スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ZHENGRUN製 Z-Series Z008 4ch ~箱出し・初フライト動画☆ (≧∇≦)ノ
とりあえず、開封当初から ”この重い機体は 浮くのか?”と思っていたので、ハンドリリースでスロットルをあおり気味にして離陸~ (゜◇゜)

 おっと!!!
 急上昇して壁にぶつかりそうになったので あわてて降ろす。 (^^;


パワーは 全然問題ないようです。 (^^ヾ



で、普通に飛ばそうと思ったが、コントローラーがまさかのモード4だったので、操作がよくわからない。 (^^;

というか、エルロン操作したつもりが 機首がクルッと回ってこっちを向き、ラダー操作したつもりが 横に動き出す。 (^^;;;
スロットルとエレベーターは いつも使っているモード2プロポと同じハズなんだけど、頭が混乱している影響か その操作すらあやしい。


でも、$25の爆安4chヘリに安定性はほとんど期待していなかったが、私が買った機体の中で一番安定しているかも♪ (^^)


安定とはいえ、今のところモード4操作が ”どちらに機体を動かすか & どの指を操作すれば その方向に動くのか”考えてからじゃないと動かせないし、考えても間違えることがある。 (^^;;;

そんな状態での初フライトなので、動画中 動きの少ないときはカウンター操作(スロットル操作以外)は 一切していない(と思う)。
 ※1 モード4で反射的にカウンターを打てないだけ (^^;
 ※2 反射的に間違えた(モード2での)カウンターを打つときもある (^^;;

カウンターは打ってないので、動画中 機首が少しずつ動いているところはラダートリムが合っていないだけだし、ホバリングもノーカウンター。


でも、ホバリングはこれだけ安定しているので 考える余裕があって、ジャイロビーを飛ばすよりかなり楽。 (^^)
ジャイロビーは操作を間違えるわ、カウンター打てない方向に不意に動き出すわで、狭い空域に留めておくだけで難しかった。 (^^;;;



では、モード4の操作の確認も込みで飛ばしてみて、カメラの画角に機体を収めようとして急降下 / 急上昇を繰り返して 墜落する、Z008箱出し・初フライト動画♪ (^◇^;

後半は少し慣れてきたので、(これでも)動かそうと考えながら飛ばしてみてます。 (^^ヾ




動画アップロード先の”ZHENGRUN製 Z-Series Z008 4ch ~箱出し・初フライト動画☆ (≧∇≦)ノ ”の大きい動画はこちら


ホバリング時に カウンター打たずにこれだけ浮いてくれれば 安定ですね♪

ピルエット中も ジャイロも効いているっぽい ロボットな動きをしてる♪

赤外線なのに”4chなので、横方向にも動く♪



でも モード4の操作が途中でわからなくなって、墜落。 (^^;;;




とっさにカウンターを打てないので 離陸が一番難しかったかな。 (^^;
いつもはベッド上のデコボコしたところから離陸させているが、それだと離陸時に流れてしまってカウンターを打てずに終了になるので、動画では渓谷状の狭い床から急速上昇させて、ノーカウンターで離陸させている。 (^^;


その後、飛ばす時間がないので飛ばしてないけど、Z008の初印象はかなりイイですね♪ (^^)

最近トイヘリはハニビシリーズ以外は買ってなかったけど、同軸反転タイプだとこんなに安定しているのかな? (゜◇゜)
購入当初、”安いけど同軸反転なので5G6とかLAMAくらいの安定感くらいは出て欲しいな~”と思ってたのですが、想定を越えるほど安定してました。 (^^;
マルイのとかも こんな感じなのかな? (^^ヾ

2年くらいでこんなに進化してたんですね~ (^^)
ハニビ4chが出るくらいだし。
スポンサーサイト
【2010/10/19 11:55 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ZHENGRUN製 Z-Series Z008 4ch ~コントローラーとか
コントローラーは、

SG風コントローラ


SG風? (^^;;



左がスロットルのようで、スティックが下りている。

モード2なら 私も飛ばしやすいし、イイかも♪ (≧∇≦)ノ



と 思ったが、

モード2かと思ったが4???


。。。 ? (゜◇゜)


まさかの モード4?? (^^;;;;;;


なんと、レアな。。。 (^◇^;





でもトイヘリが 2ch→3chと進化してきて、3chトイヘリは 左スロットル&右ラダー+エレベーターが標準っぽいので、4chになれば 左スロットル+エルロン&右ラダー+エレベーターのモード4となるのが自然な流れか? (^^;

これからは、モード4の新時代が来るのかもしれない。 ∑(゜◇゜)



コントローラーの電池は、赤外線ヘリでは初めて見る縦並び。

コントローラ電池縦


いつもより 前重心になってコントローラーのアタマ(赤外線発光部)が水平方向に下がりそうですね~
その方が 飛ばしていて熱くなった(あせった)ときに、コントローラーを持ち上げてしまって 赤外線が途切れてノーコンという事態は防げるかもしれないが。 (^^;

とりあえずエネループ投入。



予備品は、

予備品+USB充電器


各ペラ1枚ずつ + ドライバー + USB充電器♪ (^^)



ドライバーとUSB充電器まで付いて$25というのは爆安ですね~ (^◇^;
ちゃんと充電できるのかしら? (^^;

コネクタはハニビシリーズとかその他トイヘリと同じようだけど、極性は確認していないし、Z008のリポは180mAhなので ハニビとかの70mAhリポの充電に使うと過電流(2.5Cくらいの充電)でリポが爆発するかもしれない。 (^^;;;

変換コネクタを付けるかコネクタを付け替えると、mSRとかMAXXのリポの充電用としては 小さくて持ち運びも便利で いい充電器になるかもしれない。



あとUSB充電器は付いているが、いつも通りコントローラーからも充電できるという2重設計。

ほんと、コストはどうなんてんの?? (^^;
【2010/10/13 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ZHENGRUN製 Z-Series Z008 4ch ~機体写真♪ (^^)
早速機体を箱から取り出して、写真撮影♪

斜め前


手にするとかなり重く感じる機体で、4#3くらいはありそうな感じ。 (゜◇゜)

重さの原因としてメタルパーツが多くて、フレームの辺りとか しっぽとか しっぽの△も テールサポートも スキッドもメタル。 (^^;

ビスも多用されている感じで、

スキッドまでビス


スキッドのバー部分と足(足はプラ)の接続までビス固定。

浮くのかな~ (^^;;



前から

前


機体左右に付いているエルロン用ファンは、見方によってはアパッチとかの横に付いている兵装に見えなくもないので OK☆ (^^)



横から

横


後から

後


私は、テールローターが上向きで付いている機体は 初めてです。 (^^ヾ



機体には、色変わりの 超まぶしいLED搭載。 (^^;;

超まぶしいLED


LEDは前後に付いていて、直接見ると目に悪そうなくらい明るいです。 (^◇^;



機体重さは、

重さ


ほぼスペック表通りの 44.5g。

初印象通り4#3くらいの重さみたいですね。
4#3モーター×2の5G6でもパワー感は少なかったので、細モーターでこの重さは浮くのかな~。。。 という不安が。 (^^;


つづく~ (^^ヾ
【2010/10/12 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ZHENGRUN製(?) Z-Series Z008 ~4ch ジャイロ付 赤外線”$25”ヘリ購入 Σ(゜◇゜;)
4ch ジャイロ付きで、$25??? ΣΣΣ(゜◇゜)

箱


ということで、買ってみました。 (^^;


箱ZHENGRUN


たぶん”ZHENGRUN”というメーカの、”Z-Series Z008”という製品。

 → eHIROBOのZ008販売ページ


箱4ch


ただ4chで安いだけだと 私にはインセンティブが薄い感じだったけど、このZ008の4ch操作はスワッシュではなく 補助ローターを回して前後左右に進む方式。 (^^;;;

同軸反転(2モーター)の機体に 前後進(エレベーター)用ローター×1 と 左右(エルロン)用ローター×2を搭載した、5モーターの力業仕様。 (^◇^;


こんなあやしげな仕様の機体は、飛ばしてみなくては。 (^^;;



箱はASUSマザーのような2重構造になっている。

内箱


箱もこんなに凝ってて、$25? (^^;

いつもなら内側の箱だけで販売されてそうだけど。



箱に記載のスペックはこんな感じ。

スペック


4#3並みの重量がありそうなのと、トイヘリでは大容量の(?)180mAhリポが付いているっぽい。
さすが5モーター。 (^^;


子供のワーニングも記載されていて、中華も進化してきたのかな?という感じ。 (^^;

箱warning


子供禁止マークと思われるものは、某ゴーストバスターズのロゴに似ている気がするが。 (^^;;
 ※ 映画は見たことがないので、どこかで見た記憶を参照して。。。


つづく~ (^^ヾ
【2010/10/11 12:41 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-782 Biplane 12フライト目 ~水平尾翼をアップ目にすると?
飛行機のことはよくわからないのだが、紙飛行機でも翼の後ろ側を上げてやると 急降下していた機体が水平飛行しやすくなったりする。

たぶんこの機体も同じで、後ろをアップ目にしてやれば 上昇パワーが上がって、旋回時の急速降下が和らぐのではないかと、淺知恵。 (^^ヾ

尾翼調整


ちょうど 羽根の後ろに線も入っていて、曲げやすくなっているし。 (^^)

ただ、機首が上がりやすくなって ピッチングしやすくなるかもしれない。



フライトしてみると予想通りで、動画の時よりも多少急降下グセが緩和されて 急降下する前に抑えられる確率が上がったので、障害物への接触が減った気がする♪
でもピッチングはしやすくなった。 (^^;

でも、コントロールしやすくなったので、旋回方向を今までより多く変えようとして空域が狭くてぶつけまくっているけど。 (^^;;;


水平尾翼は曲げすぎるとピッチングが激しくなるので、ほどほどにしておくとよさげ。
見た目には微妙な調整だけど。 (^^ヾ
【2010/09/14 12:57 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-782 Biplane 11フライト目 ~初動画 豪華7本セット!!
”豪華(?)7本セット”なのに、1分30秒しか長さがないというのは。。。 (^◇^;


そこそこ旋回できた動画4本と、瞬殺動画3本。

Biplaneは 飛行中の速度差が大きくてイロイロ楽しめそうなんだけど、降下方向に敏感で すぐに急降下させてしまって障害物にぶつけてしまい 終了になります。 ( ̄∇ ̄;)

床のある空域で飛ばすと、小回りもきくし おもしろそうなんですが。 (^^)


セスナが30バッテリー弱で終了になっているので、Biplaneを今ひとつ じれったい感じに思い通りに飛ばせていないけど、今のうちに動画を撮っておこうかと。 (^^ヾ




動画アップロード先の”Lanyu製 TW-782 Biplane 11フライト目 ~初動画 豪華7本セット!!”の大きい動画はこちら


複葉機らしく(?)、直進気味の時にふわふわゆっくり飛んでいるところと、セスナより速い感じでキリッっと小旋回に入って速度も一気に上がるところと、雰囲気だけでも分かるかな~。。。 (^^;


最後の瞬殺動画は墜落時の音付きで (^^;、ダンボールにぶつかり、パーティションの金属板部分にぶつかり、最後は空域の中央左(画面中央左よりの下)にある液晶モニタ(プラスチック)に背後から特攻。

墜落音の違いが楽しめます。 (^◇^;




Biplaneの操作感はセスナと全然違って スロットルを上げても急上昇回避ができない まったりスロットルなので、スロットルによるアップダウンがしにくい反面 障害物回避能力がほとんど無い。 (^^;

また旋回時に急速な高度低下があるため、ラダー操作は少しだけに留めて スロットルアップで旋回時の高度維持に努める。

旋回で高度を落としてしまったら、障害物特攻コース確定。 ( ̄∇ ̄;)


あと旋回時は、セスナだと逆ラダーをちょんっと当てるだけで機首が上を向いて急上昇 → 失速して墜落のパターンで 逆ラダーの扱いが難しかったけど、Biplaneで小旋回に入ったときは スロットル全開 かつ 逆ラダー全開を1~2周旋回する間 当て続けることもあるくらい逆ラダーを多用する。 ∑(゜◇゜)

そのためラダー操作方向がどっち回りなのか、頭が混乱してわからなくなる。 (^^;;;


また逆ラダーにより多少高度維持/上昇の効果もあるので、わずかな障害物回避であれば使えますね。 (^^ヾ


今のところこんな感じで。
【2010/09/10 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-782 Biplane ~付属ディスクを見てみると。。。
ディスクの内容はマニュアルかと思っていたが、

DVD01.jpg


DVDだった。 (^^ヾ



DVDはTW-781とTW-782共用のディスクみたいで、両方のデモ映像が入っていて、

DVD02.jpg


これくらい広い部屋で飛ばせるといいな~という感じ。 (^^;


あと、TW-781は 高度が取れればループできるみたいで、ループ映像も入ってました♪ (^^)

うちの機体も最初は高度が取れる空域ならループできそうなパワーがあったけど、今は浮いているのが精一杯。。。 (^^;;;


その他、Lanyuの大きい飛行機の(?)製品紹介が入っているみたいですね。
【2010/09/07 11:50 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-781 セスナ 29フライト目 ~そろそろ限界かな? (゜◇゜)
追加購入したTW-782複葉機の予備ペラを流用してフライトローテーションに戻したTW-781だが、パワーが落ちてきて フライト時間も2~3回墜落分の時間って感じ。 (^^;

充電はすぐ終わるので、モーターかな~。。。 でもリポのような気もするし。。。 (゜◇゜)



どちらにしても寿命は至近という感じなので、リポ探し開始♪ (≧∇≦)ノ



リポは機体最前部にあると思うので、

機首に入ってそうな気がする。


基板付近から、慎重に殻割り。。。

配線は前の方に伸びている


配線が機首方向に伸びているように見えるので、リポが前部にあるのは間違いなさそう。 (゜◇゜)



さらに割っていくと。。。

リポ発見♪


リポ発見♪ (^^)



リポを取り出してみると、

リポ68mAh?


”PL68 mAh”と印字されているので、68mAhかな? (゜◇゜)

今まで購入してきた中華2chヘリでリポがへたると 少しふくれ気味になっていたが、これはそういう感じはない。
ということは、この細~い 4mmくらいのモーターが寿命かな? (^^;

他の機体のモーターを流用できないかな~と思って探したが、MAXXのテールは5mmかな? もうちょっと大きい気がする。


リポがふくれてたら、mSRで使ったG3の70mAh版を投入してみようかと思ったんだけど、なんとなくモーターっぽいしな~。。。
【2010/09/07 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(4) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-782 Biplane ~TW-781に続いて複葉機も購入♪ (^^ヾ
あまり期待せずに買ったTW-781セスナだが、意外にも室内で私にも飛ばせそうな印象だったので、同じLanyu製の赤外線2ch複葉機”TW-782”も買ってみた♪ (*^^*)

箱


複葉機になると 速度も落ちるらしいので、室内でのコントロール性も期待☆ (≧∇≦)ノ



箱ウラは、操作説明とか。

箱ウラ


右上に 12時40分くらいの時計が印刷されているが、お昼休みに遊べってことかな? (^^;;



箱の側面には、

autostable?


”auto stable technology”と書いてあるが、機体に安定化の仕掛けが?? ∑(゜◇゜)




さて! 機体前から~

機体前から


複葉機です♪
何種類か機体色があったんだけど、オレンジ色を選択☆ (^^)

このとき、”複葉機って上の翼と下の翼の位置が 機体前後方向にずれているものなのかな? (゜◇゜)”と思ったのだが、コメントでも”ずれているもの”と教えていただいたので、一般的にもそういうものらしい。 (^^ヾ

これが”auto stable technology”か? とも思ったんだけど。 (^^;



機体上から。

機体上から


セスナと違って、胴体部分が 前1本 / 後2本になっている。
 ※ 飛行機の部位をどう表現したらいいのか分からない。 (^^;;;

モーターは、TW-781と同じ2モーターで、ラダーも作り出している。

あと、渦巻き模様 結構気に入ってます♪ (^^;



機体を横から見ると こんな感じで、

機体横から


TW-781セスナは翼を支えるプラパーツがあったのでしっかりイメージだったが、TW-782は 上下翼を支える部分も機体と同じスチロールパーツで、軽く仕上がっている印象。
でも、後方につながる2本の胴体部分?にはプラパーツが添えられているし、しっかりしたスチロールパーツという感じで、Q-SKYやオートフライトのような 壊れやすい印象は無いですね。 (^^)


あと、TW-782は、

speedkingではない


”SPEED KING”ではないようです。 (^^;



機体を下から見るとこんな感じ。

機体下から


写真ではわかりずらいですが、主翼の方だけ湾曲しています。



充電部はいつもの。

いつもの充電部



付属品もTW-781セスナと同じ。

マニュアルDVD


マニュアル・DVD・予備ペラ×2(写真に写ってないけど)


そういえば付属のマニュアルCD(?)とか思っていたディスクは、DVDでした。 (^^ヾ
製品紹介や、デモフライト映像が入っています。
【2010/09/03 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Lanyu製 TW-781 セスナ 27フライト目 ~ペラ折れた ※2回目 ( ̄∇ ̄;)
また折ってしまった。。。



また 左側のペラなんですよね~。。。 ( ̄∇ ̄;)

ペラだけ売ってたら買うんだけど。


数バッテリー前の動画撮影時に すでにかなりパワーダウンしてきていたので、コントローラーに使用しているエネループの電圧を確認してみたが、1.27v/セル。 (゜◇゜)

エネループでこの電圧は 全然使える範囲内なので 電池は関係なさそうだけど、一応 再充電。

でもパワーとフライト時間は変わらないので、パワーダウンの原因は モーターかリポかな? (^^ヾ




パワーダウンしてきても まだ終わったわけではないが、30バッテリーとしてTW-781のコストパフォーマンスを計算すると、

 本体 約2000円 / 30フライト = 67円/フライト


最近壊しまくっている Walkera可変ピッチヘリでこのコストパフォーマンスを出そうとすると、本体価格が10倍なので どこも壊さず、パーツも消耗(交換)せずに 300フライト飛ばさないと同じにならないのか。 (^^;;;

そう考えると いつものヘリって高かったんだな~とか、いまさら考えてみる。 (^◇^;

コストだけじゃなくて”満足感”のパラメータもあるので、それだけでは比較できないけど。



でも うちで300フライト越えてるのって 4#3 と LAMA V3 くらいだが、どちらも何機分かメンテナンスとかカスタマイズで追加投資しているので、フライトを重ねても 全然コストパフォーマンス上がってないし。 (^^;;;;;;
【2010/09/02 11:55 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 赤外線/2chのセスナ ~動画を見て、少し速いのかな?と思ったが
機首のプリントを見ると。。。

SpeedKIng.jpg


”SPEED KING”だった。 (^^;;;


そこまで速くないけど。 (^^;
【2010/08/26 11:48 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 赤外線/2chのセスナ 20フライト目 ~動画を撮ってみた♪ (^^ヾ
まだ動画を撮っていないのにペラ折りでジャンクになりそうな勢いなので、飛行不能になる前に動画を撮っておく。 (^^;


空域は前回メモした機材山積み5×3m空域。

不自然なカメラの画角だが 動画の画面下は飛行機では使えない空域で、機材の山が”ぶつかって下さい!!”といわんばかりの位置に点在している。 (^^;
また、動画の画面右に映っているダンボールと天井からぶら下がっているケーブルラックの間隔は1mくらいあり奥の壁まで山脈をなしているので、その1mの隙間を往復で通さないと墜落になり、旋回方向を変えるには その山よりさらに高い、ケーブルラックまで70cmくらいのスリットを通さなければならない。 ( ̄∇ ̄;)

 ※ 正確に旋回できれば、5×3の空域で回り切りそうだけど。。。
   今のところムリ。 (^^;



購入当初 急上昇ばかりだったパワーも落ち着いてきて 高度を保った飛行はしやすくなった気がするが、その反面 障害物回避能力が下がっているので ”この空域で連続8の字はムリかな~” とか思い始めている。 (^^;


旋回しているだけの動画ですが、3本立てです~☆ (≧∇≦)ノ






動画で見ると、かなり速く見えますね。 (^^;
実際、旋回させると結構速いけど。


あと、2・3本目は、いずれも ケーブルラックの同じような位置にぶつかり墜落。 ( ̄∇ ̄;)

ケーブルラック少し手前から 機材山になっているので、どうしても上昇させないとまずい(引っかける)。。。 というプレッシャーがかかるのでそうなっちゃうのかも。 (^^ヾ
ここは鬼門だけど、がんばる。 (^^;;


でも、なかなか楽しいですよ☆ (^^)

ペラ折った直後、2機目もポチっちゃったし。 (^^;
【2010/08/25 12:27 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 赤外線/2chのセスナ 19フライト目 ~ロストペラの捜索 & 補強 (^^ヾ
予備ペラで飛ばしていたのに 予備ペラも折ってしまい、”TW-781 終了~・・・ orz”と思ったが あきらめきれず、先日 込み入った場所でなくしたペラの捜索を開始する。

まぁ 少し探して見つからなくても 気持ちの整理は付くし。 (^^ヾ


と、見つからなくてもイイや的な考えで捜索を開始したが、数分後 ギリギリ指が届くかどうかのところで発見♪ (≧∇≦)ノ


手が入る方向とは逆のコの字になったアングルの さらにちょっと凹んだところにはまりこんでいる。 (゜◇゜)
しかも手が入るところも 床とのわずかの隙間という感じで 腕までは入らない。 (^^;


でも、何とか指先で。。。 とれた♪ (^^)



これでもう少し飛ばせそうだが、このペラは よくわからないうちに簡単に折れることが分かったので、

ペラ補強


やっつけ瞬着補強。 (^^ヾ

ペラ裏の根本付近を瞬着コートしようと作業を開始したが、ペラが機体に取り付けられた状態のまま瞬着を付けようとしたので、瞬着の先端が入らないし、ちょっと垂れた。 (^^;;;


でもこれで、もうしばらく楽しめそうです☆ (^^)
【2010/08/24 11:55 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製 赤外線/2chのセスナ 18フライト目 ~ペラ折れた。。。 ( ̄∇ ̄;)
10フライト目に ペラが抜け落ちて無くしているので、あらためてペラをモーターに押し込んだりしてみた。 (^^ヾ


その18バッテリー目の墜落後、

ペラ折れた。。。


ペラ折れた。。。 orz

押し込んだときに 負荷がかかったのか 墜落時の疲労蓄積か? (゜◇゜)



とりあえず、もう1個 予備ペラあるし♪

と思って取り付けてみたが、左急旋回状態? ∑(゜◇゜)




あ。

これ、モーター回転方向が左右で違うので(2重反転機のように トルク打ち消しのため?)、ペラの形状も左右で違うのか。。。 ( ̄∇ ̄;)



左ペラは先日無くして 予備を使ってしまっているので、TW-781 終了~・・・


この空域で8の時はまだできないけど、それなりに慣れてきていたんだけどな~
残念。

もう1機 欲しいですね♪ (^^;
【2010/08/23 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Lanyu製 赤外線/2chのセスナ 10フライト目 ~ペラ無くした。。。 ( ̄∇ ̄;)
快調に飛び / 墜落せさまくっている TW-781だが、ちょっとパワーが落ちつつあるのかも。

もともとスロットルをちょっと上げれば垂直急上昇する機体なので 大パワーは必要ないんだけど、今 飛ばしている空域で必要な 急上昇回避がしにくくなっている気がする。
原因は、モーターなのか リポなのか? (゜◇゜)

でも 飛ばす空域によっては、パワーダウンで頭上げしにくくなるので 落ち着いて飛ばしやすくなったという見方もできる。 (^^;


だいぶ機体になれてきたけど、障害物を回避しながら飛ばし続けるほどにウデが上がってないので、いつのものようにアングルのラックに突入。 (^^;

片方付いてない。。。


あら?


ペラが片方無くなってる。 ∑(゜◇゜;)



このラック周辺の隙間に落ちたとすると。。。 捜索は不可能ですね~・・・ (^^;



あっさりあきらめ、予備ペラの1枚を使って装着。

なんとなくモーター音が軽くなったような? (゜◇゜)




で、室内飛行機楽しいです♪ (^^)
ヘリと違って、ぶつかっても壊れないし。 (^^;
あと左右旋回にクセがないかも。

また ヘリと同じような ”どうやったら2chで ぶつけずに飛ばし続けられるか?”という楽しみがありますし。

ということは、”障害物山積みな部屋だから 楽しめる”というよい点もあるのかもしれません。 逆に。 (^^;


”障害物がない広い部屋で飛ばしたいな~”と思ったけど、そういう空域だったら”普通に飛びますね。 終了~”ということになってしまったのかも。 (^^;
【2010/08/18 12:01 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Lanyu製(?) 赤外線/2chのセスナ 7フライト目 ~コントローラーバネ抜き
時間が無くてやってなかったが、中華2chヘリでは定番の”コントローラーのバネ抜き”をやっておく。 (^^ヾ

でも ヘリと比べて、そんなに”バネ抜き必須”って感じもしないけど。 (^^;


コントローラーを開けると、

バネ位置


スティックの中にバネが入っていて、基板に付いているスライダーを動かすタイプのようだ。

2年前の中華2ch機コントローラーは、スティックの方にも基板が付いているタイプが多かったけど、最近はスティックには電気系が付いていない このタイプが多いですね~
バラしやすくてイイし。 (^^)

作業完了


完了。


飛ばした感じ、やっぱりヘリのように 大幅には変わらないかな。 (^^;;;

微妙なコントロールは しやすくなっているけど。



あと、直進するスペースがほとんど無いため 旋回中心で飛ばしてきて、空域(障害物)の都合で 手投げ→右旋回がやりやすいので 右旋回ばっかりやってきたが、今日は直進時にちょっと左向きな気がする。 (゜◇゜)

もしかして左右モーターのへたり具合に 差が? (^^;;;


フライトでは、旋回中に主翼が棚に接触してしまったときに 機体がピルエット(?)しても飛び続けるところが、トイプレーンらしくて楽しいところかな。 (^^;
垂直上昇したときに天井付近のケーブルラックに軽く接触して、ループして帰ってくるとか。 (^^)
【2010/08/10 11:44 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(4) | トラックバック(0) |
Lanyu製(?) 赤外線/2chのセスナ ~初フライト! (^^)
★ まったく飛行機の知識無しで、箱だしフライト開始!! (≧∇≦)ノ

調整とかよくわからないが、手投げすると少し飛んだ後で 頭から落ちる。 (゜◇゜)
曲がったりはしないので 直進性は良さそうな気がする。

あと、いつも墜落で飛んでいったヘリのパーツが見つからない機材たくさん部屋なので、なくしそうなセスナの足は外しておく。 (^^;
瞬着しようかとも思ったんだけど、とりあえずフライト特性の把握で手投げ離陸させるつもりなので 足はいらないでしょう。 (^^ヾ
足を取ることで”重心が~” とも思ったが、手投げした程度では 全然分からなかった。


さて、これでいいのか悪いのか分からないが、無調整でフライト開始!!!



おお? おぉ! お。。。?



やっぱり室内飛行機 難しい。 (^^;;;




スロットル↑ 垂直上昇。 ∑(゜◇゜;)

スロットル一定でラダー操作 機体の向きを変えながら垂直上昇 (^^;;;


飛行機のスロットルは 速度調整するものだと思っていたけど、ヘリでいうエレベーターの役割が大きいみたい。



でも、Qスカイのようなホタテ飛びじゃなくて 安定して進んだり、飛行機っぽくバンクして旋回してくれるので、これは楽しいかも☆ (^^)



あと、手投げで頭から落ちたけど、スロットルはほとんど上げない状態で 水平飛行という感じ。
速度は想像していたよりもマイルドかな(でも ヘリのように止まらないから速く感じる)。
旋回すると速度出るけど。


空域は、会社のいつも4#3と4G6を飛ばしている空域だが、3m×5mあるけど 真ん中と両端に机があり 液晶モニタやら機材が積んであって最大で胸の高さくらいの山をど真ん中に形成している。 (^^;
さらに天井からはケーブルラックが30cmくらい降りているので、いつもヘリでも 机の回りの数十cm幅の通路を最大限に利用して墜落しないように飛ばしている空域。

ヘリならホバリングできるからいいけど、飛行機だと(トイ2ch機だし)一定高度で常にいるのは かなりムズかしいですね~ (^^;

ちょっと高度が落ちると胸の高さのモニタの餌食で、ちょっと上がりすぎると天井下のケーブルラックの餌食。

やはり床の見える or 天井の高い場所で飛ばさないと、私にはキビシイな~
ちょっと想像はしていたけど。 (^^;;;



現在3フライト目で 少し飛ばせるようになってきたけど、すぐに機材に引っかけてしまう。 ( ̄∇ ̄;)

 大会議室を予約して飛ばせばイイかもしれんが、そこまでは。。。 (^^;;;


あと、3×5の空域では、楕円旋回くらいはできるけど、8の字は いまのところ私にはムリ。
↑ ”楕円旋回はできる”と書いたが、たいてい いびつに何周かするうちに機材に引っかけて墜落するので、ちょっと私にはハードルの高い空域みたい。 (^^;
下半分の空域も使えれば、なんとかなりそうなんだが。。。

8の字も”8”までは1回できたけど、右旋回→左旋回に移るときに かなりスロットルを絞っているのに急上昇になってしまうので、ラダーをもう少し遅く操作しなければならないのか(←そうするには空域が狭すぎる) スロットルをオフに近いくらいまで(失速寸前まで)落とさないといけないのか。
う~ん。。。 (^^;

床の見える3×5空域なら、8の字できるかも?という期待感は持たせてくれているので、今のところ 急上昇させないように(機首を安定させて)旋回させるのが目標です☆ (^^ヾ
【2010/08/06 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(6) | トラックバック(0) |
Lanyu製(?) 赤外線/2chのセスナ購入♪ (^^)
★ 久しぶりのRC飛行機 購入 (≧∇≦)ノ

7月に紙飛行機を作った流れで(?)、おまけで トイ飛行機を購入。 (^^ヾ

箱


”Lanyu”というメーカーなのかな~。。。 よくわからん。
型式は、TW-781。
飛行機のこともよくわからないが、セスナと呼ばれるタイプの飛行機なのかも。 (^^;

e-HIROBOのセール品を約$15で購入。
 → e-HIROBO Lanyu (TW-781-B) 2CH Cessna EPO RTF Mini Aeroplaneのページ



箱ウラに簡単な説明書き。

箱ウラ


それ以外に、マニュアル(英語・中国語 併記)とCD-ROMも付いている。

マニュアルとCD


CDの中身は見てないので、何が入っているかは分からない。 (^^;



RC飛行機は 以前Qスカイを買ったことがあったが、ホタテが泳ぐように浮いているような感じで、実家の空域以上の広い部屋が求められ、さらに旋回もイマイチだったので ”部屋で飛ばせるようなRC飛行機はこんな程度か~ やっぱりヘリだな。”と結論づけて以来 飛行機は購入していない。 (^^;

が、先月の流れで、つい購入。 (^^ヾ
会社の空域なら飛ばせるかな~ と。
 ↑ ちょっと甘かった (^^;;;



早速、機体 前から~

機体前から


この前ニュースに出ていた機体も こんなイメージの機体だったような気が。
Qスカイと比べると、実機タイプですね。 (^^)

が、手に持った感じ、予想より重い。 ∑(゜◇゜)

Qスカイは ペラペラ発泡スチロールで すぐ破れそうな感じの超軽量機だったが、このセスナは重いけど粘りのある発泡スチロール風(?)でガッチリしていて、墜落しても壊れそうにない。
翼も湾曲して強度が出ている感じがする。

その分、速いのかな~。。。 と心配になる。 (^^;
室内専用機なので、ほどほどじゃないかと思うが。。。


機体 上から。

機体上から


モーターは 2つ、主翼後部の機体側に設置されている。

Qスカイは 1モーターで、垂直尾翼がパタパタ動いて0/1でラダー操作する機体だったが、このセスナは 2モーターの出力差で旋回するのかな? (゜◇゜)
それなら、なめらかに旋回できるかもしれない。



機体 下から。

機体下から


主翼を支える支線が設けられ、これも手にしたときのカッチリ感を出している要因かも。



充電部分は 中華2chヘリでおなじみの、いつもの。 (^^;

充電部分


コントローラーもいつもの。 (^^;;

コントローラーオモテ

このタイプのコントローラーは、中華2chヘリで見たことあるような。。。
もしかしたら同じメーカーのものだったりして。


コントローラーウラ

ウラにスピーカーらしき穴が空いているが、音は出ない。 (^^;


予備品として、ペラ2つ

予備ペラ2つ


安い割に 機体もしっかりしているし、よくわからないけどCDも付いてたし、今のところコストパフォーマンスに満足です♪ (^^)
【2010/08/05 11:45 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(3) | トラックバック(0) |
ドラゴンフォースmini ?バッテリー目 ~モーター&メインブレード入れ替え
★ モーターをコンバットフォースのものに入れ替えてみる

ロングテールのコンバットフォース基盤を ショートテールのドラmini機体に移植したためテールの抑えが弱く、トリム限界でも左回転を抑えるのがやっとなので、メインを弱くする方向で考える。 (^^ヾ
 ※ プログラム書き換えは知識も技術もないので (^^;;;


まず簡単なところで、モーターを替えてみたらどうなるだろう?
上:ドラmini 下:コンフォ

モーター比較


大きさは変わらないが、エンドベル部分の色が違う。 (^^;

コンフォモーター(エンドベル白色)に載せ替えて、

モーター載せ替え


どうかな?と思ったが、全然変わらなかった。 (^◇^;
モーターパワーは互角らしい。


★ メインブレード系を入れ替えてみる

次に、メインブレード系は入れ替えられないのかな?と思って、バラしてみた。
ブレード系は、サイズ的にも 同じようなので、そのまま付きそう☆ (^^)

メインシャフトとフレームの境目は、4#3とかだとベアリングが入っているが、ドラmini:金属リング・コンフォ:プラリング が入っているだけ。
そんな構造なら、一体成形にすればいいのにとも思うが(特にコンフォ)。 (^^;

さて、ブレード入れ替え

メインブレード替え


だんだん状況が分からなくなってきたので、現在の入れ替えパーツをまとめておくと
・基盤/リポ : コンフォ
・メインフレーム : ドラmini
・メインシャフト : ドラmini
・メインブレード : コンフォ
・スタビ     : コンフォ
・メインモーター : コンフォ
・テールモーター : ドラmini
・キャノピー   : ドラmini

こんな感じ。 (^^;


結果、ブレード入れ替えても変わらない。 (^^;
当初そこまで考えていなかったが、ロングテール用の基盤なので ちょっと厳しかったか。 (^^ヾ

ドラminiのフライト特性が気に入っていたので、ドラminiフレームに移植してみたがイマイチなので、結局 元のフレームに戻すということで。 (^^;;;


モーターもまだまだいけそうなので、フライト時間が落ちてきているのは リポ電池の劣化なのかな。
もう少し使ってダメそうになってから ドラminiリポを移植するかな。 (^^ヾ



とか考えつつも、モーターとか基盤とかやりくりしていたら、何かまともに飛ぶ組み合わせが無くなった。 (^◇^;

まぁ、私のハンダ技術ではこのあたりで限界かな。 (^^;

今度 一度もまともに飛ばなかったリアルベイビー2の基盤を試しに移植してみようかな。 (^^ヾ
【2008/07/02 12:33 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 50バッテリー目 ~基盤と機体を入れ替えてみる (^^ヾ
★ コンバットフォース←→ドラゴンフライminiの基盤と機体を入れ替えてみる (^^;

キャノピー移植に続き、元気なうちに暴走して保管庫行きになった ドラゴンフライmini の機体(フレーム+ローター+モーター)は使えないだろうか? と思いつき、コンバットフォースの基盤+リポ電池を ドラminiに移植してみる。 (^^;

ドラminiの基盤

基盤ドラmini


ドラminiは物理的な電源on/offが効かなくなる+暴走して保管庫行きになったので、この基盤は使えない。 (^^;

コンフォの基盤

基盤コンフォ


”超力”という文字がプリントされている。 (^^;


では、早速。 (^^ヾ
ドラminiの基盤を 機体から外す

ドラmini分解


コンフォの基盤+リポを 機体から外す

コンフォ分解


コンフォの基盤をドラminiの機体に移植

機体mini基盤コンフォ


ドラゴンフォースmini type-2 完成★ (^^;


おぉ。浮く...けれど、メインの力が強くトリム調整範囲ギリギリ(ちょっと範囲外)になってしまうようだ。 ( ̄∇ ̄;)

ドラminiの方がコンフォよりもテールが短いので テールの回転数を上げるようにプログラムされていると思うのだが、テールの長いコンフォ基盤をそのまま移植したので テールの回転数が足りず トリム調整範囲外になっているみたい。

プログラムを書き換えるとか そういう高度なことは分からないので、とりあえずできるところから。 (^^ヾ


う~む...この左回転が抑えられない状況は リアルベイビー2のフライト特性と似ているな。 ∑(゜◇゜)
もしかして リアル2は、自社の他製品の基盤またはチップを載せてしまって、回転が抑えられなくなっていたとか。 (^◇^;
1年前の製品は よく飛んだらしいので


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/06/27 12:25 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 48バッテリー目 ~キャノピーを軽くする?
★ コンバットフォースのキャノピーを替えてみる (^^ヾ

最近バッテリーがへたれて来たのか、モーターがへたれて来たのか分からないが、十分な上昇パワーがあって飛ばせる時間が”2分”くらいしかない。 (^^;
その後はあまり上昇しないが何とか飛ばしていて、1バッテリーあたり3分ちょっとくらいのフライトになっている。

リアル3からコンフォ(コンバットフォース)に乗り換えたときは、軽いキャノピーに感じたが、機体重量に比べるとかなり重そうだなと思って計ってみると

キャノピー重さ


1.9g。
10gくらいしかない機体で2gもキャノピーが占めているので、これを軽くするとバッテリーの持ちもよくなる? と思って 適当に紙を丸めて付けてみる。 (^^;;;
ハダカでは、墜落時のリポ電池や基盤その他へのダメージが心配だったので、紙で。

紙やっつけ仕事


本っっ当に丸めて付けただけ。 (^◇^;

コレでいつもどおりのスロットルで飛ばすと、パワーありすぎて 天井突き破るかと思ったくらい軽い。 (^^;;;
機体軽くする効果ってかなりあるんだな。

でもキャノピー分の2gも 前方から重量物が消えたので 前後バランスが崩れているらしく、しっぽをかなりひねってもホバリング+右旋回を使用しての少し前進にしかならない。 (^^;
久しぶりにコンフォ ノーマルに戻った感じ。

前進のため 足のところにカナードがわりのクラフトテープを貼ってみたが 今ひとつという状況なので、前だけ軽くしてもバランス悪いみたい。 (^^ヾ

あと 上昇パワーが増えたのは、以前は前進にも使われていたパワーが 多少速度が落ちることで上方向の力が強まっていることもあると思われる。


ここで、ふと以前 暴走して保管庫行きになったドラminiを思い出し並べてみると...

ドラminiコンフォ比較


しっぽの長さは違うが、フレームはほぼ同一 (^^;;;

じゃぁ、キャノピーも付くの? カナ?

ドラゴンフォースmini


付いたwww
ドラゴンフォースmini!!! (^◇^;

フライト特性は、コンバットフォースのノーズの長さから来ると思われるオーバーステア感はなくなっていて 自然に飛ばせる感じなので、案外いいかもしれない。 (^^ヾ

ドラminiキャノピーの重さ(サイド窓取り外し後)は、

ドラminiキャノピー重さ


1.48g。
このキャノピーを移植することで 少しは軽量化になっているようだが、トップスピードは以前のコンバットフォース(ノーマル)の方がかなり出ている。 (^^;
コンバットフォースの方が ロングノーズだしキャノピー自体が重いので、必然の結果の気がするが。


当初問題になっていた フライト時間は... 紙キャノピーなら少し長い気がする。
実は 紙キャノピーでは あまり飛ばし慣れていないのでよくわからない。 (^◇^;

ドラゴンフォースmini仕様では、変わらないかな? くらいの差?
...よくわからんうちに 興味本位で次をやり始めてしまった。 (^^;;;

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/06/26 18:37 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 42バッテリー目 ~しっぽ補修・電池
★ コンバットフォースのしっぽが取れたので補修 (^^ヾ

コンバットフォースの本体フレームと しっぽの接続が外れているので補修する。

しっぽ取れ


差し込んでも引っかかりがない感じでだんだん抜けてくるので、瞬間で固めておく。 (^^)

補修完了


コンバットフォースも42バッテリー目となり、結構 慣れてきて連続飛行しているせいか 少しフライト時間が短くなった気がする。 (^^;

いや、少し前から ちょっと落ちるのが早すぎる気がするので、バッテリーがへたって来ているのかも... ( ̄∇ ̄;)

プロポの電池も疑ったが1.29vなので、今までのプロポ充電タイプの経験上 まだまだいける電圧。
プロポにはオキシライドを入れているが、コンバットフォースには ドラminiで30バッテリーくらい使ったオキシライドを入れている。

オキシライドは、これまで合わせて70バッテリー以上使用していて まだ1.29vあるということは、アルカリ電池で公称15回のハニビでも 最初にオキシライド入れたら機体(モーター/リポ電池)の寿命まで持ちそうだ。 (^^;
※ オキシライドは(たぶん初期電圧が高いため)使ってはいけないことになっている (^^;;;

現在 コンバットフォースを楽しく飛ばせる時間は、3分弱くらいかも。
5分は ちょっとムリっぽい感じになってきた。 (^^;
【2008/06/20 12:52 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 27フライト目 ~プロポの赤外線送信部調整? 他
★ プロポの赤外線が もう少し飛びやすくならないか調整してみる

コンバットフォースだけではないが 中国直輸入機はプロポの赤外線出力か 機体の受信部が弱いらしく、少し離れると スナイパーのようにプロポの赤外線送信部を機体に向けていても 落ちてしまうことがよくある。 (^^;

コンバットフォースの場合、機体を置いた状態では5m弱くらいが赤外線到達限界距離のようだが(正確に機体にプロポを向けたとして)、フライト中はプロポの向きが微妙に変わったりするので4m弱の距離でも コントロールが切れて墜落することがある。

最近飛ばしている空域では4m...できれば5mくらいは赤外線が飛んで欲しい感じなので 少し調整(?)してみる。 (^^ヾ
ハニビならプロポを下向きで持っていたとしても、全然問題にならない距離なのだが...


赤外線のことはよくわからないが、とりあえず赤いカバーを外してみる。 (^^;
もしかしたら この赤いプラカバーを赤外線が通過する際、多少減衰があるのかもしれないので...

カバー外し


プロポの中からセロテープ固定。 (^^;
プラカバーの厚み分 赤外線発射部は外に出る感じ。
外観は こんな感じ。

カバー外し外観


う~ん...違いが わからん。 (^◇^;
次っ!


赤外線発射部分と思われるLEDのようなものは、プロポに少し埋まる形になっているので、広範囲に飛ばないだろうし 弱くなっているのかもしれない。 (^^ヾ

ということで、赤外線基盤部をプロポの外に出してみる。 (^^;

モジュール外付け


こちらも セロテープ固定の やっつけ仕事。 (^^;;;

以前は静止状態/直線5mでNGだったが、今回はしっかり機体に向けるといける♪
問題になっていた フライト中の4m弱の よく赤外線が届かない空域でも、機体にプロポをしっかり向けていれば 問題なくいけるようだ。 (^^)

この状態で赤カバーを上からかぶせてみたが、静止状態での赤外線到達距離は変わらない感じなので、赤カバーによる大きな赤外線減衰は無いようだ。 (^^;


★ 補修関連 (^^ヾ

基盤と本体フレームがゆるくてすぐに外れてしまうので、瞬間で接着。

基盤接着


あとモーターも外れやすいので、モーター上に引っかかる本体フレームツメ部分を セロテープでつないでみた。 (^^ヾ
モーターは外れてもすぐに直せるので、あまり問題ないのだが。


結構コンバットフォースにも慣れてきて、楽しく加減速して飛ばせるようになってきた。 (^^)
プロポのバネ抜きがよかったのかも?


そういえばこういう2ch機のメインモーターって4#3のテールモーターと似ているが、使えないのかな? (^^;
<追記 6/6>
モーター径を計ってみたら 6mm だったので、4#3への適用はNGのようだ。 (^^ヾ

【2008/06/05 12:38 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(3) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 18フライト目 ~こっちもプロポバネ抜き (^^ヾ
★ コンバットフォースもプロポバネ抜きしてみる

ハニビがプロポのバネ抜きで扱いやすくなったので、コンバットフォースも試してみる。 (^^;
バネ抜きをやっている途中で気がついたが、コンバットフォースはスロットル段数が数段しかないので、バネ抜きでもそれほど意味はないかも。 (^^;;;
バネ抜き効果は 指が疲れないくらいか。


ほぼハニビと同じなので、簡単に流れをメモしてみる。
とりあえず裏面

プロポ裏


開けてみると...

プロポ開け


ハニビと同じような構成だが ちょっと違う。 (^^;

スティック部分を外してみると、ハニビ同様きしめんケーブルで繋がっている。

スティック部分


真ん中のネジを外してバラしてみると...

スティック開け


スティック側に接点とバネが付いている。
スティックは少し引っかかりがあってバラしにくい感じ。
どうやらハニビとは構造も 違うようだ。 (^^;

スティック側の接点の基盤を外してバネを取り出す。

スティック側にバネ


戻して、完了★

完了★


やはりそれほど変化は感じない。 (^^;

しかし この後3フライトくらい飛ばしているが、コンバットフォースでは スロットル段数のmaxとmax-1のあたりをよく使うので、バネ抜きプロポでは その段の境目でスティックを簡単にホールドしておくことができ、スロットル上下に すぐに対応できるので 結構楽に飛ばせるようになってきている気がする。 (^^)

コンバットフォースにも少し慣れてきて、ドラminiのような 右旋回時の速度と止めたときの速度差が大きいところが、飛ばしていて面白い感じがする。 (^^ヾ
機体特性はドラminiのように自由にとは行かないが、リアル3よりはかなり扱いやすい印象。
【2008/05/30 13:18 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース 12フライト目 ~前進仕様を試す 他2ch機との比較
★ 動きが少ないので前進仕様にしてみる (^^ヾ

コンバットフォースは、箱出し状態では動きが少なく ホバリングに近いようなフライトになってしまうので、少し前進仕様にしてみる。 (^^ヾ
同じ三角キャノピーのリアルベイビーIIIと比較して、ラダーの効きはコンバットフォースの方がいい感じなので、ある程度前進仕様にしても問題ないと思われる。

とりあえずしっぽひねりしてみる。
コンバットフォースは簡単に ひねった角度で ある程度固定してくれるようだ。

やり過ぎw


これは ちょっとやり過ぎた。 (^◇^;
かなり高速に前進してコントロールできない。 (^^;;;

ほどほどにしてみる。 (^^ヾ

とりあえず


これなら何とかいいかな。
でも同じ三角キャノピーのリアル3よりは扱いやすいが 頭が重い感じで(ノーズが長いからか?)、普通に旋回して飛ばしている最中には 他の2ch機と同じようにアンダーステア気味だが 速度を落としてラダーの効きをよくすると頭からつっこんでオーバーステア気味になる。 (^^;
他の機体だと ピルエット風になったりするが コンバットフォースの場合はオーバーステアという感じで、そのあたりは機体の特性なのだが 他の2ch機と感覚的に違うところ。

あと赤外線の送受信どちらかが(orどちらとも)弱いらしく、プロポをしっかりと機体の方に向けて操作しないと、どこかに飛んでいって(最後の状態を数秒ホールドして)落ちる。 (^^;;;
中国直輸入機全般にいえるのかもしれないが、ハニビよりもかなり赤外線が弱くしっかりと機体の方向にプロポを向ける必要がある。
ハニビなら適当に下向きでプロポを持っていても 全然OKなのだが。 (^^;

他に操作関連では、操作の階調が荒いというのか ハニビだとプロポ操作に対して細かくスロットル段数がある感じだが、中国直輸入機は全般的に 数段(実用上2~3段)という感じ。 (^^;;;


あとスタビのリンク部分がよく脱臼する(外れる)のと、モーターが他の中国直輸入機よりも墜落等で浮きやすい(外れる)のがマイナスポイントかな。
プラスは 脱臼程度で致命的な故障はまだ発生していないことかな。 (^^ヾ


★ ↑とかぶるが、他 中国直輸入機との比較

コンバットフォースは、4機種買った中国直輸入2ch機では”まぁまぁ”の方だと思う。
”まぁまぁ”程度なので ハニビの方が長く楽しめると思うが...

フライトの特性が よかった順で書くと
 ドラゴンフライmini >>> コンバットフォース > リアルベイビー3 >>>・・・>リアルベイビー2

まだコンバットフォースを飛ばし始めたばかりなので、今後どうなるかわからないが 故障が無い順で比較すると、
 リアル3 =? コンバットF >>> ドラmini   番外:リアル2
そういえばリアル3は 墜落してもモーターが外れることはなかったし、初期不良交換で2機目ではあるが、交換機は56フライトしてもまだ元気だったので 同僚にあげた。 (^^)
でも広い場所じゃないと、非常に飛ばしにくい機体。 (^◇^;

リアル2は 2機使用して2機とも上昇するパワーすらなかったので、比較にならない。 (^◇^;

ドラminiのフライト特性は 私が買ってみたハニビやホーネットも含めての2ch機の中で最高だが、故障が多いので メンテナンスとかも総合的に考えて 一番はやっぱりハニビシルバーになるのかな。 (^^ヾ
今は手元にハニビレッドとアパッチが残っているけど、調整してもシルバーのように思い通りには飛んでくれないので、2機使用して2機ともよかったシルバーが一番いい印象。

でもシルバーは2機ともロット不具合らしき 突然バグる(コントロールを受け付けなくなる)故障持ちだったので...う~ん...そう考えるとフライト特性はドラminiが最高だったし...微妙なところ。
ん?そういえば、あとハニビは調整しないと自由に飛ばせない感じがあるが、ドラminiは調整しなくてもトリムの合わせ方さえわかれば 少し広い空域確保が必要だが 面白い感じ。
コンバットフォース/リアル3は、前進調整くらいで楽しめる。
リアル3は、かなり広い場所なら楽しめる気がするが、赤外線が弱いので コントローラーを機体に向けた状態で 直線5mくらいが限界。 (^^;;;


コンバットフォースは ラダーをそこそこあててやるだけで ハニビのようにクルクル回転したりしないのがいいところなのかな。
墜落でも ほぼメンテナンスフリーなハニビが一番長く使える気がするけど、ちょっとフライトがまったりなのがハニビのマイナスポイント。 (^^ヾ
【2008/05/26 12:14 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドラゴンフライmini 35フライト目 ~暴走中 ( ̄∇ ̄;)
★ ドラmini 35フライト目で 暴走 (^◇^;

久しぶりに2ch機のメモ。

ハニビ以上にいろいろ飛ばせたので お昼の楽しみだったドラminiだが、軽く墜落させたときに打ち所が悪かったのか テールモーターだけ全力運転状態に! ∑(゜◇゜;)
いつもは点滅している機体のLEDも 点灯状態になり、プロポ操作も受け付けないし、物理的な機体の電源スイッチであるはずの本体電源も何回かON-OFFしてみたが効かない。 (^◇^;

しょうがないので、急遽バラしてリポ電池の配線カット。

暴走


どこかショートしてるのかな。 (^^;
本体電源スイッチも効かないというのが想定外で、電源オフでも入りっぱなしってことは やはりそうなんだろうが 。 (^^;;;


充電できなくなる不具合もそうだが、そういうことがなければドラmini最高の機体なんだが... (^^;
【2008/05/14 12:41 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コンバットフォース ほぼ初フライト★ (^^;
★ コンバットフォース メモ

2ヶ月前の2ch中国機 多数購入したときの1機をようやくフライトさせてみる。 (^^;;;
いままで2フライトくらいしたが、狭い部屋で墜落or接触させるとすぐにスタビのリンクが脱臼する(外れる)のと、4ch機 移行でしばらく扱っていなかった機体。 (^^ヾ

ヘタれ(私が?) リアルベイビー3 FJ-708Aを以前 貸してあげた人に譲渡したので、お昼の楽しみとしてコンバットフォースの出番が回ってきた。 (^^;
リアル3は、そこそこ広い部屋で50フライトさせたが、あまり上達せず... ( ̄∇ ̄;)
かなり広い部屋じゃないと旋回半径が大きく右旋回できない&機体の回転が止めにくいので難しかった...


とりあえず、コンバットフォースの写真。 (^^)
前から

前から


横から

横から


後ろから

後ろから


キャノピーは 薄めのプラで、4#3とか5G6まではいかないが リアル3と比べるとそんな感じの厚さ。
堅い場所にぶつけたりすると割れてしまいそうだが、機体軽量化になってそうだ。


広い場所でフライトさせてみると、ぶつかる心配が少ないせいか墜落なしで素直に飛ばせる♪ (^^)
あと、かなりホバリング仕様のようで、上昇+右旋回を使ってようやく前進するくらいのデフォルト設定。 (^^;;;
あとで前進仕様にしてみなくては。 (^^ヾ

機体が回転してしまっても △キャノピーの同型のリアル3よりも止められるし、これで前進仕様にすればかなり楽しめそうだ★ (^^)
リアル3は堅いキャノピーで かなり前に長い形状で重心が前後にばらけてしまうので 機体の回転制御が難しかった気がするが、コンバットフォースは軽いキャノピーなのでそのあたりの制御はしやすいみたい。


ドラゴンフライminiと同じくらい楽しい機体になるかも★と期待しているのだが。 (^^ヾ

<追記>
フル充電でもう1度飛ばしてみたのだが、多少おもりを付けてもそれほど前進しなかったので、結構重いものじゃないとダメかもしれない。
バッテリーの持ちはそれほど長くないので、やっぱりドラゴンフライminiが一番イイかな。 (^^)
ドラminiは 今のところ(直っているけど)故障率100%だが... ( ̄∇ ̄;)

【2008/04/25 13:08 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドラゴンフライmini 16フライト目 / リアルベイビーIII 39フライト目
★ ドラゴンフライmini 16フライト目

何フライトか前(半月くらい前の話だが...)に物にぶつかって横向きでピータイル上に墜落したときがあって、そのときからクルクル回り出すときと それなりに飛ばせるときとあって、壊れちゃったかな?と思って 最近あまり飛ばしていなかったドラmini。 (^^ヾ
モーターか配線なのかな~ と思っていたのだが、見た目には問題がないテールローターをふと替えてみることに。
交換前のテールローター

交換前


見た目には、割れ・欠けは無いし、モーターの軸にもきつく入っていて 滑っている感じもない。

交換後:どの機種の物か忘れたが、新品に交換 (^^;;;

交換後


(≧∇≦)ノ
久しぶりに ドラminiのイイ感じのフライトができた★ (^^)
リアル2が飛ぶようにならないかといろいろやったときも感じたが、テールローターは 見た目にはわからないような違いでも、かなりパワーに影響があるようだ。

これでまた楽しめるかな♪ (^^)

あと ドラminiが充電できなくなってバラして 戻したときに、適当にキャノピーを合わせただけで飛ばしていて、気がついたらキャノピー内側 前方に入っていた棒がどこかに落ちて無くなっていて、現在はキャノピーがプラプラの状態で付いているだけ。 (^^;
そういうこともあってテールローターの疑い度が低かったというのもあるが、とりあえずキャノピーぶらぶらで 充電コネクタ挿すとか 電源on/offとか触りにくい...


★ リアルベイビーIII 39フライト目

こちらも少し広めの場所に連れ出してきて、すでに39フライト目。
少しバッテリーがへたってきた感はあるが、まだまだいけそうだ。 (^^)
ようやく それなりに制御できるかな...という感じ。 ( ̄∇ ̄;)
おもりとセロテープで少し制御しやすくはなったのだが、30秒くらいバッテリーの持ちが短くなったような変わらないような? (^^;;;
少し安定して長く飛ばせるようになった/少し重くなったので、電池の消費量が増えて短くなっているのかもしれない。

あと、リアル3にはコントローラー用電池にオキシライドを使ってみたが、39フライト目で1.367v。まだまだいけそうだ。 (^^)

オキシライド


ハニビとかでの経験上、充電時間や電池残量によってかわると思うが 1.2v台では 1回充電で0.01vくらい下がるので、1.37vもあれば まだかなりいけると思われる。
ハニビやホーネットだと1.15~1.18vくらいが電池終了の目安かな。
【2008/04/10 12:11 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
リアルベイビーIII FJ-708A 36フライト目 ~機体回転抑止効果を試す
★ もう少し機体の回転が押さえれないか試してみる

機体が回り出すと止めるのが大変なので、もう少しマイルドな感じになるように調整したい。

ということで、しっぽにセロハンテープを貼って、機体の回転を押さえることができないか試してみる。 (^^ヾ
やっつけ仕事で、きたないテープの貼り方だが... ( ̄∇ ̄;)

1つ目:ハニビのような背びれを付けてみる
テープは左右2枚貼り合わせ

ハニビのような背びれ


意外とセロテープは重いのか、かなりまったり風味。 (^^;
しかし効果はありそうなので、もう少し場所と大きさを変えてみる。


2つ目:しっぽの縦の部分(後ろの方)に貼ってみる
機体回転抑止効果が大きくなると思われる なるべく後方に貼ってみる。
テープは2枚貼り合わせ。

しっぽ後ろ2つ折り


これもかなりまったり風味。 (^^;
たぶん前方に移すと機動性が増すかな?ということで、


3つ目:しっぽの縦の部分(真ん中のあたり)
テープ2枚貼り合わせ。

しっぽ2つ折り


少しよくなったけど、もう少し機動性が欲しい。 (^^ヾ



上記の3つはいずれも前進速度にも影響しているようなので、
4つめ:3つ目と同じ位置で、テープを片面にしてみる

しっぽ片面


結構よくなった。 (^^)
もう少し位置を前方にずらしてもいいような気がするし、大きさもいろいろ変えてみてもおもしろいと思うが、リアル3に関しては今週はここまで。 (^^ヾ
【2008/04/04 12:33 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
リアルベイビーIII FJ-708A 33フライト目 ~おもり調整のつづき
★ ジャンパを機首側にずらしてみる

先週のつづき。 (^^ヾ

ジャンパを 電源のon/off表示のあたりから機首側へ移動させてみる。

ジャンパ機首


【参考】先週の↓

ジャンパ


よりも 少しだけ前進仕様になっているせいか 機首の制御がうまくできるようだ。 (^^)

フライト時間も4分台くらいで、バッテリーがヘタレて来ていると思われる最近の状況とそれほど変わらない。

しばらくこれで飛ばしてみる。 (^^ヾ
【2008/04/01 12:30 】
| ラジ★ヘリ~中国直輸入機 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。