スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
Walkera 38# 21バッテリー目 ~メタルブレードホルダー破壊 & 。。。 ( ̄∇ ̄;)
★ 初☆外フライト!!! (≧∇≦)ノ

3バッテリーくらい飛ばして 調子は良さそうなので、ガワをかぶせてみる。

 → 問題なし♪ (^^)


ここで、実家置き4#3でギリギリくらいの風が時々吹く状況下で 38# 初☆外フライト!!!

 → ちょっと厳しいかも。 (^^;;;


何回かトライしてみたが、やっぱり風が強すぎるようなので、もう少し風がやんだらやってみようと思って一旦終了。

終了の最後、プランターにぶつかってしまったが、ブレードは折れていないっぽいので セーフ。 (^^;


★ 室内で調整? あれ? ∑(゜◇゜;)

室内に戻り、室内フライトで楽しもうと思ったが、

 離陸させようとスロットルを上げると ウイリー状態になり、フライト不能 ∑(゜◇゜;)


ブレードは大丈夫だし、ギアも問題なさそう。
やっぱり3in1がヘンで 前後のブレード出力が大幅に変わっちゃったのかな? と思ったが、

メタルパーツ壊れた

メタルブレードホルダーが粉砕されてます。。。 ( ̄∇ ̄;)

38#のブレードはすぐに折れるので、外フライトの最後にプランターにぶつかった時もセーフかと思ったが、ブレードが折れずに メタルブレードホルダーが壊れたっぽい。 orz

ホルダーが壊れていても スワッシュとリンクで接続されているので上下に動くわけじゃないから 留まっているようでいて 軸(メインシャフト)の回転方向に対してはフリーに動く。 (^^;


メタルパーツは予備品なんて買ってないしな~。。。

 終了。


突然終了してしまったので フル充電リポがあと2本あったので、”フル充電状態のまま保管するとリポによくない”という話なので、少しだけ機体に取り付けてアイドリング状態で回して抜いておく。 (^^ヾ

うちのリポは どれもフル充電保管(2週間以内には使うくらい)だが、ふくれたりしたことはない。
でも38#のリポは うちの中で一番高価だし、気は心で 8vを切るくらいまで落としておく。(次に使うのは早くても9月末だし)


で、アイドリングでローターを回していると、スロットルにさわっていないのにどんどん回転数が上がっていく。 ∑(゜◇゜)

最初は、モーターや回路のエージングでそうなっているのかと思ったが、スロットルを操作してみると

 また ローター出力(回転数)がスロットル操作どおりに反映されない病が。。。 ( ̄∇ ̄;)


ということは、ESCじゃなかったのかな~
でも何回かESC交換して、変な動作品と 正常な動作品だったので、ESCにも原因がありそうだが。。。


4G3のESCもヘンなようで正常なようで。。。という状況なので、WalkeraのESCは よくわからん。 (^◇^;


で、2本目の最後、そろそろ電源を切るか と思って、スロットルOFF → 機体の電源OFFしようと思ったら、

 何かが床に置いたプロポのスロットルに引っかかり スロットルON!!! ∑(゜◇゜;)

 床でウイリー状態(背面)になって、ブレード飛散


ブレード全壊

全壊です。 (^◇^;

1背面で、全ブレード(8枚)が折れて飛び散ったブレードと、ひび割れたダメージブレードになってしまった。 ( ̄∇ ̄;)


次回は3in1交換でOK☆かな~と思ってたんだけど、次回は3in1・ESCの調査に加えて、メタルブレードホルダー交換 & ブレード全交換から始まるのか。。。

ちょっと(かなり)面倒だな。 ( ̄∇ ̄;)
スポンサーサイト
【2009/07/24 11:56 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# 18バッテリー目 ~ESC交換
★ スロットルが操作どおりに動かないので ESC交換してみる

北海道は 涼しく快適だった♪ (^^)
 ※ くもり/雨だったけど

内地は。。。 orz


GW中に スロットル操作どおりにメインローターが回らなくなった38#だが、3in1とESCを用意して再挑戦! (≧∇≦)ノ


RAIDENのリポも買ってみたので、とりあえず交換パーツのESCは 純正コネクタのまま3in1にコネクタを接続して回してみると。。。

 おお~!!! ちゃんとスロットルの操作どおり回ってる!!! (≧∇≦)ノ


デフォルトのESCでも3in1へのコネクタを何度か抜き差しして試してみてもスロットルがヘンな症状は変わらないことは確認済みだが、再度 デフォルトのESCに戻してみると。。。

 おお~。。。 上ローターだけ止まるし、スロットルがいつ反映されるのか/そもそもまともに動いているのか 全然わからん状況。 ( ̄∇ ̄;)


3回くらいESCを交互に交換してみても、それぞれ上記の症状だったので、ESC故障でたぶん間違いないと思われるので Tコネクタに交換して

ESC交換

換装完了☆ (^^)



とりあえず、ベアボーン状態でフライト~☆

 う~ん♪ 久しぶりに調子イイですよ~ (≧∇≦)ノ

やっぱりスロットルが操作どおりに反映されると飛ばしやすいですね~ (^^)
  ↑
 あたりまえか。 (^◇^;
【2009/07/23 11:57 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# 17バッテリー目 ~やっぱり純正ブレードに戻す
★ HardenBladeⅡ イマイチ。。。 ( ̄∇ ̄;)

HardenBladeⅡは 折れないとはいっても ”もしかしたら折れるかもしれない”と思って 予備ブレードセットも買っておいたが、純正ブレードから交換してガワを付けただけなのに何か機体が暴れまくりなのは、すぐに前後ブレードが接触するくらいの”やわらかHardenブレード”のせいのような気がするな~。。。

HardenBladeⅡでは 離陸直後に左右の横倒しになったり(どちらか一方なら機体特性で納得するが、予測不能 (^◇^; )、調整できているんだかいないんだか よくわからん状態なので、ブレードを3セットも買ってしまったのにもったいないが 純正ブレードに戻してみる。

やわらかHardenブレードを裏貼りするとよくなるのかもしれないが、時間がかかりそうだし。。。


最初に付いてきた純正ブレードセットは、なぜか上ブレードの方が壊れやすいようで、

純正は上ブレードがよく壊れているようだ。

4枚中3枚も先端が欠けている。 (^^;
何回か壁にブレード先端が当たるくらいの接触があったが、上の方が弱いのかな?


ということで、ブレード先端だけ補強。 (^^;;

ブレード先だけ補強

全面貼りすると ブレードが大きいので重くなりそうだし。。。
ブレード先だけ白くしたので、ローターを回転させたときに 回転面の外側に白い○が現れるという視覚的効果もある。 (^^;

あと、機体に取り付けられていたブレードと スペアパーツでついてきたブレードでは重さが違ったので、結局4枚ともスペアパーツのものに交換。



★ 純正ブレードに戻して 調整。 3in1が”?”

HardenBladeⅡでは、離陸直後に前後左右にぶれまくりで墜落ばかりだったが、純正になって安定した感じがある。 (^^;

ただ、安定したといってもHardenBladeⅡと比較しての話しで、離陸直後の左右方向の墜落はなくなったが、離陸後 徐々に前後の船の揺れのようなのが大きくなっていって墜落。
墜落というかハードランディングさせないと空中分解しそう。 (^◇^;

HardenBladeⅡでは、そんな機体の動きもわからないくらいに 前後左右に不規則に動き回って墜落していた。 (^^;


純正ブレードに戻した今の機体構成は、以前のベアボーン状態と違うのは ガワを付けただけだが、もしかして3in1のMIX調整をいじったから 特性が変わったのかな?

そこで、MIXでちょうどバランスが取れるように調整していたが、最初にやっていたように トリムを大幅にずらしてバランスを取るようにすると 前後揺れはなくなった。 (^^;


ん~。。。 この3in1かESCかわからんが、ぁゃιぃ気がするな。。。 高いパーツ壊すの得意だし。。。 ( ̄∇ ̄;)

あやしい現象としては 他にも。。。
・離陸時スロットルをあげていくと上ローターがだんだん止まってしまうときがある
 → 機体電源ON/OFFしないと回らなくなる

・スロットル操作に対して出力が比例しない

・スロットル量に対して出力が一定しない
 → ちょっとスロットルをあげたらフルスロットルになるとき
 → 全然出力が変わらないとき
 → ハニビのような 段階的出力になるとき

・スロットル操作から時間的に遅れて 上記のような"確率的出力"が反映される (^◇^;
 → AT車のシフトダウンのような感じ

たま~に スロットル操作に対して 出力が比例して & 時間的にも同期して ローター出力が反映される瞬間があって、その時はとてもコントローラブル☆ (^^)

しかし、スロットル操作に対して出力がその通りに可変しないときが大半なので、しっかりとブレードの回転音と機体の高度を見ながらスロットル操作しないと墜落させてしまうので、スロットルが感覚で操作できないのはキツイ。 ( ̄∇ ̄;)

フルスロットルでフルスロットルにならないときと 40%程度でフルスロットルのような急上昇がかかるとき(しかもあるスロットル操作の境目でホバリングマイナスくらいの出力から一気に)もあるし、やっぱり3in1壊れてるかな。。。


もしかして、信頼性のないWK-2801プロポがNGかと思って、純正プロポを引っ張り出してきたが変わらず。


ん~ HardenBladeⅡはイマイチだったし、今回の38#トライアルはココまでかな~ (^^;

次回3in1とESCを調達して再チャレンジで。 (^^ヾ
【2009/05/07 20:05 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(6) | トラックバック(0) |
Walkera 38# 14バッテリー目 ~AiRY HardenBladeⅡ 投入♪ (^^)
★ 折れにくいブレードをうたっている AiRYのブレードを投入してみる

せっかく38#があるのに、いつもさわれる4#3 2号機をいじってばかりでは時間がもったいないので(あまりに結果が出ないのであきた (^◇^; )、ココでしかいじれない機体に戻るかな。 (^^ヾ


前回38#を飛ばしたときに、風圧でマットが浮き → 機体にぶつかってバランスを崩して墜落 となり、ブレードが折れてしまったことがあったので、以前から気になっていた AiRY製 HardenBladeⅡ AX-05 を投入してみる♪ (^^)

HardenBladeII.jpg

白黒でカッコイイが 取り出してさわってみると、HardenBladeⅡの紹介ページにも U字形にブレードを折り曲げた写真があったが、純正よりもかなり柔らかい。 ∑(゜◇゜)

LAMAの経験上、あまり柔らかブレードは好みではないので。。。 ちょっとイヤな予感。 (^^;
こんなに柔らかくて ブレード接触(38#の場合、上下ではなく 前後ブレード接触)しないのかな~?


38#のブレード固定は ビス+ナット留めで、8つのブレードを交換するのは面倒だし、ガワを取り付けるときにもブレード系を外す必要があるので、

久しぶりにガワを取り付け

久しぶりに、ガワを取り付けてみる☆ (^^)

ブレードもナカナカいいが、ガワを付けるとまたカッコイイかも。 (*^^*)


後ろからも。

後ろからも


ただ、組み立てたあとで 知らないパーツが落ちていた。 (^◇^;

これなんだっけ?

これなんだっけ? (^^;;;

こんなパーツあったかな~

すぐには思い出せなかったが、バッテリーインストール時に ガワの前方の補強パーツであることがわかった。 (^^ヾ


さて!! 早速フライト!! (≧∇≦)ノ
ガワを付けてのフライトは ほぼ初めてだし、調整から。

3in1のMIXで前後のバランスを。。。
ん?意外と難しいな。 (^^;;;

それに何か不安定な感じで、ガワを付けて風を受けるようになったからかな~
と思いつつ ちょっと揺れたときに、前後ブレードが接触。 ∑∑(゜◇゜;)

早速折れた。。

1フライト目で HardenBladeⅡ折れました。。。 ( ̄∇ ̄;)

ブレードを最初にさわったときの不安が的中したというか、離陸して少しバランスを取るくらいの揺れでも前後ブレードが接触する音が頻繁にする。 (^◇^;

純正ブレードの時には 荒れた海の船のように前後に揺らしても(←イメージ) 1回しか接触実績がなかったのに、HardenBladeⅡでは ちょっと揺れただけでもブレードが接触して折れる。 (^^;;;

ただ HardenBladeⅡは 壁にブレードがぶつかるとか 機体が倒れてブレードが床に当たるというのには強い感じで 今のところ折れていない。
純正ブレードだと↑で結構欠けたり折れたりする。


2~3バッテリーHardenBladeⅡでがんばってみたが、純正ブレードでガワを付けていない時には そこそこ飛ばせていたのに、ガワを付けてブレード交換してからは 3in1の調整が取れていないこともあって離陸直後に墜落の繰り返し。 ( ̄∇ ̄;)


。。。 とりあえず 純正ブレードに戻してみるかな。 (^^;
【2009/05/06 07:04 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# 12バッテリー目 ~調整再開:Tコネクタ化
★ コネクタを普通のTコネクタに変更 (^^ヾ

ようやくヘリパーツ(ゆうパック)が届いたので 作業再開。 (^^)

RC711.comからの荷物も、成田に着いてから2日で近くまで来ているっぽい。
。。。いつもの内地よりも 早い。。。 (^^;;


さて、実家に置きっぱなしだった38#の調整の続き~ (^^ヾ

38#の純正充電器は 出力が0.8Aなので、2200mAhのリポを充電するには時間がかかりすぎるため B6を使いたいところだが、電源コネクタが38#専用らしく 変換コネクタも作れないし、Tコネクタ化してみる。 (^^ヾ

リポは、こちらに来る前に 準備作業でTコネクタ化。

リポのTコネクタ化

このTコネクタ化したリポを 先ほど久しぶりに充電していたが、

2セルリポ電圧

何かセル電圧のバラツキが。。。 ( ̄∇ ̄;)
1セル×2 充電以外(2セルリポ)で、こんなに電圧がばらついているのは初めて。 (^^;

充電完了時には、同じになったけど。


機体の方のESCは、ようやくコネクタや工具類が届いたので、交換してみる。 (^^ヾ

ESCのTコネクタ化


あと、3in1の調整ボリュームの内容について以前教えていただいたのと、サーボからの最初のリンクがかなりナナメになってしまっているので、手前のリンク位置を2段下(デフォルト位置)にずらす。

ちょっとリンク位置変更

気は心で。 (^^ヾ


久しぶりに飛ばしてみたが、荷物の少ない四角い空間の部屋だと、壁に風が集まるので 自分の風を強く受けてふらつきやすいのかな~

いつもの部屋だと 機材が高低複雑に積み上げられているので、自分で発生させた風が分散されて、あまり影響を感じないのかも。 (^^;
【2009/05/03 20:19 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(3) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 88バッテリー目 ~CJ以外では”浮かない” (^^;
★ 久しぶりに5G6を起動 (^^ヾ

4#3bがパーツ待ちになってしまって 今日はフライトできないので、お昼休みには 久しぶりに5G6を飛ばしてみる。 (^^)

が。。。
フル充電のXtremeリポでも 地面効果でようやく浮く程度。 (^◇^;


そういえば 新品LAMA2用モーターがあまりにヘタレなので、70バッテリーくらい使った中古モーターを入れていたような。。。 (^^ヾ


今 付いているのは87バッテリー目に突入したモーターだし、先日ヘタレ判定した新品のLAMA2用でも これよりはマシだろうと思って交換。

しかし。。。
LAMA2用新品モーター = 87バッテリー使用したデフォルトモーター (^◇^;

 これは。。。 (^^;

ベアリングがヘタレて来ている音がするが、まったく同じパワーってことは 無いと思ったんだが。


やっぱり1年くらい前の5G6モーターは よかったな~
3.3vまで連続フライトできて、モーターの発熱も少なかったし。


さて、時間がないが、もう1個 いかにもショボそうな5G6用モーターセットがあるので交換してみる。

2個セットのうち 1個開封されているところを見ると、ちょっとだけ4#3で使ってみて、ローパワーで すぐに焼けたにおいが漂ってきたヘタレモーターセットの気がするが。。。 (^^;

モーター交換

やっぱりか! (^◇^;
全然浮かないし、パワーも変わらん!!

写真の通り、軽量化のため モーターヒートシンク×2個外してみたが、ほとんど変わらない。


Xtremeリポを2個試したがダメそうなので、CJリポを投入してみると、

フライトできた♪ (≧∇≦)ノ


この状態のモーターにCJリポを使うと フライトできるようになるが、あっという間に過去最高温度ではないかと思われるくらい モーターが熱くなる。 (^^;;;

一応 休憩を挟んで、CJだと3.72vまでフライトできた。

今後、5G6は CJリポしか使えないのかな~ (^^;


というか、ここまでやってから 過去メモ読み返して思い出した。 (^^;;;

そういう結論を 半月前に出していたことを! (^◇^;

メモをすると忘れる法則か?


それで最近5G6を飛ばす気にならなかったんだな~ (^^;
【2009/04/27 19:36 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 83バッテリー目 ~新型ギア/モーターセットのテストフライト
★ 83バッテリー目:新型ヘタレモーターか? (^◇^;

新型ギア/モーターに交換後、早速テストフライトしてみたが、Xtremeリポでも浮いているのがやっとで 3.85vで終了。 ( ̄∇ ̄;)

フルスロットルでも ”浮いている”という感じ。 (^^;;;

LAMA2のモーターは コードも太くなっていたので、4in1の出力も大きくなっているのかな~?

 いや。。。 この感触は、ヘタレモーターな気がするが。。。 (^^;

最近買った1215モーターで アタリ(普通)のモーターは今のところないが、1年前の4月のロットは アタリばかりだったんだが。。。


あと気になるのは”音”かな~
ギアが4#3Bと同じ?になっているせいか、音もその傾向。 ( ̄∇ ̄;)
シャープさがなくなって ちょっとプラっぽい音。


とりあえず、70バッテリー使ったモーターのピニオンを新しいものに交換して投入してみるかな。


★ 84バッテリー目:70バッテリー使用して終了させたモーターを再利用

まだ、こっちの方がいいか。 (^◇^;

とはいえ、70バッテリー使用してパワーダウンしてきたモーターなので、5G6でも モーター問題が。 (^^;;;


と思っていたところに、CJ 400mAh 20Cリポ投入♪

これはかなりイイ♪ (*^^*)


CJリポで問題なく飛んでいるところを見ると、4in1やギア比?が原因ではないらしい。

純正リポでは 離陸もできないようなヘタレ具合だが。。。


CJならLAMA2ヘタレモーターでもフライトできそうな気がする。 (^^;


このあたりで 4#3bを投入したので、5G6は 現状ココまで。 (^^ヾ
【2009/04/11 08:25 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 82バッテリー目 ~LAMA2用 ギア/モーター 投入♪ (^^)
★ 初代5G6に 5G6-1/LAMA2用パーツ投入 (^^ヾ

キャリバー120 TypeRが一段落(?)したので、メモしてこれなかったものを書き始める。 (^^;
最近 土日もダラダラしていて メモするパワーがなかったので(ヘリ作業は そこそこやっていたが)、いくつか(かなり)”積みメモ?”になっている。 (^◇^;


さて、先月はまっていた 5G6のモーター寿命が来たようだが、どうやら5G6用のモーターというものは すでに型落ちして発売されていないらしい。 ( ̄∇ ̄;)

後継モデルの5G6-1やLAMA2のモーターを購入してピニオンを付け替えれば5G6にも使えるが、これを機に 新型モーター(ギア)対応をしてみる♪ (^^ヾ


ただ、新型と初代5G6とは メインギアもピニオンも モジュールや大きさが全然違うため、初代5G6のフレームはちょっと細工しないと付けられない感じ。 (^^;
 ※ 5G6-1フレームも買えば、そのまま載せ替えれると思うが。


今回投入するメインギアとモーターはLAMA2用のもので、メインギアは、

HM-Lama2-Z-12.jpg

HM-Lama2-Z-12

モーターは、

HM-Lama2-Z-20.jpg

HM-Lama2-Z-20 という型式のものを使用。

たぶん5G6-1型式のものでも同じものだと思うが、確認はしていない。 (^^ヾ
 ※ 同じものだと思って、在庫があったLAMA2用を買った


まず、メインギアを比較すると。。。
上:新型LAMA2用 下:初代5G6用

Lama2-5G6ギア比較

かなり新型の方がでかい。 (^^;;;

あと、ディッシュタイプになっているのはなぜだろう? 強度アップ? (゜◇゜)


モーターは、
左:新型LAMA2用 右:初代5G6用

Lama2-5G6モーター比較

缶のサイズは同じだが、新型の方がピニオンの径がでかくて 歯が細かい。


まず、メインギアが 5G6のシャフトに付けられる構造になっているかどうかも分からなかったので、下用メインギアを5G6のホローシャフトに挿してみると、

5G6純正モーターマウントが隠れるくらいでかい

OK♪  だが、かなりでかい。 (^◇^;

5G6モーターのマウントが隠れてしまうくらいでかい。 (^^;;;

これは かなりフレームを削らないと、新型モーターとギアは利用できないな~ という印象。


モーターのピニオン径もでかいので それが通るようにフレームを削って。。。(モーターシャフトをフレームに通してからピニオンを付けるという手もあるが) モーターをどうやって固定しようか。。。 と考えつつ削って。。。

試行錯誤しつつ削ったので、こんな感じの穴あきになってしまった。 (^^;

試行錯誤のフレーム

5G6フレームに新型モーターを載せるには、モーター固定ビス2本をきちんと使うことはスペース的に難しく、

モーター固定片方はナベ固定で

片方は、5G6のモーター固定ビスの アタマ(皿)で固定。 (^^;

新型モーターの固定ビスは 4#3のようなアタマが小さいものが付いてくるので、この固定方法は採れない。


一応 これで組めるようなので、LAMA2ギア/モーターに換装完了♪ (≧∇≦)ノ

換装完了☆

キャノピーON☆

キャノピー・オン

下から 新型ギア/メインモーター対応を確認すると、

下から見ると

こんな感じ。

ネジ位置を考えると、以前より かなりモーターが張り出していると思う。


ついでに。。。

テストフライト時に”またメタルパーツの増締めをせずに飛ばしていたら”メタルヘッドの固定ビスが 飛んでいってしまった。 (^^ヾ

いつもどおり 適当なサイズのビスをねじ込んでいたら。。。

ねじ込んでいたら折れた

ねじ切れた。 ( ̄∇ ̄;)


ま、外れないようには なっているし、当面はイイか。。。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2009/04/09 12:16 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(8) | トラックバック(0) |
Walkera 38# ~11バッテリー目 ~気になった点 追記 (^^;
★ 調整中に気になっていた点の追記

気になった点 1.

おおまかなトリム調整が済んでいるはずなのに、電源投入後、たまに急速後進モードで起動して プロポのトリムでは合わせきれないくらいサーボセンターが(?)ずれる。 (^^;;;

最初は、バッテリー重量の個体差?(38#のパワーから考えて そんな微妙なものではないと思うが) とか、リンクにガタがあるとか 私の調整が悪かったのかな~ とか思っていたが、何回かそうなるうちに 機体の電源OFF/ONで 今まで調整してきたトリムが取れた状態に戻ることが分かった。 (^◇^;

それが分かるまで、そのトリムが大幅にずれた機体状態にリンク長やサーボホーン付け直しとかやってしまって、再度電源投入したら 急速前進モードになったり 分けわからん状態になってた。 (^^;;;


もしかしたら、3in1の前後出力調整ボリューム接点の問題で、サーボではないかもしれない。←未確認 (^^ヾ


気になった点 2.

離陸時に スロットルを少しずつ上げてローター回ってきましたよ~~~♪ というところで、上ローターがゆっくり停止する時がある。
 ※ スロットルは上げているので、下ローターの回転は上がっている

スロットルOFFにして、再度スロットルを上げても同じ状態になる時と 回る時がある。 ( ̄∇ ̄;)

また、前ローターの上だけ止まる時と 回転が弱くなる時がある。
このときは スロットルを上げていくと 通常の回転数に戻ることも多い。 (^^;

これも、機体の電源OFF/ONで直る。 (^^;


あやしいとウワサの2801だが、上ローター停止には関係ない気がするが(上はスタビがついている姿勢安定系のブレードなので止まることはない)、気がついた点 1には関係あったりして。。。と疑ってしまう。 ( ̄∇ ̄;)

でもこのズレは、3in1のMIXの接点の疑いが高いので、GWに再確認。 (^^ヾ
【2009/03/26 12:58 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(6) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 ~79バッテリー目 ~モーター?リポ? 雑記 (^^ヾ
ふつうの経過メモ。 (^^;

★ 70バッテリー目

まだ、最初のモーターで フライトできている。 (^^;

だんだんパワーはなくなっているし、少し前から”もう限界。” というリポ電圧が 最初は3.70v前後 → 最近は3.75vくらい → 70バッテリー目は3.8v。

でも最近は Xtremeリポしか使っていないので、純正リポだと もうフライト限界を超えているのかもしれない。 (^^;;;


次も同じだったら、モーター交換かな? (^^ヾ

それにしても、このモーター持ちがいいな~
私が引いたモーターとしては、奇跡的なアタリかもしれん。 (^◇^;


★ 71バッテリー目、Xtremeリポ#3で 3.77vまで

モーターがヘタレつつあるのは間違いないのだが、Xtremeリポ#1が少しヘタレて来ている気がする?
ひとつ前の70バッテリー目がX#1だが、X#2・3よりもパワーダウンが早いし、終了電圧も高め。

X#1は、現在11バッテリー目なんだが。。。

でもモーターが限界だとしたら、交換したら他と同じくらいに使える可能性が高いので、ギリギリのところでの放電率の差(個体差)なのかな?


★ 72バッテリー目:ようやくモーター交換 (^^ヾ

X#1で3.85vで フルスロットルでも降下 くらい弱くなっているので、モーター交換する。


新型モーターとギアも買ってあるが、ギア径がかなり違うので、モーターのマウント位置を 結構ずらさないとダメっぽい。 (^^;

一応情報としては分かっていたが、実物を見たことがなかったので サイズのイメージつかめていなかったが、結構大きさが違うので 後日投入で。。。 (^^;;;


今回は、5G6のいつ買ったか分からない予備モーターがあるのでこっちで。 (^^ヾ

HM-5G6-Z-18.jpg

HM-5G6-Z-18型式。

交換完了

交換後、3.85vまで使ったX#1で飛ばしてみたが。。。

パワー無いな。 ( ̄∇ ̄;)


交換前のモーターを手で回したときに感じる磁力は、4#3とかも含めて 今までで最強くらいのクリック感があって 強そうな感じだった。
でも、今回のはふつう。 (^^;

1年前の5G6モーターだから この程度が標準のような気もするが、パワー無いのが気になる。。。


★ 73バッテリー目:X#3

ん? フル充電リポ投入時のパワーはふつうだが、その時点でも今までのよりも少しローパワーかな?

 連続フライトして。。。3.89vで浮上限界。 ( ̄∇ ̄;)

。。。 交換前の70バッテリー使用したモーターの方がまだよかったりして。。。 (^◇^;

モーターも ちんちんに熱くなってるし。


ハズレモーター前提で、浮かなくなるまで飛ばしてやろうと思ったが、熱すぎてすぐに浮かなくなるので、懐かしの前半 ~ 冷却 ~ 後半のフライト方法に変更する。

地表すれすれの限界まで飛ばして、3.70v。 (^^;


★ 74バッテリー目:X#2

限界3.70v。
あれ? 電圧的にはまぁまぁ?


★ 75バッテリー目:X#1

限界3.77v。

う~ん。。。 やっぱりX#1リポがヘタレているのか、モーターがもうダメなのか。
次で。


★ 76~9バッテリー目:ふつうの400mAhリポを試す

全然浮きません (^◇^;

最初の離陸はするが、その後は秒単位でパワーダウンするのがわかる感じで、すぐにホバリングしかできなくなる。
再度Xtremeのリポのパワーを確認した感じかな。 (^^ヾ

今までのリポに比べると、”ヘタレてきた?” との疑惑があったX#1ですら 全然OKの範囲内。 (^^;;


さて、せっかく持ち帰ったことだし、新ギア系に交換してみるかな~♪ (^^ヾ
【2009/03/21 11:02 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 64バッテリー目 ~離陸しようとしたらブレードが飛んできた (^^;;;
★ で、ブレード固定ビス無くした。。。 ( ̄∇ ̄;)

なんか 最近5G6を飛ばしまくっているのか(?)、すでに64バッテリー目。 (^^;;;

そろそろモーターのパワーが無くなってきているが、まだ何とか飛ばせるかな。 (^^ヾ


64バッテリー目。

パワーが無くなるまで飛ばしたけど まだ3分くらいだし、ちょっとモーターをさましたら もうちょっといけるかな~ と思って、15秒おいた後で離陸~ (^^)

ブレードが飛んでった

 おっと、ブレードが吹っ飛んできた。 (^◇^;

どうやら ブレード固定ビスが外れたらしい。 (^^;

何度も 何度も メタルパーツでやっている、ネジゆるみ確認忘れの失敗だが。。。
  ※ ブレードが飛んできたのは初めて (^^;
メタルブレードホルダーの ブレード固定ビスが無くなった。 orz

机の回りに落ちているハズなんだけどな~ (^^;
見つからん。


リポは まだ3.85vあるし、
でも会社だから 工具とかパーツとか ほとんど無いし。。。


おっ??
4#3のモーター固定ビスが、結構近いかも! ∑(゜◇゜)

このビスが一番近いかな

ビスサイズが大きいので、そのままではブレードの穴に入らないので、ブレードの固定穴を プラスドライバーとマイナスドライバーを駆使して(?)拡大。 (^^;

ブレード穴拡大

あと、ブレードホルダー側は、いつものタップを切る要領で でかいビスをねじ込み。。。
 ※ 下側

ビスでタップ切り

なんとかなりそうだ。 (^^;;;
 ※ 左:ノーマル 右:4#3モーター固定用ネジ

完了

完了♪ (≧∇≦)ノ


あと、少し前にやってみた

重心調整

重心調整。 (^^ヾ

リポだけでは重心を取れなかったので仕方なく テールにタイを巻いてみたが、これで大体OKかな。
フライト特性の変化は、私には分からないけど。 (^^;;;


話を戻して。。。
無くした方のビスだけ4#3のモータービスに交換したので、ビスの重さが微妙に左右で変わるし、ブレードの固定穴も大きくしているので ブレードがぶれたり フライト特性が変わるかな? と思ったけど、今までどおりで 問題なし♪♪ (^^)


ふつうに飛ばせるっぽいので、さて、もう1フライト。 (^^ヾ
【2009/03/13 18:36 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 42バッテリー目 ~Xtreme 500mAhリポ投入♪ (^^)
★ 5G6に Xtremeの500mAhリポを投入♪

5G6は、42バッテリー目にXtremeリポ投入して、現在52バッテリー目。 (^^;;

5G6は 最近また飛ばし始めるまでに半年以上のブランクがあったので(最後によく飛ばしていたのは去年のGW (^^; )、モーター交換をしているかどうかも忘れてしまっているが、過去メモにも2号機のモーター交換の記載がない。

もしモーター交換直後の状態で保管してあったとしても すでに30バッテリーくらい飛ばせているので、耐久性はよいモーターなのかもしれない。 (^^)
 ※ 当時の5G6としては

ほんとにモーター交換してなかったら 50バッテリー? ∑(゜◇゜)
5G6でそんなことあるのかな~
以前は15~20バッテリーで上用モーター交換になっていた気がするが。 (^^;;;
でも 下モーターは、50は使えていたハズ。。。


今回 5G6に投入するのは、Xtremeの3.7v 500mAh 15Cリポ(型式:LP1S500)。

Xtreme500mAhリポ

少し前にLAMAのメタルヘッドV2と一緒に買ってあったので、最近お気に入りの 5G6に投入して ”フライト特性(パワー)の安定化”につながらないかな~♪ と期待してみる。 (^^ヾ

5G6は、4#3並(少し弱いが)のモーターが2個も付いていて 電池消費が激しいのか、同じバッテリーでのフライトでも フライト時間が短く、バッテリーの少しの電圧低下でもフライト特性が変わってしまう感じで、最近やっているノーズ/テールインサークルの練習は 回転方向によりパワーがいる向きがあって、フル充電電池投入後1分程度(感覚的に。 もしかしたら2分くらいかもしれない)という短さなので、500mAh 15CのXtremeリポの期待度 急上昇☆ (^^)

少し前までは、”5G6 はどうでもいいや” と、ほこりをかぶっていたようなものだったが、4#3 2号機が燃えて代替機として飛ばし始めてから、急に興味深くなってきた。 (^^;;;


このリポは、4#3では すでに試してみているが、パワーのあるリポを選別した純正の400mAh 10Cと比べて、それほど大きく変わった印象はなかったので いままでメモしてこなかった。 (^^ヾ

でも、5G6ではツインモーターなので 500mAh 15Cのパワーが生きてくるかもしれない♪


大きさは。。。

大きさ比較

見ため的には、同じくらい。 (^^ヾ


しかし、厚さは。。。

厚さ比較

結構ある。 (^^;;
バッテリーホルダー ギリギリというくらいの厚さかな。

でも、最近重心位置調整で 今までのリポでは、ポストイットを折ったスペーサーを入れていたので

重心位置調整

これが無くなるだけでも装着が楽かな。 (^^ヾ

5G6での 重心位置調整の効果は。。。 全然分かりませんでしたが。 (^^;;;


重さ比較。

純正400mAhXtreme500mAh
重さノーマル105
重さ500


純正もかなり個体差があって、10gそこそこのものから 11.4gあるような個体まであるので 単純比較はできないが、Xtremeの方が1.5~2.5gくらいは重い感じ。


いくら放電率が高くても、電池が重くなるので フライト特性はどうなるかな? というところ。
4#3であまり変化が感じられなかったのは、それで相殺されてしまっていたからかもしれない。 (^^ヾ


さて!! 5G6に投入♪ (≧∇≦)ノ

5G6に投入


早速フライト~☆

おお~♪
最初の離陸からパワーが違うが それが持続する感じ♪♪♪ (≧∇≦)ノ


今までは リポもモーターも持たない感じで フル充電リポ投入後1~2分が練習時間で(しかもその間も だんだんパワーダウンしてくる)、その後は流してる(浮いている)だけ~ という感じだったが、Xtreme500リポでは(時間を計っていないので感覚だが) かなり長くパワーのあるフライトができている気がする。 (^^)

ただ、高放電率リポを使うと、モーターが熱くなっても リポの放電率がよくてどんどん電流を供給して回せてしまうので、モーターには よろしくないかも。。。 (^^;;;

適度な休憩を挟みつつカナ。


連続で練習していたら、3.8vでパワーダウンという感じ。
※ 次フライトで すこしだけ振り回してたら3.83vでパワーダウンだったので やり過ぎはモーターによくないかも (^◇^;

それ以降は、浮いているだけなら3.72vくらいまで飛ばせる というのも 400mAhリポと同じかな。

でも、3.8vくらいまで パワーダウンをほとんど意識せずに飛ばせるし フライト時間も長い感じがするので、5G6にはいいかも! (^^)

※ 52バッテリー目は、モーターも疲れてきているのかちょっとパワーが落ちてきている気がするが。。。

ギリギリまで使って3.7vまでしか飛ばせないモーターなので、ちょっとハズレ風味のものだが(アタリモーターは、3.5v切ってもOKのものも過去にあったが。。。)、1年前のふつうモーターでこれくらい飛べば、よい♪よい♪

ナカナカ いいパワーです♪ (*^^*)
気に入った☆


何かのタイミングで このリポをもう1個買っておこうと思って、Miracleのページ見に行ったら、最近ノーチェックだった5G6のXtremeしっぽがでているのか。 (゜◇゜)

ポチッとな☆ (^^;


でも、一時期より かなり円高なのね。。。
【2009/03/10 12:18 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(9) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 35バッテリー目 ~補修中にスワッシュ破損
★ メタルスワッシュの上のプラリンク部分を壊した ( ̄∇ ̄;)

4#3 2号機の4in1が焼けてしまってから大活躍の5G6 2号機♪ (^^)

今まであまり使うことがなかったエレベーター/エルロン操作での(-,-)領域 ← 顔ではなく、x,y平面のx:マイナス,y:マイナス領域のつもりで、左下の領域も使ったりして 結構練習になりそうな感じ♪ (*^^*)


でも 5G6 2号機のメタルスワッシュは、墜落しなくても だんだんベアリングが浮いてくる。

ベアリングが浮いてくる

こんな感じで。 (^^;
う~ん。。。いつものデジカメではなく、T200の方なので マクロ撮影時のピント合わせに慣れてないのか、ボケボケ。 (^^;;;


この浮いてきたベアリングを元に戻そうと、ラジペンで リンクとかもそのまま付けた状態で ぐいぐいかしめていたら、ラジペンが滑って。。。

リンク折っちゃった。。。

 真ん中上のプラ部分のリンク折れた。 ( ̄∇ ̄;)

4G3も折ったばっかりだが。 (^^;


このパーツには 4つのリンクが付いているので、1つを壊したとしても90度ずらせば問題なく使えるのだが、

リンクが折れたスワッシュ

 どうやら以前にも 一度やっているらしい。 (^◇^;

リンクが2つ無くなってます。 (^^;;;


この部分は、ノーマルのプラスワッシュと同じ気がするので、

壊れたスワッシュと純正バラし

メタルアップグレード時にあまっていたノーマルスワッシュを解体して、メタルスワッシュに移植。 (^^ヾ

完了♪

付いた♪ (^^)

コメントを頂いて気がついたが、4G3のメタルスワッシュも この方法で直しておけばよかったかなと。
4G3のメタルスワッシュは上部分まで下部分と同色のメタルのサードパーティ製だったので、純正と組み合わせようとは考えなかったな~ (^^ヾ


ま、5G6の方も補修完了したので、無事フライト再開♪ (≧∇≦)ノ
【2009/03/05 12:52 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# ~11バッテリー目 ~とりあえず今回やったところまでのメモ (^^ヾ
★ スワッシュ動作量拡大作戦♪ (^^;

ノーマル状態のまま 部屋の中で飛ばすのはムリがありそうなので、いつものスワッシュ動作量拡大作戦をやってみる。 (^^ヾ

まぁ 作戦中にタイムアップになってしまって 途中経過メモになってしまったので、つづきはGWにでも。。。 (^^;


今回はいつもの機体とサーボホーンやリンクが違うので、少しずつ見ていく。 (^^ヾ


作戦1:EXTENT調整

3in1には、3つ調整ダイヤルっぽいものがついているが、今まで扱ってきたWalkeraの4in1と同じ”EXTENT”で、スワッシュ動作角を大きくしてみる。

→ これだけではあまり変わらないようなので、MAX設定にして 次~


作戦2:2801 トラベルレート調整

次にプロポのTR調整で、スワッシュ動作角がMAXになるまで 設定を変更してみた。

→ う~ん。。。EXTENT MAXの状態から、それほど大きく変えられないのか ちょっとだけ


作戦3:サーボホーンリンク位置変更

とりあえず一番気になるエレベーターの方から、調整開始☆

38#は 丸いサーボホーンがついているので、

サーボホーンリンク最初

たぶん外側のリンク取り付け穴を使えば、動作角が大きくできるはず。。。

サーボホーンリンク変更

サーボホーンの止めネジは、付けてないけど。 (^^;

→ もうちょっと大きくなったかな? (^^ヾ


作戦4:中間リンク調整1

次に、サーボホーンから見て、1段目の中間リンク(下側)を調整してみる。

なんとなく”てこの原理”でスワッシュを軽く動かそうとする印象も受けるので 軸側にリンクを動かすのは あまりよくない気もするが。。。

スワッシュ付近リンク

2段内側(上の方)にリンクを移動。 (^^;

スワッシュ付近リンク2段上

→ 結構よくなった♪ (^^)



作戦5:エルロンもちょっと拡大作戦

エレベーターと同様に エルロンもちょっとだけ調整。

エルロン側も

サーボホーンリンクを外側で、中間リンク1段目(下側)を 2つ移動。

→ エルロンは、今のところこれで十分かな♪ (^^)


ここで、前後のスワッシュ角度が違うことに気がついたので、リンク長を修正して同じくらいになるように(平行になるように)修正。 (^^ヾ

でも、前後のスワッシュが 多少前傾気味になるので、テールヘビーなのかな?
ガワをかぶせれば バランスが変わるかもしれないけど。。。

このあたりの調整は、最近のB2の経験から バッテリーや機器位置をずらせばいいのカナ~と思っていたが、コメントで( 転記させていただきました m(_ _)m )

MIX・・・・・・前後ローターの回転数を変化させます・・・・前後のバランス調整
EXTENT・・・・・舵角調整(デゥアルレイト)
SENSITIVE・・・・前後の回転数を変えます、左右のバランス調整

という、とても参考になるアドバイスを頂きました♪ (^^ヾ

そういえば、タイヨーのシーナイトも 調整ダイヤルで前後出力が変わったな~
と思いつつ、すでに実家を離れているので この調整はGWまで 保留で。。。


あと、ここまでの調整中に、38#の風力が 今までの機体よりもかなり強いので、フローリングに敷いていたマット(軽いもの)が浮いてきて機体に引っかかって 横倒しになり。。。

ブレード折れた

 ブレードが 折れた。 ( ̄∇ ̄;)


作戦6:中間リンク調整2

エレベーターは、1段目の中間リンク(上側)も動く位置に

中間リンク2

1段だけずらす余地があったので、そこにリンクを移動。

ここまでやると、プロポのTR調整で 100%切るくらいまで設定変更しないと 動きが大きすぎるかも。 (^^;

前後に大きく操作すると、荒れた海の船のように前後に揺れる (^^;;

でも TR調整で動作を減らして、結構感覚に合ってきたかな? (^^)

最初は 機体が動かない(止められない)ので怖くて旋回もあやしかったけど、何とか回せるようになってきているし。 (^^;


というところで、今回の調整はタイムアップ。


気になっているのは、さっきの3in1での前後出力調整を試してみたいのと、サーボホーンリンクを外(下側)にして 中間リンク(下側)を上に上げたので リンクが斜めになっていること。 (^^;

サーボホーンリンクを軸の上側に付ければ リンクは水平になるけど、サーボホーンが動く方向とリンクが動く方向が逆になるので、プロポのリバースで対応しても動作的にはあまりよくないだろうな。。。
リンクが水平になる方向で、中間リンク1(下側)を1段 または2段 戻したり、中間リンク2のリンクを見直したりして、TR調整でどこまでできるかも試してみたい。


今回は、こんなところで。 (^^ヾ

タンデム楽しぃ~♪ (≧∇≦)ノ
【2009/03/04 12:30 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# 1バッテリー目 ~早速バラす (^^ヾ
★ リンクの動きも見てみたいので ガワを外す (^^)

調整しようにも ガワを取らないとリンクにさわれないし、動きも見てみたいので 早速バラし開始♪ (≧∇≦)ノ

ボディは、ブレードとスタビを外せば下に抜けてくるのかな? (゜◇゜)

ブレード・スタビを外して動作確認

抜けてきた♪ (^^)

注意点としては、スワッシュ下付近に 4#3キャノピーを止めるような横棒(メタルで しっかりした棒)があるので、これを やわらかボディに当たらないよ~に うまく中身を引き抜かないと、ボディに 穴を空けそうな感じ。 (^^;

あと、後輪は 下に引き抜くだけで抜けるみたい。 (^^ヾ

というコツに気がつく前に 引っ張ったり 試行錯誤していたら。。。

ガワ外しで早速壊した

 早速壊した。 ( ̄∇ ̄;)


さて、 (^^;
機体の構造としては、真ん中辺にサーボとか制御系がついていて、仕掛けを何段か通して スワッシュに接続される。

真ん中のサーボから前後のスワッシュを動かす

サーボホーンは 丸いものがついていて、うちの機体では初めてのタイプ。

モーターは前後にそれぞれ2個ずつ、真ん中のスピードコントローラーに接続されている。
コネクタ1個で モーター2つ駆動なので、2個セットなのかな?
ハンダすれば1個ずつ交換できそうだが。

38#は 4in1ではなく、スピードコントローラーは外付けっぽいので、3in1? (゜◇゜)


機体の真ん中には 金属の角パイプが通っているので、外側のお面のやわらかさとは違い、剛性感がかなりあって 今までの4#3とかLAMAよりも とてもしっかりしている感じ♪ (^^)


サーボからのカラクリを アップで見てみると、

前スワッシュ付近とリンク

こんな感じ。 (^^)
サーボからのリンクが長いので、軽い力でスワッシュを動かすための工夫なのかな?


では、早速2801で調整開始☆

2801で調整開始

リバースは、全部OFFでイイみたい。
ブレード回転方向もよさそう。


2801で問題なく飛ばせそうなので、ブレードとスタビを付けていったが、ブレード固定は ウラのナット留めになるので、38#ではブレード8枚付けなければならないので 結構めんどくさい。
さっき 外したばかりだし。 (^^;

あと、スタビは両側からビス留めすると動きが渋くなったので、今回は 片留めで。 (^^ヾ

ヘッドビス片留め

時間があれば スタビのハブ部分を削って調整するといいと思うが、まぁ、今回は調整程度に考えていたし いいでしょう。 (^^)


その後 初離陸してみたが、トリムもそんなに狂っている感じがしないし、安定? (^^)

それにしても音も風もスゴイ。 (^^;
LAMAの感覚ではもう浮いてもいい音なのに さらにターボが回ってくるような音にならないと浮かない。 (^^;;;


でもだんだん後ろに下がってきて。。。 エレベーター前に倒しているのに止まらん。。。 (^^;;;

いつもの機体と違って、タンデム機では 前後の出力バランスで前進後進を作り出しているので ゆったり切り替えるのだと思うが、部屋の中では箱出し設定ではムリかな。 (^^;
あと、風が吹いたらノーマル状態では結構きつそうな感じ。


タンデム機はまったり飛ばしたいと思っていたが、やっぱりそこそこ動いてくれないと、部屋の中で飛ばすのはムリがあるかな~ (^^;

ということで、いつものスワッシュ動作量拡大作戦を実施してみる に つづく~ (^^ヾ
【2009/03/03 18:17 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(2) | トラックバック(0) |
Walkera 38# ~充電器 iMAX製 B6を投入しようと思ったが。。。
★ 汎用充電器 iMAX製 B6 初使用 (^^ヾ

早めにメモしないと B2の時のように細部を思い出せなくなる。 (^^;;;


3ヶ月か、4ヶ月くらい前?(わすれた) に買ってあったが、うちにあるリポの充電は純正充電器で十分だったので 使う気配の無かったiMAX製B6だが、38#のリポ電池が2200mAhなのに純正の充電器が0.8A出力で かなり充電に時間がかかることが予想されるため、初使用♪ (^^)

B6箱

eHIROBOで 本体と ACアダプタを購入。

B6セット

参考までにACアダプタは、充電器のオプションで買うよりも ACアダプタコーナーに行って 同型番のものを買った方が安い。 (^^;;;


バランスコネクタが、見たことの無いようなピン数の物がたくさんついている。 Σ(゜◇゜)

たくさんセル

今のところ2セルだけでいいんですが。。。 (^◇^;


で。。。 取説が見あたりません。 (^^;;

なんか 取説だけは先に出して読んでおこうと思って どこかに置いた気もするが、わすれた。 (^◇^;


ボタンは4つなので、適当にさわって 充電方法を検討。 (^^;

操作方法検討

たぶん左端がキャンセルで 右端が決定。
真ん中の2つが項目移動と パラメータ変更ボタンと思われる。 (^^ヾ


リポを選択してメニューを入っていくと、充電/バランス充電/放電 等のメニューがあるように見える。 ← たぶん。。。 (^^;

リポ - バランス と進んで、38#のリポに合わせて 電流らしきパラメータを2.2Aに設定して、2セル(7.4v)を選択。

バランス端子に バッテリーを接続して。。。

ん? 右の決定ボタンを押すだけでは、またパラメータ変更メニューに入るだけか。
長押しかな? (゜◇゜)

OKっぽい。 (^^)



あれ~? でも ”電池つながってないよっ!” って怒られてしまった。 (^◇^;

バランス端子が壊れているのか?
38#の電池がおかしいのか? ← まだ新品未使用電池だし

とりあえず、手元にあったLAMA用の 850mAh電池に交換して。。。
う~ん。。。 同様に怒られる。 ( ̄∇ ̄;)


バランス端子だけじゃ充電してくれないのかな~と思って、なんか回路的にループになりそうで 抵抗があったが、もう1本のコードも試しにつないでみると。。。

これでいいのかわからんが充電中

充電開始された!! (≧∇≦)ノ


ドキドキしながら見ていたが、リポが爆発することもなく 順調に充電完了。 (^^;


これでOKっぽいので、38#の電池を。。。

リポ電池

ん?? Σ(゜◇゜)

何このコネクタ

何? このコネクタ。 (^◇^;

2200mAh 25C電池なのでBECではきつそうだが、こういうコネクタ仕様もあるのかな? (゜◇゜)
B6付属の変換コードにも この形状のものは付いてなかったが。。。


こんなことなら、買い置きのTコネクタ持ってこればよかったな~
今回はそんな仕様変更する時間無いだろうし、しなくてもOKでしょ♪ と思っていたんだが。 (^^;;


ということで。。。
B6は またGWまで箱入りかな~ ( ̄∇ ̄;)
【2009/03/02 21:51 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 38# ~やっぱり 買っちゃった。。。 (^^;;;
★ 2重反転×2 タンデム機 38# 到着~ (^^ヾ

タイヨーの2chタンデム機を買って 初フライトしたときから、絶対買うだろうな。。。と思っていたが。。。

これは。。。

こ、これは!!! ∑(゜◇゜)

38#箱

 Walkera 38#、ついに買ってしまった。 (^^;


箱の上にハニビを載せてみると。。。

箱の上にハニビを載せてみる

ハニビ 小さっ! (^^;;

38#は、デカ過ぎるので 実家専用機で。


一応パッケージウラ

一応ウラも

調整とかも書いてある気がするが、英語なので いつもどおりスルー。 (^^;
実戦(実践)あるのみ。 (^◇^;

基本的には最近のWalkeraと同じようなパッケージングだが、

基本的には同じパッケージ構造だが、厚っ

かなり厚い。 (^^;


RC711.comで買ったが、旧正月のおまけ?

おまけ

が、入っていた。 (^^;


早速、パッケージを開けて、機体確認♪ (^^)

でかい。。。が、質感は思ったよりショボい

う~。。。。ん? (゜◇゜)

何か思っていたよりも、機体の質感がショボい。 (^^;;;

4#3Qのようなプラ製の機体を想像していたが、よくある商品パッケージの透明プラよりも薄く柔らかい感じで。。。
何か同じようなものがあった気がするんだけどな~ と、考えていたが。。。

 !!
 そうだ! お面の感触か!!! (^◇^;


う~ん。。。 でも大きいから 柔らかく感じるだけで、プラパッケージくらいの厚さなのかな? (^^ヾ

38#の機体は べた塗りのお面なので、見た目は タイヨーの2ch機の方がリアルに見える気がする。 (^^;;;


機体にハニビを載せて、再度 大きさ確認。

機体にハニビ載せ

箱にハニビを載せたときよりは 大きく見えないが、取り出してみると。。。

本体デカっ

 やっぱり、デカっ!!! (^◇^;

どう考えても 実家専用機。 (^^;


横から

横から

後ろから

後ろから

お面のようなボディは、下から見ると。。。

下はガラ空き

中が見えます。 ( ̄∇ ̄;)

PC箱で、ガワを上からかぶせるタイプみたいな構造に見える。


メタル仕様なので、スワッシュとかブレードホルダーとかは、メタル♪

5G6のでかい版

 5G6の でかい版のようなブレードホルダーが付いている。 (^^;


あと、使わないと思われるプロポは、2401。

使わないであろうプロポは2401

充電器は、

充電器は0.8A

出力が、0.8Aのもの。

ということは、LAMAのE-SKY純正充電器と同じか。。。 ( ̄∇ ̄;)


リポ電池は、
左:純正追加購入品 右:純正パッケージ封入品

付属電池と追加購入純正電池

追加購入品の方にある 印字を見てみると、

追加購入純正電池の印字

7.4v 2200mAh 25C という仕様らしい。

2200mAhなので付属充電器で充電すると、3時間弱かかる計算か。。。 ( ̄∇ ̄;)
大出力充電器が付いてくると思ったんだけどな~


こういうこともあろうかと、だいぶ前に買って 一度も使っていない iMAX製 B6?という充電器があるので、これを使ってみるかな♪ (^^)


今週末さわったあとは GWまでさわれないので、早速 解体開始♪ (^^;
【2009/02/28 18:16 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(8) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 28バッテリー目 ~5G6フライト後の B2フライト (^^ヾ
昨日 5G6を何回か飛ばして、今朝 出がけに5分だけ。。。と思ってB2を飛ばしたら。。。

 全然 制御できない (^◇^;

まったり、でも 操作したとおりに動くような設定にしたはずで、特に操作に気を遣わなくても ゆっくり飛ばしている分には旋回して接触墜落とかしない程度に私と合ってきたと思っていたが、カウンターをあてればそっちに吹っ飛んでいくし、こんなに微妙な操作感だったかな? (^^;;

以前も5G6を飛ばしたあとに 同じような状態になったので、荒い操作クセがついちゃってダメなのかな~と思いつつ飛ばしていて、5分後には ようやくある程度なれてきて、ぎこちない左右旋回と ホバリングと 暴れまくる対面 くらいにはなったが、5G6飛ばすのやめようかな。。。と思いつつ、お出かけ。


電車の中で 今後どうしようか考えていたら。。。

 ! Σ(゜◇゜)
 そういえば、2801の機体選択 間違えてた。 (^◇^;


ベルヒラー化するときに 2801に最初に作った”B2”の名前を付けた設定とは別に、B2設定をバックアップして そっちでベルヒラー機の調整していたんだった。 (^^;;;

今回選択した”B2”設定は、B2ノーマル機体で スワッシュが最大動作になるように /操作が限界まで敏感に反映されるように 追い込んだ設定だったので、ベルヒラー化した今のB2では 操作が大きすぎになってしまったのかも。。。? (^^ヾ

電車の中で気がついたので、また2801の機種を切り替えてフライトしてみないと 5G6フライト後のクセがどの程度反映されるものか分からないが。
 ※ 私の場合

<追記 >
帰ってからベルヒラ設定で飛ばしたら、まったり安定に戻った。 (^^ヾ
朝の設定が 非常に敏感だったので まったり感が強いが、ノーマルBらしいヘンな動きはないので まったりでOK☆ (^^)


あと、2801のメモリーが8機なんだが。。。
少ない。。。 (^◇^;


最初は、8メモリーなんていらない と思ったが、

1:4G3 ”ヘタレ”1号機
2:4G3 2号機
3:4G3 メタル機
4:4#3Q
5:4#3 ← B1の2.4G 4in1を載せたキメラ
6:B2ノーマル
7:B2ベルヒラー
8:4#3 ベルヒラーで使用予定

あれ?
もうメモリーの余裕がない。 (^^;;;

メモリーのダウンロードができれば、それでもいいんだけど。 (^^ヾ
もう1個? (^^;
【2009/02/25 17:55 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(4) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 2号機 24バッテリー目 ~4#3 2号機に代わり、常駐機に (^^ヾ
あ~。。。 今週は楽になると思ったのだが、またやっつけメモが続きそう。 ( ̄∇ ̄;)
再試験。。。 orz


5G6 久しぶりに飛ばしたが、まったり安定☆ (^^)
まだ20バッテリーか。 (^^;;;

会社2号機

ノーマルの5G6の機体を メタルアップグレードして、Xtremeのヒートシンクを付けただけの機体。
調整は、リンク長とトリムだけ。

ん? ブレード強化と スタビのバランス取りもやってるか。 (^^ヾ
でも4#3系よりは 手がかかってないと思われる。。。(忘れた)

これならテールインサークルの練習もできそう♪
大きくは回れるけど、小さくは まだまだ速度コントロールができていないので ムズかしいな。。。 (^^ヾ
<追記 >
2~3バッテリー飛ばしていたら テールインサークルの感覚がちょっとだけ わかってきた。 (^^)
まったり5G6だと結構後ろに引かないとダメで、パワーいりそうだな。。。
ノーズインはそれほどでもないんだけど。


個人的には、Bよりも 見えざる力のクセが少ないように感じるのだが。 (^^;;;

それにしてもモーターが熱い。 (^◇^;
でも3.7vまで一気に飛ばせるモーターがついているようなので、初期のヘタレモーターが装備されているわけではないようだ。

最近のモーターは 5G6のものでも 熱くないのかな?

久しぶりに予備モーター買ってみるか~ (^^ヾ
と思ったら、ギア形状 変わってるのか!!! ∑(゜◇゜;)
モーターのシャフト径は変わってないと思うので、ピニオン交換だけでたぶんいけると思うが。
【2009/02/24 12:52 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(6) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 1号機 ~エアコンに弱すぎて楽しい☆ (^^;;;
★ 3ヶ月以上?飛ばしていなかった5G6 1号機を飛ばしてみた

とても安定で、4chヘリを飛ばし初めたばかりの時は 4chヘリの動作を覚えるのにとても好きだった5G6だが、4#3の不安定さ(?) のとりことなってしまい 3ヶ月くらい飛ばしていなかった。 (^^ヾ

ほこりをかぶってきた感じなので たまには飛ばしてやろうと思って、飛ばしてみると...

 エアコン(弱風)に流されまくり!!! (^◇^;

あんなに安定だと思っていた5G6がこんなに不安定だと、楽しくなってきた。 (^^;


とりあえず ブレードの裏貼りをしてみる。

フィラメントテープで裏貼り

ここのところ、作業安全第一でフィラメントテープ。 (^^;
安全だが、効果は分からない。 (^^;;;
コーニングは抑えられている気がするが。

装着★

装着☆

5G6の写真、久しぶり。

効果は...やっぱり分からないかも。 (^^;;;


そういえば1号機のモーターは、まだ すぐに熱ダレする旧型なんだな。 ( ̄∇ ̄;)
3分ちょっとで ほとんど浮かなくなってくる。 (^^;
とりあえず在庫のモーターが旧型/新型 混ざってしまったが 2セットくらいあるので、使い切ってしまわなくては。 (^^ヾ

あと、私の操作のクセもあるのだろうが、5G6では4#3とは逆に左旋回が得意で 右はあまり出来ない。 (^^;

2号機との比較では、1号機の方が 旋回したり左右移動したりするときのエルロンを使用する動作の時にムリがない感じ? で安定している。
GW中にやったパーツ単位での換装実験でも 結局2号機が不安定な原因は分からなかったところだが...


5G6は、4#3と比べてもはるかに風に弱く、エアコン微風でも 気を抜いていると あっという間に壁際に追い詰められる。
そういうおもしろさがあったとは。 (^^;;;
【2008/08/04 12:25 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(4) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6#2 ~ 18バッテリー目
★ 原点に戻って スワッシュ安定化 (^^ヾ

5G6 2号機は、調整だけで15バッテリーくらい使ってしまった。 ( ̄∇ ̄;)

コメントでスワッシュ安定化の話をいただいたので、原点に戻って試してみる。 (^^ヾ
スワッシュの安定化については、1号機がアップグレードパーツ適用だけで 非常に安定していたため 最近は考えなくなってしまっていた。
2号機も1号機と同じ構成での安定化を目指したが うまくいかず下ブレードのコーニング角調整で安定化することができた。 が、なぜ1号機と違う調整になるのかよくわからない。 ( ̄∇ ̄;)

たしかにスワッシュは、サーボ側を押さえた状態で 手でガイドのあたりをさわると 少しだが上下するので、これの動きを抑制してやれば さらに安定するのか? ということで、プラスアルファの安定性になって欲しい願望を込めて試してみる。 (^^ヾ

4#3は結構手間をかけてスワッシュ安定化を試みていたが、そういえば5G6は 1号機の手を加えなくても安定していることに気を取られ、何もやっていなかったなと。 (^^ヾ


GW中は 意外と自由な時間がないため、やっつけ仕事。
ま、いつもか。 (^^;;;

5G6 1号機 購入直後のノーマルパーツ時に1度試して効果のあった 輪ゴムで。 (^^;
たぶんネットのどこかで聞きかじった方法の気がするが、しっぽとスワッシュガイドのところを引っかけ、スワッシュを下方向に少し引っ張っておくことで安定させる。

スワッシュ輪ゴム


見た目 美しくないが、スワッシュの上下は抑えられている。 (^^;
あまり強い力(きつい輪ゴム)にすると、サーボの負荷が大きくなり よろしくないと思うので、ほどほどの引っかかっている程度の強さのものを選択する。
効果は以前確認しているので 今回も大丈夫だろう。


結果
う~ん...1バッテリーの前後半で 輪ゴムあり/なしを試したが、2号機もそれなりに安定したあとなので 効果はよくわからない... (^^;;;
気は心で、しばらくコレで使って 慣れた頃にゴムを外してみて効果を確認するか、時間があるときに4#3のようなスワッシュ安定化を試してみるか。 (^^ヾ
【2008/05/06 17:41 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(6) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6#2 パーツをひとつずつ確認する (^^; ~ とりあえずは安定?
お出かけしている間に 昨日のアクセスが非常に多くてビックリだが "GW" だからか? ( ̄∇ ̄;)


★ 不安定原因を探るためパーツをひとつずつ交換する

2号機の不安定原因がよくわからないので、少し安定してきた1号機とパーツ交換して ひとつずつ不安定要素を取り除くことにする。 (^^ヾ

1号機は 以前検討していた課題で、あとサーボを交換すれば問題ない感じがするので、ブレード/シャフト/ベアリング等の可動部分は信頼した リファレンス機として扱う。 (^^;;;
という方針で。 (^^ヾ


5G6#2(2号機)の不安定状態は、LAMAにアップグレードパーツのインナーシャフトを入れたときのような感じで、ホバリング安定(LAMAアップグレードではホバリングもあやしかったが)& 移動不安定で 少し動かしただけで 大旋回 or みそすりのスゴイ版?という感じ。 (^^;
どこまでをみそすりというのかはっきり理解していないのだが、一度スタビのリンクを外したままフライトさせてしまったときに シャフト軸のトップを支点のようにして機体がフラフラ円運動する感じになったのでたぶんこれが"みそすり"という現象だと思われるが、LAMAも5G6も軸を支点に機体がふらつくのではなく 大きい円運動をする感じ。
大きい円運動なので、シャフト軸の延長線上を支点にしていると考えれば"みそすり"ともいえるような気がするが、よくわからない。 (^^ヾ
現状では すぐに直径1m以上の円運動が一気に大きく+高速になる感じで始まるので、カウンター当てまくって何とか立て直すか 着陸させている。 (^^;;;


以下、ベース部分(シャフトおよびブレード関連 以外)は 安定しつつある1号機のものを使用して、シャフト/ブレード部の健全性を確認していく。

#01
2号機のホローシャフト部一式(スワッシュ/下ブレード)を1号機に移植し、ホローシャフト部の健全性を確認する。
 → 少し不安定:ホローシャフト部分があやしいのか?


#02
2号機の上シャフト部一式を 1号機に追加移植してみる
 → 不安定度合い変わらず
 → 上ブレードのトラッキングをずらすと、ホバリング時のみ安定 (^^;


#03
ホローシャフト部があやしい気がするので、とりあえずベアリングハウジングを1号機のものに交換
 → 不安定度合い変わらず
ついでにノーマル(赤いプラのやつ)に交換
 → 不安定度合い変わらず


#04
アップグレードパーツでまだ投入していなかった 下ブレードホルダーを投入してみる。
前回同様 外し方がわからんので、ノーマルブレードホルダーは切断。 (^^;;;

04-1下ブレードホルダ組み立て


下ブレードホルダーは 前回もそうだったが、今回はより早く10分くらいで完了★ (^^)
上ブレードホルダーは、なぜか難しい... ( ̄∇ ̄;)

04-2下ホルダ投入完了


これでアップグレードパーツはすべて投入。

下ブレードホルダー アップグレードパーツに変更
 → 不安定度合い変わらず ( ̄∇ ̄;)


#05
ブレード角度や動作も、1号機のものと2号機のものと違いがわからないのだが、不安定なのはよくわからない。 (ーー;
そこで、とりあえず すべてのパーツを1号機に戻して安定状態を確認後、2号機のスワッシュプレートだけ1号機と交換してみる。
 → 1号機の安定度合い変わらず(問題なし)


#06
再度シャフト/ブレード部は2号機のもの、本体は1号機のものに換装。
ホローシャフトをノーマルのカーボン?樹脂製?のものに変更してみる。
 → 不安定度合い変わらす


#07
煮詰まってきたので、2号機の本体の健全性を確認するため、1号機のシャフト/ブレード部を2号機本体に移植してみる。
 → 1号機同様の安定性(2号機の本体は問題なし)


#08
ノーマルのブレードホルダーでは難しいが アップグレードのブレードホルダーはアルミで簡単に曲げられるので、手動で最初からコーニング角をつけてみる。 (^^ヾ
ちょっと曲げてみると...
 → ちょっと安定した★ ∑(゜◇゜)

1号機ではブレードホルダーを曲げなくても安定しているので 不安定原因は他にありそうだが、コーニング角 路線に逃げてもう少しやってみる。 (^^ヾ
GW入ってからこればっかりでそろそろ安定して欲しいのでちょっと妥協。 (^^;

とりあえず1号機の下ブレードホルダー付近を中心に確認してみる。

08-11号機


ほぼまっすぐ。

2号機の下ブレードホルダーを何回か曲げを変えて(大きくして)みて、よい感じになった時の下ブレードホルダー付近。

08-22号機


初期値でコレ。 (^◇^;
こんなに曲げていいのかわからんが、とりあえず安定している。 (^^;;;

一応ひとつの解は得たが、ブレードホルダー角度という 1号機とはっきり違うところができてしまっているので 根本的なところはよくわからない。 (^^ヾ
2号機のブレード系以外の本体は1号機と同等の安定性、スワッシュ/ハウジングは問題ないことを確認しているし、ブレード形状も新品のものを重ねてみて形状がほぼ同じであることを確認したし、ホローシャフトはノーマルとも換えて問題ないことを確認し 平らな場所で転がしてまっすぐなのを確認...
1号機との違いがわからない... ( ̄∇ ̄;)

あいかわらず ラジヘリは奥が深い...


とりあえずは解決した(?)ので、しばらくはコレで。 (^^ヾ
あと1号機のサーボがたまに変になるので、予備パーツとして外しておいて 新品に交換するかどうかというところ。
ま、こんなところで。 (^^ヾ
【2008/05/04 23:58 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(10) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6#2 なかなか安定しない ( ̄∇ ̄;)
★ メタルパーツ一部投入:インナーシャフト/上ブレードホルダー

アップグレードのスワッシュを投入して 少し安定した(なんとか部屋ギリギリで墜落させない程度の)2号機だが、まだまだ安定とはいえないので、次にメタルアップグレードの インナーシャフト/上ブレードホルダーを投入してみる。

あいかわらず上ブレードホルダーは つけにくい...
ホルダー1 ビス2 2mmくらいの棒2、たったこれだけのパーツと1時間くらい格闘しただろうか。 ( ̄∇ ̄;)
1号機のこれを組み立てたときと違うのは キズをあまりつけずに組み立てられるようになったこと。
作業時間も これで多少早くなっているのかも。 以前は数時間かかってアップグレードパーツ全部組み込んだ気がする... (^^;;;

さて、投入完了。

インナー&ブレードホルダー上


まだ下ブレードホルダーだけ投入していない。
ブレードホルダーつけるの面倒で... (^^ヾ

結果:不安定度変わらず。
次っ! (^^;


★ トラッキング調整を変えてみる

普通に いままでは”<”になるように合わせていたトラッキングだが、セッティングがシビアで "<" に合わせたつもりが微妙にずれているのではないかと思い、少し動かせば安定するかも?ということで トラッキング調整をやってみる。

とりあえず初期状態。
なかなかきれいに写真を撮るのが難しい... ( ̄∇ ̄;)
シャッタースピード遅くすると手ぶれするし、早くするとキレイにとれないし。

合っているが不安定


一応”<”の感じになっている。 (^^ヾ
これはノーマルインナーシャフトの時の写真だが、フライトしたときの特性はアップグレードとあまり変わらないようだ。 (^^;


この状態から 少しずらしたが、思惑と違い不安定度変わらない。 ( ̄∇ ̄;)
どんどんずらしていって、リンク長の調整限界までトラッキングをずらすと、

ズレだが安定


見事に4枚羽根になっている。 (^^;;;

だが、この状態の方が、この2号機は安定している。 ( ̄∇ ̄;)
トラッキングを合わせると 少し動かしたあとで いきなり部屋幅いっぱいの大円運動(しかも結構高速)を開始するが、トラッキングを思いっきりずらした状態では 30cmくらい?から始まるので大円運動になる前に制御できる。
またホバリングさせた状態(静止させた状態)でも、トラッキングをずらした方が安定で 何の操作もしなくても静止してくれる。
トラッキングを合わせた状態では、静止しないで遊び回って大円運動へ~ の流れ。 (^^;
...よくわからん。

従来の1号機の方は、普通にトラッキングを合わせた方が安定するようだ。 (^^;;;


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)


p.s. いつもコメントいただいている方々すいません。
  これからお出かけしますので反映は明日(5/4)夜以降になります。 m(_ _)m
【2008/05/03 13:05 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6#2 とりあえず飛ばしてみる★
#2。 (^◇^;

到着★


不安定原因追及用にLAMAとともに発注してしまった1機(5G6 2号機)だが、まだ一番届いてほしいLAMAが届いていない。 (^^;
5G6#1が復調の兆しを見せている中、5G6#2も調整してみる。 (^^ヾ

2機買っても まだもう1機 買えるくらいY43 1機より安いので つい買ってしまう。 (^^;;;
どちらかは帰省先の備品にしておくか。 (^^ヾ


★ 早速動作チェック

とりあえず各部の稼働チェックと電源入れて電気系の作動チェック。
あれ?エルロンサーボの動きが非常に悪い... ( ̄∇ ̄;)
リンクを外してみても同様に動きが悪いので、とりあえずサーボを外してサーボホーンのところをぐりぐり動かしていたら、なんか直った。 (^^;;;

他に不具合箇所はないようなので、トリム調整開始★

と思ったが、エレベーターのディップスイッチが逆になっている。 ∑(゜◇゜;)
 ※ 前後操作が逆になっていて4#3と同じ設定
飛ばす前に気がついてよかった。


★ 調整フライト開始

とりあえず、トリムとリンク長を合わせるための調整フライトを始めてみる。
あいかわらず すぐにへたる超高温モーターが付いている。 (^◇^;
これは先日いい感じがした新ロットではないようだ。

と、3バッテリー目 開始直後、機体が高速回転... Σ(゜◇゜;)
しばらく休憩させてフライトさせると、数秒程度いいのだが すぐに高速回転を始める。
まぁ、いつものアレだ。 上モーター故障。 ( ̄∇ ̄;)
機体についているモーターは、スペアモーターよりショボいのが付いているのか?
#1の時も1バッテリーで壊れたし、今回は2バッテリーで故障。 (^^;;;

ここで早速 新ロットモーター(と思われる 縦シマ入り)投入★
熱くない & フライト時間がかなり伸びる。 (^^)
やはり調整中のバッテリー電圧は要注意で、気がつくとだいたい3.6vを切ったくらいになっている。 (^^;;;

何バッテリーか調整していたのだが、ノーマルでは普通に調整していたのでは安定性に限界があるのか なかなか安定してくれない。
#1が不調なので、安定な機体を基準にしようと#2を購入してみたのだが、先に#1が安定しそうな勢いになっている。 (^◇^;


そこで#2にもメタルスワッシュとホローシャフトを投入してみる。

そういえばアップグレードパーツが2.4Gのメタル仕様発売にともない? Miracle-Martで 千円弱安くなっている。
完成品の機体の価格差(メタル2.4Gとノーマル72MHz版)はアップグレードパーツ分という感じなので、アップグレードパーツ組み立ての手間を考えると2.4G版を買った方がいいかもしれない。
私は既存機のパーツ流用を考えて 今回も72MHz版を買ったが...


★ 5Batt目:メタルパーツ一部投入:スワッシュ/ホローシャフト/ハウジング

5バッテリーくらい ノーマルパーツで調整をがんばってみたがうまくいかないので、アップグレードパーツを一部投入してみる♪

とりあえず簡単なところから、スワッシュ / ホローシャフト / 上部ベアリングハウジングの3点をアップグレードパーツに交換。 (^^ヾ

スワッシュ&シャフト&ハウジング


交換してみると、5G6のアップグレードパーツは LAMAと違い安定性に結構影響するようで、スワッシュの効果かかなり安定してきた♪ (^^)
でも、ホバリングは安定なんだけど、少し動かすと今ひとつ不安定なのは#1の不安定状態に少し似ている(そこまでひどくは無いが)気がする。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/05/02 12:53 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 ベアリング交換 & モーター交換
★ 不調な5G6のベアリングを交換してみる

50フライト以降 不調な5G6だったが、1番目にあやしいと思っていたベアリングの交換パーツが届いたので、交換してみる。
他にも妖しげなパーツがたくさんあるが、とりあえずステップbyステップで ベアリングから。 (^^ヾ

ベアリングは、上下ローター接続用:上ハウジング・下ギア、下ローター用:メインフレーム上/下・スワッシュ の5箇所。

とりあえずスワッシュ以外は、ほぼ以前やっている手順と同様なのでさっさとやってしまう。
スワッシュのは、少しだけ面倒だなと思ったのと、一番大きいサイズのベアリングだから大丈夫だろうと思って交換は後回し。 (^^ヾ


調整が完了していないので上昇させて少し動かした程度だが、以前と同様の作動音で静かになっているし、動かした後に暴走気味だった現象が完全ではないものの 改善されているようにみえる。 (^^)
しかし作動音で少しだけ気になったところがあったので、スワッシュのベアリングも換えてみることにする。

スワッシュのカラから ベアリング+ボールの入ったプラ部分を引き抜くと、こんな感じ。

スワッシュベアリング


あとはプラ部分とベアリングを外すだけだが、結構堅くて時間かかった。 (^^;

再組完了後 まだ調整している段階だが、作動音の違和感はなくなっている。 (^^)

...というところで、浮上するくらいまでスロットルを上げると高速回転する現象が...
また上モーターか... orz


★ X回目のモーター交換してみる (^◇^;

カーボンブラシ化は、4#3の結果が出てからやってみることにする。 (^^ヾ
私の技術でもカーボンブラシ化できるのか。 (^◇^;

5G6の上モーターは壊れまくりで交換はいつものことになってしまったが、今回のモーターは少し違っている。 Σ(゜◇゜)
上:今までのモーター 下:新ロット?

新モーター?


ケース(中程に2本)にシマが入っている。 (^^;
これはもしかして、少し前にコメントで情報をいただいた 新バージョンのモーターか?
ということで今回は上下同時に換えてみる。 (^^ヾ
買いだめしてあったモーターの一つなのだが、もう1個の予備もシマが入っているので新ロットっぽい★ (^^)


早速交換&調整していたが、あまり熱くならない & 長時間使えている気がする♪(まだ調整の1バッテリーなので時間は計っていない)
以前のモーターは、ヒートシンクをつけていても熱くてさわっていられないくらいの温度になったが、今回のモーターは長時間使用後でもあまり熱くならない♪ (≧∇≦)ノ

いつもの調子で浮かなくなるまで調整していたら、バッテリーの電圧が3.59v。 Σ(゜◇゜;)
このモーターでは、以前のように熱だれですぐに浮かなくなることがないので、電圧に気をつけていないと 電池の劣化を早めてしまいそうだ。 (^^;
機体の調整が完了すれば、2分半/バッテリーだったフライト時間がどれだけ伸びるか 楽しみなモーター★ (^^)
【2008/04/30 23:33 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(8) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 63バッテリー目 ~調子悪ぃ ( ̄∇ ̄;)
★ 5G6の調子が悪いのでバラしてみる

最高の安定性を誇っていた5G6だが55バッテリー目くらいから調子悪くなり出し、最近8バッテリーくらいはまともに飛ばせない状態の調整フライト(墜落)。

墜落させたとかの基点で不安定になり出したわけではなく、だんだん不安定になってきて 現在LAMAのような感じになりつつある。 ( ̄∇ ̄;)
暴れん坊艦隊 司令 くらい。 (^◇^;
将軍にはかなわないが、出世も間近だ... orz

ホバリングさせたかと思うと急速に動き出し立て直すまもなく墜落するあたりLAMAと同じ2重反転だし同じ原因なのか?

50フライトして1回くらいしか補修しなくてよかったテールトラスも、わずか数バッテリーの墜落によってボロボロ... ( ̄∇ ̄;)

テールトラス


何か今日はしっぽの日だな。
 ※ 現在4#3もしっぽ補修中


★ ベアリング交換してみる

とりあえず少し前から作動音の大きさは気になっていて、たぶんベアリングだと思うが不安定になる前からなので安定性への影響は少ないかもしれないが交換してみる。

当初、先日直したプロポをかなり疑ったのだが、他のプロポに変えてみても同じ動作なので プロポは大丈夫のようだ。 (^^ヾ


だいたいの箇所を把握するため、4in1へのモーターの接続を上下片方だけにして回してみる。

 下だけ回す:静か~ (^^)
 上だけ回す:静か~ (^^)

ということは共通部。上ローター直下のホローシャフトとの接続部分のベアリングか、ホローシャフト(下ブレード)下のメインギアのところにあるベアリングのどちらかorどっちも。 (^^;
このベアリングは 上下逆回転するシャフトをつないでいるので、回転数×2の負荷がかかっているし 小径なのでかなり厳しい条件だと思われる。


予備の資材は、メタルアップグレードの時に外したノーマルの上のハウジングについているベアリング1個。
たぶんこのベアリングで上下どちらでもいけるはず。

何となく下の方があやしい気がするが、とりあえずハウジングを交換して上のベアリングかどうか見てみる。

ベアリング上


ノーマルハウジングは赤いプラ。
少しよくなったが、もう少しという感じ。
やっぱり両方か...
でも下の方がダメージが大きいと思われるので、ノーマルハウジングのベアリングを取り出し下のメインギアに移植。

ベアリング下


上は元のベアリングでがんばってもらう。 (^^;
ベアリングは押し出せば取れるので簡単に交換できる。 移植完了★

おっ! 回した感じ静かになった。 (^^)
でも、制御不能に近い感じは変わらず。 ( ̄∇ ̄;)


ホローシャフト/スワッシュのベアリングも確認したが、こちらは径も大きく問題ないようだ。

ベアリングホローシャフト


※ メモしている内にだんだんうるさくなって来つつあるので、上のベアリングもあやしくなってきた。 ( ̄∇ ̄;)


★ スワッシュをかしめてみる

少し浮いているような気がするスワッシュをかしめてみることにする。 (^^ヾ
アップグレードパーツのスワッシュだが、これは手で十分な固さにかしめることができるようだ。 (^^;;;
1mmくらい浮いていただろうか。
コレを戻して完了★ (^^)

スワッシュ


でも不安定性は変わらない... ( ̄∇ ̄;)

トラッキングは合っている(合わせた)。
手で5G6の足を床に固定して回して、スワッシュがぶれているようには見えない。
エルロン・エレベーター操作するとそれに合わせてスワッシュも動作しぶれているようには見えない。


ん? スワッシュのリンクボールが少しだけゆるんでいる。 (^^;
コレをきちんと締めるとホバリングの安定性は"少しだけ"よくなったが、以前とは比較にならない。 (^◇^;
少しでも移動をかけると制御不能に近くなるのには変化なし。


動作させてきちんと動いているようには見えるけど、実はLAMAも5G6もサーボなのかな...2重反転機 2機とも同じような症状になっているから原因が似ているような気もするのだが、よく分からない。 (^^ヾ
【2008/04/20 14:35 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(24) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 ヒートシンク取り付け後 3バッテリー目以降
★ なんかラダー方向が不安定 ( ̄∇ ̄;)

49バッテリー目 終了後の上下モーター交換後、2バッテリーは非常にいい感じで飛ばせたが、3バッテリー目からラダー方向が不安定になった。 ( ̄∇ ̄;)
左右 両方向に不安定じゃなくて、左回転をしたり止まったり。
左回転も一定速度ではなく高速回転するときもあれば、トリムが少し狂っているときのようにジリジリと回転するときもあり、スロットル位置に関係なく発生している。

機体に左回転がかかるということは、上ローター出力が不安定になっているためと思われるが、また上モーターに不具合があるのか ジャイロに不具合があるのかよく分からない。
原因を特定するため、とりあえず上モーターを交換して同じ症状が出ればジャイロ(4in1)の障害と決めてみることにする。 (^^ヾ

ローターを手で回してみた感じや、モーターのピニオンギアを手で回してみた感じは特に違和感を感じない。

とりあえず上用モーターを新品のものに交換してみる。
これもいつもと同様ピニオンギアがずれている感じ。 (^^;


上モーターを さらに交換して5バッテリーくらい飛ばしてみたが、問題ないようだ。
ん? もしかして モーターと4in1のコネクタの接点不良だっただけかも。 (^^ヾ
しばらくは、これで使ってみる。


フライト時間は 新モーターにしてから少し短めの3分半程度。
モーターとメインギアのかみ合わせがきついとかゆるいとかもないし、モーター自体の当たり外れなのかも... (^^;
【2008/04/14 12:15 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 モーター交換後30/48バッテリー目
★ 5G6 現状メモ

数フライト前から パワーダウンが早いというか、いま飛ばしたときには1分半くらいで一度着陸しないともたない感じ。 ( ̄∇ ̄;)
以前は積極的に動かしても2分半くらいだったが、いまは少し移動させるくらいでも2分程度。
フライト直後のバッテリー電圧を見ても、以前は3.87vくらいと記録してあるが、さっきの2分フライト後は3.97vだった。
電圧から見ても電池は問題なさそうなので、そろそろモーターか? (^^;

スロットルは上げてるが回らない感じなので、余分な電流がモーターに流れている気もして よろしくない。

上モーターは慣らしなしで20バッテリー目から投入したので30バッテリー目。
下モーターは慣らしありで2バッテリー目から投入したので48バッテリー目。
下の持ちが上と比較してすごいが、前回 慣らしありの上は18バッテリー目でお亡くなりになったので、30バッテリーもてばいいだろう。 (^^ヾ

ということで、今回は壊れる前に予防保全で上下モーターを交換してみる。


★ 5G6モーター交換 3回目

上モーターは、初期不良1バッテリー/慣らしあり18バッテリー/慣らしなし30バッテリー(まだ壊れてないが出力低下)の履歴で今回4個目。 (^^;;;

下モーターは、上に合わせて交換1バッテリー/慣らしあり48バッテリー(まだ壊れてない)の履歴で今回3個目で、ラダートリムの状況から見ても現状で3個目の上よりも元気な気がするが、そろそろ交換してみる。 (^^ヾ

上下とも新品で購入したものを投入してみる。
また、今回は待望の(?)ヒートシンクも届いたので、その効果を確認してみる。 (^^)

モーター交換に関しては追記するメモも少ないが、今回は上下ともピニオンギアの位置を少しずらさないとメインギアと少しずれた状態になるため調整している。

で、今回のモーター交換の私の中ではホットなパーツ♪
★モーター用 ヒートシンク★ (≧∇≦)ノ

Xtreme.jpg


いや、冷却効果はあるだろうが機体が重くなってモータ負荷も高くなるだろうし、モーターの寿命的には ちょっと半信半疑なんだが。 (^^;

Xtremeの5G6 / 4#3共通のヒートシンクで、思っていたよりも幅が狭い。
モーターの高さに対して、こんなに細くて放熱効果があるのか? (^^;;

重さは

重さ


これに固定用の熱伝導テープの重さも考えるとヒートシンク1個で 4#3のフライバーパドルくらいの重さとなり、2個必要だから結構な重量増加だ。

特に装着用の両面テープとか固定具とかはヒートシンクのパッケージに入っていなかったので、PC用の熱伝導両面テープでモーターに装着してみる。 (^^ヾ

ヒートシンク装着


うーん、強そうだ。 (^^;;;

モーター交換完了★

実装後


これも強そう。 (^^;


★ モーター交換後 テストフライト

とりあえず1バッテリー目は、モーターの慣らしなしといっても メインギアとのかみ合わせチェックとかトリムの微調整とかあるのでブン回さずにホバリング+移動 くらいにして調整してみる。

あれ?調整のため時間は計っていなかったが長く飛べるよ? Σ(゜◇゜)
モーター交換の効果は1番だろうが、もしかしてヒートシンク効果か?? (^^)

バッテリー電圧をみてみると、初期値4.21vに対して フライト後は3.79v。
1フライトで長く飛べるので 以前よりも電池容量が使えている感じだ。 (≧∇≦)ノ
モーターの熱だれで飛べなかった分が使えている感じでイイぞ~★
<追記 >
このメモをしたあとの現時点でさらにモーター変えたらフライト時間3分に戻った。 (^^;
ヒートシンク効果は、これからの状況により判断。 (^^ヾ
さらに 遊覧飛行で もう1フライトしてみたが、3分半くらいで電圧は3.82v。
いいところな気もするが モーターの当たり外れもありそうな気配... (^^;


テスト2フライト目は、もう少し旋回させたり動かしてみる。
感覚としては以前3分くらいもたせるような飛ばし方で4分半のフライト♪ (^^)

今回のバッテリー電圧初期値は4.22vに対して、4分半フライト後 電圧3.78v。
先日調べたバッテリー電圧の通常使用のボーダーラインが3.7vなので結構理想的にバッテリーが使えているようだ。
このプラスアルファのフライト時間/バッテリーの使用は、ヒートシンク効果だろう★
機体が発生する風も受けて いい感じでモーターが冷やされると思われるので、電池のいいところまで使えている感じ。 (^^)

ヒートシンクに こんなに効果があるとは思わなかった。 (^^ヾ

ただ1電池あたりのフライト時間が増えているし、モーターの寿命はバッテリー数のカウントでは短くなるかもしれない。 (^^;


で、モーター交換3フライト目、機体が不安定に回り出す現象が発生したので、つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/04/13 12:35 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 & 4#3のパーツを追加購入★
★ 海外から直輸入 ~eHIROBO 2回目

前回4#3のメインモーターが品切れだったようでキャンセルされてしまい、そろそろ入荷していると思われるのでメインモーターと、ヘタすぎてシャフトの上部をよく折ってしまうようなのでメインシャフト、他 パーツをカートに入れていると いつの間にか4#3もカートに。 (^◇^;

最近4chヘリも自分である程度表面上の調整は できるようになってきたのでY43も調整すれば飛ぶと思うのだが、新品状態から自分で調整したいとか 4#3との違いとか興味があったので、ナイトクルーザーより少し高いかな?くらいのお値段なので、ぽちっとな★ (^^;

今回は発送方法にEMSではなく少し送料が安いAir Parcel(航空便?)を選択。 どちらも荷物追跡(日本郵便では同じEMSの検索から)できるし、EMSとの違いがよく分からんが... (^^;
Air Parcelではお届けに7-14daysとなっていて、前回はEMSで香港発送から1日で手元に届いたが 今回はどうなるか。
航空便だしたぶん1週間もかからんだろうと思って、試しに選択してみた。 (^^ヾ

注文してからの時間の流れを書くと、
 1日目:processing(注文受付)
 4日目:post(eHIROBO発送手続き)
 5日目:香港郵便局出発
 6日目:成田着
 7日目:手元に届く

こんな感じで、実際に香港郵便局に発送手続きを取ってから3日後、香港から日本に向けて出発してから2日で届いている。
EMSは香港を出発してから1日だったが、まぁ それほど変わらん。 (^^;
それにEMSでもそうだったが、国内の郵便/メール便/小包よりも早い気がする。 (^^;;;

梱包には切手が貼られており、Air Parcelというのは 荷物追跡のできる定形外かメール便のようなものだろうか? (^^ヾ

切手


これは実は先日届いているブツでWalkera 4#3もすでに初飛行済みだが、箱出し・トリム調整状態ならホバ調済みY43より遙かに扱いやすくいい感じ★ (≧∇≦)ノ
調整していけば ほぼ同じ機体なので同じような特性になっていくと思うが、3倍弱の価格差を考えると コストパフォーマンスは抜群。 (^^)
...と書いていてもまだ10秒程度しか浮いていられないのだが... ( ̄∇ ̄;)
Y43との違い等については後日メモ。

初心者なのに なんで何機も4chヘリ買うのか... ( ̄∇ ̄;)
たぶんヘタすぎてすぐに壊してメンテナンス中になってしまう(現在Y43/LAMAともにメンテナンス中)のと、4chヘリ飛ばし始めたばかりで たくさん飛ばしたいから。 (^^ヾ
モーターお休み時間/バッテリー充電時間もあるし、補修用パーツを買ってすぐ届くわけじゃないし交換作業も時間かかるので、数機あればいつもどれかは飛ばせる...はず。
あとバラしたり調整したり楽しい★ (≧∇≦)ノ
ということもあり、同じ機体ばかり買ってもつまらないので いろいろな機体に手を出す。

と、いろいろ言い訳してみる。 (^^;
【2008/04/05 08:49 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(2) | トラックバック(0) |
Walkera 5G6 35フライト目くらい ~離着陸動画
★ ヘリポート新設に伴い 離着陸動画を撮ってみる (^^ヾ

ナイトクルーザーを買うと付いてくるヘリポートを組み立ててみたので、離着陸動画を撮ってみる。 (^^ヾ
操縦技術はそれほど向上してないので、雰囲気だけ。 (^^;;;

離陸は、速くも遅くも何となくコントロールできるのだが、着陸練習はほとんど初めてなのでヘタすぎる...もっと練習しなければ。 (^^ヾ
動画は、3フライト分くらい撮って 何回か着陸させて たまたま うまくいった(H付近に着陸できた)2回分をつなぎ合わせたもの。 (^◇^;


ヘリポートの高さが5cm弱あり、ヘリポート面からの高さ5cmくらいで進入するとヘリポートの端で自分の反射風を受けて急に立ち止まったり流れ出すので、少し上空から接近するとよいようだ。 (^^ヾ
その難しさを制御してこその技術なのかもしれないが、そこまでは操れない。 (^^;

うまく着陸できているときに限って、また離陸後動画の最初の方でトリム調整してるっぽい。 (^^;



LEDの光が見えるように少し上から撮ったつもりが、目でははっきり視認できるのだが 映像ではあまりよくわからない。 (^^;

何となく段ボールへリポートよりも、着陸練習する気になってきた。 (^^ヾ
【2008/04/03 12:52 】
| ラジ★ヘリ~Walkera 5G6+38# | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。