スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
あら? サボりまくってたら。。。

広告バナーがトップ記事に! (^◇^;


あ~・・・ なんか書くか~






。。。

。。。。。。


。。。 この記事で、1ヶ月は広告が出ないってことかな? (^^;;;;
スポンサーサイト
【2011/10/12 06:59 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
Walkera4G6フライバーレス=V120D02? もうリストされているということは。。。
Walkeraのページを見に行ったら、

 → WalkeraのV120D02のページ

4G6サイズのフライバーレス機がリストされていた。 ∑(゜◇゜)

出るとは思ってたけど、早かったな~

もうちょっと”ため”があるかと思ったんだけど。 (^^;


4in1は RX2610"V"になっているので2610Sとは味付けが違うものなんだろうな~

ブラシレスモーター型式も”003”になっているが、爆熱005の使用をあきらめたのか?
誤植ということも十分考えられるが。 (^^;;



あと、以前 新規リリースにもう1機載っていたような気がするんだけど(CB180LMとHM V450DQ01の間に)、今は載ってない。 (゜◇゜)
どんな機体が載っていたかも覚えてないんだけど。。。 2重反転機だったような。。。 違うような。。。
【2010/07/14 12:42 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(2) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 2号機 ~なんでエルロンが動かないんだ。 (^◇^;
★ ブレードの締め具合とか

充電完了して、大きな円運動や 多少ミソスリらしき動きもでているが。。。

 ナイトクルーザー、未調整の4#3よりムズかしい ( ̄∇ ̄;)

横に動かそうと思って エルロンを動かそうとしても 動かないし。 (^◇^;


ミソスリ原因を考えたが、左右ブレードは 私なりに合わせたつもりで そこそこ自信があったので、ブレードを他の4ch機と同様の緩さで締めていたが これをノーマルブレード同様に かなりガチガチに締め上げてみた。 (^^;

 すると。。。 安定♪ (^^)

ナイトクルーザーは、固定ブレードじゃないと安定しないのかな?


あと、2号機は ホバリング仕様に調整してあったっぽく、

懐かしのおもり

おもりで少し重心を変えてあるようだ。
なつかしぃ。 (^^;

そのため、安定になった現在では、ゆっくりフライトできる感じになっている。

ん? 安定になったと思ったが、前進を使うとミソスリが収まらないな。。。 ( ̄∇ ̄;)


とりあえず、ノーマルブレードに戻してみるか。

結局戻した

ん~ 全然違いがわからん。 (^◇^;
しかもミソスリ現象まで同じ。

でも、LAMAブレードだと少しブレードが曲がると手修正しなければならないので、その手間が省ける分、ノーマルブレードの方がいい。 (^^;;;

うちの他の機体でも”ミソスリ”と思われる動きはほとんど経験がないのだが、たぶんこれがミソスリなんだろうな。 (^^;
円運動と違って、ローターヘッド付近を中心に機体が ぷらんぷらん動いて安定感無いし。


で、結局 LAMAブレードに交換したメリットは。。。

 よくわからんし、手間がかかるマイナス面しか見つからない。 (^◇^;



もう1フライトしたけど、ムズかしいので またしばらく封印で。 (^^;;;

4chよりチャネル数が少ないRCヘリだと、私的には ハニビ2chが 一番楽しいかな~ (^^)
3chだと中途半端に動く割に 自分の行きたい方向に行けないし。 (^^;
【2009/01/12 10:37 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 2号機 ~LAMAブレード装着★ (^^)
★ 久しぶりにナイトクルーザーを飛ばしてみる (^^ヾ

どうやら2008年1月12日にメモを付け始めたようなので、今日で丸1年。 (^^)
初心に返り、ナイトクルーザーを飛ばしてみるかな。 (^^ヾ

ナイトクルーザーを飛ばすのは、いつ以来だろう?
半年以上飛ばしていないのは間違いない。 (^^;
メモによると、2号機は まだ26フライトしかしていないらしい。


さて、今回は ブレードをLAMAのものに換えてみる。
LAMAのブレードは、ナイトクルーザーの四角いブレードとは違った形状をしているので どういうフライト特性になるかも興味深いですね~ (^^;

当初、5G6のブレードでやろうと思いついたのだが、予備ブレードがなく、少し小さめだったので LAMAのブレードを選択。
でも5G6のブレードはピッチが深く付いているので、このブレード長で浮力的には十分なのかもしれないが、今回は試していないのでわからない。 (^^ヾ

あと、ナイトクルーザーのブレードは 固定取り付けなので、他の4ch機のように ブレードが前後に動くように取り付けるとどうなるのかな? もしかして バランスを崩すときがあったのも 回避できるようになる? という 期待もある。 (^^)


そういえば、ナイトクルーザーは 私が扱った他の同軸反転機とは、上下ブレードの回転方向が違うようだ。

久しぶり

上が時計回りで、下が反時計回り。

早速 ブレード取り外し。

取り付け穴

ブレードホルダーの固定穴が大きいのでどうしようかと思ったが、

何とか付きそう

一応 付けられるようなので、これでイイか。 (^^;


ブレードの重さは、

ナイトクルーザーLAMA裏貼り
重さナイトクルーザー
重さLAMA


結構(とても)重くなる。 (^^;;;


LAMAのブレードはたぶんLAMAの純正長より10mmくらい短いものだが、仮留めしてみると、

長いまま装着

こんなにブレードが長くては、

テールにぶつかるの忘れてた

 しっぽにぶつかる。 (^◇^;

しっぽがあるの忘れてた。 (^^;;;


LAMAブレードを しっぽギリギリになるようにカット

ちょっとだけ長くカット

ノーマルよりちょっと長いくらいになったかな。

上は、わずかに下よりも長いくらいにしてみた。 (^^ヾ

重さは、

重さLAMA2

ちょっとナイトクルーザー純正に近づいたか。 (^^ヾ


で、再度留めるときになって、LAMAブレードのビス穴が小さかったため ムリにブレードを挟み込んで付けていたので ビス留めが浅く、上のネジがバカになっていたので、上LAMAブレードのビス穴を拡大。

上ブレードの穴拡大

これで、

上ブレードは普通に取り付け

上は普通に付けられるようになった。 (^^)
 ※ 下はそのまま (^◇^;


さて!!! 準備完了!!! (≧∇≦)ノ

さて準備完了☆


なんだが。。。

充電遅いな。 (^^;

リポがヘタレた? (^^;;;
あ~ でもまだ1時間経ってないから、もう少し待ってみるか。 (^^ヾ


たぶん、つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
 ※ 全然浮かなかったら 続かない (^◇^;
【2009/01/11 12:07 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
タイヨー マイクロマスターHG3って発売されてたのか (^^ヾ
★ ナイトクルーザー後継機 HG3。 名前は特にないのかな (^^;

このカテゴリのメモ久しぶり。 (^^;
うちのナイトクルーザー、ほこりかぶってるし... (^◇^;

いつの間にか発売されていた タイヨー ナイトクルーザーHG2の後継機 HG3。

 タイヨー マイクロマスターHG3のページ

新機能として、HG2では前進だけだった3ch目が、後進もできるようになっているようですね♪ (^^)

ナイトクルーザー買った当初は、かなり使いたかった機能ですが ようやく搭載。

あと、天井感知システムで、天井との衝突防止っていう機能が搭載。 (^^;
フルパワーで上昇かけてもぶつからないのかな? (^^;;;

ボディは ナイトクルーザーの発泡スチロールボディから PVCボディに変更になっていますね~
プロポは、見た目ナイトクルーザーと同じ感じ。

動画では左旋回も紹介されていましたが、HG2と同様 ちょっと苦しそうですが回っています。 (^^;
いいとこ取りでしょうが、動きはスムーズに見えるかも。 (^^)


お値段はナイトクルーザーと同じくらい。
Amazonのサイトでは7900円で、”Evolution”という名前が後ろに付いている。 (^^;
某 菱形メーカーの車っぽいですが。 (^◇^;

今なら トイヘリに8000円は キツイな... (^^ヾ
【2008/08/06 18:43 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
そういえばナイトクルーザーのヘリポートがあったのを思い出した (^^ヾ
★ ナイトクルーザー付属のヘリポートを組み立てる

よくコメントや情報を頂くMACさんのブログの写真にナイトクルーザーのヘリポートが写っていたので、そういえばうちにも2つあるな と思い出した。 (^^ヾ

大きそうなので いままで出したことが無く、存在すら忘れかかっていたが 初めて組み立ててみる。

真ん中の部分はナイトクルーザーの箱の台の部分(プラスチック)を流用し、中心線上に埋められた緑LEDはピコピコ点滅し、四隅の赤LEDは点灯する おまけ付きになっている。
その外側部分は、全て紙を折り曲げてできるもので強度は低い。 (^^;
外側の紙は折り曲げているだけだが、外の四隅を縦に面取りしてあるため四角い形状よりは強度がある。

早速制作開始 → すぐに完成。 (^^;
紙折り曲げたり差し込んだりするだけ。

ヘリポート完成


結構でかい。 (^^;;
縦横55cmくらいあり、いままでのダンボールヘリポートが40×30cmだったので面積比2倍以上ある。 (^^;


でかいのでやはり置き場所はベッド上以外になく、平らにするのが難しいな...と考えていたら、アナログの時に使った水準器があるのを思い出した。 (^^ヾ

水準器


これで水平調整はOK。 (^^)

いままで5G6の着陸練習はしていなかったが、雰囲気が出ていいかもしれない。 (^^)
大きいが、しばらく使ってみよう。

報告が一段落なので、また少しメモ書く時間ができるかな。 (^^ヾ
【2008/04/03 12:08 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 25フライト目 ~ブレード締め具合 & おもり & 動画
つづき。 さっきのメモから1フライト増えた。 (^^ヾ

★ ブレードの締め付け具合を変えてみる

前項と同時進行していて かぶるが、ブレード締め付け具合調整をやってみる。
コメントでブレードの締め付け具合を変えると少し安定したとの情報を頂いたので、うちの機体でももっといい特性にならないかな~と期待しつつ、調整してみた。 (^^ヾ

<追記 3/30>
コメント欄で、ブレードの端を持って左右ブレードのしなり具合が同じになるようなビスの締め付け具合にすると、左右バランスが取れる との情報を頂きました♪
以下のメモは私の手の感覚だけで左右ブレードの締め付けバランス調整していますが、しなり具合で調整すると 簡単に (たぶん)ある程度正確にブレードの左右締め付け調整ができるようです。 (^^)
この方法でやると多少ずれていたようなので 実際に試してみましたが、フライト時の安定性が増して 急な動作をさせたときの不安定さがかなり減少しました★ (≧∇≦)ノ


上ブレードは適度に留まっているが、下ブレードはかなり緩く、ガタがある感じに留まっているのだが、留めているビスはかなり固い。 (^^;
ここは安定化のためと思い、ギュッ...とこのサイズのビスでは普段かけないような力で締め上げてみる。 (^^;;;

とりあえずこれ以上はもうヤバ過ぎというところまで締めたが、下ブレードは多少ぐらつく感じは残っている。(上ブレードくらいの緩さ)
まぁ試しにこれで飛ばしてみようと思い、フライト開始して最初のうちはよかったのだが、前進を使うとその前後の揺れが残るようで ず~~~~~~っと ノッキング状態(ブランコ状態)。
ヘリ用語はよくわからんが ミソスリ というのか? 味噌をすったことがないのでわからん。 (^^ヾ

で、少しゆるめると、少しノッキング改善。
うちの機体では締め上げるとノッキングを起こすようなので、一度 下ブレード固定ビスをゆるめ ビスサイズにあった程度のトルク(手の感覚)で締めてやると元に戻った。 (^^;
機体の個性もあると思うが、うちの機体では少しゆるめの方がいいらしい。


で、元に戻ったと思っていたのだが、おもりを外したときの円運動を始めようとする力が弱まっているので ブレード調整は効果があるのかもしれない。

試しにかなりゆるゆるにしてみる。
 → 違いが分からん。 (^◇^;

締め上げなければゆるゆるでも問題ないのかな。 (^^ヾ
円運動に対する効果については結局よく分からない。 ( ̄∇ ̄;)
でもおもりを外した状態で以前より安定しているということは、それ以外に調整した箇所がないので ブレードの締め具合によるものと考えられる。


★ 前後バランス調整 再び

1つ前のメモでブレード調整と同時進行でおもり調整をやって、ブレードをいじっているうちに...かどうかは結局分からなかったが 円運動がいつの間にか少し弱くなっているので、スタートラインに戻って現状のブレード締め具合でおもり調整してみる。

今回は簡単におもり調整を試す。

1個目 ベアボーンのケースネジ → まったり変わらず 静止になるわけではない
2個目 インチネジ → 少し動くが円運動改善 左ラダー当ててるうちに後退する?
3個目 ミリネジ(小) → 少し動くが円運動改善 ★ 妥当なところみたい
無し  ブレード調整により改善しているが、やはり動きがある

ということで、効果が微妙なところだが 気は心で3個目のミリネジ(小)に決定。 (^^ヾ
もしかしたらしばらく飛ばしているうちに印象が変わるかもしれない。


★ 再度ホバリング練習してみる

ブレード調整(で安定したような"気がする"が、よく分からん)+ 機体おもり(も効果がある"と思われる")で多少ホバリング動作が改善したので、再度ホバリング練習動画をメモってみる。
なんだかスッキリしないが、調整前よりも操作している側としては急な操作をそれほど必要とせずにある程度の範囲でホバリングしてくれるし、前進も使えるような感じになっている。

また練習だけのつまらん動画メモだが... ( ̄∇ ̄;)
今日はたまにトラック無線と思われる妨害電波の影響で エアポケットに入ったように急降下するが、なんとかホバリング練習してみる。 (^^ヾ



結構安定した...ように見える。(私的には)
最後にホバリング寄りすぎる調整になっていないか 前進も試しているが、ちゃんと前進できる機動性も確保されているようだ。 (^^)


5G6のフライトの合間にナイトクルーザー調整してみたが、ナイトクルーザー 2号機も 少しはよくなった気がする。 (^^ヾ
【2008/03/29 16:23 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(8) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 24フライト目 ~円運動が抑えられないか調整してみる
長くなったので2部構成でメモ (^^ヾ
何か曖昧な結果になってしまったが... ( ̄∇ ̄;)

★ ナイトクルーザーの円運動をもう少し抑えたい (^^)

うちの2号機は、常にカウンターをあてていないと すぐに1m弱の時計回転円運動を始めようとするし、あてていても抑えきれなくなってくるので なんか落ち着きがない。
普通に飛行させようとしても意外とこの円運動の力が大きく、円を描かせながら目的の場所に移動させるような感じになってしまっている。 ( ̄∇ ̄;)

購入当初、前後左右に スッ...とスライドしていた不安定な機体だったが スタビの軽快動作化で後左右へのスライドはなくなったが、その分 というか後左右分の力も含めて 前方向に集まり、1m弱の円運動になっているような気がする。

時計回転(右)の円運動になっているのは少し右にトリムがあるせいで、少し右にトリムをしている理由は 左カウンターを使わないとフラフラ移動して歩き ホバリングができないためトリムを少しだけ右にして左カウンターをあてやすいようにしている。
また少し右にトリムがあることで、前進させやすくなるということもある。


★ とりあえず前進(前後バランス)調整

現在 前に進む力が強いようなので、少し前進の力を弱めてやれば円運動の始まりを左カウンターで抑えきれるのではないかと考え 機体におもりを付けて前後バランスを現在よりも少し後ろにもって来るように調整してみた。

前後バランスを取るにしても、しっぽあたりの端の方に付けたのでは バランスを崩したときの収束が遅くなりそうな気がするので、なるべく重心位置に近いが後ろ側のおなかのあたりにおもりを付けて調整してみる。

調整方法は、いつものやっつけ仕事。 (^◇^;
おなかのあたりにメインフレーム?なのかプラ部分があるので 発泡スチロールの機体部分はさけて、ここに両面テープでおもりを貼り付ける。
重心はローター直下にあると思われるので、プラ部分の後ろの方(後ろ足付近)におもりを付けてみる。


まず おもりで円運動を抑えるのに効果があるのか少し重めのもので、重い場合の機体の動作特性を観察する。
ナイトクルーザーは機体自体がハニビとかと比べてかなり重いので、テープを貼ったくらいでは全然変化無いと思うのでそれなりに重そうなものを探す。

1個目、バラしたマザーボードから取っておいたボタン電池(CR2032)。 (^^;

CR2032.jpg


とりあえず盛大に盛ってみたが、かなり まったり。 (^◇^;
ホバリングは とても安定だが、あまり前進しないし、動きがとろい。
スタビおもり調整で、3倍増量(当社比)くらい盛ったときのようにまったり。
重すぎるからかもしれないが効果はあるようだ、機動性と安定性とバランスの取れたおもりを探すといいのかもしれない。
機体が重いから安定なのか、前後バランスの問題かこの時点ではよく分からない。 (^^;

ここで気がついたが、スタビおもり調整でもいけるかもしれないが、今回は機体の前後バランス調整でやってみよう。
スタビを重くすると機体動作も鈍くなるので、回転系は軽くしておいたままで 機体の重量バランスで安定化を試みる。

あと写真を見て思い出したが、うちの機体のアンテナは後ろ足に1回巻き付けてある。
購入当初 墜落させたときにアンテナがローターに頻繁に巻き付いてボロボロになってきたので、それから巻き付けるようにした。
巻き付け回数は 多くすると受信状況が悪くなるようで、制御性が低下するので1回巻きにしている。
巻いてからはローターにアンテナが絡まる事故は発生していない。
2ヶ月前はハニビ → ナイトクルーザーを追加購入したばっかりで、墜落させまくっていたからかもしれないが、なんとなく2号機でも1回巻きにしている。


次、2個目、もう少し軽いものを探したら、キューブベアボーンケースのネジが目に留まった。 (^^ヾ
感覚ではCR2032の1/2くらいの重さだろうか。

barebone.jpg


これもまったり風味だが、CR2032よりは動けるようだ。
もう少し軽くしても ホバリング時の円運動は抑えられそうだ。
こういう不要なおもりはなるべく軽い方がいいと思うので、もう少し軽いものを探す。


3個目、PCのミリネジ。
パソコン関連ばっかりだが、手元にある小さい貼り付けられそうなパーツがパソコン関連のものしかなかったので...
ケースネジと比較して急に軽くなるような気がするので、ミリネジの中でも少し長めのものを選択し、ナットをつけて+方向に重さ調整できるようにした。

ミリネジ1


これでも結構いい感じだが、最後にもっと短く 頭も小さい軽いミリネジ(4個目)で試してみる。

ミリネジ2


少し動きが元に戻った気もするが、前進時の動きも考えるとこれくらいでいいのかもしれない。 (^^ヾ
こんな小さいおもりで効果があるのか微妙な気もするが、実際扱いやすくなっている。

試しに5個目として3個目と4個目の中間くらいの大きさのインチネジをつけてみる。
右:ミリ小 中央:ミリ大 左:インチ

ネジ3兄弟


...まぁネジシリーズは、どれも気にするほど変わらんか。 (^^;

同時進行で次項のブレード締め付け具合の調整もやっていたのだが、ここでおもりを外してみると...効果が分からん。 (^◇^;

おもり無し状態でも円運動が以前より抑えられている気がする。
ブレードの締め付け具合を変えるだけで、安定化に効果があったのかよく分からんが安定しているのは間違いない。
ということで、バランス調整のスタートに戻る。 ( ̄∇ ̄;)
同時進行するんじゃなかった... orz


ふとここで気がついたが、プロポの電池が49フライト目になっている(1号機から継続使用)。
まだ問題が発生していないので気にしてなかったが、電圧を計ると7.53v 結構減ってる。
2号機になってまだ電池交換を経験していないが、1号機のプロポと違うものだし 周波数も違うので多少電池の持ちとか使用限界とか違うのか?
今回は問題も発生していないし、もう少し頑張ってみるか。 (^^ヾ


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/03/29 14:47 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 15フライト目 ~浮かすだけなら5G6より難しい... ( ̄∇ ̄;)
★ ナイトクルーザーでがんばってホバリングしてみる

5G6のメモばかりであまり飛ばしていないナイトクルーザーだが、5G6の冷却時間も結構取っているので2~3フライトしてみた。 (^^ヾ

ホバリング...”もどき” をさせようとすると、5G6より遙かに難しい... ( ̄∇ ̄;)
奥が深い...


スタビおもり調整だが、当初おもりを付けたときは小さい方でよかったような気がしたが(トラック無線妨害のためフライト中断)、昨日再フライト時に ギア等にシリコンスプレーでグリスアップしてから? なんとなくまた少し円運動が大きくなった感じで、1号機と同じ重さのものに付け替えてみたが今度はこの重さでも良さそうだ。
グリスアップで動きがよくなったので、より安定性の高い重いものの方がよくなったのだろうか? (^^ヾ

うちの2号機は、買った当初は 前後左右に不安定にスライドしながらもそこそこホバリングしていたと思うが(不安定具合に流されるままで制御できないのでかなり怖かったが...)、スタビ作動広角化で少し スタビ軽快動作化で前後左右への不安定なスライドはなくなったり、その反面?円運動が大きく(大きな弧に)なったような気がする。
円運動はスタビおもり調整前は 制御できないくらい強い円運動だったが、スタビおもり調整後は放っておくと円運動になるが、がんばればそこそこ抑えられる感じになっている。
まぁ、”抑えられた”程度で、依然として円運動はしてしまうのだが。 (^^;;;


ということで、久しぶりにナイトクルーザーの動画メモを撮ってみた。 (^^ヾ
高度や機首の安定化は無視して、一定範囲内に収める(ホバリングもどきをしようとする)ことだけに専念して飛ばしてみた。 (^^;
ある程度ホバリングらしきものができるときでも、今のところ数秒程度という感じ...
下の地形が複雑なので 気流の影響で少しずつ動かされているのかもしれない。

ではホバリング練習動画。 (^^ヾ
コメントいただきましたので追記しますと、機体を左1回転や たまに右1回転させているのは、うちの機体が だまっていると直径1m弱の時計回りの円運動を始めようとしてしまうので、それを抑える手段です。 (^^;
ホバリングさせるときは、左に適度にカウンターを当ててやると数秒程度はあまり動かず(10cmくらい?)ホバリングらしい飛び方になるのですが、落ち着きがなく すぐに移動したくなるようでそれを抑える方が大変だったりします。 (^^ヾ
だいたい数十cmの範囲内で円運動抑え→ホバリングを繰り返している感じです。 (^^;




ひたすら練習しているだけの つまらん動画だが 参考までに貼っておく。 (^^ヾ

安定してホバリングするナイトクルーザーの動画って見たことないのだが、調整により安定するのだろうか?
【2008/03/26 12:56 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(7) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 11フライト目 ~スタビおもりを思い出した (^^ヾ
★ 久しぶりのナイトクルーザー 11フライト目

昨日 スタビ動作の軽快化を実施して円運動が気になっていたのだが、コメントでスタビおもりを追加したら安定したという報告を頂き、そういえば1号機で試していたことを思い出した。 (^^ヾ
2号機はもともとホバリング仕様で安定だったため、スタビおもりは付けていなかったのだが、2号機スタビにおもりを付けてどうなるかを実施してみる。

とりあえず、1号機で使用していた(1号機で最適な重さだった)おもり。

1号機と同じおもり


うーん...まったり。 (^◇^;
2号機はもともと動きが少ないホバリング仕様のため、1号機と同じおもりでは重すぎるようだ。

1号機では、(効果は分からなかったが)スタビが水平になるように 不等長のおもりを使用していたが、ノーマル状態では少しリンクの付いている方に傾いる。

ノーマル時の傾き


傾いているのが正常なのかもしれないので 今回は等長のおもりを使用した。

つぎに、細く軽いものに変えてみる。

軽いおもり


これで結構いい感じになった★ (^^)
円運動もある程度押さえられて、昨日実施したスタビ軽快動作化でナイトクルーザーでは動けない 後左右方向の妙なぶれもなくなっているし、2号機の元のホバリング状態を安定化させたような状態になった。

最近4ch機も飛ばすようになってきたので、ハニビでは全然気にならないのだが 同じような雰囲気(構造とか大きさとか)の機体で機首が安定しないのには違和感を感じたりする。 (^^ヾ
ジャイロっていいもんだ と実感。

あと、4chでプロポをモード2にしたので、右スロットル扱えるかなと不安だったが機種ごとに指が覚えているらしく誤操作はなかった。 (^^ヾ


今日はトラック無線Dayのようで、急に高速回転したりあやしげな動作をするのでしばらくしてからまた飛ばしてみよう。 (^^ヾ
【2008/03/23 15:34 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 2号機 10フライト目 ~スタビ動作をゆるくする
★ ナイトクルーザーを久しぶりにいじってみる (^^ヾ

...LAMA V3が墜落後、非常に不安定で前後左右 急に動いたりして怖くなったので、ナイトクルーザーを久しぶりにいじってみる。 (^^ヾ
LAMAの方は見たところリンク等正常だが、結構ブレードが痛んできていて そのせいかもしれないので、全交換のための新品ブレード到着待ち。
それにしても動画撮影後に次々と機体が故障するのは、偶然か? ( ̄∇ ̄;)


さて、ナイトクルーザーだが、2号機が到着したときから気になっているスタビ動作の固さを取ってみる。
1号機は、秤のように(とは大げさかもしれないが)軽くスタビが動作していたが、2号機は少し触ったくらいではその角度で止まってしまうくらい固い。 (^^;
1号機でもスタビが固くなったときに前後左右不安定になったので、このスタビ動作の固さのせいで 2号機のホバリング時のふらつき(前後左右への少しぶれる)が起こっている気がする。

いつもどおりシリコンスプレーを表からかけただけでは あまり変わらないので、おそらくシャフトとのあたり部分かシャフトを貫通しているピンが固いためだと思われるので、スタビをバラしてみる。 (^^ヾ


作業性が悪いので、安全リングは外して作業開始。
スタビはピン(釘のように片方に皿がある)で留まっているだけなので、小さく見える反対側から押せば出てくる。
こんな感じ。(スタビ右側からくぎの頭のようなものが出ている)

スタピピン


あとはラジペンか何かで引き抜けばOK。 (^^)
Y43のメインシャフトとメインギアのピンは固すぎてギアを削らないと外せなかったが、これは少し強めに押せば出てくる。

スタビを外した後。
 ※スタビは安全リングを付けるパーツの上に落ちてる

取り外し後


とりあえずスタビとシャフトの表面のあたりが 少しきついようなので、やすりで削ってみる。
ゆるくなったので一度ピンを入れて戻してみたが、ピンとシャフト内部の摩擦も大きいようでここもスタビを固くしているポイントのようだ。
ピンをシャフト部分だけ何回か出し入れすると内部が削れてゆるくなってきたので、シリコンスプレーして完成★ (^^)

<追記 3/23>
奥まで何回も出し入れすると、ピンの留めが甘くなると思うので、ほどほどに。 (^^;
※ スタビのピンは、ピンを挿した反対側だけで留まるようになっている。
こんな感じに、先の方だけヌケ防止加工がしてある。

スタピピンonly

 
ただ、作業中 5回以上は動作確認のためピンを完全に差し込んだが、それほど留めは甘くなっていないのでOKだろう。

これで、1号機並みに スタビ動作が軽くなった♪


★ スタビゆるくした結果

スタビをゆるくした結果、機体のフライト特性は 2号機の特徴であったホバリング仕様から1号機の特徴の微速前進仕様に近くなったような気が... (^^;
それほど速く進むわけではないのと、ある程度の場所にとどまってくれるときもあるので まだよく分からない。 (^^ヾ

あと2号機には大きい円を描いて飛ぶ(ホバリング(?)する)ようなときもあったので、その大きい円の特性が強調された気がする。
気がするんだが、2号機になってまだ10フライト目で1ヶ月くらい飛ばしてなかった気がするのでイマイチ以前の飛び方も飛ばし方も よく分かってない。 (^^ヾ

スタビをゆるくする目的は達成したのだが、それがフライト時によかったのかどうかは まだよく分からない。 (^^;;;

<追記 3/23>
そういえばスタビ調整前は、横とか後ろとかナイトクルーザーでは動けない方向に少しぶれたりしていたが、スタビ調整後は 微速前進あるのみになっている。
そのため円運動が大きくなっているのかな。
そういう意味では、前後左右にぶれる不安定な方がホバリング精度は高かった。 (^◇^;

<追記 3/23>
後のメモの スタビおもり調整で安定した。 (^^)
【2008/03/22 17:10 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(9) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 2号機 7フライト目 ~離陸動画★
★ ナイトクルーザー 2号機 離陸~ホバリング動画

1号機と多少動きが違うので比較のため離陸動画をメモしてみる。 (^^ヾ

離陸時は右旋回となるため1号機同様まっすぐ前に離陸した方が離陸後の操作の猶予が取れるのだが うまくカメラのフレームに入らないため、見通しの右側にベッド端の壁があり 離陸に失敗するとパソコンのモニタにつっこむ危険もあるが斜めに離陸させてみた。 (^^;

1号機はAT車のクリープ現象のように少し前進仕様だったので、前進機能を使わなくても前に進む力があり 後ろに下がったりすることはなかったが、2号機はこれに比較してホバリング仕様になっている。

とりあえず1号機でもメモしたような、2号機 離陸~ホバリングの動画



たぶん...おそらく...動画を見ると 離陸して一定高度になった後 手前に戻ってくるときに前進機能を使っている...気がする。
はっきり画面からは分からないが 2号機ではこんな直線的な動きは前進を使わないとしないので。 (^^ヾ

あと距離感が分からないと思うが、ヘリポートのダンボールから奥に映っている棚まで1m20~30センチくらい。
せまい... ( ̄∇ ̄;)

2号機はホバリングさせようとすると一定の個所に円を描くように滞在している。
その円は操作によっては大きくなったり小さくなったりするので、適度に制御してやる必要があるようだ。
前進を使わなくても、うまくスロットルと右旋回を使うと少し前進になるが円が大きくなるだけの時もあり、1号機のようなクリープ現象がないので やはり前進を使いこなさないと2号機は思い通りに飛んでくれないようだ。 (^^ヾ

1号機では、”前進を使う=即バランスを崩して墜落” となり前進機能は使用してはいけないタブーで今まであまり練習できていないので、2号機でいきなりホバリング仕様になったので、現在 前進機能を使って思い通りの場所に飛ばせるように練習中。 (^^ヾ

ある程度 前後左右にゆれるのはスタビの堅さのせいだと思うのだが、なかなか1号機のように柔らかくなってくれない。 ( ̄∇ ̄;)
1号機は はかり(計量するやつ)のように敏感だが、2号機はそこまでゆるくない。
何かゆるくする方法無いかな~
【2008/02/25 22:38 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(2) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー フライト中のローター停止原因を考える ~妨害電波?
★ 妨害電波って? ~周波数利用を調べてみる (^^ヾ

電波のことはよくわからんのだが(無線関係の資格でアンテナだけ取れなくてあきらめたことがあったし...)、総務省のページからどのような電波がナイトクルーザーと同じ周波数帯を使っているのか見てみる。

タイヨーさんから電源瞬断は妨害電波かもしれんとメールをもらったので、1ルームの部屋の中でしかも1~2mの距離でナイトクルーザーを飛ばしているのに、窓方向から入ってきて その電波が妨害されるような強力な電波源って何だろう?と思ったのが調べるきっかけ。 (^^ヾ


ナイトクルーザーは、27.045MHz版と27.095MHz版が出ているのでその付近を検索。

まず27.045MHz付近。
27.045MHzって、27040kHzのところに入るのか?
  総務省 電波利用HP 27.045MHz付近の利用状況

27040kHzの次の27048kHzのところは無線操縦発信器用 つまりラジコン用だと思うのだが、ナイトクルーザーは無線機器製造事業用の周波数を使っている...のかな。 (^^ヾ

次に27.095MHz付近を検索してみる。
  総務省 電波利用HP 27.095MHz付近の利用状況


27095kHzに該当する周波数で行くと27094.5kHzのあたりだと思うのだが、”漁業用”??? ∑(゜◇゜;)
いやまて、でも27088kHzの無線機器製造事業用の占有周波数帯域幅が6kHzだと最低でも27094kHzまで占有するわけで、周波数帯がその次の27090.5kHzに明らかにかぶっている。

無線周波数がかぶっちゃダメだと思っていたが、かぶってもいいのか?
それにしても27.095MHzまでかぶっていいのかよくわからない。
下の市民ラジオの項目で周波数は8kHz間隔とあるので27.095MHzは27088kHzの分類にはいるようだ。
漁業(海上)と陸上ではかぶってもいいのかな? 電波の到達に陸上も海上も関係ないと思うが... ( ̄∇ ̄;)

ナイトクルーザーは漁業にも入るわけだが...
ん?ということは、ナイトクルーザーは海上(船上)では使ってはいけない機器なのか?
出力が小さい(と思う)ので、漁業無線に影響はしないと思うが。 (^◇^;

でもまぁ、どういう理屈かわからんがどちらもラジコン用ではなく、無線機器製造事業用という周波数を使っているのだろう。


★ 妨害電波って? ~無線機器製造事業用が ぁゃιぃ ( ̄∇ ̄;)

で、無線機器製造事業用 って何? (^◇^;
と思い少し検索すると、”CB無線””市民ラジオ”というキーワードが引っかかってきたように思う。
個人が比較的簡単に使用できる短距離通信用無線 とのことだが、トラックの違法 大出力無線もこの周波数帯に該当するようだ。 (^^;;;

  wikipedia-市民ラジオ

使用する周波数に27.040MHz、27.088MHzも入っているので、ナイトクルーザーの周波数帯とかぶっているのは間違いない。


...トラックの違法大出力無線が原因と考えると、なんだか納得しちゃうなぁ。 (^◇^;
数百メートル離れているが国道が窓方向にあるし、そこからじゃなくても数十ワットの大出力で電波出されたら、いくら1mの距離からナイトクルーザーを操作していても影響しそうな気がする。 ( ̄∇ ̄;)
適法範囲内の出力ならナイトクルーザーに干渉しないとおもうが、これの対策は難しいな。 

実家だとトラックが走るような高速や国道まで数キロ先なので、ここよりは電波環境良さそう。 (^^)
まぁ、問題解決には あまり関係ない話だが... ( ̄∇ ̄;)


無線をよくわかっていないので机上調査だとこれくらいがいいところかな。
原因が特定できたわけではないが、ナイトクルーザーがラジコン用の周波数じゃなくて違法トラック無線と同じ周波数を使っているのはわかった。

ただ、主にトラックが使用する違法無線だとして、出力にもよるのだろうがどれくらいの距離までナイトクルーザー程度の無線に影響するのかがさっぱり分からん。 (^^;
スペアナとかで見てみないとわからんのかな。

というわけで、原因が何となく把握できた程度で、やっぱり無線のことはよくわからんな。 ( ̄∇ ̄;)
【2008/02/22 13:45 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー フライト中のローター停止を問い合わせてみる
★ ナイトクルーザー 電源瞬断原因は?

とりあえず購入元のAmazonにこれはいきなり返品システムではなくカスタマーサポートにメール。
Amazon側ではわからない(当たり前か。 (^^; )ので製造元のタイヨーに聞いて下さいというお返事を頂いた。
返信メールにはタイヨーのサービスセンターの情報も記載されていたので、早速タイヨーのサービスにも同じようなメールを出してみた。

タイヨーのサービスからは、テンプレっぽくない、よくネットの小規模な店で買ったときのやり取りのような必要事項のみ数行書かれたメールが来た。 (^^;

フライト中にローターが停止するようなシステムはない。

とのことで、自社製品にかなりの自信があるようだ。 (^^)
推測との但し書き付きで、妨害電波による誤動作が考えられると書いてある。
調べてみるか。

妨害電波調査につづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/22 13:35 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー2号機 就航★ (≧∇≦)ノ
とりあえず時間がないので、簡単にメモ。

奥が初代ナイトクルーザー、手前が2号機。 (≧∇≦)ノ

1号機と2


1号機との比較で気がついた点は

・ 新しいのでギアの音がしっかりかみ合っている感じ
・ 全体的にもカチッとしてる
・ 電源瞬断は、1号機同様発生する ← 製品の仕様か? ( ̄∇ ̄;)
・ ホバリング中、前後左右フラフラ移動する

1,2は新品だから当然か。 (^^ヾ
4点目はたぶんスタビがちょっと硬めのせい。

1号機は手でちょっとでもつついてやると、簡単に上下を繰り返したが、そこまで柔らかくない。
とりあえずシリコンスプレーしてみたけど、少しよくなった程度でまだ1号機の柔らかさまではない。

まだダメそうなら、リンクを1号機のものと交換してみるとか、やってみるつもり。 ∠( ̄∇ ̄)

<追記>
スタビとブレードのリンクを外してみると、スタビ自体の動きが悪いようなので、接合部にシリコンスプレーしたり何度も動かしてみたりするも1号機ほど柔らかくはならない...というところで昨日は終了。 (^^ヾ

【2008/02/20 12:58 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 105フライト目 スタビライザー水平化調整 しかし...( ̄∇ ̄;)
★ スタビ水平化調整をしてみる

ナイトクルーザーのスタビは、柔らか素材でできているので自重でも結構たれてくる。 (^^;
そこでこれを水平になるように戻してみたらどうなるのか調整してみた。

調整方法は、最近ブレード調整でも使っているドライヤーを使用。 (^^ヾ
数秒ドライヤーをあてると素材が柔らかく(柔らかくさせすぎるとやばいかも)なるので、そこで手で形を固定し そのままさます(10秒くらい?)とその形に整形される。
ただ単に手で曲げただけではなかなか整形できないし、無理にやると破損するおそれがある。 (^^;;;

スタビ修正前:垂れた感じ (^^;

水平化前


おもり調整前から垂れ気味だったので それほど飛行に影響はないのだろうが、修正してみる。

スタビ修正後:一応 水平化

水平化後


イイ感じにまっすぐになった。 (^^)
さて、テストフライト♪ (≧∇≦)ノ


★ テストフライト そして... ( ̄∇ ̄;)

ここのところ下ローター出力低下&不安定化と戦ってきた。
電池の持ちも飛ばせ方の変化ももしかしたらあるのかもしれないが、6分くらいに短縮(以前は9分以上)になってきた。しかも約4分半以降の後半は左回転ができない状態。
それに加えフライト中の電源瞬断多発。これは数フライト顕著になってきたと思う。

そして運命の(?)テストフライト:105フライト目 開始。

最初からトリムが大幅に行ったり来たりめっちゃ不安定だなぁと思っていたら、いつもの電源断数回で墜落。

ついに、下ローターが動かなくなりました。 orz

動かなくなってしばらくは手で初動をつけてやると不安定ながらも動いていたりしたんだけど、だんだんそれも動かなくなって現在ほとんど動かない(2回転くらい)状態に。
やはりモーターかな... ( ̄∇ ̄;)

ふぅ。
購入して1ヶ月だったが、105回も飛ばしたし...本当はもっと飛ばしたかったけど、十分楽しめたかな。 (^^ヾ
バッテリーは200回充電可能と書いてあったので200フライトを目指していたのだが、ハニビ アパッチ 10フライトくらいのラジヘリ飛行経験で2~3畳の障害物多数空間では当初の墜落時のダメージが大きかったか。 (^^;
初心者で2~3畳の空間でも障害物がなければ全然OKだと思うが...
あと前進調整の時も派手に墜落させてたし。←コレが一番派手な墜落かも (^◇^;

いろいろ手を入れたことで、少しは調整方法や仕組みがわかったし。
ナイトクルーザーありがとう★ ∠( ̄∇ ̄)


あ、これ管理番号で100メモ目か。 ( ̄∇ ̄;)
キリ番だな。
【2008/02/18 12:42 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 101フライト目★ ~フライト(ショート)動画
このメモから読んだ方に補足しておくと...

へたれたナイトクルーザーをなんとか飛ばそうとしている動画ですので、新品時の機体は通常フライトでこんなにフラフラしなかったと思います。
ナイトクルーザー購入をお考えの方はこことは別のサイトの動画をごらんになることを強くお薦めします。 ∠( ̄∇ ̄)

...なかなか動画って見あたらないんだけどね...
やっぱ、動画アップって面倒だし、よほど操縦がうまい人か好きな人がアップしてるんだろうな。
私は動画アップ初めてだったので技術的興味が大きかったですが。 (^^ヾ


★ フライト映像アップロード完了

一応ベッド上のダンボールは30cm×40cmの板で、一応ヘリポートってことで。 (^^;;;
30×30cmの板と交互に気分で使っていますが、私にとってはこれくらいのサイズが着陸できる精度の限界かも... < へたっぴ~!!


以下、4つ(も)調子に乗ってアップしましたが、いずれも前進使わず。
いまの機体の調整だと、前進使うと この部屋としては超高速移動で制御不能になるので... (^^ヾ


★ 手乗り離陸~着陸

18秒付近で少し落ちるのは、結構前からあった機体電源が瞬断する現象。 (^^;
これの原因は未だに分からず。



★ 離陸 成功例

以前はベッド端で旋回~上昇できるほど機体のコントロールがあったが、今はこれでいい方。 (^^ヾ



★ 離陸 ちょっとぶつかり~電源瞬断立て直し2回

2回くらい中くらいの機体電源瞬断があるので、その落下の立て直しの方が大変。 (^^;;;
 ※ 大だと完全に墜落



★ 離陸 ぶつかってフラフラ立て直し~と思ったら電源瞬断大で墜落

アンテナがボロボロなのが悪いのか、このフライト中の電源断(ローター停止)はなんとかならんものか... ( ̄∇ ̄;)
墜落後、電源が復活しローターが少し回る音が聞こえる。




へたっぴ~な操縦ですが、現状 こんなところで。 (^^ヾ
【2008/02/16 17:46 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 101フライト目★ ~動画アップロードテスト (≧∇≦)ノ
資材倉庫 & へたっぴなヘリ操縦技術をさらすようで恥ずかしいが、とりあえず動画アップテスト♪ (^^)

初心者が100フライト以上飛ばした後のナイトクルーザーなので、結構ガタが来ていて調整しないとまともに飛ばない機体であることを考慮して下さいませ。 m(_ _)m


★ 動画アップロードについて

動画アップロードサイトは、NTTのClipLifeというサービス
 http://cliplife.jp/
を1番目に見つけたのでここを使うことに。
YouTubeとかだとアクセスたくさんあるかもしれないし、ハズかしぃので... (^^ヾ

アップロードファイルは、mp4形式が使えるとあったので mp4の中のコーデックは何でもいいのか分からんかったがとりあえずx264 & mp3で圧縮。
動画コーデックのx264はcrf36(品質イマイチ)にしてみたら音声のmp3(LAME vbr q2)よりも動画サイズが小さくなってビックリ。 (^◇^;

結局問題なくアップロードされ、ここのメモにも貼り付けられるようだ。 (^^)


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/16 17:43 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 100フライト達成★ ~いろいろメモ
100フライト目を迎えました! (≧∇≦)ノ
満身創痍という感じですが、まだまだがんばってます★ (^^ヾ
ここ最近は調整目的のフライトがほとんどですが... ( ̄∇ ̄;)

1フライト時間も5分+くらいですね。
結構短くなってきた気がします。


★ スタビライザーと安定化 ~横道~

ナイトクルーザーのスタビライザー周辺をいじってたらスタビライザーとメインブレードのリンクが外れかかって動きが渋くなっていたようだ。

それに気がつかずに飛ばしたときは、前後左右スーッと少し流れて止まるのような 見た目だけ4chとかのラジヘリっぽく飛んだ。
まぁ、コントロールしてそうなっているわけでも、コントロールできるわけではないのだが。 (^◇^;

あんな簡単な構造のスタビでも機体安定化の大部分を占めているのかも。
スゴいなと思ったわけでありますよ。 (゜◇゜)


★ 下ローター出力?

最近 左回転(反時計回転)が強くて制御できないから上ローター出力減の調整を実施。
しかし1フライト中の後半(4分半くらいから)は右回転(時計回転)しか制御が効かなくなる。
左回転は全開でも何も変わらないくらい弱い。 (^◇^;
つまり上ローターの回転が最終盤は弱いわけだが、これもよくわからん...


★ クリープ現象?ではないのだが (^^;

ヘリ用語はよく分からないので AT車で起こるクリープ現象にたとえてみたが、以前よりもホバリング状態での前進が速い。

動画を撮って そういえばと気がついたが、以前はベッド端に出たところで旋回して上昇という細かい操作ができたのだが、今は上昇するだけの推力にすると結構前進するのでTV等の壁に接触ギリギリで回避という感じ。 (^^;;;
なので、最近は手乗り離陸がほとんどですね。

以前の空域図をもう一度貼っておくか。

部屋見取図e


とはいえ 最近は窓側は全て資材で埋まってしまいテーブルの横で自分がコントロールしているので、実質テーブル端からPCあたりまで。 ( ̄∇ ̄;)
プラス材料としては、肩より上の高さになってしまうがTV等の上空を危険を承知で少しは使うときがあるので、その分は少しだけ広いときもある。


と、動画を撮ってみると その素材をこのメモにも貼り付けられないものかと考え、メジャーなサービスなのかよく分からないがNTTがやっているClip Lifeという動画配信サービスがあるようなので、そこに登録してみた。 (^^)
あとでここにも貼り付けられるのかアップロードテストしてみよう。

今までもなるべく他が写らないように写真を撮っていたので、資材庫のような部屋を公開するのには抵抗があるが... (^◇^;
【2008/02/16 14:47 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー スタビ安定化 再び ... 今回はイマイチ
★ スタビ安定化 第2弾

下ローターの推力減衰によりトリムが増えてきて、上ローターの推力下げるようにしたらついでにスタビライザーの安定化の力も弱くなったようで、前進を使うとフラフラがなかなか止まらないし不安定な状態に。 ( ̄∇ ̄;)

そこでふと思い出したのが、前回は機体がほどほど調子がいいときにやったので軽いおもりがよかったが、今回はより安定させるためスタビに重めのおもりを付けてみたらどうなるだろう?ということ。
前回の経験則から行くと結構安定してくれるはず。
でも柔らかスタビの変形が気になるが...

今回はこんな感じ。

スタビ調整2


結果!!! ダメですねぇ... ( ̄∇ ̄;)
少し安定する(ふらつきが少なくなる+前進が遅くなる)のだが墜落するまでバランス崩したり何かにぶつかって墜落するまで制御不能なのは変わらないし、やはり上ブレード形状を変えた影響が大きいんだろうなぁ。
広い部屋なら何かにぶつかる前にコントロール回復できそうな気はする。

1号機は素直に前進使わずにフライトさせるかな。
前進使わなければ十分コントロールできるし、トリムが正常になると結構自然に 前進使わない状態でも前進スピード上がるので部屋の中 自由に飛ばせるし。 (^^ヾ


というわけで、何か思いつくまで前進機能はあきらめる方向で。
現状で前進使ったらかなり高速になるので、どちらにしろこの狭い空域では制御不能な感じだし。 (^^;
【2008/02/15 12:12 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(2) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 94フライト目 <補足:ブレード形状変更×?>
★ スタビ調整効果 & ブレード形状変更について

下出力が急に減衰してトリムが狂いまくりなので上下ローターのバランスを取るため上ローターの出力を抑制する方向でブレード形状を変更したが、スタビとの関係を考えると スタビが動作したときの上ロータの出力も小さくなるわけで安定化の力が弱まってるのかも... ( ̄∇ ̄;)

やはり根本的に下の出力が弱い状況をなんとかしないと元のように安定にはならないのかな。
とはいえバラしてモーター交換というのもラジコン初心者の私には少しハードルが高いし。 (^^ヾ
 ※ 本当にモーターなのかも現在判っていないが

前進を使わない通常飛行時の制御性は今の方がはるかによくて楽しいので、また前進はあきらめるしかないか。
こうなると手詰まり感があるなぁ。
そろそろ2号機の出番か? (^^ヾ

昨日考えた重心とか重量とかのバランスでなんとかなるなら、とりあえずそちらから調整してみるか。 (^^)
【2008/02/14 07:11 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 94フライト目 ~スタビ調整効果 無くなりました? ( ̄∇ ̄;)
★ スタビライザー & トリム適正化調整 その後

昨日のブレード調整でトリムは現在12時に戻っている。 (^^)
変に左右回転がかからないし、ほどよく自然に前進してくれるのでとても扱いやすい。
それはいい。

だが、気がつくと あれほどやってきたスタビライザー調整の効果が消え、前進を使うと不安定になってる... ( ̄∇ ̄;)
そういえば、機体が震えだしたのがスタビ調整のしばらく後でそれからブレード調整をやり始めたので前進をあまり使っていなかったから気がつかなかった。

機体の振動と関係があるのか、トリム調整でほどよく前進しているところにさらに前進をかけるから急進して不安定になっている感じなのか、よくわからんなぁ。
前進をゆっくり目にすればOKならかなり前にも少しやった重心のバランスを少し後ろにずらすと扱いやすくなるのかも。

平日は時間が少ないなぁ。
また明日考えるか。 (^^ヾ
【2008/02/13 23:14 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 上下ブレード調整 part.3
★ ブレード形状変更による上下ローター出力のバランスとり

トリムがやはり右方向に狂ってくるので再修正。
今日は時間がないのでドライヤーとハンドパワーで。 (^^ヾ

下ブレードが端にいくほど上にそり上がったようなゆがみがあるため、これを少し修正してみた。

修正前はこんな感じ

下ローター修正前


あと少し短辺方向の湾曲のクセをつけるような感じで調整。

ブレードはもともと最大出力が得られる形状に設計していると思うので出力上昇にはそれほど期待していなかったが、たぶん新品はまっすぐだろうし 反り返っているのは出力減少に繋がっていると思うので修正(時間が無くて完全に修正はできなかった)。

結果、気持ち0.5時くらい左に戻した。 (^^;


やはり上ブレードの出力抑制が効果的なようなので、前回のようにローター側半分くらいのブレードの湾曲を少し取るようにならす。(完全に板状にはしない)

こちらは、予定通り..というか右2時くらいから一気に少し左トリム30分くらいまで戻すことができた。
この調整後のフル充電状態のフライトはまだ行っていないので、どの程度 扱いやすくなったかは今晩あたり実施予定。 (^^ヾ


と、調整してみるものの、トリムが以前は1フライト中ゆっくり右にという感じだったのが、最近は行ったり来たりなのはモーターか機械系の不具合だと思うのでどうにもならんのだが...
少しだけローター回した状態で下ローターの回転を見てると急に回転が落ちたり安定しないのでその辺はなんとか操縦で乗り切るしかない状況。

現在93フライト目~
【2008/02/13 12:35 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー スタビライザー調整 おもり+ちょっと追記
スタビが平行になるようにおもりを左右に配置したら、左右おもりが違う重さ(長さ)になり、そのまま飛ばしてみるとプルプル機体がふるえだした。 (^◇^;
やはり違う重さの物を付けると重心が狂ってしまうようだ。

スタビとブレードのリンクが片持ちなので定常状態で傾いていてもいいのかもしれない。

<追記>
重りを外してもブルブル少しは震えてるので、墜落によりローターの軸がわずかにゆがんでいるのかもしれない。
【2008/02/12 12:42 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.2
★ 上ローターブレード形状調整

<追記>
再調整するときにブレードを外すのが面倒でドライヤーであぶってやったがそれでもOK。
外さなくていいので楽。
ただ外したときのように、板に挟んで均等に曲げるとかそういうことは難しい。


以前ポリ塩化ビニールの円盤のゆがみを修整するときに、電気毛布+板で修正というのがあり、何となく板イメージでアイロンを使うことに。 (^◇^;

まずブレードを外す。(3本ビス留め)
そのまま曲げてもブレードは結構堅いものなので、クセが付いてくれない。
そのため、アイロンと当て布を用意する。 (^^;
直接アイロンを当ててはブレードが溶けてしまうので、適度の暖まるようにアイロンを当て布の上から当ててやる。(ドライヤーでもたぶんおk)
アイロンを使ったのはそのまま当てるだけで水平方向になってくれないかを期待したのだがそこまで熱したわけではないのでそうはならなかった。
ある程度加熱して手で補正(固定)という感じで調整した。

自分の思い通り出力が変わるかも、どれくらい変わるかも分からないので、とりあえず気持ち、ブレードの内側半分程度の箇所の丸みを少しのばす程度の調整としてみた。

右が調整後、左が調整前

ローター形状変更


わかりにくいな。 ( ̄∇ ̄;)


★ 上ローターブレード形状調整結果

直った!!! (≧∇≦)ノ

ちょうど12時くらいに戻ったので、あれ以上やっていたら逆に左トリムになっていたところだ。 (^^ヾ
なんと絶妙な。 (^^;;;

機体の特性も以前の前進仕様が復活している。またトリムに無理がない?からか左右旋回も自然にできる。 (^^)

と、ここで下ローターブレードの丸みを大きくする方向でもいいのではないかと気がついた。 (^◇^;
水平に近くする=出力を弱めるので飛行時間に影響しそう と今さらながら気がついたわけだが、まぁいいか。 ( ̄∇ ̄;)


これでまたしばらくは楽しめそうだ♪ (≧∇≦)ノ


と思ったら、3フライト目くらいでブレードのクセが戻ってきたのかトリムが増えつつあるので再度調整を試みる。
毎回外すのは面倒なので、ドライヤーであぶって調整してみる。
これなら簡単に調整できそうだ。

何回か飛ばしたけど、もっと強く曲げないと時間とともに戻ってくるのかなぁ。
手で触った感じそれほど戻ってるような感じはしないんだけど。 (ーー;

あとトリム量が以前は時間とともに少しづつ右+って感じだったんだけど、今は行ったり来たり安定しない。
やはり下ローター出力が不安定になってるのか...

とはいえ、トリム3時よりは遙かに制御しやすい。
ここ20フライトくらいトリム量増大により非常にコントロールしにくい状況で何とか飛ばしていたせいか、かなり安定して飛ばせるようになってる。 (^^;


なんか調整が増えてきたな。
たぶんつづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/12 12:07 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 88フライト目 ~ブレード形状変更 part.1
★ ナイトクルーザー トリム量を12時近くまで戻したい調整

少し前からの調整で前進や機体の安定性はかなり改良されてよくなったのだが、この調整前から少しずつトリム量が3時すぎくらいまで進み、左右旋回コントロールも今ひとつになってきている。 ( ̄∇ ̄;)
くるくる回転しちゃうし。

おそらく下ローターのモーターか機械系だと思うが、下ローターは軽やかな音で回っているため機械的に負荷がかかっているとかダメージを受けているようには見えない。
モーターだとしたら今後もトリム量が変化し続けるかもしれないが、それ以外かもしれないので、とりあえず上下ローターの出力バランスを取り、トリム量を購入時の12時付近に戻したいと思い調整を検討する。 (^^ヾ

あと、最近トリム量が3時方向に増えるにつれ、以前よりホバリング仕様に近くなり、自動的な前進があまりなくなった。
当初機体破損の接着剤の影響かと思ったのだが、前に重りを付けてもあまり変化しないためトリム量が関係しているのかもしれない。
そして前進は使えるのだがトリム量が偏って来たため、左右旋回のマージンが低くなっていてうまく前進が使えていない気がする。


★ 上下ローター出力バランス調整

カラ割りしてどうこうというのは私にはまだ難しそうなので、とりあえず見えている部分で調整を検討する。

ローターを回してみると、上ローター出力を絞ると右回転(時計回り)、上ローター出力を上げると左回転(反時計回り)となる仕組みのようだ。
今回トリム量が3時くらいに増えているので、定常的に反時計回り方向の力が強い=上ローター出力が下ローター出力よりも強いということになる。(と思う)

そこで、上ローター出力を弱めて下とのバランスを取るため、ハニビ機首安定化でもやったローターブレードの形状変更をやってみる。
素人考えだが、ブレードの丸みにより揚力を得ていると思われるので、この丸みを少し水平方向へならしてみる調整を実施した。


つづく~ ∠( ̄∇ ̄)
【2008/02/12 11:58 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー スタビライザー調整 <作動角度広角化調整>
★ スタビライザー調整 part.2

結局早くも ネットでよく見かけるスタビライザー作動角度広角化調整をやってしまった。 (^^ヾ

ナイトクルーザー自体ちょっと調子悪いので、今さら感はあるが早速。

スタビライザーの作動角を大きくするには、スタビがもっとも傾けたときに接触している部分を少しずつ削って行けばいい。
作業するときは、安全リング(引き抜けば取れる)と上ブレード(ねじ止め)を外して作業するとやりやすい。

調整後の安全リングの高さから見たスタビ。
スタビは最大に作動した状態になるようにおもり(ひも)を付けて撮影している。

新品状態のスタビ

スタビ作動角新品


スタビ作動角度広角化後

スタビ作動角調整後


新品と比較して、より安全リングに近いところまでスタビライザーが動くようになっているのがわかる。
安全リングにツライチでぶつからないようにしたつもりが、たまにぶつかるようだ。 (^^;
安全リングもかなり柔らかい素材でできていて飛行中は結構上下するし、度重なる墜落で?ゆがんできている。

限界までスタビが作動することはあまりないし、ちょっとだけ当たるくらいなら問題なさそうなので、そのまま安全リングを付けて飛行開始★


確かにさらに安定した♪♪♪ (≧∇≦)ノ
スタビのおもり調整では飛行中の安定性は増したが、何かに機体がぶつかったときはかなり大きく姿勢が乱れるためコントロール不能になった。
しかし、今回のスタビ作動角調整でそれも許容できるだけのマージンができた感じで、さらに安定度が増した。 (^^)

今となってはもう少し早く ナイトクルーザーの調子がいいときにやっておきたかったところだが、半月前はそこまで理解がなかったしなぁ。 (^^ヾ

現在87フライト目
やっぱり上ローターが強すぎるようだなぁ。
トリムがどんどん狂ってくる気がする。
初動が悪かったので上の機械系かと思ったけど、トリムから考えると下のモーターとかが限界に近づいているのかなぁ。よくわからん。
とりあえず少しブレード形状変更を考えてみるか。
【2008/02/11 11:59 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(2) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー 83フライト目 ~ちょっと気になっていることのメモ
★ 上下ローター出力バランス?

ナイトクルーザーで ちょっと気になっているのは、スロットルを上げていったときに 上下ローターが以前は完全に同時ではなかったがほぼ同時に回り出していたところ、今はかなりスロットルを上げないと上ローターが回らない。

そういうこともあり右回りが強まっているし...ってあれ? トリムは3時くらいだ。
初動は悪いが高回転域では出力が大きいのか?


原因が分からんが、少し羽根を触ったりしてみる。
上ブレードが回ると振動が大きい。
軸が長いから数え切れない墜落で多少ゆがんでいるのだろう。
でも見たところ、初動で回転しなくなるほどダメージを受けているわけではないし。

機体の窓から見えるギアとかみ合わせには問題ないようだが見えないところでギア欠けたりしてるのかなぁと思い、ちょっと負荷が大きいかもしれんが試しに少し上ローターを手で回してみる。
問題なさそうだが、ひとつ動かすごとにモーターで回してみて特に変わらない。
2,3回手で回したあと、今までと違うコリッとした感触があり、モーターを回してみると...
上下ほぼ同時に回転するようになりました★ (≧∇≦)ノ


ギアのかみ合わせなんてどこでも一緒だと思うが、とりあえず直った。 (^◇^;

充電中なので、次のフライトが楽しみ。 (^^)

<追記>
全然かわらんかった。 (^◇^;
あと上ローターの初動の遅さは少しあるときもあるが、以前ほどではない。
トリムに変更無し、3時。
【2008/02/10 11:52 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
ナイトクルーザー コントローラー用9v電池 ~金パナ終了
★ コントローラー用9v電池比較メモ

80フライト目にしてコントロールが効かなくなって連続墜落3回くらいしたので交換することに。

電圧は、7.75v。
これはマンガン電池の時とほぼ同じだ。
狭い部屋でもこれくらいがコントロールの限界らしい。 (^^;

45フライト目から使用しているので、36フライト使用できたことになる。
今まで使用したマンガン電池と比較のためまとめておく。

 1個目 東芝マンガン Black  20フライト
      コンビニ急遽ちょっと古めだけど購入 240円くらい?
 2個目 松下マンガン Neo   24フライト
      ドラッグストアで新しめで購入 210円
 3個目 松下アルカリ 金パナ  36フライト
      ドラッグストアで新しめで購入 525円
 4個目 松下アルカリ 金パナ  今回~
      楽天で新しめのもの      330円

1個目と2個目の差は、1個目の間は飛行もおぼつかなく1フライト(1充電)の時間が長かったと思うので、その差かもしれない。
今回はアルカリでも安く買えたので、定価で買った場合と比較して330円なら値段相応といった感じか。 (^^ヾ

安く買えるならマンガンの方が交換は多くなるがたくさん飛べる計算。
これは狭い室内での話なので少し広い室内だともう少し短くなると思われる。
あとマンガンの場合コントローラーのカラータイマーの点滅が早い段階から付くので、やはり広い場所での使用は適さないかもしれない。
アルカリはかなり後半までカラータイマー点滅はなかった。


電池はこんなところで。 (^^ヾ
少し前からトリムが右に増えてきてるのが気になってるんだよなぁ。
今では最大3時くらいまで増えている。(2時~3時くらい)
調整でどうにかならんものか。

機体とは別に(機体も結構墜落でキズが多いが)モーターがへたってきたとか? ( ̄∇ ̄;)
このままでいけるのか、どんどんトリムが増えてくるのか様子見。
【2008/02/09 22:24 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
機体補修メモ 発泡スチロール<補足>
自分の失敗画像をメモしておく。 (^◇^;
半分をアロンアルファで、半分を木工用ボンドで接着した場合の機体に与えるダメージ比較。
LEDの少し(3mmくらい)後ろでひびが入っている。

★ 木工ボンドで接着したサイド(左舷)

補修木工


★ アロンアルファで接着したサイド(右舷)

補修アロンアルファ木工


。。。 orz
ただひびが入って折れ掛かっていただけだったのに、かなり隙間が空いてしまった... ><
アロンアルファは、発泡スチロールを溶かすので要注意。
その隙間には木工用ボンドを少し多めに流し込んでいる。
この場合、発泡スチロールの破片を詰めて固めた方がいいのだろうが。 (^^ヾ
【2008/02/09 11:07 】
| ラジ★ヘリ~ナイトクルーザー | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。