スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
京商EGG EXSPEED マスタングGT ~ステアリング切れ角を大きくしてみる
EXSPEEDは ギガテンとは逆に、ステアリングの切れ角が小さすぎて 大きめの部屋を1周するくらいの切れ角しかない。 (^^;;

それなのにスピードもそれほど出ないし、操作のタイムラグが非常に大きくなる時があって扱いにくい。。。


ので、ステアリング切れ角を大きくできないか、調整してみる。 (^^ヾ



ボディとタイヤの干渉もあるかもしれないので、それほど切れ角を大きくできないかもしれないが、とりあえず開ける。

開け方


EXSPEEDは、シャーシ裏のネジ4本でカンタンに開けられる。 (^^)



オープン♪

電飾の配線に気をつけて

電飾の配線が ボディ側に伸びているので、気をつけながら開ける。 (^^ヾ

ぐるぐる巻きのアンテナは、ボディの天井部分に通すところがあるので、戻すときにここに通しておかないと 受信感度に影響すると思われる。



で、前タイヤ付近の可動部を見てみると。。。

下に出っぱっている部分が切れ角制限


タイロッドのボディ付近で 下に出っぱった■でステアリングの切れ角を抑えているようなので、これを適当に削ればよさそう? (゜◇゜)



でも手元には ○アタマのリューターしかない。

でもヤスリでゴリゴリ削るのは面倒なので、多少凸凹になるかもしれないが ○リューターで一気に削る。 (^^;;;

その部分を適当に削り


一応、ヤマの上側を半分にする気合いで削ってみた。

。。。ちょっと削りすぎたり、ちょっと台形になったりしたけど。。。 (^◇^;
動作的には問題ない。


動かしてみると、手動では結構切れるがバネが固い。 ∑(゜◇゜)


コントローラーでステアリングを切ると、

バネが固くてモーターパワー無いかな?


こんな感じ。

バネが固くてモーターがそこまでのパワーがないのか、手で切るよりも切れてない。


あとは、バネの固さを調整して。。。 というのは面倒なのでここで終了。 (^^;


一応、ちょっとだけ切れるようになった気がする。 (^^ヾ




その後 気がついたことだが、

本体のアルカリ電池が1.2v台だったので、新品電池なら削った分だけ切れるかも。 (^^;;;



箱にしまうときに気がついたので、確認はまた後日。。。 (^^ヾ
スポンサーサイト
【2011/05/27 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(2) | トラックバック(0) |
タカラトミー Qトレイン QT02 雷鳥 ~動かなくなったので 修理してみる。 が。 (^^;;;
私の中の”修理ブーム (^^; ”に乗って、以前 久しぶりに箱から出して動かそうとしたら動かなくなってて、そのままになってたQトレインを修理してみる。 (^^ヾ


まず電池の電圧を計ってみる。

 ・ 本体電池LR44 3コとも 新品同様
 ・ コントローラー電池 単4 2本とも 1.4v程度で、まぁ問題なし? (゜◇゜)


電圧は問題なさそうなので、極性は。。。 間違わないよね~・・・ (^^;


 電源スイッチの ON/OFF方向も、記載が見にくいけどあってるし。


  赤外線バンド切替も、本体・コントローラーともあっているようだ。 (゜◇゜)



なんか本体が小さくて バラすのが面倒そうだけど、やるしかないのか?? (^^;;



というところで、ふと コントローラー側の単4電池を 1.5v以上のものに交換してみた。 (゜◇゜)



 おおおおお~っ!!! 動いた~!!! (≧∇≦)ノ



どうやら修理とかそんなレベルじゃなくて、単に 電池残量の問題だったみたい。 (^^;;;;


今までのおもちゃの経験上、1.4v以上のアルカリだったら 動作確認くらいは全然出来るレベルだと思い込んでたのですが、Qトレインは電圧にシビアだったみたいですね~ (^^ヾ



これにて、

Qトレイン修理


無事 ×修理 → ◎動作確認完了です☆ (^^ヾ

【2011/05/18 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
タカラトミー ギガテンバギー GX-04B ~ステアリングの切れ角を調整してみる (^^ヾ
ギガテンは アクセルはプロポーショナルだが、ステアリングはゼロイチ制御で 切れるか切れないかしかない。 (^^;


で、標準のステアリング切れ角は 私には大きすぎて、グリップ路面でステアリングを切ると すぐにひっくり返ってしまう。 (^^;;;

RCカーをやっている人なら アクセル調整とステアリングの細かい0/1操作で 全く問題ないのだろうが、私には難しい。。。 ( ̄∇ ̄;)


そんな初心者の私のために バレルロールバー(?) が付いているのだろうが、カッコ悪そうなので 付けてない。 (^^;



そこで、やっつけステアリング切れ角調整を考える。 (^^ヾ



ギガテン ノーマルの切れ角は、

ノーマル切れ角


いっぱいいっぱい切れている感じ。

これの可動範囲を調整するとしたら、切ったときにボディから左右にはみ出している(たぶんステアリング駆動モーターのギアと接している)パーツの可動範囲を抑える かな? (゜◇゜)



ステアリングは0/1制御なので、たぶんモーターのパワーはそれほどでもないので ガッチリ動作範囲を制限するようなパーツを使わなくても 切れ角調整できるはず。。。


ということで!!


舵角調整装置装着


ステアリング切れ角調整装置を装着!! (≧∇≦)ノ


調整装置というか。。。

いつもやっているような感じで、クリップを伸ばした針金パーツを コの字型に曲げて、フロントカウルを固定する両面テープの下に入れただけです。 (^^;;;


指でタイヤを動かすと調整装置がグラグラ動くので 切れ角調整できなそうだけど、

調整後切れ角


コントローラーで操作すると、予想どおりモーターのパワーがそれほどでもないので、十分切れ角調整できているっぽい☆ (^^)

ただ、走っている最中、負荷がかかるともうちょっと切れちゃうんだろうけど。 (^^;



切れ角調整装置は針金なので 微調整できるし、一応この調整後は ステアリングを切ってひっくり返ることがほとんど無くなったし、効果はあったんじゃないかと思います♪ (^^ヾ
【2011/05/17 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
タイヨー ラジカン・プレミアム・ミニ トヨタ AE86 スプリンター トレノ 開封
ギガテンの送料を無料にするために買った、タイヨーの ラジカン というRCカー。 (^^;

ラジカントレノ


缶に入っているから、

缶入り


ラジカンなのか。 (゜◇゜)



最初開け方がわからなくて、”プルタブを引っ張って開けるのか? (^^;;;” とか思ったが、

開封


そのまま上部を引っ張れば 抜ける構造になってた。 (^^ヾ



コントローラーが、充電器と ディスプレイ台も兼用した構造になってます。

コントローラー充電器ディスプレイ


もちろん アノ国製ですが、こんな爆安価格でも赤外線ではなく 無線コントロールなので、ちゃんとRCです。 (^^)

49MHZ.jpg


49MHzって今まで聞いたこと無い周波数ですけど、ラジコン用に使えるんですね~



ラジカン トレノ前から

前から


後ろから

後ろから


充電してしばらく放っておいてから走らせようとしたら、全く動かない。 ∑(゜◇゜;)

不良品か?? と思ったが、充電後すぐじゃないと 時間とともに受信機が電池を食ってしまって遊べなくなるみたい。 (^^;


再度 充電して走らせてみたが、走りは普通。。。 というか ノーマルモードのQステアのような感じ。



1点 気になるのは、充電して 走らせるときに

高周波まで行かないようなジュルジュル音が本体から聞こえること。 (^◇^;


車両本体の受信機が動作する音なんだろうけど、気になる。。。 (^^;;;
【2011/05/15 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
タカラトミー ギガテンバギー GX-04B ~購入 & 組み立て (^^ヾ
とりあえず、メモできて無い分を時系列で書き出し始めてみる。 (^^;


まぁ、いつもどおり、なんとなく

箱


”ギガテンバギー GX-04B パープル” 購入。 (^^;;


 → タカラトミーのギガテンのページ


なぜパープル色かというと。。。

  パープル色が一番安かったから。 (^^;;;



ギガテンは発売前から買おうかな~と思っていたが 買わずに来て、ほとぼりが冷めた(?)今頃になって買ってみる。 (^^;



セット内容は、こんな感じ。

セット内容


”完成品じゃないので 組み立てる必要がある”と聞いていたので、ドリパケライト程度のものを想像していたが、実際には シャーシは組み上がっているし、タイヤ履いて ウィングを両面テープで貼るだけの 超カンタン組み立てだった。 (^^;;;



バギーってよくわかんないけど、タイヤをツライチで履かせると

タイヤサイズ


内側にホイールがあまるんだけど、こんなもんなのかな? (゜◇゜)

もっとタイヤを左右に引っ張って伸ばして履かせるのかも。 (^^;;;



充電は、専用充電器が付いていて、

e-sky電池


あまってた E-SKYのパワー無し電池(電圧はある)を入れてみる。 (^^ヾ



箱写真とは向きが違うかもしれないが、自分の好きなようにシールを貼る。

シールを貼る


コントローラーは 2.4Gで、アタマがつるっっとしている。 (゜◇゜)


シールを見て気がついたが、

ヨコモだったんだ


ギガテンも ドリパケライトと同じく、ヨコモが関係してたんですね? ∑(゜◇゜)





最後に、リアウィングと 前カウル用マジックテープを貼って、充電。

リアウィングを付けて充電


”こんなテープ固定だけで、ぶつかったり ひっくり返ったときに取れたりしないのかな?”と思ったが、今のところ問題ないみたい。 (^^ヾ



ちょっと走らせてみたけど、部屋の中では速い! & 急旋回! (^^;;;

22km/hのスピードが出るらしいが、部屋の中では難しいかも。
あと、アクロバティックな動きも、私にはまだちょっと小ジャンプ程度で。。。 (^^;


ステアリングはいつものON/OFF制御のようですが、アクセルはプロポーショナルでスムーズに加減速ができます♪

プロポーショナルなRC車って初めてだったので、なんか新鮮☆ (^^)
【2011/05/13 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
久しぶりにドリパケライト(D1 レビン)を出してみる
ちょっとだけ実家に戻ったので、親せきの子と遊ぶために 久しぶりにドリパケライトを出してみる。


もう、すっかり忘れていたが、

D1レビンリポ


リポ / 単4 デュアル電源仕様になっていたっぽい。 ∑(゜◇゜)


FDの方をデュアル電源化した記憶はあったが、D1レビンの方もリポ対応してあったのか。 (^^ヾ
まぁ、今回はリポは持ってきてないので、ちょっとパワー感がないけど単4で走らせる。


それだけ。 (^^;
【2011/02/24 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
京商EGG EXSPEED マスタングGT ~走らせた印象とか ドリフトさせようとしている動画とか。。。
9月連休ネタの続き。 (^^;


★ Exspeedでドリフトしてみる♪ (≧∇≦)ノ

私はグリップして正確にコースを走らせる 一般的なRCカーには興味ないので、EXSPEEDも コピーにある”ドリフトもできる”ところに期待して購入☆ (^^)


とりあえずじゅうたん上で グリップタイヤで走行。
 → 普通に走る (^^;

車のサイズが大きいからか 曲がりにくい印象だけど、もともと外で走らせるのがメインの車だろうし、こんなものなのかな?
よくわからんけど。



早速、期待のドリフトタイヤに交換して フローリング上で走行♪ (≧∇≦)ノ
 → ドリフトっていうのか... 後が振るだけ?




 ※※ 重要 ※※

 RCカー(おもちゃも含めて)初心者の印象です。 (^^;




フローリング上で前進させて そこからドリフトに。。。と思っても、少しでも前進させると曲がらない。 (^^;

ドリパケライトのように 停止状態からステアリングを切ってアクセルONでドリフト開始して定常円を大きく。。。と思っても そんなにパワーがある感じでもなく。 (^^;;

決定的なのが、離散的にアクセルとカウンターを制御して ドリフトさせようと思ったが、操作に対する車の反応が CAUL並に遅くなるときが結構あって、細かく制御するのはムリっぽい。 (^^;;;




う~ん。。。
反応が遅いのはどうにもならないとして、ステアリングの切れ角とか モーター出力とかの調整/改造しないとダメなのかな~。。。 ( ̄∇ ̄;)

EXSPEEDの巧みな動画でもアップされていれば、それに近づけるように練習するんだけど この時点で動画もアップされてないので、EXSPEEDをどの程度走らせることができるのかも分からない。 (--;



とりあえず、前だけグリップタイヤに戻してみる。
 → もともと硬いタイヤなのであまり変化はない (^^;

前後スリックタイヤの時よりは 曲がりやすくなった気がするが。。。



前後ともグリップタイヤに戻して、フローリング初走行
 → そんなに違わない (^^;;


もしかして、そもそもフローリングでドリフトさせてはいけないのかな?
アスファルト上でドリフトさせるとか。

でもそんなパワー出てないしな~・・・




★ Exspeedをドリフトさせようとしてみる動画 (^^ヾ

という流れで。
前後ともグリップタイヤのノーマル仕様で、EXSPEEDドリフト挑戦動画。 (^^ヾ



動画の最初は、少し前進させてからドリフトに入ろうとしてステアリングを切ってみるが、曲がらずに 走行領域の端まで行ってしまって停止の繰り返し。

次に、停止状態からドリフト開始して 定常円(らしき動き)を大きくする方向で試してみるが、クルクル状態から抜け出せない。





動画アップロード先の”京商EGG EXSPEED マスタングGT ~ドリフトさせようとしている動画 (^^;”の大きい動画はこちら


一瞬だけ ”その方向で”と思った時もあったんだけど、クルクル状態から抜け出せませんね~ (^^ヾ



EXSPEED購入前の期待値としてはかなり高く、ドリパケライトのように走ってくれると楽しいな♪ と思っていたのですが、私のウデではそこまで楽しめそうにないです。。。 ><;


走行場所と、改造が必須なのかな~?

いや、そもそも、RCカーの後輪駆動で、どの程度ドリフトできるものなのかも知らないし。 (^^;;;
RCカーのFRはスパッっと滑ってしまって難しそうだけど、そうなると路面調整も必要なのかな~ もっとパワーが必要な気もするし。。。 う~ん。。。




というところで、元箱に収納となりました。 (^^;;;


親戚の子はまだ小さくて 車を何かにぶつけたりするのが楽しいお年頃なので、もうしばらく封印しておいてからプレゼントかな♪ (^^;
Exspeedは、ドリパケライトとか1000円くらいで売ってるおもちゃRCカーよりサイズが大きいので、ぶつけたらすぐに割れそうだし。。。
【2010/10/14 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
京商EGG EXSPEED マスタングGT ~その他の写真とか
ドリパケライトと比較。 (^^)

ドリパケライトと比較


1/16なのでかなりでかいです。 (^^;


でも思ったよりも大きくないので、部屋の中でも許容範囲かな。
ドリフトできれば。。。 ( ̄∇ ̄;)

あと、ドリパケライトと違うのは、EXSPEEDのアンテナは外に出てないことかな。


そういえば書いてなかった気がするが、EXSPEEDは完成品なので、箱出しでこの状態。 (^^)



本体裏。

裏


ドリパケは4WDだったけど、EXSPEEDは リア駆動。
その他、いろいろとNIKKOっぽい気がしてきました。 (^^;



本体の電池は、単3が4本。

単3-4本


とりあえずエネループを入れておく。



コントローラーは、on/off制御の2ch。

コントローラー


アンテナは針金のような ぽよんぽよんなものが付いている。 (^^;
あと周波数は40MHz帯らしい。

”KYOSHO EGG”の印字が”KYOSHO 666”に見えてきた。 (^^;;



コントローラーの電池は、9v。

コントローラーは9v



ドリフトタイヤとグリップタイヤ。

ドリフトタイヤとグリップタイヤ


ドリフトタイヤは ドリパケライトと同じような感じだが、グリップタイヤの方も かなり硬いので(材質は一緒かも)、トレッドパターン以外にグリップしそうな感じはない。



こんな感じで、ホイールカバーのようなホイールごと外して タイヤ交換できる。

タイヤ交換


つづく~。。。  のか? (^^;
【2010/10/06 11:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
京商EGG EXSPEED RACING フォード マスタングGT ポリスカー ~一応買ってみた (^^;
連休積みメモシリーズ第2弾。 (^^ヾ


箱


ドリパケのお値段(3k)で、1/16スケールのドリフトもできるRCカーということで、主にお値段にひかれて買ってみた。 (^^ヾ

京商EGG 1/16スケール フォード マスタングGT ポリスカー
 → 京商のページ


日本のメーカーだし、それなりに走るものなんだろうと。。。 ( ̄∇ ̄;)

 ↑ と、信じてみたが、結論を先に書くと 私のウデでは楽しめそうにない。 (^^;;;



箱横

箱横


NIKKOとの共同開発らしい。。。

実家に転がっているNIKKO製爆安RCカーは、すぐにギア欠けして壊れたのを 超やっつけ補修しているが、あまりよい印象はない。
この時点で、暗雲が。。。 ( ̄∇ ̄;)



あと箱には、ドリフトタイヤが付属して タイヤ交換でドリフト走行ができる旨の記載。。。 (゜◇゜)

箱ドリフトタイヤ


セットの内容は、こんな感じ。

セット



ま、この時は期待を胸に、車体写真♪ (≧∇≦)ノ

斜め前


大きいこともあるかもしれないが、見た目的には同じお値段のドリパケライトより パーツ点数が多く見える。 (^^ヾ

。。。お値段が同じなのに 見た目がってことは、まさか走りが。。。 ( ̄∇ ̄;)



購入前に”どうなのかな~?”と思っていたホイールは、
Amazonの写真

amazonフォト



京商の写真

京商フォト



本家ページの仕様みたい。 (^^)



前から

前



横から

横



後ろから

後ろ


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2010/10/04 11:55 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
初☆2輪RC♪ タカラトミー Majesty C<ブラック> ~初走行 と 初動画♪ (^^)
とりあえず 充電して、初走行!! (≧∇≦)ノ

倒れずにちゃんと2輪で走るのかな~ (^^;;



電源を入れると 重い感じの結構大きい音がして ゆっくり回転数が上がっていく。
やっぱり中で 機械式のジャイロ(というほど立派なものではないと思うが)でも動作しているのかな? (^^;


その後 一定回転(一定速度で前進)になるので、床において 実走開始♪ (≧∇≦)ノ


おお~~~~!! ちゃんと2輪で走ってる!!!! ΣΣΣ(゜◇゜)

左右回転時は バンクもしてるし♪ (*^^*)




操作はカンタンで、RCヘリのようにバランスを取ってとか 操作時のクセとか何も考えず、ハンドルを切って障害物をよけるだけ☆
さすがの完成度のおもちゃ。 (^^)

フローリングのつなぎ目にタイヤを取られるとき(?)とか、電池がなくなってくると転んじゃうこともあるけど、全然安心して走行できる。
タイヤにゴミが付いたり フローリング上にゴミとかビーズとかが落ちていると 滑って転んじゃうので注意かな。 (^^;

あと、毛足が短ければじゅうたんとかでもOK。
 ※ ちょっとふらつくけど



で、初動画を撮ってみました♪ (^^ヾ

いつもどおり、私の技術レベルに合わせ ちゃんとしたパイロンなしのフリー走行動画 3本立て。 (^^;

1本目 : フリー走行 → フローリングにタイヤを取られ(?)転倒
2本目 : フリー走行 → プラレールに突撃するも復活 → ビンに接触転倒
3本目 : 電池がなくなって だんだん遅くなって停止(終了)







動画アップロード先の”初☆2輪RC♪ タカラトミー Majesty C ~初走行動画♪ (≧∇≦)ノ”の大きい動画はこちら



自然にバンクするので 見た目はカッコイイですね♪ (^^)

思い通りに左右回転 直進できるし。


リポなのに 停止するまで遊んでいいのか?とも思うが、きっと オートカットが働いていると信じて。。。 (^^;
停止直前にハンドル操作が効かなくなるので、最後数秒はカットオフされて惰性で走っている感じなんだけど。


停止時は いつもは倒れちゃうんだけど、この動画撮影時は 偶然スタンドが引っかかってかなり角度が付いた状態だけど倒れずに停止。


3才半の子のウケは普通(車と同じレベル)だったけど、1才半の子のウケは 非常によかったです。 (^^;;
 ※ 私が操作しているのを見せただけの比較で

なにがそんなによかったのか。。。 (^◇^;
【2010/05/05 10:48 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
初☆2輪RC♪ タカラトミー Majesty C<ブラック>
2輪でバランスを取って走るのがすごいな~ と以前から思ってはいたが、安いものでも3k以上していたので そこまで興味もなく買わずにいたが、Amazonで2kを切ってたので思わず購入。 (^^ヾ

今見たらAmazon扱いじゃないけど、1k近くで売ってるが。。。 (^^;


いつの時代のものか、2輪じゃない(前後輪で自立しない)”2輪デザインのおもちゃ”はどこかで見たことある気がするが、これはジャイロでバランス取って走る。。。っぽい。 Σ(゜◇゜)
RCのようなジャイロチップが付いているんじゃなくて 簡単な機械式だと思うけど。

箱


タカラトミー製 iRC BIKE YAMAHA Majesty C ♪ (≧∇≦)ノ

操作は左右だけなので、1ch? (^^;;


YAMAHAの本物はこれかな? (゜◇゜)
よく知らないけど大きいスクーターのようですね。 (^^ヾ

タカラトミーサイト内で検索したけど出てこないということは。。。 生産終了商品? (^^;



以前、リンクさせていただいているMACさんのところでも 2輪RCの話題があったような記憶があるので、検索~ (^^ヾ
 → こちらでした


メーカーは同じタカラトミーで、スクーター形状は変わらないんだけど、Hondaのバイクらしい。 (^^;
微妙~に車種が違うものを出してたのかな? (^^;;;



では、写真の続き。

箱ウラ

箱ウラ


封入物チェック

封入物


本体・コントローラ・パイロン


本体☆

本体


小さいけど、意外と重さがありますよ? (゜◇゜)


ハニビ3chと比較

ハニビと比較


ハニビのブレードよりも一回り小さいくらいの全長ですね。


動いてない時は 2輪では倒れてしまうので、スタンド付き。

保管時はスタンド


コントローラーは、棒形状で左右操作と電源SWのみ。

コントローラーは左右電源のみ


本体の充電は、右のコネクタに付けて行う。


コントロールは赤外線式。

コントローラセンサ部


電池は単3 4本仕様。

単3-4本


で、本体は リポ(と思われる)。

リポ仕様


7分充電2分走行だから、使用後すぐに充電したくなるが 少し時間を空けた方がよさそう。 (^^ヾ



つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2010/05/04 16:23 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~なんちゃってローダウンしてみる (^^ヾ
★ ちょっとだけローダウン

検索ワードで たまに”ローダウン”が入っているので、こういう見た目の調整は あまりやる気はなかったのだが、私も試しにやってみる☆ (^^ヾ


現在手元にあるドリパケライトはRX-7だけなので、RX-7で実施。

まず、ノーマルの車高を確認。

ノーマル車高

こんな感じ。

ノーマルから 下げるマージンが少ないが、ちょっとだけ...”なんちゃってローダウン”してみる。 (^^;

今まで見た目は気にしてこなかったが、真横からの写真を見ると たしかにローダウンしたくなる感じがしないわけでもない。 (^^;;;


作業は、ボディのシャーシ固定箇所を 車高が低くなるようにゴリゴリ削ったりして、かなりやっつけ気味に作業。 (^^;;;

後ろは削るだけでOKだったが、前は適当に削っていたら 削りたい方の反対側までリューターで削ってしまったし、シャーシを少し持ち上げた方が低くボディが固定されるのでシャーシ側 固定部を厚くしておく。


かなりやっつけなローダウン作業後、一応 これくらいになった♪ (^^)

なんちゃってローダウン後

写真の角度が微妙に違うが、それなりにローダウン感は出ているかな? (^^;

実際下がったのは1.5mmくらいかな~ 感覚的には2mm弱。
ちゃんと測らずにやったので、写真だけで。。。


ん! アニメーションgifを作ってみるか♪ (^^;

比較

写真の角度が違うけど、ちょっとわかりやすくなったかも。 (^^)

後ろも同じくらい落としているハズなんだが、写真の角度が違うせいか 前の方の落ち方がわかりやすいかな。


ただ、今回(も)やっつけ作業なので、何も考えずボディを付けただけでは フロントスポイラーを すってしまうこともある。 (^◇^;

<追記 >
走行特性は 全然変わったようには感じないですね。 (^^ヾ
【2009/03/18 12:16 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~トルクチューンモーター壊れた
さて、年末年始も終わり、いつもの生活に戻るにも時間がかかりそうなので、今週は年末年始にメモできなかったところを付けていくかな。 (^^;;;

★ ドライブモーター2個目 突然停止 (^^;

何かドライブモーターが回ったり 回らなかったり。。。と思っていたら、突然 全く動かなくなった。 (^^;

交換
 ※ 左:新品モーター 右:回らなくなったモーター

モーターを外して 手で回してみると、ブラシ(細い金属板)が引っかかるような パキパキした音が聞こえる。 (^^;;;

間違いなく 寿命ですね~
基板にムリさせすぎたか? とも考えたのだが、モーターでよかった。 (^^ヾ


予備のトルクチューンモーターに交換して、補修完了☆

この壊れたトルクチューンモーターは、レビンに使っていたのを 途中からRX-7に移植したので、どれくらいの時間 使ったのかは分からない。
2~3ヶ月、ほとんどドリパケライトを走らせていない時期もあったので、長くもなく短くもなく。。。だと思う。 (^^ヾ
【2009/01/06 19:11 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケライト ~RX-7:フローリング上でのパフォーマンス比較動画 (^^ヾ
★ フローリング上での走り:RX-7

フローリング動画は、RX-7の走りを見たくて撮ったので、こっちは2本立てで。 (^^ヾ
トルクチューンモーター+リポで フローリングでは扱いにくいかも。。。

コースを走らせるウデもないので、いつものフリー走行で。 (^^ヾ





かなりパワーがあるので、3mくらいのスペースだとすぐに端まで走ってしまって、もう少し広い場所で走らせたい。。。 (^^;;;

現在、リアタイヤは 樹脂タイヤよりも少しグリップするように セロテープを巻いているが、トルクチューンモーター+リポでは もうちょっとグリップした方が 走りやすいかも。 (^^;


参考動画として、以前同じ場所で撮った ノーマルRX-7(リアタイヤセロテープ巻きだけ)の動画。 (^^ヾ

※※ gooClipLifeサービス終了とともに動画は削除されました ※※


こっちの方が普通に走れている気がする。 (^^)

トルクチューンモーターに換装すると、フローリングでは 氷上を走っているような感じになるので、やはりもう少しタイヤのグリップを出した方がいいかな。 (^^;

会社のピータイル上だと 少しグリップしてイイ感じなんだが、1.5mのスクエアしか走行スペースが取れないので、コンマ秒で 物にぶつかってしまうのが難点。 (^^;;;
【2009/01/05 18:57 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケライト ~D1レビン:フローリング上でのパフォーマンス比較 (^^ヾ
ちびちゃん達が 静かになったスキを突いてメモ。 (^◇^;

★ フローリング上での走り:D1レビン

D1レビンは、すべて純正状態。

フローリング床面の広さは 3×3.5m(幅×奥行き)くらいのスペースを確保して、走行。



 ※ 動画投稿先の”ドリパケライト ~D1レビン(ノーマル):フローリング上”の大きい動画はこちら

最後、止まらなかった。 (^^;;;

ま、ノーマルなので、普通のドリパケライトの走り。 (^^)

でも、一応 直したステアリングの動きだが、まだちょっと"?"な部分もあったりして、なじんでいない。 (^^;
【2009/01/04 13:19 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケライト ~じゅうたん上でのパフォーマンス比較 (^^ヾ
★ ドリパケライトのじゅうたん上での走り

レビンD1:
直線はレビンに負けたが、ステアリングを切ってもパワーダウンしないので、そこそこ走れる。 (^^)


ノーマルレビン:
ステアリングモーターが壊れて、純正ドライブモーターに交換したので、ステアリングを切ると電流が足りず 一気にパワーダウンするので、直線では速かったが 走行させるとイマイチ。 (^^;

あと、リポ化時に ステアリングモーターに電流が流れすぎたらしく、基盤が焼けていて左にしか曲がれない。 (^◇^;


RX-7:
それなりにケツも振ってくれるし、パワー感があるが 狭いじゅうたん上(1.5m×2.5m)では、動きが速すぎて制御がムズかしい。 (^^;;;


では、比較動画3本立て。
最初:D1レビン 次:ノーマルレビン 最後:RX-7



 ※ 動画投稿先の大きい動画はこちら

初めてじゅうたん走行をしたが。。。
ま、じゅうたんだと あまり楽しくないかも。 (^^;;;


パイル地のじゅうたんであれば、もう少しナチュラルに滑りそうな気もするが。
【2009/01/03 19:55 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケライト D1レビン vs レビン vs RX-7 ~0-2.5(m)比較 @ じゅうたん (^^;
★ D1レビン vs ノーマルレビン(電源系太線化)

まず、D1レビン(ノーマル)と ノーマルレビン(電源系太線化/ステアリングモーターをドライブモーターに交換)の比較。 (^^ヾ

路面は”じゅうたん”で、

じゅうたんの毛足
 ※写真にはD1レビンが写っていないが。。。 (^^;

パイルではないが、毛足が短いので まっすぐにはそこそこ走ることができる。 (^^)
曲けようとすると、あまりドリフトはできないし、毛が引っかかって急にテールの滑りが止まったりして扱いにくい。 (^^ヾ

じゅうたん幅が2.5mくらいしか取れないので、0-2.5m(弱)での対決(比較)。 (^^ヾ

操作は、2台とも同バンドにして 1つのコントローラーで 前進あるのみ。 (^^;

ある程度条件を同じにするために、ノーマルレビンのタイヤも 樹脂プラタイヤ そのままのもの(テープ巻き無し)に交換して、対決開始♪ (≧∇≦)ノ



 ※ 動画投稿先の大きい動画はこちら

え~と。。。
動画のエンコードは いつもやっているが、編集はほとんどやったことがないので、ブツ切り動画をつなぎ合わせただけ×3。 (^◇^;
字幕を入れるとか、そういう凝った技は 使ったことがないので。。。 (^^ヾ

とりあえず3回 撮ったが、すこしだけノーマルレビンの方が速い。
モーターやギアの動作音も ノーマルレビンの方がしっかり回っている音が出ている。
電源配線強化効果? (^^;

動画の最後に 左に曲がるのは、ブレーキをかけているからだと思われる。 (^^ヾ


電源線強化の効果が出ているのか、ミニ4駆では お亡くなりになる直前のモーターが高回転になるとのことらしいので 使い古したモーターを積んだ ノーマルレビンの方が速くなっているのかもしれない。 (^^ヾ

でもノーマルレビンは、ステアリングモーターにドライブ用のモーターを使用しているため、ステアリングを切ると一気に電流不足でパワーダウンするのでパフォーマンスは悪い。 (^^;

まぁ、D1もノーマルも 直線では予想通り ほとんど差がない。 (^^ヾ


★ ノーマルレビン(電源系太線化) vs RX-7(リポ仕様化/トルクチューンモーター)

次に 前からやってみたかった、ノーマルレビン(電源系太線化/ステアリングモーターをドライブモーターに交換)とRX-7(リポ仕様化/トルクチューンモーター)の比較。 (^^ヾ

今回も条件を整えるため、タイヤはノーマルスリックタイヤで。 (^^ヾ
でもRX-7の方はパワーがありすぎて 空回りしそうで、うまく比較できるかな。。。 (^^;



 ※ 動画投稿先の大きい動画はこちら

2回分つなぎ合わせたが、予想通り リポRX-7の方が速かった。 (^^)

でもなんとなくRX-7の方は、パワーが空回りしている感じ。 (^^;


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2009/01/03 18:44 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(2) | トラックバック(0) |
ドリパケライト AE86 レビン - D1 ~テスト走行とかで気がついたこと。 今回のハズレとか (^◇^;
★ 気になったこと1 : モーターが回らない。 ( ̄∇ ̄;)

ステアリングも ドライブモーターも 両方とも動かないので、これは 返品か??? と、最初 かなり確信に近いくらいに思った。 (^^;;;


最初に、コントローラーが壊れている可能性もあったので、レビンやRX-7のコントローラーで試したが動く気配なし。


チャンネルを A・B・C と試したが、これも動く気配なし。


電池は 新品のアルカリ電池で どれも1.60v。
何回も入れ直してみたが、ダメ。

今までにも、右サイド上の電池を 何回か入れ直したりすると 動き出したことがあったので 何回かやって、その他の電池も試したが 動かず。


外側をいじっているだけではどうにもならない感じなので、もう返品か? と思ったが、バラしにかかる。 ( ̄∇ ̄;)

とりあえずステアリングモーターだけにして。。。
 → あれ? 動く。 ∑(゜◇゜)

じゃぁ、ステアリングモーターをドライブの方に付けたら?
 → 動く。

ん???
ドライブモーターとステアリングモーターを装着。

 → 両方動いた。 (^^;;;


そういえば、トルクチューンモーターに換えたときも、こんな症状があった気がする。
その時は ステアリングモーターは動いていて、交換したドライブモーターだけ動かなかったのだが、モーター投入のタイミングとかあるのかな? (^◇^;
そんなことはないと思うんだが。


★ 気になったこと2 : ステアリングがステップ動作 (^^;

ノーマル状態ではステアリングの動きが固くて、センター付近でも1段ずつステップ動作する感じで、バネの力では全然戻らないくらい固い。

そのため、走行してステアリングを切ったら、70%が ちょっとステアリングが切れた状態に、20%がステアリングを切った状態でロックするため、ドリフトが収まらない。 (^^;;;

ノーマルレビンでバックラッシュが浅くなって ギアが乗り上げた(と思われる)ときの固さとは違って、モーターを手で回したときのクリック感が より重くなって現れたような感触。

このD1レビンのステアリングまわりは、今まで買った3台の中でも 大ハズレだった。 (^^;;;

何とかしなくては。 (^^ヾ


最初、何かに引っかかっているのかと思って 可動部であたりそうなところを削ったりしたが全く変化なし。

そうなると、ステアリングモーターピニオンと タイロッドの ギアのかみ合わせかな?と思って、レビンのステアリングモーター(ドライブ用)にピニオンごと換えるとOK♪ (^^)

ピニオンかな?と思って、ピニオンだけ交換。
 → ダメ。


モーターの軸位置が 微妙に違うのかな~。。。


ギアがガチガチの雰囲気もあったので、ギアを(適当に)削ったがよくなったような変わらないような。。。 (^^;


そこで、バックラッシュをきつくする方向にしてみたが、よくなったり元に戻ったり。。。

ステアリングモーターピニオンバックラッシュ
 ※ 最終的にはもう少し厚めの紙にした。

結局、いろいろ交換したりして、モーター部分のカバーを、ツメがバカになった ノーマルレビンのを流用して、以前やった バックラッシュ調整用の紙をモーターの下に挟むとよさげなので、これで確定☆ (^^)

ただ、ノーマルレビンは どっちのモーター部分のカバーでもステアリング動作に変わりはないので、何が違うかよくわからない。 (^^ヾ


★ 気になったこと3 : ネガキャン角が小さい? のと、左右角度が違う ( ̄∇ ̄;)

しばらくテスト走行して、タイヤキズ(左Fタイヤ)を確認すると。

タイヤが全面にキズ

あれ? 今までは フロントは外履きにしても 内接地するくらいのネガキャンだったが、D1レビンでは タイヤ全体、主に外側にキズが付いている。 ∑(゜◇゜)


どうやら、キャンバー角が0方向に修正されているのか、ロットのバラツキか。。。
と思って、接地面を見てみると

タイヤがほぼ全面で接地

写真右(左Fタイヤ)は ほぼタイヤが面で接地。
写真左(右Fタイヤ)は、ちょっと外気味。。。 ( ̄∇ ̄;)

右Fタイヤキズは、見た目のキャンバー角どおり

右Fタイヤは 外寄りかな?

ちょっと外側に多いのだが、うまく写真撮れないな~ (^^ヾ


D1レビンでも 今まで同様の効果(走り)を期待して、両方とも外履きにしていた。
しかし、今までの車種だと外履きでも両方内接地になるはずで、RX-7だと

RX-7のは外履き内接地

こんな感じで、外履き 内接地。 (^^;
今のシャーシとかなりキャンバー角が変更になっている気がする。
こんなに違っても ロット差とか? (^^;;;


あと、D1レビンは 左右でキャンバー角が違う。 (^◇^;

F内履きに変更+キャンバー角左右違い

なんかテスト走行で、左右の曲がり方が違うと思ったらこういうところにあったのかも。 (^^ヾ

今回のD1レビンでは、外履きだと 外接地/全面接地になるので、上記写真を撮ったときは 内履き/内接地になるように、タイヤ方向を変更。

これでようやく D1レビンも 走れるようになってきたかな♪ (^^)

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2009/01/02 18:30 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(12) | トラックバック(0) |
ドリパケライト AE86 レビン - D1 ~完成 & 比較写真☆
★ D1レビンの 完成記念写真♪ (^^)

いろいろ問題はあるが、とりあえず 完成写真☆ (≧∇≦)ノ

完成☆

プロポは、紅白。

横から

横から

斜め後ろから

斜め後ろから

後ろから

後ろから

リアスポなしにしてみた。 (^^ヾ

逆サイド 横から

逆サイド

前から

前から


ノーマルレビンと比較していくと、

ノーマルレビンと

やっぱり、D1のレンズが。。。 ( ̄∇ ̄;)
コラっぽい。。。 (^◇^;

横比較

ノーマルレビンと横

後ろ比較

ノーマルレビンと後ろ

なんとなくD1レビンの車高が低いように見えるが、写り方のせいだと思う。 (^^ヾ

RX-7も持ってきたので、3台そろって♪ (^^)

3台そろって


ノーマルレビンは、(たぶん基盤が焼けて) 右に曲がらなくなってしまったので、実家置きにして 親戚の子(2才)にあげる予定。 (^^;

つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2009/01/01 22:08 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケライト AE86 レビン - D1 ~3台目 購入 (^^;
さてと、 今年 初めてのメモは、ドリパケライトにしようかな。 (^^ヾ


★ DPL D1のレビンを追加購入♪

楽天のポイントが あまっていたので。。。 (^^;;;

では早速、いつもの”箱”から。 (^^ヾ

パッケージ

D1の箱は、ボディが見えるようになっている。 (^^)
シールは最初から貼られているので、たくさん貼るのがめんどう。。。ということはない。

パッケージ裏には、かんたんな操作解説とか。

パッケージ裏

パッケージ横の”塾長”も健在。 (^^;

パッケージ横の塾長

梱包品は、

梱包品一覧

以上で。
特に変わったパーツは入っていない。 (^^;


レビンのD1バージョンは、ホイールが白に変更されている。 (^^)

D1レビン白ホイール&ディスクブレーキ

白ホイールはカッコイイかな?と思ったのだが、ちょっとプラっぽいので ノーマル仕様 レビンの メッキホイールの方が見た目はいいような気が。。。 (^^;;;
あと、ホイールの間から、ディスクブレーキが見える。 (^^)

早速、ちゃっちゃと組み立て。 (^^ヾ

ちゃっちゃと組み立て1

ステアリングモーターの方には 印字があったが、今まであったかな? (^^ヾ
覚えていないけど。

ステアリングモーター型式

FA130RA10300
BD098722
MADE IN CHINA

シャーシ部分完成。

ちゃっちゃと組み立て2


ガワの方だが、ノーマル仕様と同様に リアスポとリアスポ固定スリットが切られている。

リアスポは付いているが

しかし、パッケージの写真を見ても、D1バージョンでは付けないのが標準のようだ。

パッケージ横には付いていない

なので、リアスポの代わりに 取説通りのシールだけにしておく。 (^^ヾ

リアスポの代わりにシール

D1ボディには、広告シールは貼られているが、バックミラーとか フロントグリル付近のシールは ノーマル仕様と同様に 自分で貼るみたい。 (^^ヾ

あと、D1バージョンは、ヘッドライトのレンズもシール。。。 ( ̄∇ ̄;)

D1レビンノーマルレビン
ライトのレンズもシール。。。
ノーマルレビンのレンズ


ココはD1の方が ちょっとカッコ悪いかも。。。 (^^;


ガワは D1もノーマルも同じものらしく、砲弾マフラーとかも一緒。

マフラーとスモーク度

ただ、製造上のロット差なのかわからないが、ウィンドウのスモーク度が、D1の方が低い(透過度が高い)。


あと電池を実装しようとして気がついたが、

SONY電池のシール

SONYの電池って、+極側に 保護シールが貼ってあるんだな。
初めて見た。 (^^)

と思ったけど、めっちゃ昔の National電池(単1とか2?)とかは +極側に 紙シールが貼られていたような記憶が ? (゜◇゜)


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2009/01/01 17:06 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(2) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~電池の放電率とか
★ 乾電池の放電率は? ← 条件によって変わるらしいが。。。 (^^;


今回、電源系配線はノーマルのままで トルクチューンモーターに換装しても 以前のような初動のもたつきもなく、MAXパワーも上がっている感じなので、以前パワーが出なかったのは エネループ(乾電池)の放電率の関係かも?

 と思って、ちょっと調べてみた。 (^^ヾ

ここの”電池のあれこれ”によると単4だと数百mAくらいか?


日立マクセルのページに”最大放電電流による電池選択の目安”というのがあった。

電池サイズとかが書いていないので、単4でどれくらい流せるのか分からないが、マンガン電池だと1Aくらいまで、アルカリだとそれ以上、としか書いていないが、だいたい1Aが基準になるみたい。


もうひとつ、パナソニックの”アルカリ・マンガンの放電特性比較”(PDF)というものもあった。

これだとアルカリ電池の最大電流は 大きさ(単1~単4)にもよるけど、1Aくらいかな。
マンガンだと最大で500mAのようだし、エネループで考えるとやはり数百mA(1C?)か。

となると、乾電池では ドリパケライトのモーター駆動は 純正モーターでギリギリで、パワーアップタイプのモーターは厳しい気がする。 (^^;
トルクチューンだと定格1.2Aだし、これにステアリングモーターとか 無線系とか 基板で消費される電力を考えると、乾電池ではモーターを全開で回すにはムリがありそう。 (^^;
初動がもたつく感じがあったのも、そういう理由かも。


あと、レビンの時は 電源線強化をやっていたが、RX-7では電源線強化はしていなくても アクセルON時から全力でモーターが回っている感じで、かなり動きがイイ♪

これも、エネループの時は放電率がギリギリだったので 電源線強化が効果的だったが、リポは放電率が桁違いなので 純正の電源線でも問題ないということではないかと思われる。
もしかしたら 電源線を太線化すると さらにパワーアップするかもしれないが、現状で 電源線強化したエネループよりもパワーが出ているし、ココでは十分すぎるパワーなので 保留。


★ トルクチューンの電池消費とか (^^;

ただ、トルクチューンモーターに替えて 音もかなり大きくなったし、見るからに(車の速い動きが)電力消費が激しそうなので、しばらくはリポ電圧をチェックしておかないとまずいことになりそうな感じ。 (^^;

とりあえず、お昼に8分くらい走行 3.89v
その後、帰り際10分を目安に走行 3.70v ∑(゜◇゜)

ヘタレリポでも 純正モーターでは30分は余裕で走行できたが、トルクチューンモーターでは20分弱くらいが目安かも。
いや、20分走ってしまうと、リポ推奨値3.7vを下回ってしまいそうな勢い。 (^^;;;


追加データとして、フル充電リポで走り始めて...
 ・10数分(正確に計るのを忘れたが、12~3分くらい?)走行で、3.78v
 ・帰り際 10~11分走行で、3.79v

純正モーターの2倍の電力消費までは行かないが、そんなイメージ。 (^^;;;

やっぱりトルクチューンだと電池バカ食い。 (^◇^;
いままで30分はいけていたが、15分くらいでやめておいた方がいいかも。

4#3の半分弱の消費率という感じなので、流れている電流はトルクチューンモーターにすると 平均で1.3から1.5Aくらいかな?
【2008/12/19 20:32 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~久しぶりに走行 & トルクチューンモーターに換装 (^^;
★ リポ仕様化したRX-7も トルクチューンモーターに変えてみる

しばらくドリパケライトから遠ざかっていたが、久しぶりに走行。 (^^ヾ

RX-7は、レビンの調整ノウハウ(?)を活用して、いいとこ取りをしたので、
 ノーマル時:少しタイヤのμ調整しただけで まったり安定走行
 リポ化後 :安定感は残したまま ハイパワー化
調整は、これだけ。 (^^;
調整というか、リポ化しただけ。 (^^;;;

このリポ化だけでも ハイパワー化/軽快動作化していたのだが、ステアリング制御の基板部が壊れたレビンから トルクチューンモーターを移植して、スーパーハイパワー化(?)してみる。 (^^ヾ


現在の走行スペースが1.5mスクエア+細い通路なので、RX-7のリポ化だけでも パワーは十分すぎて ”もうすこし広い場所があればな~”と思っているのに、さらなるハイパワー化。 (^^;
なんか 余っているトルクチューンモーターが もったいなくて。 (^◇^;

早速移植。
左:ステアリング制御部(?)が壊れたレビン 右:RX-7

トルクチューン移植

ノーマルモーターでも リポ化でかなりパワフルだったが、トルクチューンは。。。

 めっちゃ パワフル!!!! (≧∇≦)ノ

というか、この狭さでは イッキの加速で すぐに障害物(机とかPCとかゴミ箱とか...etc...)にぶつかってしまう。 (^^;;;

でも挙動の安定感は それなりに残しているので RX-7は重量バランスがいいのかも?
レビンとキャビンを見比べても、RX-7の方が少しだけ後ろにキャビンがある程度の差なんだけど。 (^^;
シャーシが一緒なので これ以外に差は思いつかないが、そういえばボディ載せ替えはやったことがなかったので、あとで試してみるか。 (^^ヾ


高放電率リポバッテリー(乾電池比)と 軽量化と パワーのあるモーターになったので、横に滑る感じの動きになって 今までとは少し違った動きもしてくれるので、またちょっと走り込んでしまいそうな感じ。 (^^)
【2008/12/19 13:02 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~リポ仕様化 追記
★ リポ仕様化 その後 ~バッテリーの持ちとか

初走行時の10分走行後のリポ電圧は3.90v。 (^^)

その後、再充電しないまま2回目使用開始☆
初めてドリパケライトに触る人に3分くらい(正確に計るの忘れた)貸したあとで 10分走行後、リポ電圧は3.77v。

3.77vだと単4 1本あたり換算だと1.25vくらいで、エネループだとステアリングの切れもパワーもなくなってきて厳しい電圧だが、リポ電池ではまだパワー感やステアリングが切れにくい現象は発生していない。 (^^)

容量が半分のリポ仕様化だったが、なんとなく単4と同じくらいの走行時間(20~30分) かつ 快適に走らせることが出来そうな気がする♪

単4だと放電電流の関係で容量いっぱいまで使えていないみたいなので、半分の容量のリポ電池でも同じくらい走行できるし、私的にはOKかな☆
4#3で6分しか使えない電池が、30分くらい使えるし。 (^^)

そのあたりの電池の持ちは、単4 2本+分の軽量化にもあるかもしれない。

あと 走りだが、リポ仕様化前は AE86のパワーで走らせたあとのRX-7は コントロール性はイイがまったり走行という感じだったが、現在はそこそこ軽快に走るようになっている。
ピータイル上での以前のまったり走行も 実車のようなゆったりした動きでよかったのだが、RCカーとしてはちょっとまったり過ぎたかも。 (^^;
たぶんドライブモーターを換えると、パワー感のある走りになると思うが、リポ化でキビキビ走るようになってきているので、しばらくこれで使ってみる。 (^^ヾ


~~~~~

先ほど フル充電状態からの連続走行で、30分:3.72vとなった。
エネループでは 動きが悪く、楽しくなくなっている電圧だが、リポだと当初の予想通り放電率の良さが生きているのか、快適に走行できた。 (^^)

25分くらいのときに 多少パワーダウンしたかな?という気もしたが、その程度。
連続走行によるモーターのパワーダウンなのかもしれないし、エネループほどパワーダウンを感じないので原因は特定できない。 (^^ヾ

走りだけみていると リポの推奨電圧を下回ってしまいそうなので、30分を目安に使うようにした方がいいみたい。

これで、4#3ではヘタレて使えなくなったリポ4#1だが、ドリパケライトでは 今後もかなり使い続けられそうな気がする。 (^^;


<追記 11/7>
その後2回くらいしか走らせていないが、リポ電池にしたおかげか?純正モーターでも初動から全開という感じに回っているような気がする。 (^^)

ピータイル上では 86の時もすぐにトルクチューンに替えたくなったし、FDもフローリングでは十分なパワーだったが ピータイルに持ってきたとたん まったり走行になっていたのだが、リポ電池化でモーター性能を引き出している感じ。
それと、電池2本分 軽くなったからというのも大きいみたい。 (^^ヾ
【2008/10/31 12:44 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリパケL MAZDA RX-7(FD3S) ~やっぱりこっちも リポ仕様化 (^^ヾ
★ RX-7もリポ仕様化してみる

RX-7の方は、まだ モーターも基板も全てノーマルだし、リポ電池を使っても悪いことはないでしょう。(たぶん) (^^;

ということで、AE86の方の基板のフタに せっかく穴開けして リポ用コードを通したので、それを流用して RX-7もリポ仕様化。 (^^ヾ

RX-7の方は、リポにしてもモーターのパワーは変わらないと思うが、単4×3→リポ1セルにすることによる差分の重さ25gの軽量化で、軽快な動作が期待できる☆ (^^)

移植して、バッテリーを適当に載せてみる。

とりあえずやっつけリャンメン

ん?? とりあえず適当にリポを貼ってみたが、RX-7のキャビンはAE86よりも後側にルーフトップがあるため、この位置では入らないっぽい。 (^^;
86だと考えなくても入ったが。 (^^;;;

ちょっと後ろにずらして、

キャビン形状に合わせて後ろにスライド

これならOK☆ (^^)
でも、バッテリーサイズがFDのルーフサイズくらいなので、ギリギリという感じ。


あと、RX-7は なぜか直進性が悪く、何回組み直しても 調整のところを変えてみても うまくいかないので、AE86のタイロッド回りも移植。 (^^ヾ

タイロッド回り

左:RX-7 右:レビン


さて、実走☆ (^^)

ん!! 単4 2本分 軽くなったせいか、さらに動きがよくなってる♪ (^^)

もともとRX-7は、結構扱いやすかったが、さらに動きもよくなった感じ☆
タイロッド回り変更による直進性も 狙ったとおり。 (^^)


今回は10分走って3.89~90v。
やはりモーターを2つとも交換したAE86よりも 低消費電力っぽい。 (^^;

リポ電圧が3.90vだと、4#3では 2分~2分ちょっと くらいのフライト時間という感じなので、ドリパケライト(純正)の消費電力は 4#3の1/5~1/4くらいか。
とすると、平均で600mA~800mAくらいの電流なので、ヘタレリポでも全然OKっぽい。 (^^;
たぶんトランジスタにも優しい。。。


あと、電圧が3.90vとすると 単4だと1.3v/本計算だがら、そろそろ終了の電圧だが リポ化したことでどこまでいけるか? (^^)
もしかしたら そのあたりは変わらないかもしれないが。 (^^;


★ やっぱり バッテリーホルダー作成 (^^ヾ

リポ電池をシャーシ上載せでは、FDのガワを付けるときのバッテリーの位置あわせが微妙なので、やっぱりバッテリーホルダーを作成することに決定。 (^^ヾ
先日のAE86と”同じものでいい”と思っていたので、削る個所とかも同じように作ればいいので10分で完了。 (^^;

FDもバッテリーホルダー

これで、RX-7もリポで安定運用可能? (^^)
【2008/10/30 12:34 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 ~リポ仕様化♪ (^^)
★ DPL リポ仕様化 作業開始♪

さて、"とりあえずリポ電池を試してみる" ということで、(いつも通り)かなりやっつけ気味に作業開始♪ (^^;

以前買っておいた 4#3バッテリーコネクタセットの4in1側が役に立つときが ついに来た☆ (^^)

コードを作成

適当な長さで作っておいて、あとは現物に合わせるかな。 (^^ヾ


リポ仕様化して ちゃんと動くか分からないので、とりあえず電池の電極部分にコードをハンダ付けして、並列にリポをつないで試せばいっか~ と思ったが、+端はコードをハンダ付けできる位置にあるが、-端は電池ケースの奥になってしまうので、穴開けが必要。(リポと単4 どちらも使えるようにするには)

どうせ穴開けするなら、”基板に直接ハンダ付けした方がよさそうだな” ということで電極ハンダ付けは諦め (^^; 、特殊ねじを外して基板にハンダ付けする方向で作業開始~

基板

ケースに穴開けして、基板前側がプラス端子 後ろ側がマイナス端子で接続。

カバー穴開け

ちょうどイイ長さにコードを切ろうと思っていたが、まぁ電池位置も決めてないし、そのままでイイか。 (^^;

このケーブルの太さだと、ちょっとフタを閉めるのはキツイ感じになるが、

配線

とりあえず完了☆ (^^;

完了☆と思ったが

さて、電池をぶら下げた状態で 部屋のじゅうたんでテスト走行★

おおおお!!っ???
かなりパンチがある走りになっている気がする!!! (≧∇≦)ノ


床幅が50cmしかないので ほとんどドリフトできないが。。。 (^^;;;

実際にいつものピータイルで走らせないと 効果はよくわからないが、期待値さらに増大!!!


結構イイ感じなので、”とりあえずはリポ電池は 適当にリャンメンテープで貼って固定するか~”と考えていたが、上に電池を載せると少し重心が上になってしまうし、せっかくだから もう少しましな固定方法にしてみる。 (^^ヾ

狙っていたのは右の電池ケース。
ここの上トレイ部分をリポ電池の幅だけ切れば 何となく斜めに立てかけられそうな気がする。
しかも 一部切り取るだけなので単4でも問題なし♪

削り取る予定個所には電池固定ネジがあるが、電池固定パーツは 使っていないし問題ない。 (^^)

サイドバッテリーホルダー

やっつけ削りで完了☆

そのままでは電池がフリーになってしまうので、気は心でプラ板を横にはわせて軽く抑える形にしてみる。

完了☆サイドバッテリーホルダー


さて!!! 実走が楽しみになってまいりました♪

~~~~~

お昼にリポ仕様化 初走行☆

おおおおおおおおおおおおおおお!!!

軽いし、アクセルON時からモーター全開という感じ!!! (≧∇≦)ノ


以前はステアリングを切るとパワーダウンしたが、それもなくサクサク動く!!
今までパワーダウンするのは トランジスタの容量かな? と思っていたが、エネループの放電率の問題もあったみたい。 (^^;


★ リポ仕様化 サイコー!!! と思ったが。。。 ( ̄∇ ̄;)

いいよ~ と思って全開で走行させていて、ふと10分後くらいにステアリングが右に切れない? ∑(゜◇゜)

またギアの引っかかり現象?
と思ったが違う。

ステアリング回りのカバーを外すと、モーターが片方向にしか動いていない。

モーターなのかなー...と思いつつ、ステアリングモーターをドライブ側に移すと、両方向動く。

ということは。。。 基板が壊れた?焼けた?。。。? orz

全開で回しすぎて焼けてしまったのか分からないが、今日はここまで。
というか、回路のことは分からないので、これで終了かも。 ( ̄∇ ̄;)


今まではエネループの放電率の関係でパワーがセーブされて 回路が保護されていたところに、放電率の高いリポ電池を使ったので バンバン電流が流れて トランジスタが焼けてしまったのか?
え~と。。。回路や素子のことは全くわからんので、焼けるものなのかどうかもわからんが。 (^^ヾ

片方向の回転は問題ないし、プロポを入れ替えても片方にしか回らないので、トランジスタが焼けているような気がするが、交換。。。するか? (^^;


ステアリングモーターに 電流をたくさん食うドライブモーターを入れているのも原因だろう。 ← これが一番あやしい (^^;
ドライブモーターを流用した当初は、基板が焼けるのではないかとビクビクしながら走らせていたが、最近はあまり気にしなくなっていたし、今回も ステアリングを切り続けないように注意はしていたが。。。
あと、電源配線のLを取り払ってしまったのも一因かも。 (^^;

リポ仕様化、走り的には非常に充実した10分だったが、これで終了?
まだ左回りだけなら問題ないのだが。 (^◇^;
 ※ カウンターは当てられない

リポ的には、10分くらい(たぶん10分までいっていないが)走らせて、リポ電圧3.86v。
まだまだいける電圧ではあるし、これくらいではパワーが落ちた感じはしなかったので、放電率の良さが生きている気がする。
ヘタレリポでも 全然使える♪ (^^)

が。。。 orz


★ 基板をみてみる

オモテのトランジスタは、ドライブモーター用らしい。

"KONGさんのページ"
にて、ステアリング用のトランジスタは "基板ウラのチップトランジスタ" と書かれている。

基板ウラ

基板ウラに 3本足が出ているチップは何個かあるが、どれがステアリングモーター制御用かわからん。。。 ( ̄∇ ̄;)
右の方のチップのどれか4つだと思うが。


RX-7の方は、電源配線いじってないし、なによりステアリングモーターが純正のままなので、問題なく搭載できるかも。 (^^)
でも、リポ仕様化して、もし また壊したら。。。 (^^;;;

リポ電池は、まだまだ使えそうなんだが、どうしようかな。 (^^ヾ
【2008/10/29 12:14 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 ~リポ仕様化:4#3のリポ電池も使えるか検討♪ (^^)
★ ドリパケライトのリポ仕様化を検討してみる

ヘリメモも まとめないと たまってしまうが、昨日から私の中でホットなこのメモを先にまとめよう。 (^^ヾ
お仕事も 年間ピークの2回目なので、ちょっと書いている時間が限られてきているが。。。 (^^;


4#3に使っていたリポ4#1が、140バッテリー以上使ったところで 容量抜けなのか 4#3では まともにフライトできなくなったので、寿命と判断して保管庫行き。
でもなんか まだ他に使えないかな~と考えていたのだが、ドリパケライトは どうだろう? (^^ヾ


ドリパケライトの電池は 単4×3本なので、電圧は 標準(乾電池)では1.5v×3=4.5vで アルカリ電池を使ったりすると1.6vくらいあるから4.8vとなり、1セルリポ電池のフル充電4.15~4.20vはちょっと低い感じもする。

しかし、現在DPLで使用しているエネループは 充電直後では1.45vあるが 何日か経つと1.35v~1.38vまで下がっているので、それで計算すると、1.38v×3=4.14v。
なかなかLipoと同じような電圧ではないか。 (^^)
よいではないか、よいではないか♪


エネループとか乾電池の放電率はよくわからないが、容量については エネループ単4で750~800mAhと書いてある。
エネループだと1.25~1.28vくらいまでしかドリパケライトを それなりに快適に走らせることができないので、少し容量を残して再充電ということになる。
感覚的には、エネループは1.2vで容量の80~90%なのではないかと思うのだが。。。

それに対し 4#3のリポは400mAhなので容量は半分になるが、放電率が何となくエネループよりいいような”気がする”ので、もう少し容量を有効に使えると考えると 走行時間が容量比通り半分ということはないだろう(たぶん)。 (^^;


4#3は、以前 超概算計算をしたときに3Aくらい流れている感じだったが、ドリパケライトのモーター単体では1.2Aくらいが定格なので、システム全体でも(たぶん)4#3よりは電流値が低いと思われる。
エネループ使用で 30分走行で容量の60%~70%くらい使ったと仮定すると、800mAhだから。。。 ( ̄∇ ̄;)  。。。まぁ、平均的には1A前後か(なんとなく)。 (^^;;;
モーター(トルクチューン)が定格で1.2Aだから 最大でも1.5Aくらい?(根拠なし)、これくらいの電流なら、ヘタレリポでも対応可能じゃないかと。


そして何より、軽い!!! (^^)

エネループ単4(1本)

単4重さ

12g弱。
つまりこれが3つ載ることになる。

それに対し4#3リポは、10g台☆ (個体差があるが、だいたい10.5gくらい)

リポ電池は これ1個でいいので、単4 2本分の20g以上の軽量化ができる(でも容量は半分)。
容量をエネループと同じ800mAhにしたければこれを2個乗せればいいがそれでも13gくらい軽量化できる♪


容量的には、エネループが800mAhのようなので、4#3リポの400mAhよりも多いが、充電時間がエネループ3時間半 リポ40~50分くらい なので、充電時間的にもリポの方に かなりアドバンテージがある。 (^^)

あと、放電率がリポの方が(たぶん)いいので、パンチのある動きになるかもしれん。

とか、リポ仕様にする前から 私の中の期待値増大中♪ (^^;


ついでに量った ボディ重さ

AE86 レビン

ボディ重さAE86

44.92g

FD3S RX-7

ボディ重さFD3S

42.04g

3g弱 RX-7の方が軽いか。 (^^ヾ
でもリポ仕様化して 25gも軽くなるなら消し飛んでしまうような差だな。 (^^;


長くなったので、つづく~ ∠( ̄∇ ̄)

というか、期待感いっぱいで 作業中☆ (*^^*)
【2008/10/28 12:41 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(4) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 ~ステアリングの戻り part-2(ロック)
★ ステアリングを切ると たまに切れた状態でロックするようになってきた。 ( ̄∇ ̄;)

少し前までの戻りの悪さは、くぼみに棒が少し引っかかるような弱い感じのものだったが、急に”ガッチリ ホールド”というくらい強くロックするようになり、ロックしたときは 手で戻そうとしても簡単には戻らないくらい堅い。 (^^;;;
無理矢理手で戻すと、バキッッ!!! と心配な音がするくらいロックしている。 (^◇^;

少し前とは また違う原因でステアリングの戻りが悪くなっているようだったので、週末は家に持ち帰って見てみた。 (^^ヾ
。。。3連休だと、いろいろやり過ぎて 全然メモが追いつかない。。。 (^^;;;


ロックした状態が これだけ堅いと、何かにしっかり引っかかっている感じなのかな~と思って、

① ステアリング回りの引っかかりそうな パーツの角部分を削ってみる
 → NG

② それでも見えない所で引っかかっているのかと思い、以前大きくしたステアリングの切れ角を制限

削ったり角度制限したり

 → NG

どうも削ったり 可動制限してみたが、ダメっぽい。 (^^;
タイロッドを指で動かしている分には、1回も引っかからないんだけどな~。。。


と考えていると、最後の引っかかる個所はひとつ、もしかしてステアリングギアのかみ合わせ? Σ(゜◇゜)


そこそこ走らせているので ギアの摩耗により バックラッシュが浅くなっているのと、ステアリングモーターが壊れたので 強力なドライブ用モーターをステアリングに使用しているが、このパワーによりピニオンギアがタイロッドのギアに乗り上げやすくなってしまい、ロックした状態になっているのかも!


バックラッシュ調整機構はないので、どうしようか?
モーターは固定されているので、アタリ部分を削ってモーターを持ち上げる? ギアを作る(山を大きくする)? (^^;;;

とか考えていたら、”名無しさん”の書き込みで モータの下にスペーサーを挟めばバックラッシュ調整ができる というようなものがあった♪
モーターは固く固定されているような感じだったが、スペーサーを挟むだけで パーツを削らなくてもバックラッシュ調整できるなら 楽でイイ♪ (^^)


挟むものは... 職場でも家庭でも活躍中のポストイットでいいか。 (^^ヾ

ポストイット

とりあえず ポストイット1枚フルサイズを適当にたたんで、

フル折りたたみ

モーターの下に入れて、ふたを閉め...

かなり厚いものを挟んでしまったようで、ふたがふくらんでいるが、無理矢理閉め。 (^◇^;
無理矢理でもちゃんと閉まるようだ♪ (^^;

これだけ厚いものを挟むと、バックラッシュはガチガチになっている。
これはイイ感じかも。 (≧∇≦)ノ


この路線で行けそうなので、スペーサーを半分に切って厚さを半分にしてみる。

ハーフ折りたたみ

今度は ふたもそれほどふくらまず、収納。 (^^;

スペーサー挿入


おおっ! ロックすることがなくなった!!(かも) (≧∇≦)ノ


と週末ここまでやって、今日いつもの場所でテスト走行☆

 ちゃんと戻ってる♪♪♪ (^^)

でも調整中にステアリング切れ角の制限をしたので、何かまったり走行だけど。 (^^;

<追記 >
切れ角制限の棒(つまようじ)を1/3~半分に削ったら切れもよくなって走りやすくなった☆ ちゃんと戻るし☆
別に全部取ってしまってもよかったんだが、以前ボディ部分を削りすぎたような気がするので。。。 (^^;
【2008/10/14 12:34 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 27日目 ~ステアリングの戻り
★ ステアリングの戻りが悪くなったので調整

なんかちょっと飽きつつあるので、早めにメモ。 (^^;;;

今まで走行中はステアリングが戻らないということはなかったのだが、急に戻りが悪くなって クルクル回ってしまったり、逆に曲がったままを期待したら正常に戻って 何かにぶつかるとかが頻繁に起きてきたので、調整してみる。


見たところ、ボディに引っかかるわけでも シャーシに引っかかるわけでもないので、ボディを外して動かしてみるとタイロッドの動きが悪い感じ。 ∑(゜◇゜)
動きが悪いというか引っかかる箇所がある。

タイロッド

このパーツを外して いろいろテンションを掛けたりして横に動かしてみたがスムーズに動くので、ステアリングモーターをドライブモーターに変更しているので モーターの磁力が強すぎて抵抗になっているというのもあるかも? (^^;

再度 フロント部分を組み付けてみても引っかかりがあるので、よくみてみると(見た目ではよくわからなかったが、触った感じ) タイロッドとナックルアームのジョイント部の タイロッド側が少し柔らかい材質なので 微妙に凸凹になっていて、ここに少し引っかかるっぽい。 ∑(゜◇゜)

手元にココのデコボコを均せそうな細いヤスリとか 削れそうなものがなかったので、マイナスドライバーでゴリゴリやって ある程度ならしたら、ステアリングの戻りが元に戻った♪ (^^;;;

でも、もうちょっとかな。 (^^;
【2008/10/03 12:04 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 26日目 ~コントロールエリア2m弱を改善したい -2 (^^;
★ レビンのコントローラーを見直してみる<アンテナ>

コントローラー電源部の配線交換をしてもダメだったので、アンテナを交換してみる方針で。 (^^ヾ
これでダメだったら、電子回路が分からない私には打つ手がない。 (^^;


ドリパケライトの使用周波数が27MHzとしか分からないが、検索してみると掲示板の書き込みなので信頼していいのか分からないが、
 A : 27.050MHz
 B : 27.200MHz
 C : 27.260MHz
と書いてあった。

BCは近い周波数だが Aは少し離れているので(アンテナ長はミリ単位でしか変わらないが...)、今回はBの27.200MHzに合わせてアンテナ長を考えてみる。 (^^ヾ


以下、電波やアンテナが分かっていない私の妄想。 (^^;


波長λは、3*10^8/(27.2*10^6)で 11.03m。

どうやらアンテナ長は、λ/2とかλ/4とかλ/8がいいようなことが書かれていたので、その続きで考えると、λ/16,λ/32と続くのか? (^^;;;
それとも、4とか8の倍数がいいのかな? よくわからん。

コントローラーに付いているアンテナは 30数センチありそうなので、これに近いアンテナ長は... λ/32で34.5cmくらいか。 (^^ヾ


とりあえず、純正アンテナを外してみる。

アンテナ線交換

純正アンテナ長は、32cmだったので λ/34?λ/35? (^^;;;
う~ん。。。 やっぱり電波のことは分からん。。。


アンテナは、たぶんインピーダンスとか考えないとダメなのだろうが、とりあえずその辺にあった適当な電線を使い アンテナ線にする。 (^◇^;
λ/32で作成するので、34.5cm"くらい"にカット♪
 ”くらい”ってことは、27.05MHzでも27.2MHzでも誤差のうち。 (^^;


アンテナ付け替え中。 (^^ヾ

適当な線に交換

 結果!! そこそこ電波の飛びがよくなった! (≧∇≦)ノ

こんな適当電線でも少しよくなるくらいだから、インピーダンスを合わせたアンテナ線ならもっとよくなるのかも!

とりあえず、いつもの走行場所(2m以内)で電波が切れることはなくなり、電波遮蔽箇所ではFDのコントローラーよりも電波の飛びは落ちるが、ギリギリ コントロールできるようになった♪ (^^)
以前なら感動するレベルだが、FDのコントローラーの電波の飛びを見たあとでは、やはりイマイチ。 (^^;;;


で、
原因は、アンテナが悪かったのか? アンテナのハンダ部分が悪かったのか?
以前 アンテナの基板接続部のハンダにはコテを当てて 多少の改善が見られたのは確認したが、今回交換してよくなったが 結局原因追及には至っていない。 (^^;

あと、まだFDよりも電波の飛びが悪いので 基板もヘタレなのかもしれない。 ( ̄∇ ̄;)


★ 話は変わって、25バッテリー目の本体側 電源配線の交換後

本体の電源線交換をしてから、フル充電した電池では ほぼ初めての走行だったが、かなりパワフル♪♪♪
というか、パワーありすぎてクルクル回ってる。 (^^;;;

配線交換&ステアリングモーター交換前のパワーがなかったときに、リア内履きにしたり ステアリングの切れ角を大きくしたり フロントタイヤにも滑るテープをハーフ巻きしたりしていたので、パワーのある状態では滑りすぎになるっぽい。 (^^;


とりあえず、リア内履き→外履き。
これは、今回効果が少なかった。

あとフロントタイヤのハーフ巻きテープを除去すると。。。 今度は 滑らなさすぎて 曲がりにくい。 ( ̄∇ ̄;)
フローリングの時もそうだったが、路面に合わせてそれなりにセッティングしないとダメっぽい。
スペアタイヤ欲しいな~ (^^ヾ
まだ発売されてないのかな?

というところで、タイムアップ。
電池も終了。 (^^;


ここの路面では、フロントの荒れてきたタイヤに セロテープ巻きくらいがいいのかな~
あとリアを内履きに戻すとか。
また考えてみよう。 (^^ヾ


小メモ追記:27日目

ニチバンテープ巻きしたリアタイヤを内履きにしたら、ほどほどに曲がるようになった。 (^^)
とりあえず、こんなところかな。
【2008/10/02 18:45 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドリフトパッケージライト AE86 26日目 ~コントロールエリア2m弱を改善したい (^^;
★ FD3S ←→ AE86 のプロポ/本体を入れ替えて 電波の飛びを確認

私が購入したレビンは 購入当初から2mくらい離れると電波がとぎれとぎれで、これが仕様なのか スチールラックが多い会社の環境だからなのかわからなかったが、RX-7を買ったときに 家では12畳くらいの部屋でも全然電波が切れることはなく、問題なくコントロールすることができたので、走行環境によるものではなさそうな気がしてきた。 (^^;

そのため、走行環境によるものなのか、本体/コントローラの問題か、両方か、 追加購入したRX-7とレビンを それぞれ/組み合わせで走らせてみて 原因を特定したい。 (^^ヾ


とりあえず、ご対面♪ (^^;

FD86.jpg

初顔合わせ☆


確認①:レビンと同じ環境で RX-7の電波の飛びは? <RX-7>
今までレビンでエリアが2mだった場所でも、RX-7なら全然走る (^^;;;
ただスチールラックの付近(2.5m先)では 少し切れるときもあるので、多少電波遮蔽された場所であることは確かなようだ。

確認②:本体<レビン> コントローラ<RX-7>
これも同じくらい走る♪ (^^)
ということは、レビンのコントローラがあやしい感じ。
あと、最近レビンの方はコントローラのクリック感が全く無くなっていたので、レビンを走らせているときに カチカチ鳴るのは違和感が。。。 (^^;;;

確認③:本体<RX-7> コントローラ<レビン>
予想どおり、RX-7も2mでNGになった。 (^^ヾ


他、周波数を切り換えてみたりしたが、電波の飛びは変わらないので レビンのコントローラーが ハズレ品だったようだ。 ( ̄∇ ̄;)


★ レビンのコントローラーを見直してみる<電源>

とりあえずコントローラーを開けてみると、

電池ジャンパ

本体側の電源ラインにも入っていた”L”がコチラにも入っている。(以前メモしたサイトにも記事があった)


本体側のこれの撤去は かなり効果的だったので、コントローラーも これが悪いのかもしれないと思い、撤去☆

電池ジャンパ太線化

いつもの細めのPC電源線に交換。 (^^ヾ

結果! 変わらず。 ( ̄∇ ̄;)


そこで、全然知識がないので後回しにしていたアンテナを見直すことに。 (^^ヾ

長くなったので、つづく~
【2008/10/02 12:02 】
| ドリパケライト,EXSPEED,ギガテン | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。