためトリムを少しだけ右にして左カウンターをあてやすいようにしている。
また少し右にトリムがあることで、前進させやすくなるということもある。


★ とりあえず前進(前後バランス)調整

現在 前に進む力が強いようなので、少し前進の力を弱めてやれば円運動の始まりを左カウンターで抑えきれるのではないかと考え 機体におもりを付けて前後バランスを現在よりも少し後ろにもって来るように調整してみた。

前後バランスを取るにしても、しっぽあたりの端の方に付けたのでは バランスを崩したときの収束が遅くなりそうな気がするので、なるべく重心位置に近いが後ろ側のおなかのあたりにおもりを付けて調整してみる。

調整方法は、いつものやっつけ仕事。 (^◇^;
おなかのあたりにメインフレーム?なのかプラ部分があるので 発泡スチロールの機体部分はさけて、ここに両面テープでおもりを貼り付ける。
重心はローター直下にあると思われるので、プラ部分の後ろの方(後ろ足付近)におもりを付けてみる。


まず おもりで円運動を抑えるのに効果があるのか少し重めのもので、重い場合の機体の動作特性を観察する。
ナイトクルーザーは機体自体がハニビとかと比べてかなり重いので、テープを貼ったくらいでは全然変化無いと思うのでそれなりに重そうなものを探す。

1個目、バラしたマザーボードから取っておいたボタン電池(CR2032)。 (^^;

CR2032.jpg


とりあえず盛大に盛ってみたが、かなり まったり。 (^◇^;
ホバリングは とても安定だが、あまり前進しないし、動きがとろい。
スタビおもり調整で、3倍増量(当社比)くらい盛ったときのようにまったり。
重すぎるからかもしれないが効果はあるようだ、機動性と安定性とバランスの取れたおもりを探すといいのかもしれない。
機体が重いから安定なのか、前後バランスの問題かこの時点ではよく分からない。 (^^;

ここで気がついたが、スタビおもり調整でもいけるかもしれないが、今回は機体の前後バランス調整でやってみよう。
スタビを重くすると機体動作も鈍くなるので、回転系は軽くしておいたままで 機体の重量バランスで安定化を試みる。

あと写真を見て思い出したが、うちの機体のアンテナは後ろ足に1回巻き付けてある。
購入当初 墜落させたときにアンテナがローターに頻繁に巻き付いてボロボロになってきたので、それから巻き付けるようにした。
巻き付け回数は 多くすると受信状況が悪くなるようで、制御性が低下するので1回巻きにしている。
巻いてからはローターにアンテナが絡まる事故は発生していない。
2ヶ月前はハニビ → ナイトクルーザーを追加購入したばっかりで、墜落させまくっていたからかもしれないが、なんとなく2号機でも1回巻きにしている。


次、2個目、もう少し軽いものを探したら、キューブベアボーンケースのネジが目に留まった。 (^^ヾ
感覚ではCR2032の1/2くらいの重さだろうか。

barebone.jpg


これもまったり風味だが、CR2032よりは動けるようだ。
もう少し軽くしても ホバリング時の円運動は抑えられそうだ。
こういう不要なおもりはなるべく軽い方がいいと思うので、もう少し軽いものを探す。


3個目、PCのミリネジ。
パソコン関連ばっかりだが、手元にある小さい貼り付けられそうなパーツがパソコン関連のものしかなかったので...
ケースネジと比較して急に軽くなるような気がするので、ミリネジの中でも少し長めのものを選択し、ナットをつけて+方向に重さ調整できるようにした。

ミリネジ1


これでも結構いい感じだが、最後にもっと短く 頭も小さい軽いミリネジ(4個目)で試してみる。

ミリネジ2


少し動きが元に戻った気もするが、前進時の動きも考えるとこれくらいでいいのかもしれない。 (^^ヾ
こんな小さいおもりで効果があるのか微妙な気もするが、実際扱いやすくなっている。

試しに5個目として3個目と4個目の中間くらいの大きさのインチネジをつけてみる。
右:ミリ小 中央:ミリ大 左:インチ

ネジ3兄弟


...まぁネジシリーズは、どれも気にするほど変わらんか。 (^^;

同時進行で次項のブレード締め付け具合の調整もやっていたのだが、ここでおもりを外してみると...効果が分からん。 (^◇^;

おもり無し状態でも円運動が以前より抑えられている気がする。
ブレードの締め付け具合を変えるだけで、安定化に効果があったのかよく分からんが安定しているのは間違いない。
ということで、バランス調整のスタートに戻る。 ( ̄∇ ̄;)
同時進行するんじゃなかった... orz


ふとここで気がついたが、プロポの電池が49フライト目になっている(1号機から継続使用)。
まだ問題が発生していないので気にしてなかったが、電圧を計ると7.53v 結構減ってる。
2号機になってまだ電池交換を経験していないが、1号機のプロポと違うものだし 周波数も違うので多少電池の持ちとか使用限界とか違うのか?
今回は問題も発生していないし、もう少し頑張ってみるか。 (^^ヾ


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/29 14:47 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ハニービー アパッチ 2号機 5フライト目 (^^;
★ 久しぶりにアパッチを飛ばしてみる ~スタビ堅さ調整

アパッチ交換機到着後 まだ5フライト目と、全然飛ばしていないわけだが。 (^^ヾ

飛ばしてみると、前進をやめたときや旋回方向を切り換えたとき等 機体に力が働くときのノッキングが少し気になった。
1号機とは違って、1回くらいのゆれで収束するのだがもう少し抑えてみたい。
そういえば1ヶ月くらい前に1号機で試してみた調整があったなということで、2号機もそれをやってみる。 (^^ヾ

1ヶ月前の1号機はもともと機体バランスも悪かったしハズレっぽかったので効果はあまりなかったが、2号機でもスタビ堅さの調整をやってみる。

今回も同様に、メインブレードとスタビのリンクを少し湾曲させてスタビを少し堅め方向に調整する。
※ リンク真ん中辺がけば立っているのは、製造過程のバリが残っているため (^^;;;

スタビ堅さ調整


結果、2号機ではバッチリ調整された♪ (^^)

前進をやめたときの ガックン と前後にゆれる動作が無くなったので、自然と次の動作に移れる。

ハニビレッドも久しぶりに飛ばしたけど、狭い部屋でも飛ばせるし、ある程度 制御できるのだが できない部分もあって、制御できないところを何とか思い通りに飛ばそうと工夫する その絶妙なバランスがハニビの魅力なのかも。 (^^ヾ
【2008/03/29 14:32 】
| ラジ★ヘリ~ハニービー | コメント(0) | トラックバック(0) |
リアルベイビーIII FJ-708A 29フライト目 ~前進/安定化調整してみる
★ 今さらながらリアル3 前進仕様化 / 機首安定化

リアル3も 29フライト目となり当初よりバッテリーがへたってきた気もするが、別件でナイトクルーザーの前後バランス調整をやっていることもあり、こいつもおもりを付けてもう少し安定しないかやってみる。 (^^ヾ

もともとリアル3は、かなり高速に右旋回するので さらなる前進仕様化は考えていなかったが、他の機体をやるうちに 前進仕様というよりも機首の安定化(機首の向けやすさの改善)にも繋がらないかと考え やってみることにした。
キャノピーが三角タイプの機体は前後に重心がばらつくので(特にリアル3は重いキャノピーなので)回転を始めると止めにくいのかもしれない。


とりあえず手元で発見した少し重めのワッシャーを安定して貼り付けられそうな先端に両面テープで貼ってみる。

ワッシャー重


手を離れた瞬間から かなり高速前進して、速すぎたので、次。 (^◇^;
でも機首は少し安定している。

あとレンタル時の骨折後、何回も骨折したので 現在 右足は付けていない。 (^^;


少し軽めのワッシャー

ワッシャー軽


これも結構高速。 (^^;
ローターよりもかなり前までキャノピーが伸びているので少しのおもりでもかなり特性が変わるようだ。

機首からローター側には電源スイッチやコネクタがあるので、かなり内側になってしまうが、そっちにおもりを移動してみる。

ワッシャー軽 内側


まったり風味だが扱いやすい感じだ。 (^^)
結構いいかなと思ったのだが、2分30秒くらいで上昇限界となってしまった。 (^◇^;

おもりを外すとまだ上昇できるようなので、ワッシャーではかなり重いようだ。

次は、軽いおもりにしてみる。
おもりを軽くしてローター側では効果があまり期待できないので、とりあえず機首のなるべく重心よりに貼ってみる。
軽いおもり=マザーのジャンパ。 (^^;

ジャンパ


少しはよくなった...かな? (^^ヾ
この機体でハニビくらいの機首安定化は難しいような気がするので、これくらいが飛行時間と扱いやすさとのバランスでイイ感じなのかな。

機体の扱いやすさとしてはワッシャー内側が扱いやすかったんだけど重すぎるようなので、ワッシャーよりも軽いもので内側というのもいいかもしれない。
ジャンパを機首付近とかも試してみたいけどちょっと時間切れ。

とりあえずここまで。 (^^ヾ
【2008/03/28 13:03 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
LUPICIA シャンパーニュ ロゼ 開けた★ (^^)
★ Lupicia CHAMPAGNE ROSE (品番 5532)

Lupiciaのフレーバーティーの中でもかなりお気に入りのリーフ。 (^^)

シャンパーニュロゼ


ストロベリーベースでシャンパン風味(?)の味付けがされている★
というようなことが書いてあるが、シャンパンの香り付けはよくわからんが、ストロベリー単体よりもさわやかな感じでいい感じ♪ (^^)

あとリーフは、赤やシルバーのワンポイントも入っていてかわいい感じ♪ (^^)

シャンパーニュロゼ リーフ

【2008/03/28 12:31 】
| ◆ 紅茶&おかし ◆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
とりあえずLAMA V3の現状メモ ~墜落後 調子悪い...( ̄∇ ̄;)
動画撮影後 何フライトかしていて、自分の手前で旋回させたはずが技術が未熟なため急に自分の方によってきてそれが反射的に補正できず手にあたりローター破損 & 墜落 & 指の関節付近切れ。 ><
LAMA 怖い... ( ̄∇ ̄;)

何かそれから離陸もまともにできない機体の状態になって、ちょっと浮かせていいかなと思った瞬間 急速前進/後進かかったり、エルロンをかなり倒したように機体が斜め向きで墜落していったり...
墜落前とは明らかに異なる特性に。 (ーー;

とりあえずブレードが痛んでいるせいかなと思い、全部新品に買えてみたが変化なし。
スワッシュプレートのガタや、リンクあたりを見ても問題があるようには感じられない ( ̄∇ ̄;)

という現状なので、バラすまで保留中。 (^^ヾ
【2008/03/27 12:34 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 再組み後 初動画★ 合計4フライト目くらい
ようやくメモが追いついた... ( ̄∇ ̄;)
実時間では 慣らし1 ノッキング調整2も入れて モーター交換後9バッテリー目。


★ 安定化でうれしくなったので早速動画を撮ってみる (^^ヾ

ホバ調が疑わしいY43から4chに入ったため、LAMAの安定性に感動したものだが、Walkera 5G6の安定性はそれ以上に高い感じ★ (≧∇≦)ノ

LAMAはプロポのトリム調整以外 何も手を入れていないからかもしれないので、まだまだこれからの調整次第なのかもしれないが、少し飛ばしただけの印象でLAMAは機体を動かそうとするとかならずカウンターを当てないと たとえばまっすぐ前に進まないという感じになるが、5G6はそれほどカウンターを当てなくても素直に操作したとおりに動いてくれる。 (^^)
そのため5G6は 4ch機の操作と動作を把握するのに かなりいい感じ♪

安定したといっても、緊張で指が震えたりしながら飛ばしているが (^^;
とりあえず4フライト目 動画★
 ※ フレーム外の飛行時間が半分くらい (^^ヾ



まだ操作と動作の関連づけができていないが、練習すれば4ch機で 初めてまともに飛ばせそうな気がする。 (^^ヾ

たぶん2ch機も含めて 今まで使った機体の中で一番扱いやすい。 (^^)
玄人さんはカウンター当てて1点ホバとかするのだろうが、私にはそれほどカウンター当てなくてもその辺にいてくれるというのが非常に新鮮だ。

あと機体が小さいので、この部屋でもある程度回転させても怖くない。 (^^;;;

少しマイナスポイントは、安定で落ち着いて飛ばせるので 連続飛行しているとすぐにパワーダウンしてくる。
まだ時間を気にして飛ばしていないのではっきりは分からないが、4分くらいから感じ始めるかなぁ。 スロットル位置がだんだん上になってくる感じ。

5分くらいで電池も限界なのか浮かなくなってくる。
モーターも ちんちんに熱くなっていて 息を吹きかけると反対側から熱風が出てくるくらいなので、5分飛ばしたら ターボタイマーのように1分くらい慣らしのような出力で冷却。
低出力で回していても多少はブレードの風で冷却されていると思うが、温度を測ったわけではない。
慣らしの時には20~30分くらい回しても ぬるくなる程度だったので、飛行後のちんちんに熱い状態からは ある程度冷やされていると思われるが、触ると熱いことには変わりない。 (^^;
気は心。
<追記>
冷却にドライヤー(コールドモード)を使ってみた。
 3分飛行 → ドライヤーで30秒(片側15秒ずつ)冷却 → 3分飛行 → 冷却
こんな感じだと、連続ではないが6分くらい浮いていられる感じ。 (^^)
電池を限界まで使うのはよくないらしいので、2分半で飛行/冷却にした方が電池にもモーターにも優しいのかもしれないが、いまはたくさん飛ばしたいので3分/3分。 (^^ヾ

<追記 3/29>
途中で冷却が面倒になってきたので、今はフライト終了後だけ。 (^^ヾ
なんか冷却しても飛ばなくなってきているような気がするがまたモーターか? (^^;;;
※ 13バッテリー目


LAMAは10分くらい飛ばせるし モーターもそこまで熱くならないので、フライト時間だけ 5G6のマイナスポイントかな。
他、安定性やこの狭い部屋での飛行性能は最高★ (≧∇≦)ノ


ということで、5G6の再組み&モーター交換終了。 (^^ヾ
再組み完了したのって週末だが、ようやくメモが完了した... (^^;;;
【2008/03/27 00:31 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 再組後の初フライト★ しかしノッキングが...
★ トリム調整後、少しフライトさせてみるとノッキングする (ーー;

順調にトリム調整・リンク調整がある程度できて 機体のホバリング精度は上がったのだが、少し浮かせてホバリングしていると あるタイミング(よくわからない)によって前後にノッキングを起こすようだ。 (ーー;

ノッキングの原因は、機体の重量バランス か 回転系のバランス だろうとふんで調整開始。


ローターを回転させてみてもそれほど振動があるようには思わなかったので、まず重量バランスを見てみる。
”たぶん”ローターのところに重心があればいいと思うのだが、ローターを持ってみても それほどバランスは狂っていないようだ。
機体の重量バランスが原因なのかよく分からないので、電池位置を少しずらしてみる。
 → ノッキングに変化なし
電池位置を限界までずらしてみる。
 → ノッキングに変化なし

重量バランス(電池)をずらした後はトリム調整が必要だが、トリム調整後のノッキングに変化はなかった。
どうやらノッキングと重量バランスの関係はないらしい。 (^^ヾ



次に気になっていたのが、購入当初ゆるゆる(少し傾けただけで回転するくらい)に留めてあったブレードを LAMAやY43のように”ゆるいがそこそこ留まっている”状態になるように少し締めたこと。
どこかのサイトで購入当初はゆるすぎるので並くらいに締めた方が安定すると書いてあった記憶があってそうしてみたのだが、これを元の状態に近いくらいゆるくしてみる。
 → ノッキングは少しだけ抑えられた (^^)



回転系の調整をしてノッキングに少し効果があったようなので、次に 振動はあまり感じなかったが(軽いパーツなのでわずかの振動でもダメなのかも) スタビのバランスを変えてみる。
再組でスタビは特に変更点はなかったので最後に手を付けたが、よく考えたらスタビを支持しているメインシャフトも変えているので多少ずれていたのかもしれない。 (^^ヾ

で、スタビのおもりをずらそうとしたのだが、内側に動かしたのでは遠心力ですぐに戻ってしまう。 (^^;
次におもりの外に着いているゴムだけ動かないかとやってみたのだがうまくいかなかったので、よくナイトクルーザーで使用しているアレを使ってみることにした。
アレ ↓

スタビおもり


スタビの右側に付いているのが、アレ。 (^^;
いつものお菓子やパンの口を縛っているタイ。

とりあえず、適当な長さのものを 適当に片側に巻いてみた。

こ・れ・は!!! Σ(゜◇゜)
ノッキング解消 & 安定化★ (≧∇≦)ノ


ということで、動画撮影開始。 (^^ヾ

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/26 13:00 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 15フライト目 ~浮かすだけなら5G6より難しい... ( ̄∇ ̄;)
★ ナイトクルーザーでがんばってホバリングしてみる

5G6のメモばかりであまり飛ばしていないナイトクルーザーだが、5G6の冷却時間も結構取っているので2~3フライトしてみた。 (^^ヾ

ホバリング...”もどき” をさせようとすると、5G6より遙かに難しい... ( ̄∇ ̄;)
奥が深い...


スタビおもり調整だが、当初おもりを付けたときは小さい方でよかったような気がしたが(トラック無線妨害のためフライト中断)、昨日再フライト時に ギア等にシリコンスプレーでグリスアップしてから? なんとなくまた少し円運動が大きくなった感じで、1号機と同じ重さのものに付け替えてみたが今度はこの重さでも良さそうだ。
グリスアップで動きがよくなったので、より安定性の高い重いものの方がよくなったのだろうか? (^^ヾ

うちの2号機は、買った当初は 前後左右に不安定にスライドしながらもそこそこホバリングしていたと思うが(不安定具合に流されるままで制御できないのでかなり怖かったが...)、スタビ作動広角化で少し スタビ軽快動作化で前後左右への不安定なスライドはなくなったり、その反面?円運動が大きく(大きな弧に)なったような気がする。
円運動はスタビおもり調整前は 制御できないくらい強い円運動だったが、スタビおもり調整後は放っておくと円運動になるが、がんばればそこそこ抑えられる感じになっている。
まぁ、”抑えられた”程度で、依然として円運動はしてしまうのだが。 (^^;;;


ということで、久しぶりにナイトクルーザーの動画メモを撮ってみた。 (^^ヾ
高度や機首の安定化は無視して、一定範囲内に収める(ホバリングもどきをしようとする)ことだけに専念して飛ばしてみた。 (^^;
ある程度ホバリングらしきものができるときでも、今のところ数秒程度という感じ...
下の地形が複雑なので 気流の影響で少しずつ動かされているのかもしれない。

ではホバリング練習動画。 (^^ヾ
コメントいただきましたので追記しますと、機体を左1回転や たまに右1回転させているのは、うちの機体が だまっていると直径1m弱の時計回りの円運動を始めようとしてしまうので、それを抑える手段です。 (^^;
ホバリングさせるときは、左に適度にカウンターを当ててやると数秒程度はあまり動かず(10cmくらい?)ホバリングらしい飛び方になるのですが、落ち着きがなく すぐに移動したくなるようでそれを抑える方が大変だったりします。 (^^ヾ
だいたい数十cmの範囲内で円運動抑え→ホバリングを繰り返している感じです。 (^^;




ひたすら練習しているだけの つまらん動画だが 参考までに貼っておく。 (^^ヾ

安定してホバリングするナイトクルーザーの動画って見たことないのだが、調整により安定するのだろうか?
【2008/03/26 12:56 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(7) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 再組後の調整 ★
★ アップグレードパーツ&新モーターで再組したので調整


とりあえず、今回はモーターの”慣らし”というものをやってみる。
乾電池1本を使い切るまで...という記事をいくつか見た気がするが、ソケットが手元にないのと面倒なので、普通に機体にバッテリーつないで 最小スロットルで回すくらいで20~30分 回してみた。 (^^ヾ
それだけ。

効果はまだ...というか何回も慣らしのあり/なしで見てみないと分からないだろうなぁ。
モーター寿命は、フライト中どれだけモーターを酷使したかとか、連続飛行時間とか、着陸時の衝撃とか、墜落とか、気温とか、湿度とかいくらでもパラメーターがありそうで”慣らし"の効果があったか無かったか判明させるのは、特にフライトに不馴れな初心者=私には難しそうだ。 (^^;;;
恒温槽のようなものでいくつか試験をすれば、モーター品質のばらつきもあると思うので 慣らし効果があるなら定性的なものくらいは出そうな気がするが。



次に、ブレードホルダーを変えたので、ハニビのローター調整と同様に ローターを回したときにローターの先が Σ に見えないように < になるように調整した。
下は最初から < だったが、上は Σ だったので少し適当にいじってみて調整し、無事 < になった。 (^^ヾ



次に 少し調整にも慣れてきたので、プロポのトリム調整とサーボのリンク長の調整を合わせてやってみる。 (^^ヾ

大まかにプロポのトリムが中くらいになるようにリンク長を適当に合わせ、プロポのトリムで微調整してみた。
何回か調整→浮かしを繰り返してプロポのトリム調整をしてみても、プロポのトリム1段が結構大きいようで 少しだけ動いてしまう。
そのビシッと決まらないあたりが分かるくらい5G6は安定しているようだ。 (^^)

そこでリンク長を半回転くらいの長さ調整をして、再度プロポのトリムで調整してみるとビシッと決まってくれた♪ (^^)

しかし、電池残量とかモーター出力とか様々な条件でトリムは変化していくようなので、調整中にバッチリにしてもその後も続くとは限らない。 (^^;;;
※ 実際 その後フライト中にもいつも調整している。 (^^ヾ
  気は心。


"初フライト"までもう少し、つづく~ (^^;;;
【2008/03/25 21:13 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 サーボ調整を考えてみる (^^ヾ
★ サーボの調整をやってみる

サーボは(たぶん)ステッピングモーターが中に入っていて、プロポの操作量に応じて角度を変えるような仕組みで、その与えられた角度はサーボホーンからリンクを介してスワッシュプレートに垂直方向の動作量が伝達され、さらにそのスワッシュプレートの動きがローターに伝えられて角度を変え 前後左右にヘリが動く仕組みだと思われる。 (^^;

サーボもサーボホーンも円運動をするため、サーボを一定角度動作させたときの垂直方向の動作量は、サーボホーンが水平方向の時は大きく、垂直方向を向くにつれて小さくなる。
そのため、ヘリのトリムが調整された状態で サーボホーンを水平状態に調整してやれば、たとえばエルロンのサーボの場合 左右のスティックを同じだけ左右に操作したときに、機体が同じだけ左右に傾く(動く)ようになる。
サーボホーンの水平が狂っていると、極端に言えば同じプロポの操作量でも左は大きく動くが右はあまり動かないというようなことになる と思う。 (^^ヾ
まぁ 理想的な話というか考え方というか妄想であって、実際はステッピングモーター?の精度とかリンク/接合部のゆるみとかブレードの精度とか他の要素もあるし、サーボホーンの角度が垂直方向を向くまで大きく動くことはないので、それほど問題にはならないのかもしれん。 (^^ヾ

まぁ、気は心ということで、サーボホーンを外してみる。
サーボにビス留めされているだけなので簡単に外れる。

サーボ


サーボに付いているギアの数が20くらい(しっかり数えていないのでだいたい...)しかないので、サーボホーンを1つずらすと17~19度程度角度が変わることになる。
...微調整は難しそうだ。 (^◇^;

そしてサーボホーン側。

サーボホーンとリンク


かなり成型精度が悪く見える。 (^^;;;

外してみたもののうまい具合に水平方向になるようなギアにはなっておらず、少し上か少し下しか選択の余地がなかった。 (^◇^;
サーボ本体をばらせば水平が取れるかもしれんが、初心者がそのサーボホーン角度の違いわかるほどの操縦技術を持っているわけではないだろうし 他の要素もあると思うので、わかるようになってから/問題が顕在化してから考えよう。 (^^ヾ

あと、サーボホーンを付けるときは、ホーンを持ってしっかりとビス留めしないとそれが動作の遊びになってしまうかもしれないので注意が必要と思われる。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)

3部構成どころじゃなくなってきた。 (^◇^;
【2008/03/25 21:08 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 アップグレードパーツで再組★ (^^)
★ 下シャフト組み戻し & モーター交換

とりあえずメタルパーツを付けた方の下シャフトを取り付ける。

下シャフト装着


写真を見ると、いつかわからんがモーターも外しているようだ。 (^^ヾ


モーターは下の2つのビスで留まっているだけなので簡単に外せる。
コネクタの接続先(4in1)は、上が上ローター用で機体を上から(+機首を奥に)見て右のモーター。
コネクタの下が下ローター用で機体を上から見て左のモーター。
今回は、初めて"モーターの慣らし"というのも試してみたいので、上下2つのモーターを同時に交換する。

ノーマルのモーターに付いているギアはプラスチック製だが、交換用に買ったモーターのギアは金属製が付いていた。

で、とりあえず仮組みしてみると...

下モーターかみ合わせ


メインギアとモーターのギアが上下にズレてます。 (^◇^;
さすがクオリティ高いぜ...と思いつつギアの位置調整。 (^^ヾ
上ローターの方のギア位置は問題ないようだ。

あと、ギアのかみ合わせだが、ツライチとかあまり考えずに 手の感覚と見た目でモーターのビス留めしてモーター設置完了。 (^^;


あとは上ローターを差し込んでメインギアでビス留め、ブレード取り付けで元の姿+αのメタルパーツでちょっとだけカッコイイ感じに★ (^^)

パーツ装着&調整後


でも気がついたらしっぽのトラス構造っぽいところが少し折れたり、さけるチーズのようにささくれ立ったりしてる。 (^^;;;
さけてるのはバラす前に気がついたが、結構弱い材質のようだ。

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/25 12:50 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Windows Vista SP1を入れてみる
★ Windows Vista SP1

久しぶりにPC関連メモ。 (^^ヾ
25日までいつも使用している動画サイトがお休みのようだ。
無事 再起動して欲しい。 (^^;
あとカウンタが1000を越えているのに気がついた。 一番回しているのは毎日メモしている自分だが、昨日のアクセス数が多いのは何か原因が? (^^;;;


マイクロソフトからサービスパックリリースのメールが来たので、早速ダウンロード/インストールしてみる。(先週の話だが...)
インストールファイルのサイズは440MBくらいもあり、結構デカい。 (^^;;;

 → Vista SP1 ダウンロード

PC Watchだったかの記事で、コピーが速くなるというのを見た気がするので試してみる。

Vistaマシンは、Vistaを入れてあるだけで ほとんど使ってない。 (^^;
起動してみると前回起動したのは2月にアップデートしたときのようだ。 (^^;;;


使用したPCは、
Vista
 CPU Tualatinセレ 1100MHz
 MEM SDRAM 512MB
 HDD HGST 250GB

Windows 2000 server
 CPU Pentium!!! 933MHz×2
 MEM 1536MB
 HDD WD 200GB

Windows xp
 CPU Pentium!!! 1GHz
 MEM 512MB
 HDD HGST 250GB

...どれも普段使わないショボマシン。 ( ̄∇ ̄;)
ショボマシンだが、100M程度のネットワークでは十分に対応できているマシン達。


ネットワークコピーなのでネットワーク構成は、
Vista 100M - 100M SW - 100M SW - Giga SW - W2ksv Gi
          └ Wxp
こんな感じで、ファーストイーサでのファイル転送時間を計ってみた。(ギガだとマシンやスイッチによって安定しなかったりするので)


Vista オリジナルとサービスパック適用後のファイル転送時間(350MB)をまとめると以下の通り。
時間は、対向→Vista / Vista→対向 に向けてファイル転送した時間。

 対向:W2ksv対向:xp
Vista org1'03" / 0'51"1'08" / 0'48"
Vista sp10'45" / 0'42"0'40" / 0'40"


こんな感じの結果になり、サービスパック適用前は どちらからファイル転送するかで時間のばらつきがあり Vista向けに転送するときには1分以上も時間かかっていたが、適用後は どちらからファイル転送しても同じような時間で安定した時間でコピーできている。

スループットは、だいたい72Mbpsくらいなのでまぁまぁ? (^^;
もう少し出てもいい気がするが、上記対向マシン同士でも38秒くらい。
W2ksv対向と比べると4秒から7秒遅いので、そのあたりはもう1歩か。


また、サービスパック適用前は”計算しています”が長かったが、適用後は すぐに”●●秒”と表示されるようになっている。

まぁ、サービスパック適用後に やったのはこれだけだが、他にも多少使えるようになってきたのかもしれない。
またしばらくVistaは お休みだが... (^^;;;
【2008/03/24 18:48 】
| ★PCとか家電とか☆ | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2フライト目でいきなりバラす (^◇^;
組み立て図とかあるわけではないので、妄想力と記憶力でバラし→再組→調整してみる。 (^^;;;
長くなるので、また3部構成くらいで。 (^^ヾ

5G6のメモが連続しているが、現在 最も好きな機体になっている★ (^^)


5G6バラすのに必要だったものを先にメモしておく。
 ・少し細めのプラスドライバー
 ・よくある精密ドライバーセットより細いドライバー
   ※ 時計用とかの1mmとかそれ以下のがあればOK
 ・ピンセット
 ・ラジペン
 ・集中力 (^◇^;


★ モーターが1フライトで壊れたので5G6をバラす ( ̄∇ ̄;)

1フライト、しかも調整のためにあまり浮かせていない(あまり回転数を上げていない)状態 & 休みを入れつつ調整していたのだが、2フライト(バッテリー)目 直後に上モーターがお亡くなりに。 ( ̄∇ ̄;)

モーターの慣らしは、車の慣らし程度の気は心だと思っていたが、効果あるのか?
いやしかし、電池1本で壊れるというのは、ただの初期不良だろう。 (^^:

モーターの慣らしで検索したら、ミニ四駆は寿命を削るために慣らしをやるという。
壊れる寸前が高回転になるそうで、1レースにモーターの寿命をかけるとのこと。
なんかよく電動ラジヘリで見る ヘリのモーターの慣らしと思想が違う気が... (^◇^;
ミニ四駆は慣らしは寿命が減ると書いてあったが...
慣らしと寿命の関係って実際に統計的なデータ取った人っているのかな?
なんとなくミニ四駆の方が現実的というか感覚的に理解できて、ヘリの方は車の慣らし程度のような 気は心 的なものを感じる。


モーター交換ついでに、同時に買っておいたメタルパーツ(シャフト/スワッシュプレート/ブレードホルダー)の交換と、以前から考えていたサーボ/リンクの調整をやってみる。
5G6はわずかな飛行時間だが感触がよかったので、やる気になってきた。 (^^ヾ
で、バラすのに夢中になりすぎて、写真メモをほとんど撮っていないことに気がついた。 ( ̄∇ ̄;)


★ Walkera 5G6 をバラす

今回はシャフト交換もするので、とりあえずどこからバラし始めたものかと見ていくと、とりあえず上ローターのメインギアがシャフトにビス留めされているので、メインギアを外せば、上ローターが引き抜けそうだ。

上バラし


ん。うまく引き抜けた。 (^^)
先にブレードを外してもいいと思うが、小さいブレードでじゃまにはならないので とりあえずシャフトを抜いてみた。

下ローターは、スワッシュプレートの下に 下用のアウターシャフト(?)の上下位置を固定するビスの付いたストッパーがあるのでこれをゆるめ、スワッシュプレートをガイドから外しておく。

下バラし


下ローター用のメインギアは上から差し込んでいるだけなので、少し引っ張れば下ローターのメインシャフトが抜けてくる。
...と記憶している (^^;;;


★ メタルアップグレードパーツ組み立て

次に購入したメタルパーツを組み立てる。

上下それぞれのシャフトにブレードホルダーを付けるのだが、パーツが小さい... ( ̄∇ ̄;)
今回の最難関(?)は、ブレードホルダーをシャフトに固定するパーツがビスではなく2mm程度の細い棒2本で、ブレードホルダーがメタルパーツなのであまりブレードを固定する側を広げるのも気が引けてかなりの時間をかけてようやく装着。 (^^;;;

上ホルダーは上シャフト上部にスタビ固定用のパーツがすでに付いていて、この下の方にブレードホルダーを付けるタイプだったのでそのまま付けられた。
しかし、下ホルダーは、シャフトとのつなぎを元パーツ流用で付けるようだったので、どうやってこの差し込まれた2mmの棒を引き出すか(貫通ではないので押し出しはできない)少し考えたが、あっさり取り出しはあきらめ 元のブレードホルダー(プラ)をニッパーで切断して取り出し。 (^◇^;

かなり時間をかけて上下シャフト部分完成。
ブルーとシルバー色でカッコイイ★ (≧∇≦)ノ

メタルパーツ組み上げ


アップグレードパーツ適用に伴い、スタビは外れない構造になった。
そのため、墜落したときに強い衝撃がかかれば外れていたスタビが固定されているので、ヘタに墜落させたり接触させたりするとスタビが曲がったり、シャフトやブレードに余計な力がかかるかもしれないので、今後の飛行時には注意が必要だ。 (^^ヾ

完成までには例の2mmのパーツをピンセットで取り出したときに はじいてじゅうたんという樹海に入り込み行方不明に...
遭難した彼は未だに発見されていないが、元パーツ流用で何とか組み立てた。 (^^ヾ

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/24 17:46 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 初飛行 & 初日動画★ (≧∇≦)ノ  そして...
5G6初飛行関連メモを書いていたら長くなったので3部構成の3つめ。 (^^ヾ

★ Walkera 5G6 2フライト目 初動画♪ そして...

5G6はLAMA V3と比較し半分程度の大きさしかないので(面積で考えたら1/4くらい)、機体の大きさ比率から考えて同程度のぶれであっても 実際の移動量は小さく、多少大きくぶれてもそれほど実移動量は大きくないので、やはり狭い部屋向きの気がする。 (^^)
うちの空域で最大幅が取れるところが LAMAの機体を5機ちょうど並べたくらいしかなく、まだ腕が未熟なので真ん中の3.5機分くらいの幅しか使えてないため LAMAでは旋回や回転は結構厳しかったのかも...という気持ちもあり5G6。 (^◇^;

5G6は大きくぶれても実移動量はそれほど大きくないし、ぶつかったときに機材/機体に与えるダメージも小さく、イイ感じだ。 (^^;;

あと、稼働音が静か~... (^^)
Y43もそうだったが、ハニービーより遙かに静かだし、他の2ch機との比較ではホーネットのような静かさがある。


とりあえず調整してみた結果 結構浮かせていられるようなので、2フライト目に最初の動きをメモしておこうと思い、動画メモ開始。

さて、動画メモ開始 & 離陸直後、ラダートリム合わせなきゃなと思っていると...



高速スピンしてます。 Σ(゜◇゜;)
わざとじゃないです...

どうやら上ローターのモーターが壊れてしまったようだ。 orz
キャノピー外して、上下のモーター接続を入れ替えても上は動かない/下は動くなので、電源部ではなくモーターだろう。
早かった... orz
でも、低空 & ベッド上でよかった。 (^^ヾ

動画を撮ると壊れる伝説は健在のようだ。 ( ̄∇ ̄;)


しかしまぁ、5G6のモーターはすぐ壊れると聞いていたので、予備モーターは今回たくさん買い込んである。 (^^ヾ

交換のついでに、何となく考えていたサーボあたりの調整もするとするか。
あとメタルパーツとやらも買ってあったが、いきなりバラすの面倒だし とあとでやろうと考えていたのだが いい機会かもしれない。
2フライト飛ばし始めた直後で、いきなり全部パラすのもどうかとか モーターだけ交換すればいいと思わないでもないが、すでに頭がバラしモードになってる。 (^◇^;

さて、全部パラして復活するのか? (^◇^;
Y43である程度構成は分かってるから(シングルローター機だが)、まぁ2重反転機構でも だいじょうぶだろう。 (^^ヾ
【2008/03/24 12:18 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 とりあえず初期調整 (^^ヾ
★ 早速 トリムとリンクの簡単な調整♪

1フライト目、というか調整のための電池1個目。 (^^ヾ
とりあえず初めての機体なので、ちょっと浮かせてはトリム調整を繰り返し、おそるおそる調整してみる。
何しろY43と同じメーカーの同じサイズの機体だ。
気を許すとどこかに吹っ飛んでいくかもしれない。 (^◇^;

何となく数少ない調整経験からトリム調整のやり方が決まってきた。 (^^ヾ

1.ラダートリム調整
 これは浮かさなくても機体の回転を見てある程度調整できる
2.エレベータートリム調整
 平らなところから少し浮かす感じで調整
 左右にぶれまくりだったらついでにエルロントリム調整
 機体が少し浮かせて回転するようならラダートリム微調整
3.エルロントリム調整
 2でだいたい合ってるので微調整程度

4.ある程度トリムを合わせた後で かなり調整範囲外に近くなっていれば、トリムを中くらいに戻したい気がして エレベーター/エルロン サーボのリンク長を調整してプロポのトリムが真ん中付近に来るような長さにする。

5.最後に30cm以上浮かしたときの状態でトリム微調整


もちろん1の段階で激しく前後左右するようなら2・3も同時に調整する。

電池容量とか熱によって時間とともにトリムが変わるようだが、飛ばしているうちにこのくらい時間が経過したらこれくらい調整するとか、電池残量が減ってきたらトリムの変動が大きくなるとか分かって来ると思う。

あまり調整方法を調べもせずに思いつきで調整とかやってるので正しいかどうかは分からんが、とりあえずこれで飛ばせてる。 (^^ヾ


えーと、5G6は 意外にもY43のようにトリム調整外ということはなく、あっさりとトリム調整された。
トリム調整中から感じていたが、これはいける!!! (゚∀゚)


5G6は 小さくて軽いため、地面に近い場所では急に動いたりするが、少し浮かすと4ch初心者の私でもかなり扱えそうな雰囲気を感じる。 (^^)

電池1つめである程度調整できて、飛ばせる感じがするので これは早速動画を撮らなくては!
ということで2フライト目にして初動画を撮り始めたのだが....

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/23 21:19 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 到着 & 比較
★ Walkera 5G6 到着~ (≧∇≦)ノ

というわけで、とりあえず5G6の写真

前から


今回もプロポはLAMAに続きモード2。
左 LAMA / 右 5G6 のプロポ

プロポ


WalkeraのプロポはTWF(LAMA)よりは小さい。
あとLAMAと比較してだが、スティックの操作感が軽い(最初は大きく動かしてしまって微妙な操作が難しい)、スティックの1段がLAMAより分かりにくい、と、特に悪い印象はないが操作感が軽いのが最も印象的。

Y43のプロポと
左 Y43(モード1) / 右 5G6(モード2)

Y43プロポと


全く同じ。 (^^;
やはりY43ってどこがオリジナルなのかさっぱり分からない。
プロポも機体も、ソフト的にいじってあるのか?

偶然Y43と同じ周波数だったので、そのまま使えそうな気がする。
裏のディップスイッチを変更すると使えるという記事を見たのでDIPスイッチを確認してみると、

Y435G6
DIPY43.jpg
DIP5G6.jpg


DIP SW 1と6が違うようだ。
1はエレベーター(前後)操作の反転スイッチで、SW 1をoffにするとエレベーターを前に倒したら後退する。 (^^;
6はTHRO SWと書いてある。
3rd SWかと思ったが、よく分からんがスロットルスイッチのようだ。 (^^ヾ

<追記 3/24>
マニュアルにモード1と2の切替のようなことが書いてあった。 (^^ヾ


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/23 21:15 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 11フライト目 ~スタビおもりを思い出した (^^ヾ
★ 久しぶりのナイトクルーザー 11フライト目

昨日 スタビ動作の軽快化を実施して円運動が気になっていたのだが、コメントでスタビおもりを追加したら安定したという報告を頂き、そういえば1号機で試していたことを思い出した。 (^^ヾ
2号機はもともとホバリング仕様で安定だったため、スタビおもりは付けていなかったのだが、2号機スタビにおもりを付けてどうなるかを実施してみる。

とりあえず、1号機で使用していた(1号機で最適な重さだった)おもり。

1号機と同じおもり


うーん...まったり。 (^◇^;
2号機はもともと動きが少ないホバリング仕様のため、1号機と同じおもりでは重すぎるようだ。

1号機では、(効果は分からなかったが)スタビが水平になるように 不等長のおもりを使用していたが、ノーマル状態では少しリンクの付いている方に傾いる。

ノーマル時の傾き


傾いているのが正常なのかもしれないので 今回は等長のおもりを使用した。

つぎに、細く軽いものに変えてみる。

軽いおもり


これで結構いい感じになった★ (^^)
円運動もある程度押さえられて、昨日実施したスタビ軽快動作化でナイトクルーザーでは動けない 後左右方向の妙なぶれもなくなっているし、2号機の元のホバリング状態を安定化させたような状態になった。

最近4ch機も飛ばすようになってきたので、ハニビでは全然気にならないのだが 同じような雰囲気(構造とか大きさとか)の機体で機首が安定しないのには違和感を感じたりする。 (^^ヾ
ジャイロっていいもんだ と実感。

あと、4chでプロポをモード2にしたので、右スロットル扱えるかなと不安だったが機種ごとに指が覚えているらしく誤操作はなかった。 (^^ヾ


今日はトラック無線Dayのようで、急に高速回転したりあやしげな動作をするのでしばらくしてからまた飛ばしてみよう。 (^^ヾ
【2008/03/23 15:34 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ラジヘリ交換パーツ他 香港から到着~♪ (^^)
★ ラジヘリパーツ他。 ..."他" (^^;

PayPal登録して早速 海外直輸入デビュー★ (^^ヾ
ネットで名前が出ていた何店かを回ったのだが、欲しい商品の品揃えが一番多く、価格も安めな EHIROBO というサイトで今回は購入した。
LAMAもWalkeraも機体・パーツともに そろっているようで、サイトは重いが商品はいい感じだ。 (^^)

注文から到着までの経過日数をメモしてみる。

1日目:注文・ステータス:Pending
2日目:ステータス:Processing
4日目:一部キャンセル(4#3メインモーターの在庫切れ)
   :発送(19時 香港郵便局に手続き)
5日目:香港発
    日本着
6日目:到着

香港発から手元に届くまで1日!!! Σ(゜◇゜)
少し遠い国内便より早い。 (^◇^;
4#3のメインモーターは、しょうがないので国内で買うか。

で、到着したパーツ達

パーツ3.22


...後ろの箱は...
Walkera 5G6 (^^ヾ
パーツは国内で買うよりかなり安いのだが 送料が$30~$40くらいかかるので、せっかくだから...と1機追加してしまった。 (^^;;;
LAMAもまともに飛ばせてないのに何やってんだか...
最近ちょっと物欲パワー全開になってるかも。 (^^ヾ
でもまぁヘリ以外の趣味はセーブされてるから、まぁいいだろう。

5G6はY43と同じくらいのサイズで、2重反転ローターのもの。
LAMAの経験上、結構安定なはず & 小さいから 結構自由に飛ばせるかも? & 家具や機材にぶつかってもダメージが小さい? と結構期待している。 (^^ヾ
小さいと調整や操作が微妙で難しいようだが、Y43よりは扱いやすいだろう。

機体はしばらくこれで最後にしよう... ( ̄∇ ̄;)
次は飛ばせるようになってから。
 ...と、いまは心に誓ってみる。 (^^;;;
【2008/03/23 14:49 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
ふとドラゴンフライミニの取説を見てみると (^^ヾ
★ ドラゴンフライminiの取説って他機種よりも情報が載ってる (^^)

トイヘリ取説というと、たいていトリム調整とか上下左右操作のことしか書いてないのでドラminiの取説も見ていなかったのだが、スペアのテールローターをまとめて保管しておこうと思って箱からを取り出すと、テールローター以外のものも入ってる。 Σ(゜◇゜)

テールローター


ちょっと気になったので、取説を初めて読んでみた。 (^^ヾ

まず、簡単マニュアルっぽい1枚ものの取説。
上下左右トリム調整がまとめて書いてあるのだが、最後のところ

01-2s.jpg
※ クリックで拡大

アルミ板を機首の方に貼って飛行特性を改善することが書いてある。 (^^;
よくやる前進仕様化だが。
テールローターの他に入っていたものは、アルミ板のようだ。

あと、取説には他よりも少し詳しい飛ばし方が書いてあり、
加速の仕方、止め方、離陸方法

02-1s.jpg
※ クリックで拡大

さらに、テールをひねって前進調整。 (^^;;;

02-3s.jpg
※ クリックで拡大

感覚的にやっていたことが、取説に書かれていたとは。 (^^ヾ
【2008/03/23 10:56 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 2号機 10フライト目 ~スタビ動作をゆるくする
★ ナイトクルーザーを久しぶりにいじってみる (^^ヾ

...LAMA V3が墜落後、非常に不安定で前後左右 急に動いたりして怖くなったので、ナイトクルーザーを久しぶりにいじってみる。 (^^ヾ
LAMAの方は見たところリンク等正常だが、結構ブレードが痛んできていて そのせいかもしれないので、全交換のための新品ブレード到着待ち。
それにしても動画撮影後に次々と機体が故障するのは、偶然か? ( ̄∇ ̄;)


さて、ナイトクルーザーだが、2号機が到着したときから気になっているスタビ動作の固さを取ってみる。
1号機は、秤のように(とは大げさかもしれないが)軽くスタビが動作していたが、2号機は少し触ったくらいではその角度で止まってしまうくらい固い。 (^^;
1号機でもスタビが固くなったときに前後左右不安定になったので、このスタビ動作の固さのせいで 2号機のホバリング時のふらつき(前後左右への少しぶれる)が起こっている気がする。

いつもどおりシリコンスプレーを表からかけただけでは あまり変わらないので、おそらくシャフトとのあたり部分かシャフトを貫通しているピンが固いためだと思われるので、スタビをバラしてみる。 (^^ヾ


作業性が悪いので、安全リングは外して作業開始。
スタビはピン(釘のように片方に皿がある)で留まっているだけなので、小さく見える反対側から押せば出てくる。
こんな感じ。(スタビ右側からくぎの頭のようなものが出ている)

スタピピン


あとはラジペンか何かで引き抜けばOK。 (^^)
Y43のメインシャフトとメインギアのピンは固すぎてギアを削らないと外せなかったが、これは少し強めに押せば出てくる。

スタビを外した後。
 ※スタビは安全リングを付けるパーツの上に落ちてる

取り外し後


とりあえずスタビとシャフトの表面のあたりが 少しきついようなので、やすりで削ってみる。
ゆるくなったので一度ピンを入れて戻してみたが、ピンとシャフト内部の摩擦も大きいようでここもスタビを固くしているポイントのようだ。
ピンをシャフト部分だけ何回か出し入れすると内部が削れてゆるくなってきたので、シリコンスプレーして完成★ (^^)

<追記 3/23>
奥まで何回も出し入れすると、ピンの留めが甘くなると思うので、ほどほどに。 (^^;
※ スタビのピンは、ピンを挿した反対側だけで留まるようになっている。
こんな感じに、先の方だけヌケ防止加工がしてある。

スタピピンonly

 
ただ、作業中 5回以上は動作確認のためピンを完全に差し込んだが、それほど留めは甘くなっていないのでOKだろう。

これで、1号機並みに スタビ動作が軽くなった♪


★ スタビゆるくした結果

スタビをゆるくした結果、機体のフライト特性は 2号機の特徴であったホバリング仕様から1号機の特徴の微速前進仕様に近くなったような気が... (^^;
それほど速く進むわけではないのと、ある程度の場所にとどまってくれるときもあるので まだよく分からない。 (^^ヾ

あと2号機には大きい円を描いて飛ぶ(ホバリング(?)する)ようなときもあったので、その大きい円の特性が強調された気がする。
気がするんだが、2号機になってまだ10フライト目で1ヶ月くらい飛ばしてなかった気がするのでイマイチ以前の飛び方も飛ばし方も よく分かってない。 (^^ヾ

スタビをゆるくする目的は達成したのだが、それがフライト時によかったのかどうかは まだよく分からない。 (^^;;;

<追記 3/23>
そういえばスタビ調整前は、横とか後ろとかナイトクルーザーでは動けない方向に少しぶれたりしていたが、スタビ調整後は 微速前進あるのみになっている。
そのため円運動が大きくなっているのかな。
そういう意味では、前後左右にぶれる不安定な方がホバリング精度は高かった。 (^◇^;

<追記 3/23>
後のメモの スタビおもり調整で安定した。 (^^)
【2008/03/22 17:10 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(9) | トラックバック(0) |
LAMA V3 16フライト目 ~動画メモ ★
★ ベッド上空only → 部屋の中を移動させてみる 動画メモ (^^)

LAMA V3も16フライト目となり、少し前からベッド上空から外に出られない殻を破って、部屋の中を前後左右に動かせるようになってきたので動画メモしてみる。
案外 ベッドの狭いスペースでホバリングさせているよりも緊張はない感じ。 (^^ヾ
あ~でも、回転させるとき(機首の向きが変わるとき)とか かなり緊張してる。 (^◇^;

いつもはお気に入りの Finepix Z100fd の方で動画を撮っているが、音質がイマイチなので久しぶりに SONY T200 の方で動画を撮ってみた。
で、撮り終わってから気がついたが、T200は連続10分までしか動画記録してくれないようだ。 Σ(゜◇゜;)
ふと見たら電源落ちてるし。
なので、アップした動画も途中まで。 ( ̄∇ ̄;)

よくネットでくるくる回るやつやってる人がいるのでやってみた。 (^^ヾ
まだまだだな...
あと少し大きめに旋回とかもしてみたが、結局は狭い場所で適当に前後左右させてるだけのつまらん動画(しかもフレームに入ってないこと多い)が だらだら続く。
でも、飛ばしている自分はかなりドキドキで楽しい♪ (≧∇≦)ノ



あとラダートリムが以前より右に寄ってきた気がするんだが、上下どちらかのモーターがへたってきている前兆なのか? (^^;
まだ15フライト目だが ギリギリぶつかりそうな場所に迷い込んでしまった場合、地上15cmくらいの場所で上昇かけて高速回転でブレードぶつかってしまうかもしれないのと、床はじゅうたんなので15cmくらいならいいだろうとそのまま落としてしまうか判断する時、ほぼ90%以上の確率で後者。 (^^ヾ
その墜落の衝撃が積もっているのかも... ( ̄∇ ̄;)
【2008/03/22 00:01 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
LAMA V3 3日目(15フライト目)★
★ LAMA V3 休日だと飛ばしまくって すでに15フライト目 (^^ヾ

予備バッテリーと交換ブレードも届いて、休日だったので飛ばしまくった感じ。 (^^ヾ
ただ うちの空域では 床に置いてあるものの一番背が高いものが腰くらいの高さなので、飛行時の高さを胸以上の高度としないと接触の危険があり、ちょっと初心者が練習するには高度が高過ぎな気がする。 (^^;
目線くらいで飛ばすと 遠近感がつかみにくいとか、腰のあたりまで高度を落とすと接触する可能性があるので回転とか旋回とかさせるときにかなり高度に気をつけないとすぐに接触しそうになり、ドキドキな感じ。 (^^ヾ


何フライトかしたので、飛行中のトリム調整とかたまにできる(時もある)。
あと前後左右動かして、ベッド上空以外の空域も利用できるようになってきた。 (^^)
やはり上下のスロットル操作が微妙で高度を維持するのが結構難しかったりする。
地上5~10センチくらいの高度なら、少し不安定だが高度は維持される感じ。

ただ、ハニビじゃ全然気にならなかった、1回転がメチャメチャ緊張してるし。 (^^;;;
どこかにぶつけると壊れる緊張感からハニビのようにバンバン飛ばせない。
でもエルロンでスライドさせながら回転とかハニビとは全然違う動きができるので、楽しい♪ (≧∇≦)ノ

連続飛行時間はすでに数分間飛ばせる感じで、やっぱり安定な機体なんだと実感。 (^^;


初日以来壊してなかったブレードだが、少し広く部屋の中を動かすようになったせいかスタンドに接触させて1枚折ってしまった。
中間くらいから折れてるので、1枚でラッキーだったかも。 (^^ヾ

破損ブレード2


折れるまで行かない接触も結構やってるので、上下ブレードも結構痛んでる。 (^◇^;

破損ブレード3


モーターって何フライトで壊れるんだろう?
ホーネットのモーターが壊れたときには 高速回転しながら墜落したが、LAMAサイズの機体が高速回転しながら墜落するとうちの地形の複雑さからかなり大変なことになりそうな気がするが... ( ̄∇ ̄;)
【2008/03/21 12:48 】
| ラジ★ヘリ~E-SKY LAMA+ふたばプロポ | コメント(0) | トラックバック(0) |
海外サイトでのお買い物★ ~PayPal利用
★ 交換パーツを海外から買うためPayPal登録してみる (^^ヾ

日本国内だと4月からD3Hobbyというお店が開店するようで、ここのお値段とか品揃えとか結構いい感じで期待しているんだが、プレオープン中の現在、品揃えがもう少しなので今回は海外からパーツを調達する。 (^^ヾ


海外のお店だと日本の銀行から直接送金できるわけではないので、クレジットカードかPayPalが主な決済手段になると思われる。

海外から直接商品を買うのは初めてなので、決済方法として今回はPayPalに登録してみる。 (^^ヾ
eBayとか海外のオンラインストアとかで検索するときもあるのだが購入は面倒そうでやったことがなかったが、PayPalという決済手段があることは知っていて、比較的安全な決済手段...と曖昧ながらイメージしていた。


PayPalは、PayPalという銀行のようなものを仲介してお店に代金を支払うシステムで、eBay傘下(?)のアメリカの会社。
アメリカでは銀行のように入金してその口座から支払いということもできるようだが、日本からは PayPalにクレジットカード登録しておき、そこから購入した店にクレジットカード番号を知られることなく決済できる方法となる。

こんな感じ

 購入代金支払い → PayPal → お店
 自分 ← クレジット会社 ←┘

ということで、購入代金はPayPal直接ではなく、登録した自分のクレジットカード会社経由で支払うことになる。
外貨換算レートは銀行と同じように多少上積みされているだろうが、送金手数料はかからないので、そのあたりもPayPalのいいところ。 (^^)


早速 登録してみたが、PayPalのホームページは日本語版もありわかりやすかった。 (^^)
支払いの際も、PayPalを選択すると最後(注文確定時)にPayPalサイトに飛び、自分のアカウントでその支払い(店からPayPalに送られた代金が表示される)を済ますだけ。
簡単だ。 (^^)

ただPayPalは、PayPalをかたり詐欺サイトに誘導しようとするスパムメールも多数出回っているためメールのチェックは注意が必要。
【2008/03/21 12:16 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Y43メインシャフト交換・調整後 いける!と思ったら...
★ Y43修理完了...後

2ヶ月前に折れていたメインシャフトをようやく交換し、自分で調整したら”これなら飛ばせるかも!”って感じの ある程度制御できる感じになったので微調整も含めて何フライトかやっていたんだけど、今回は結構制御できていたので それほど墜落させたり家具にぶつかるなんてことはなかったんだけど、またメインシャフト上部(ローターヘッドを付けるベアリングのところのプラ部分)折れ... orz

メインシャフト上部折れ


一番上の右側のプラが折れてる。

急に何も調整とか墜落させたりとかしていないのに、お魚のようにしっぽ振りだしたり、ラダーがトリム調整外になったり、それらが戻ったり、あやしげな動きはするがホバ調で買った当初よりも制御できてたんだがなぁ。 ( ̄∇ ̄;)
以前は行ったとこ勝負って感じだったけど、今回は離陸できるし前後左右制御できるし。
まだ微妙な操作になれて無くてイマイチだったけど、ベッド上でうまく飛ばせそうな感覚があったのでちょっと残念...


前回予備パーツを買ったときにメインシャフトは1つしか買ってなかったので、またパーツ買わなくては。
Y43って4#3と同じに見えるけど、4#3のパーツって使えるのかなぁ。
Y43のパーツって販売元の遊ハウスしか扱っていないし、高いんだよね。 (^^;
 Y43:1500円(4#3の定価くらい)
 4#3:1180円(国内販売だとこれくらい、直輸入だと $8 くらい)

とりあえず、4#3のパーツ買ってみるか。
安いし、使えなかったら 4#3を今後買ってもいいし。 (^^;

<追記>
よく考えたらY43の純正パーツ買ったときの品番が、HM-4#3...だったから 4#3そのままか。 (^^;;;
となるとY43の特徴というか、4#3と違うところってどこだろう???


海外から買い物したこと無いけど、海外直輸入デビューもいいかも。 (^^ヾ
【2008/03/20 12:55 】
| ラジ★ヘリ総合+Walkera 4#3,V200etc固定 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ハニービー救援ヘリ?
今、Amazonから4月25日発売予定の商品広告が届いたのだが、

シー・シー・ピー
ハニービー 救援ヘリ ブルー
<追記 3/22>
商品名が ”ハニービー リッジセイバー ブルー ” に変更されている。

Amazonへのリンク

まだ写真がアップされていないのでどんな商品なのか不明だが、商品説明のところに

「赤外線ヘリコプター「ハニービー」シリーズにプラスチック製ボディーが登場」

と書いてある。
プラ機体って、最近買った中国機体のようなものなのか、駆動部も全部カバーされた形状なのか分からんが、お値段的にはハニビくらい。
Amazonの現在価格で4380円(定価?5229円)。

しかし”救援”ヘリって、ハニビ救出できるのか? いやあくまで、支援か? (^^;
たぶん実機タイプ第2弾(アパッチに続く)”救援ヘリ”形状だろうが。
形状だとするとLAMA V4のようにフルカバーのような感じなのかなぁ。
フルカバーでプラだと結構重くなりそうだし、薄くすると衝撃耐性が弱そうだけど、どうなんだろう。

ちょっと気になる。 (^^ヾ

<追記 4/22>
どうやら以下の3chのものではなく、ハニビのボディ替えただけのもののようだ。 3ch期待したんだが...
以下、Amazonの画像
リッジセイバー

タンデム3chと同じ、明後日発売ですね~
GW用に...とも思ったが、どうしようかな。 (^^ヾ



<追記>
ハニビのメーカーでそれっぽいのがあったので追記
co.ukだしポンドなのでイギリスのショップだと思うが...  (^^ヾ
このショップの写真が大きかったのでリンクを貼っておく。

これは3chだし ボディ材質も分からないのが、ハニビメーカーのSilverlitのニューモデルっぽい。
発売されるのがこれかどうかは分からんが、動画もあったので貼ってみる。



【2008/03/20 12:25 】
| ラジ★ヘリ~ハニービー | コメント(2) | トラックバック(0) |
小型ヘリ用 駐機場 ★ スピーカーが... ( ̄∇ ̄;)
★ メイン駐機スペース = センタースピーカー上 (^^;

中国直輸入機を何機か買ったために急に機体の置き場所が無くなってきて 気がついたら1箇所に集結。
テレビがブラウン管なので その上に6.1ch用のセンタースピーカーを置いているのだが、そのスピーカー上が電線に留まった小鳥のような状態に。 (^^;

駐機場


メモしていない機体(コンバットフォース)も1機増えているが... (^^;;;
これは後日メモ。
【2008/03/20 12:11 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。